災害復旧オプションの Microsoft SQL Server の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 822400 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料でデータを回復するためのさまざまなソリューションについて説明します。災害が発生した場合は、Microsoft SQL Server データベースから。次の資料も長所と短所のそれぞれのソリューションについて説明します。

災害復旧は、情報を回復させるために使用できるプロセスです。システムやデータを災害の場合に発生します。

災害を例として自然または人為的災害、火災、または技術的ななどが含まれます。冗長アレイの独立したディスクに 2 台のディスク障害など(RAID 5 アレイ)

ですが、作業の障害回復の計画応答して、障害が発生する必要がありますすべてのアクションの準備に専念します。計画では、さまざまな貴重な回復を支援するための戦略が含まれています。データです。適切な障害回復戦略の選択に依存します。お客様のビジネス要件。

のみこの資料に記載されているソリューションを提供します。使用するテクノロジの概要します。これらの一般的です説明には、さまざまな障害回復の方法を比較するときに、災害復旧プラン。災害復旧ソリューションを決定する前に、最適な候補の災害のそれぞれに表示されるかどうかを確認復旧ソリューションの詳細については。各障害回復について話し合ったソリューションには、この資料にその他の情報を見つけることができますへのリンクが含まれていますそのソリューションについてです。

フェールオーバー クラスタ リング

Microsoft SQL Server 2000年のフェールオーバー クラスタ リングのようになってフェールオーバーが自動的にハードウェア障害やソフトウェア障害の場合に発生します。、SQL Server クラスターのフェイル オーバー、フェイル オーバーを作成するクラスターの 2000年を使用して、SQL Server 2000 または SQL Server の複数のインスタンスを 1 つのインスタンス2000 フェールオーバー クラスタ リングには、データベース ・ システムを自動的に切り替えることができます、。障害が発生したサーバーから使用中に SQL Server のインスタンスの処理サーバーです。したがって、フェールオーバー クラスタ リングは、オペレーティング システムがある場合に便利です。障害が発生したか、データベース システムの計画済みのアップグレードを実行するかどうかリソース。また、フェールオーバー クラスタ リングなしでのサーバーの可用性を向上します。ダウンタイム。

フェールオーバー クラスタ リングの高いサーバーが設計されているためほとんどないサーバーのダウンタイムを可用性、クラスタのノードにする必要があります。地理的に互いを閉じます。フェールオーバー クラスタ リングが有用な場合は、ディスク アレイに障害が発生します。

フェールオーバー クラスタ リングを実装するには、Microsoft SQL をインストールする必要があります。Server 2000 の Enterprise Edition。

以下のオペレーティング システムフェールオーバー クラスタ リングをサポートします。
  • Microsoft Windows NT 4.0 Enterprise Edition
  • Windows 2000 Server の詳細
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows Server 2003 では、エンタープライズエディション
  • Microsoft Windows Server 2003 では、データ ・ センターエディション
これらのオペレーティング システムにはインストール可能なコンポーネントが含まれます、Microsoft クラスター サービス (MSCS)。SQL のクラスターのフェイル オーバーを実装するのにはサーバーで MSCS をインストールする必要があります。

MSCS とそのインストールの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
259267Microsoft クラスター サービスインストールのリソース

フェールオーバー クラスタ リングを使用する場合の短所と利用

優位性
サーバーの高可用性があります。フェールオーバー クラスタを自動的にはプライマリ サーバーに障害が発生した場合に発生します。
短所
  • 費用が高くなります。2 つのサーバーの保守1 台のサーバーを維持する 2 倍のコストです。必要があるため同時に 2 台のサーバーを維持する、インストールする高価ですし、クラスタ ノードを保持します。
  • サーバーは、同じ場所で必要があります。場合は、ブランチ オフィスの組織は、世界中で、アクティブ/アクティブ クラスターである必要があります。分岐、ネットワー キングおよびストレージ ・ インフラストラクチャの実装、使用する必要がある、標準のクォーラム デバイス サーバー クラスターとは大きく異なります。可能ですが、そのため、地理的には使用しないようには離れているサーバー。
  • ディスク ・ アレイからの保護があるなし障害が発生します。
  • フェールオーバー クラスタ リング フェイル オーバーを作成することはできません。クラスターは、データベース レベルまたはレベルなどオブジェクトのデータベースで、テーブル ・ レベルです。
フェールオーバー クラスタ リングの詳細についてを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa174512 (SQL.80)
フェールオーバー クラスタ リングの詳細については、「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号をクリックします。
243218SQL Server 2000 Enterprise Edition を Microsoft Cluster Server のインストールの順序
822250 サポート ウェブ キャスト: Microsoft SQL Server 2000年のフェイル オーバー クラスターの障害回復の手順
SQL Server のフェールオーバー クラスターのマイクロソフトのサポート ポリシーの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
327518SQL Server のフェールオーバー クラスターのマイクロソフトのサポート ポリシー

