Windows Server 2003 のターミナル サーバー CAL の機能

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 822134 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、Microsoft Windows Server 2003 のクライアント ライセンス管理システムにおけるクライアント アクセス ライセンス (CAL) の機能について説明します。

詳細

Windows Server 2003 の CAL は、Microsoft Windows 2000 の CAL とは異なります。Windows 2000 では、デバイスに関連付けられたデバイス CAL のみを使用しています。Windows Server 2003 では、デバイス CAL も使用しますが、"ユーザー CAL" という新しい CAL も使用します。Windows Server 2003 のデバイス CAL は、Windows 2000 のデバイス CAL と同じ方法で機能します。それに対し、ユーザー CAL は、デバイスごとではなく、ユーザーごとにソフトウェアへのアクセスを許可します。

ユーザー CAL を使用すると、ユーザーが自分の環境でターミナル サーバーを使用する場合の柔軟性が向上します。ユーザーが複数のクライアント コンピュータにログオンしても、使用されるのは 1 つのユーザー CAL のみです。ユーザー CAL は、デバイス CAL とは異なり、クライアント コンピュータのレジストリには格納されません。

ユーザー CAL は、Windows Server 2003 ターミナル サーバー ライセンス サーバーにのみインストールできます。Windows 2000 ターミナル サーバー、または Windows 2000 ターミナル サーバーにアクセスするクライアントに、ユーザー CAL を発行することはできません。ネットワーク内に Windows 2000 ターミナル サーバーが存在する場合は、ユーザー CAL だけではなく、デバイス CAL も Windows Server 2003 ライセンス サーバーに格納する必要があります。

ターミナル サーバーにアクセスするためにデバイス CAL とユーザー CAL の両方は必要ありません。ターミナル サーバーが受け付ける CAL の種類は、ターミナル サービス構成ツールの [サーバー設定] の [ライセンス] で設定します。設定できるのは、[接続デバイス数] または [接続ユーザー数] です。この設定は、ターミナル サーバーを再起動せずに変更できます。1 台のターミナル サーバーで同時にユーザー CAL とデバイス CAL を使用することはできません。

ターミナル サーバーが接続デバイス数モードに設定されており、ライセンス サーバーにユーザー CAL しか存在しない場合は、一時ライセンスのみが発行されます。これらの一時ライセンスの期限が近づくと、ポップアップ ウィンドウに次のメッセージが表示されます。
ターミナル サービス一時クライアント ライセンスが N 日後に切れます。システム管理者に問い合わせて恒久ライセンスを取得してください。
このメッセージは、アプリケーション イベント ログにも、次のように出力されます。

種類 : 情報
ソース : Application Popup
イベント ID : 26
説明 :
アプリケーション ポップアップ : Terminal Services
警告 : ターミナル サービス一時クライアント ライセンスが N 日後に切れます。システム管理者に問い合わせて恒久ライセンスを取得してください。

この問題を修正するには、ターミナル サーバーを接続ユーザー数モードに切り替えます。

同様に、Microsoft Windows XP または Windows 2000 を実行するターミナル サーバー クライアントでは、クライアントがターミナル サーバーに接続できない場合に次のエラーが表示されることがあります。
ローカル コンピュータのクライアント アクセス ライセンスがアップグレードまたは更新されていないため、リモート セッションは切断されました。
ターミナル サーバー コンピュータ上のアプリケーション イベント ログには、次のイベントが出力されます。

種類 : 情報
ソース : TermService
分類 : なし
イベント ID : 1011
日付 : 10/21/2003
時刻 : 8:23:13 AM
ユーザー : N/A
説明 : ターミナル サーバーのクライアント useraccount は、一時ライセンスの有効期限が過ぎたため切断されました。 詳細な情報は、http://support.microsoft.com の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。

この問題は、ターミナル サービスのライセンス モードが接続デバイス数に設定されていて、ターミナル サーバー ライセンス サーバーに接続ユーザー数の CAL しか存在しない場合に発生することがあります。

この問題を修正するには、ターミナル サービス構成のライセンス モードを接続ユーザー数に変更します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[ターミナル サービス構成] をクリックします。
  2. [サーバー設定] をクリックし、[ライセンス] をダブルクリックします。
  3. [ライセンス モード] を [接続ユーザー数] に変更し、[OK] をクリックします。
現在、Windows Server 2003 では、ユーザー CAL を管理していません。つまり、ライセンス サーバー データベースにユーザー CAL が存在しても、ユーザー CAL が使用されるときにユーザー CAL の数が減少しません。しかし、管理者は使用許諾契約書 (EULA) の要件を遵守して、各ユーザーに有効なターミナル サーバー (TS) CAL を付与する必要があります。デバイス CAL を使用しない場合に各ユーザーにユーザー CAL を付与しないと、EULA 違反となります。

: 同じターミナル サーバーで同時に TS ユーザー CAL と TS デバイス CAL の両方を使用するには、"接続ユーザー数" の TS CAL モードを使用するようにサーバーを構成します。

次の文は、Windows Server 2003 の使用許諾契約書 (EULA) からの抜粋です。
TS CAL には「接続デバイス数」と「接続ユーザー数」の 2 つの種類があります。各 TS デバイス CAL は、任意のユーザーが使用する 1 台のデバイスで、ご使用の任意のサーバーの Windows セッションを実行することを許諾します。各 TS ユーザー CAL は、任意のデバイスを使用する 1 人のユーザーが、ご使用の任意のサーバーの Windows セッションを実行することを許諾します。TS デバイス CAL と TS ユーザー CAL は、組み合わせて同時にサーバー ソフトウェアで使用できます。

関連情報

Windows Server 2003 ターミナル サーバー ライセンスの関連情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/techinfo/overview/quickstart.mspx
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/techinfo/overview/termservlic.mspx

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 822134 (最終更新日 2005-06-07) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 822134 - 最終更新日: 2006年9月22日 - リビジョン: 11.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
キーワード:?
kbdirservices KB822134
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com