受信者ポリシーを使用して SMTP 電子メール アドレスを変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 822447 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Exchange 2003 で受信者ポリシーを変更し、ユーザーの電子メール アドレスの生成方法を特定する方法について説明します。この資料の手順を使用して受信者ポリシーを変更すると、組織に必要な命名規則を満たす特定の設定を定義できます。

詳細

Exchange 2003 には、デフォルトで、"Default Policy" という受信者ポリシーがあります。Default Policy では、SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) 電子メール アドレスが以下の形式で生成されます (ユーザー名 はユーザーの Exchange エイリアス プロパティ、ドメイン名 は Microsoft Active Directory ディレクトリ サービスのドメイン名です)。
ユーザー名 @ドメイン名 .com
: 次の手順で説明する置換文字列を使用して SMTP アドレスを生成する場合は、Default Policy を変更しないでください。置換文字列を使用する場合は、新規の受信者ポリシーを作成する必要があります。Default Policy を変更すると、Default Policy が名前や姓などの属性に基づいている場合に問題が発生することがあります。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
271339 XADM: Cannot Mount Database and Event ID 9546 Occurs
271339 [XADM] データベースをマウントできずイベント ID 9546 が発生する
受信者ポリシーを変更するには、次の手順を実行します。
  1. Exchange システム マネージャを起動します。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] (または [すべてのプログラム])、[Microsoft Exchange] の順にポイントし、[Exchange システム マネージャ] をクリックします。
  2. [組織]、[受信者] を順にダブルクリックして、[受信者ポリシー] をクリックします。
  3. 変更するポリシーをダブルクリックします。
  4. [電子メール アドレス] タブをクリックし、次のいずれかの置換文字列を使用して適切な SMTP 生成ルールを編集します。
    • %s : 姓
    • %g : 名
    • %i : ミドルネーム
    • %d : 表示名
    • %m : Exchange 2003 のエイリアス
    • %rxy : この置換文字列の後ろに含まれるユーザー名の文字 x をすべて文字 y に置き換えます。x = y の場合、この文字は削除されます。
    • 上記の文字列の前に数字を指定して、その文字列で使用する文字数を定義することができます。次に例を示します。
      • %1s : 姓の最初の 1 文字を使用
      • %5g : 名の最初の 5 文字を使用
    • ユーザー名に無効な文字 (Request for Comments (RFC) 821/822 により判断されます) が含まれている場合、その文字は電子メール アドレスでは使用されません。%r 置換文字列を使用して有効な文字を無効な文字に置き換えると、%r 文字列はすべて無視されます。また、%r は、置換対象の文字列の直前で使用する必要があります。
    • 姓 (%s で表されます) で文字 "x" を文字 "y" に置換する場合、SMTP 電子メール アドレスは次のように生成されます。
      %g.%rxy%s
      たとえば、ユーザー名 "JamesC.Wilson" を "JamesC_Wilson" に変更する場合は、次の文字列を入力します。
      %g.%r._%s@domain_name.com
    • %rxy 文字列が電子メール アドレス全体の前に指定された場合、姓の中の文字 "x" は文字 "y" に置換されません。
      • %rxy 文字列では、x にスペースを指定することができます。x にスペースを指定した文字列を使用して、名前に含まれるスペースを有効な文字でマージすることができます。
      • %rxy 文字列を %r として使用して、手動で入力したピリオドを Active Directory ユーザーとコンピュータの [イニシャル] フィールドから削除することはできません。手動で入力したピリオドを Active Directory の [イニシャル] フィールドから削除する必要があるのは、このテキストが他の属性にも影響する場合です。

次の例は、ユーザー ログオン名 "jwilson" に関して置換文字列を使用した場合に生成される SMTP アドレスを示しています。
表示名 : James C. Wilson
姓 : Wilson
名 : James
元に戻す全体を表示する
置換文字列 生成される SMTP アドレス
%d@ドメイン.com JamesCWilson@ドメイン.com
%r._%d@microsoft.com JamesC_Wilson@microsoft.com
%r..%d@microsoft.com JamesC.Wilson@microsoft.com
%g.%s@microsoft.com James.Wilson@microsoft.com
@microsoft.com JamesW@microsoft.com
%1g%s@microsoft.com JWilson@microsoft.com
%1g%3s@microsoft.com JWil@microsoft.com

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 822447 (最終更新日 2003-10-09) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 822447 - 最終更新日: 2003年11月19日 - リビジョン: 2.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto KB822447
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com