データベース ミラーリング

データベース ミラーリングは、データベースの可用性を高めるためソフトウェア ソリューションは、主に。データベースごとにミラーリングを実装することはできます。ミラーリングでは、データベースで完全復旧モデルを使用してのみ有効です。シンプルかつ一括ログ記録復旧モデルは、データベース ミラーリングをサポートしていません。したがって、すべての一括操作は、常に完全に記録されます。データベース ミラーリングはサポートされているデータベースの互換性レベルで動作します。

データベース ミラーリングを使用する場合の短所と利用

利点
  • データベース ・ ミラーリングとデータの保護が向上します。
  • データベース ミラーリングは、データベースの可用性が向上します。
  • データベース ミラーリングのアップグレード中に実稼働データベースの可用性を向上します。
短所
  • ミラー データベースがプリンシパル データベースを同じはずです。たとえば、すべてのオブジェクト、ログイン、およびアクセス許可と同じにする必要があります。
  • データベース ミラーリングは、ネットワーク経由で 1 台のコンピューターから別のコンピューターへの情報の転送が含まれます。したがって、SQL Server の転送情報のセキュリティは非常に重要です。

ピア ツー ピアのトランザクション レプリケーション

ピア ツー ピアのトランザクション レプリケーションは、読むことができますまたはレプリケーションに参加している任意のデータベース内のデータを変更する場合がありますアプリケーションで設計されています。さらに、データベースをホストするすべてのサーバーが使用できない場合は、残りのサーバーにトラフィックをルーティングするには、アプリケーションを変更できます。残りのサーバーに、データの同一コピーが含まれています。

ピア ツー ピア トランザクション レプリケーションを使用する場合の短所と利用

利点
  • すべてのノード間でのアクティビティを拡散するため読み取りのパフォーマンスが向上します。
  • 更新のパフォーマンスを集約、パフォーマンス、入れてに対するすべての変更がすべてのノードに伝達されるので、トポロジのパフォーマンスを 1 つのノードのようなを歌った歌を削除してください。
短所
  • ピア ツー ピア レプリケーションは SQL Server 2005 Enterprise Edition で使用可能です。
  • 参加しているすべてのデータベースと同じスキーマおよびデータを含める必要があります。
  • 各ノードは独自のディストリビューション データベースを使用することをお勧めします。この構成により、単一点での障害には、SQL Server 2005 を削除します。
  • 1 つのパブリケーション データベース内の複数のピア ツー ピア パブリケーションではテーブルやその他のオブジェクトを含めることはできません。
  • 任意のサブスクリプションを作成する前に、ピア ツー ピア レプリケーションに対して有効になっているドキュメントする必要があります。
  • レプリケーションのみをサポートするサブスクリプション同期の種類を示す値を設定すると、バックアップを使用してサブスクリプションを初期化する必要があります。
  • ピア ツー ピア トランザクション レプリケーションは、競合検出や、競合の解決を提供しません。
  • Id 列を使用しないことをお勧めします。

ウォーム スタンバイのメンテナンスサーバー

作成し、いずれかを使用して、ウォーム スタンバイ サーバーを維持することができます。次のメソッドの。
  • ログ配布
  • トランザクション レプリケーション
これら 2 つの方法の詳細についてを次します。

ログ配布

ログ配布は、Microsoft SQL の 『 リソース キット 』 に含まれています。Server 7.0、およびそれが、Microsoft SQL Server 2000 に完全に組み込まれてEnterprise Edition Microsoft SQL Server 2000年デベロッパー版にします。ログ送料は、通常の操作中に使用されないスタンバイ サーバーを使用します。Aスタンバイ サーバーは、障害が発生した場合は、データを回復する場合に便利です。できます。ログ配布のデータベース レベルでのみを使用します。インスタンスで使用することはできません。レベルです。

