ファイル サーバー上のファイルの操作時に、システムが応答を停止する、ファイル サーバーのパフォーマンスが低下する、または遅延が発生する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 822219 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

ネットワーク上のファイルを操作する際に、以下のいずれかまたは複数の現象が発生することがあります。
  • ファイル サーバーおよびプリント サーバーとして構成されている Windows ベースのファイル サーバーが応答を停止し、その機能が一時的に停止します。
  • 共有リソースにあるファイルのオープン、保存、クローズ、削除、または印刷の処理に予想以上に長い時間がかかります。
  • ネットワークを介してプログラムを使用する際に、パフォーマンスが一時的に低下します。パフォーマンスが低下する時間は、一般的に約 40 〜 45 秒ですが、場合によっては 5 分間続くこともあります。
  • ファイルのコピーまたはバックアップの処理に時間がかかります。
  • 共有リソースに接続する際に、エクスプローラが応答を停止します。また、エクスプローラでネットワーク ドライブに赤い X が表示されます。
  • ファイル サーバーへのログオン時に、名前とパスワードを [Windows へログオン] ダイアログ ボックスに入力した後、画面が空白になります。デスクトップは表示されません。
  • リモート プロシージャ コール (RPC) を使用するか、名前付きパイプを使用してファイル サーバーに接続するプログラムが、応答を停止します。
  • サーバーが一時的に応答を停止し、ファイル サーバーのシステム ログに以下のようなイベント ID メッセージが 1 つまたは複数表示されます。

    イベント ID: 2022
    ソース: Srv
    種類: エラー
    説明:
    サーバーは <number> 秒間に <number> 回、空き接続を見つけることができませんでした。

    イベント ID: 2021
    ソース: Srv
    種類: エラー
    説明:
    Server was unable to create a work item <number> times in the last <number> seconds.

    イベント ID: 2020
    ソース: Srv
    種類: エラー
    説明:
    プールが空であるため、サーバーはシステムのページ プールから割り当てることができませんでした。

    イベント ID: 2019
    ソース: Srv
    種類: エラー
    説明:
    プールが空であるため、サーバーはシステムの非ページ プールから割り当てることができませんでした。

    イベント ID: 2510
    ソース: Server
    イベントの種類: エラー
    説明:
    サーバー サービスはエラー コード 1722 をマップできませんでした。
    1722 = RPC_S_SERVER_UNAVAILABLE = RPC Service is unavailable.

    また、クライアント コンピューターのシステム ログに次のイベントが表示されます。

    イベント ID: 3013
    イベントの種類: エラー
    ソース: MrxSmb / Rdr
    説明:
    リダイレクターは ComputerName への要求をタイムアウトしました。

  • 共有リソースに接続する際に、以下のようなエラー メッセージが表示されます。エラー メッセージ 1
    システム エラー 53 ネットワーク パスが見つかりません。
    エラー メッセージ 2
    システム エラー 64 指定されたネットワーク名は利用できません。
  • ネットワーク リソースへの接続が断続的に切断され、ファイル サーバー上のネットワーク リソースに再接続できません。ただし、サーバーに対して ping を実行することや、ターミナル サービス セッションを使用してサーバーに接続することはできます。
  • 複数のユーザーがサーバー上の Microsoft Office ドキュメントにアクセスする場合に、2 番目のユーザーがファイルを開く際に、そのファイルは編集がロックされていることを通知するダイアログ ボックスが表示されないことがあります。
  • ネットワーク トレースの結果を確認すると、SMB サービス クライアントのコマンド実行からファイル サーバーの応答が返されるまでに 30 〜 40 秒の遅延があります。
  • Microsoft Access 97、Microsoft Access 2000、または Microsoft Access 2002 で Access 2.0 データベース ファイル (.mdb ファイル) を開くと、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
    Disk or network error
  • Microsoft Word ファイルを開くときに、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
    ファイル名 を読み取ることができません。ネットワークの接続を確認するか、フロッピー ディスクを入れ替えてもう一度実行してください。
また、クライアント コンピューターのシステム ログに次のイベントが記録されます。

種類: 警告
ソース: MrxSmb
イベント ID: 50
説明: {遅延書き込みデータの紛失} バッファーのデータを \Device\LanmanRedirector へ転送しようとしました。書き込み操作に失敗し、一部のデータのみファイルに書き込まれました。

原因

この問題は、コンピューターにインストールされているマイクロソフト以外のプログラムで、古いカーネル モードのフィルター ドライバーが使用されている場合に発生することがあります。次の条件に該当する場合、カーネル モードのフィルター ドライバーが古い可能性があります。
  • コンピューターに次のいずれかのプログラムがインストールされています。
    • Computer Associates International, Inc. の ARCserve Backup Agent for Open Files または ARCserve Open File Agent がコンピューターにインストールされていて、そのプログラムの Ofant.sys ドライバーが最新のものではありません。
    • Open Transaction Manager がコンピューターにインストールされていて、そのプログラムの Otman.sys ドライバーが最新のものではありません。