スタンバイ サーバーにトランザクション ログを復元するいますと、データベースを排他モードでないし、使用できません。ただし、バッチを実行することができます。レポートのジョブの間で、トランザクション ログの復元またはデータベース コンソールコマンド (DBCC) チェックを継続的に、スタンバイ状態の整合性を確認するにはサーバーです。必要な意思決定サポート サーバーなどのアプリケーション帳票、データベース ・ サーバで処理、ログ配布は適切ではありません。オプションです。

スタンバイ サーバーでの遅延時間を頻繁に基づくトランザクション ログのバックアップをプライマリ サーバーし、適用スタンバイ サーバー。プライマリ サーバーに障害が発生した場合は、変更を失う可能性があります。最新のトランザクションの後に発生したトランザクションで行われました。ログのバックアップ。

たとえば、トランザクション ログのバックアップが作成された場合は、すべて10 分間、トランザクションの最新の中に 10 分されません。これ必ずしも、プライマリに行われたデータの更新はありません。サーバーの遅延期間中に失われます。通常は、この新しい更新はプライマリのトランザクション ・ ログのリカバリし、ウォーム スタンバイ サーバーに適用[スタンバイ] に、プライマリ サーバーからの切り替えの小規模の遅延でサーバーです。ログ配布の主な目的は、ウォーム スタンバイ サーバーを維持するためにです。主な目的は、ウォーム スタンバイ サーバーを維持する場合は、ログ配布のです。他のソリューションより適切な可能性があります、次の資料について説明します。

ログ配布を使用しての利点と欠点

利点
  • データベースのすべてのアクティビティをリカバリできます。リカバリテーブルやビューなどを作成したすべてのオブジェクトが含まれています。それも作成された新しいユーザーなどのセキュリティの変更、いずれかが含まれています。アクセス許可を変更します。
  • 速くデータベースを復元することができます。復元データベースとトランザクション ・ ログは、低レベル ページ形式に基づいています。そのため、ログ配布の復元処理を高速化し、結果のデータのリカバリを高速します。
短所
  • 復元処理中に、データベースを使用できません。データベースがスタンバイ サーバーで排他モードであるためです。
  • 粒度が不足しているです。復元中プロセスは、プライマリ サーバーの変更、スタンバイ時に適用されます。サーバーです。ログ配布を使用すると、いくつかのテーブルに変更を適用するのにことはできません。残りの変更を拒否します。
  • アプリケーションの自動フェイル オーバー機能はありません。ときはプライマリ サーバーで障害が障害が発生した、スタンバイ サーバーがないです。フェイル オーバーに自動的にします。そのためには、明示的にリダイレクトする必要があります、アプリケーションをスタンバイ (フェールオーバー) をプライマリ サーバーに接続するにはサーバーです。
主な目的は、ウォーム スタンバイ サーバーを維持する場合は、ログ配布を使用することをお勧めします。ウォーム スタンバイ サーバープライマリ サーバーで発生するすべてのトランザクションを反映します。ただし、プライマリ サーバーが利用可能になったら、スタンバイ サーバーを使用できません。

ログ配布を使用して、ウォーム スタンバイ サーバーを設定する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号をクリックします。
323135Microsoft SQL Server 2000-(ホワイト ペーパー) を配布ログをセットアップする方法
325220 サポート ウェブ キャスト: Microsoft SQL Server 2000年のログ配布
ログ配布の詳細についてを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa213785 (SQL.80)

トランザクション レプリケーション

トランザクション レプリケーションを使用して、ウォームを維持することもできます。スタンバイ サーバー。1 つのサーバー上のデータをレプリケートするトランザクション レプリケーション(発行元) によりログの別のサーバー (サブスクライバー)出荷します。トランザクション レプリケーションでは、データベース オブジェクトを実装することができます。テーブル レベルなどのレベルです。したがって、Microsoft で使用することを推奨します。トランザクション レプリケーションのデータを保護するには、必要がある場合する必要があります。高速リカバリの計画。

プッシュ サブスクリプションを使用するを適用することができます。トランザクション レプリケーションでプライマリ サーバーと 2 台のサーバー間で、パブリッシャーとサブスクライバーとしてのスタンバイ サーバー。トランザクション レプリケーションデータのレプリケーションを確認します。サブスクライバーは、パブリッシャーに障害が発生した場合は、できます。使用します。

このソリューションは、パブリッシャーの障害に対して脆弱ですし、サブスクライバーと同時にします。このようなシナリオでは、保護することはできませんがデータです。それ以外の場合は、ディストリビューション サーバーの障害などで、またはサブスクライバーは、サブスクライバーのデータを再同期することをおをパブリッシャーでのデータ。

トランザクション レプリケーションを使用する必要があります。スキーマ変更を実装していないは場合、ウォーム スタンバイ サーバーを維持するかその他のセキュリティの変更など、データベースの変更を実装していません。レプリケーションはサポートされていません。

レプリケーションがウォーム スタンバイのメンテナンスのために設計されていませんサーバー。レプリケーションには、サブスクライバーにレプリケートされたデータを使用できます。レポートを生成します。その他の一般的な用途にはレプリケーションを使用することもできます。比較的負荷の高いパブリッシャー上で処理を実行するとします。

トランザクション レプリケーションを使用しての利点と欠点

利点
  • 変更を適用するときに、サブスクライバー上のデータを読み取ることができます。
  • 変更に伴う遅延がほとんど適用されます。

    この利点を場合いずれかに該当することがあります、次の本当です。
    • レプリケーション エージェントには、 [現在の位置は設定されていません。
    • レプリケーション エージェントがエラーのため停止にレプリケーション中に発生します。
トランザクション レプリケーションの変更を適用するより多くの時間がかかることがあります。レプリケーション中に大きいバッチ更新を行う必要があります。
短所
  • スキーマの変更またはセキュリティの変更が行われるレプリケーションの確立後、パブリッシャーは入手できません、サブスクライバー。
  • 開いているトランザクション レプリケーションのディストリビューターを使用します。データベース接続 (ODBC) 接続または OLE データベース (ole DB) 接続データを配布するには。ただし、復元するトランザクション ログ配布を使用してください。トランザクション ログを配布する低レベルのトランザクション SQL ステートメントです。リストアトランザクション ステートメントは、ODBC 接続や、ole DB よりもはるかに高速です。接続します。
  • 一般に、サーバーを切り替えるレプリケーションが消去されます。構成します。したがって、2 つの時刻間のレプリケーションを構成する必要があります。
    サブスクライバーに切り替えます。
    発行元に切り替えます。
  • 障害が発生した場合は、手動でサーバーを切り替える必要があります。サブスクライバーへのすべてのアプリケーションをリダイレクトします。
レプリケーションの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
195757SQL Server 7.0 のレプリケーションのよく寄せられる質問-

バックアップと復元機能

SQL Server のバックアップと復元の機能は非常に重要な提供します。SQL Server データベースを保存する重要なデータを保護するために保護します。バックアップを使用してデータベース (バックアップ コピー) のコピーを作成することができ、機能を復元して、可能な場所で、データベースのコピーを保存インスタンスを実行するサーバーの潜在的な障害からの保護SQL Server。データベース システム障害やデータベース破損が発生した場合、データベースを再作成または復元でバックアップ コピーを使用できます、データベースです。

バックアップを使用して障害回復を計画し、機能を復元、データベース内のデータがどのように重要ですを確認もします。さらに、データベースの復元の要件を決定します。の例では、次の復元の要件を決定します。
  • データベースへの復元のポイント。必要があります。次の 2 つを実行するかを決定します。
    障害発生前夜の状態にデータベースを復元します。
    失敗した場合に可能な限り近い時間のポイントの状態にデータベースを復元します。
  • どのくらいの期間、データベースは使用できないことができます。かどうかをする必要があります。すぐに、データベースを復元します。
復元要件を判断した後は、計画することができます、バックアップを満たすバックアップ セットを保持しているプロセスの要件

状態にデータベースを復元することはできますが最新のバックアップを実行するときのポイントです。トランザクションは、そのバックアップが失われる可能性がありますした後が発生しました。したがって、マイクロソフトことを推奨しますバックアップと復元の機能は、ミッション ・ クリティカルなデータベースのみを使用します。アプリケーションです。

使用してのメリットとデメリットはバックアップと復元機能

利点
  • データベースをリムーバブル メディアにバックアップします。ディスク障害から保護します。
  • 場合の対処方法として、ネットワーク上に依存する必要はありません。フェールオーバー クラスタ リングを使用するか、ログ配布します。
短所
  • データベースのバックアップをバックアップするときは、実行できません。テーブルの作成、インデックスの作成などの操作がデータベースの圧縮、またはログに記録されない操作です。
  • 障害が発生した場合は、最新のデータを失う可能性があります。
  • 障害が発生した場合は、手動で復元する必要があります、データベースです。
バックアップと復元の手順は、生産で使用する前に環境は、ここでのテストを徹底的にテストするが最適です。環境です。