      注: Open Transaction Manager は VERITAS Software Corporation の一部のプログラムに含まれていますが、VERITAS プログラムとは別にインストールすることもできます。たとえば、Open Transaction Manager は Open File Option に含まれている場合もあります。このプログラムは VERITAS Backup Exec に含まれている場合があります。
    • Otman4.sys または Otman5.sys ドライバーを使用する VERITAS プログラム (Open File Option など) がコンピューターにインストールされていて、そのプログラムの Otman4.sys または Otman5.sys ドライバーが最新のものではありません。
  • プログラムのドライバーに、マイクロソフト以外のウイルス対策プログラムによってコンピューターにインストールされているフィルター ドライバーとの互換性がありません。その結果、サーバー上のフィルター ドライバーによりサーバー サービスに誤ったステータス コードが返されることがあります。たとえば、STATUS_OPLOCK_BREAK_IN_PROGRESS コードの代わりに STATUS_SUCCESS コードが返されることがあります。

解決方法

この問題を解決するには、プログラムの製造元に連絡して、フィルター ドライバーの更新プログラムを入手できるかどうかを問い合わせてください。Computer Associates に問い合わせて最新の Ofant.sys ドライバーを入手する方法については、次の Computer Associates Web サイトを参照してください。
http://www.ca.com/support/
Open Transaction Manager を単独でインストールしている場合は、Columbia Data Products, Inc. に連絡して、この問題を解決する更新プログラムを入手できるかどうかを問い合わせてください。Columbia Data Products の問い合わせ先については、次の Columbia Data Products Web サイトを参照してください。
http://www.cdp.com/
VERITAS の問い合わせ先については、次の VERITAS Web サイトを参照してください。
http://support.veritas.com/
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

詳細

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリを変更する手順が記載されています。しかし、レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります。したがって、これらの手順は慎重に実行する必要があります。万一に備えて、変更前のレジストリをバックアップしてください。これにより、問題が発生した場合にレジストリを復元することが可能になります。レジストリのバックアップ方法と復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


この問題を一時的に回避するには、サーバー上のサーバー サービスを再起動します。サーバー サービスを再起動するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、1 行入力するごとに Enter キーを押します。
    net stop server
    net start server
この問題のトラブルシューティングを行うには、以下のいずれかの方法を使用します。
  • パフォーマンス ログと警告サービスを使用して、PhysicalDisk パフォーマンス オブジェクトの Avg. Disk Queue Length カウンターを監視します。通常、待機中の入出力 (I/O) 要求の数は物理ディスクのスピンドル数の 1.5 〜 2 倍以内です。RAID (Redundant Array of Independent Disks) デバイスには一般的に複数のスピンドルがありますが、大部分のディスクでスピンドルは 1 つです。プログラムでサイズの小さな入出力処理が連続して実行される場合、入出力に関連した処理がキューに挿入されると、Current Disk Queue Length カウンターの値が大きくなります。System パフォーマンス オブジェクトの Context Switches/sec カウンターの値が増加することもあります。
  • クライアントまたはサーバーで Opportunistic Lock を無効にします。クライアントで Opportunistic Lock を無効にするには、次のレジストリの値を 1 に設定します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MRXSmb\Parameters\OplocksDisabled
    サーバーで Opportunistic Lock を無効にするには、次のレジストリの値を 0 に設定します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters\EnableOplocks
    OpLock を無効にする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    296264 Windows で Opportunistic Lock を構成する
  • Microsoft Configuration Capture ユーティリティ (MPS_REPORTS) を使用して、コンピューターにインストールされているフィルター ドライバーのバージョンを確認します。

    Microsoft Configuration Capture ユーティリティの関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    818742 Microsoft Configuration Capture ユーティリティ (MPS_REPORTS) の概要
  • レジストリを編集して、フィルター ドライバーを一時的に無効にします。

    カーネル モードのフィルター ドライバーを一時的に無効にする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    816071 Windows でカーネル モードのフィルター ドライバーを一時的に無効にする方法
    Ofant.sys ドライバーの情報が格納されているレジストリ キーは、
    Ofadriver
    です。

関連情報

詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
814112 ネットワーク共有上のファイルを開いたとき、開くのに時間がかかる、読み取り専用で開く、あるいはエラー メッセージが表示される
821246 ネットワーク サーバーから Office ファイルを開く、閉じる、保存する、または印刷するのに時間がかかる
816071 Windows でカーネル モードのフィルター ドライバーを一時的に無効にする方法
252332 ディスク負荷が高い状態のサーバーにファイルをコピーするとイベント ID 3013 のログが出力される
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 822219 - 最終更新日: 2013年10月3日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
キーワード:?
kbresolve kbwinservperf kbprb KB822219
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com