バックアップと復元の機能の詳細については、「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号をクリックします。
325257サポート ウェブ キャスト: SQL Server 2000年のデータベースの復元: バックアップし、復元
281122 SQL Server でのファイルとファイル グループのバックアップを復元するの説明
詳細については、バックアップと復元について機能は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa196617 (SQL.80)
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa196685 (SQL.80)
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa178143 (SQL.80)

データ ディスクの冗長性独立したディスク (RAID) の冗長アレイを使用して

RAID により、以上を提供するために、複数のディスクに冗長データが格納されます。信頼性とサーバーのダウンタイムの短縮。RAID レベル 0、1、および 5一般の回復オプションを SQL Server として次のように使用します。RAID テクノロジが記載されている障害とそのあとの交換、1 つを許可します。サーバーがオフラインにしないでディスクします。データを複数のディスク障害が発生した場合に、回復できない可能性があります。したがって、Microsoft 結合することをお勧め冗長なデータ管理がいないことを確認するのには、バックアップと復元の手順データ、ハードウェアと完全に障害やその他の災害発生します。

RAID 0 ストライピング テクノロジを活用して高速アクセス用に対し RAID1 は、データの信頼性のミラーリング ・ テクノロジーを使用します。使用される一般的な手法リレーショナル ・ データベース管理は RAID 0 と RAID 1 を一緒に使用する必要があります。でこの方法では、2 つの同一のストライプ化されたアレイのドライブは常に更新されています配列に格納されている情報は同じですように。1 つの場合アレイの障害が発生した、他のアレイ自動的にまで、元の配列に引き継がれますオンラインにします。

RAID 5 の (ストライピング ウィズ パリティと呼ばれる)パリティを書き込むビットを 1 つのストライプ化されたディスク アレイを使用して、データです。1 つのディスクに障害が発生した場合は、パリティ ビットの計算に使用できます、ディスクを交換するまでは、データ不足しています。ディスクを交換するとき、使えるパリティ情報と残りのデータからデータを再作成するのには、問題のあるディスクとデータを新しいディスクにコピーします。これらはすべて運用データベース システムのダウンタイムなしに発生します。多くの RAID を提供します。オプションと機能になっていることを確認するにはデータベース システムとして、可能な限りほとんどのダウンタイムが発生します。

利点とは、RAID を使用する場合の短所

優位性
1 つのディスクに障害が発生した場合は、データは失われません。
短所
  • データをリカバリするのには、長い時間をかかることがあります。
  • 複数のディスクが失敗する場合は、回復できないことがあります。貴重なデータです。
RAID の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
100110冗長アレイの安価なディスク (RAID) の概要

関連情報

SQL Server 2000年本の最新バージョンをダウンロードするのにはオンラインで、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=8E2DFC8D-C20E-4446-99A9-B7F0213F8BC5
その他の災害復旧オプションの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
307775災害復旧の記事の Microsoft SQL Server
フェールオーバー クラスタ リングの詳細については、「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号をクリックします。
195761SQL Server 7.0 - フェールオーバーのよく寄せられる質問-
260758 よく寄せられる質問 - SQL Server 2000 - がフェールオーバー クラスタ リング
274446 SQL Server 2000年フェールオーバー ソリューションのすべての SQL Server 2000年の仮想サーバーに対して推奨されるアップグレードします。
280743 Windows クラスタ リングおよび地理的に離れたサイト
詳細については、バックアップと復元について機能は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc966495.aspx
バックアップと復元の機能の詳細については、「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号をクリックします。
253817マスターし、データベース ファイル内の SQL Server が破損している場合は、最後のトランザクション ログをバックアップする方法
314546 SQL Server を実行しているコンピューターの間でデータベースを移動する方法
フルテキスト カタログのフォルダーとファイルの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
240867移動、コピー、およびフルテキスト カタログのフォルダーとファイルをバックアップする方法

プロパティ

文書番号: 822400 - 最終更新日: 2012年7月3日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbdisasterrec kbreplication kbreplmgr kbclustering kbinfo kbmt KB822400 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:822400
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com