セットアップ プログラムを実行して Office プログラムをインストールするときにエラー メッセージ "ERROR_INSTALL_ALREADY_RUNNING" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 822454 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

セットアップを実行して Microsoft Office プログラムをインストールするときに、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
ERROR_INSTALL_ALREADY_RUNNING.
このエラー メッセージに続いて次のエラー メッセージが表示されます。
エラー 1618: 別のインストールが既に実行されています。別のインストールを完了してから、このインストールを実行してください。

原因

この問題は、Microsoft Windows インストーラでは、入れ子になったインストールでない限り、一回に 1 つのインストールしか実行できないことが原因で発生します。

詳細

入れ子になったインストールの詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa368010.aspx
2 つの Windows インストーラによるインストールを同じプロセスで実行することはできません。インストーラの API を呼び出そうとすると "ERROR_INSTALL_ALREADY_RUNNING" エラー メッセージが出力される 2 つのケースを以下に示します。
  • _MSIExecute ミューテックスが設定されている場合。_MSIExecute ミューテックスが設定されるのは、InstallExecuteSequence テーブル、AdminExecuteSequence テーブル、または AdvtExecuteSequence テーブルが処理されている間だけです。
  • 現在のプロセスが InstallUISequence テーブルまたは AdminUISequence テーブルを処理している場合。

Windows インストーラ プロセスの 2 つ目のインスタンスが生成される理由

Windows インストーラ ファイル (.msp ファイル) は自己完結型のファイルであるため、Windows インストーラを起動すると、メンテナンス モードのプロセスが開始されます。このファイルには通常のインストール パッケージのようなデータベースは含まれていませんが、少なくとも 1 つのデータベース トランスフォームが含まれており、それにより対象のインストール パッケージのデータベースに更新情報が追加されます。インストーラはこの情報を使用して、更新プログラム パッケージの CAB ファイル ストリームに格納されている更新プログラム ファイルを適用します。

更新プログラムをクライアント コンピュータに適用する際に、Windows インストーラはまずその更新プログラムがこの製品に適用できることを確認します。このチェックに続いて、Windows インストーラはキャッシュされたインストーラ データベースをメモリに読み込みます。それから、Windows インストーラは対応する更新プログラムのトランスフォームをメモリ上のデータベースに適用します。Windows インストーラは、更新プログラムに含まれているインストールの変更をすべてこのデータベースに反映します。トランスフォームのペアのもう一方の更新トランスフォームに、クライアント コンピュータをアップグレードするために必要なファイル操作命令が含まれています。

Windows インストーラの 2 重のインスタンスを回避する方法

Windows インストーラの 2 つ目のインスタンスが実行されないようにするには、Windows インストーラ パッケージをカスタム .msi ファイルなどの別の Windows インストーラ パッケージに再パッケージ化しないようにします。Windows インストーラの現在のバージョンでは、インストールが入れ子になっている場合、Office の更新およびアップグレードは正常に実行されません。

公開されているすべての Office 更新プログラムには、OHotfix という名前のブートストラップ プログラムが含まれています。OHotfix は更新プログラムの展開に使用できる唯一のツールではありませんが、必要な更新機能が数多く提供されているため、これを使用するのが最も簡単です。

単純なバッチ ファイルや、Windows インストーラ API 呼び出しを使用する複雑なカスタム プログラムなど、その他の更新ブートストラップ プログラムを使用することもできます。

入れ子になったインストールでは、メインのインストールと同じユーザー インターフェイスおよびログ出力設定が使用されます。開発者が、入れ子になったインストールを作成する場合は、以下の注意事項に留意してください。
  • 更新およびアップグレードは、入れ子になったインストールでは正常に実行されない場合があります。
  • Windows インストーラでは、入れ子になったインストールのコストを正しく見積もることができない場合があります。
  • 入れ子になったインストールではコンポーネントを共有できません。
    • 管理者用インストールにも、入れ子になったインストールを含めることはできません。
    • 入れ子になったインストールでは、組み込みの進行状況バーを使用できません。
    • アドバタイズされる必要があるリソースは、入れ子になったインストールではインストールできません。

Office 更新プログラムのインストール プロセスに関する詳細情報

わかりやすい参照資料はホワイト ペーパー『Office XP Patch Deployment』です。このホワイト ペーパーでは Office XP を取り上げて説明していますが、説明されている概念および推奨事項は Windows インストーラが使用されるどのリリースの Office の更新にも当てはまります。

Office XP Service Pack 1、Office XP Service Pack 2、および Office XP のその他の修正プログラムやアップグレードの配布およびインストールの方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
330043 「Microsoft ダウンロード センター」で入手可能なホワイト ペーパー『Microsoft Office XP Update Deployment』について


OHotfix.exe は Office 更新プログラムのためのブートストラップ プログラムであり、更新プログラムの実行可能ファイル (.exe) の一部です。このプログラムでは、更新プログラムのインストールを実行する前に、以下のものを含む多数の処理が実行されます。
  • 更新プログラムを管理者用インストール ポイントとクライアントの Office インストールのどちらに適用するかを判別します。
  • Windows インストーラがシステムにインストールされているかどうかをチェックします。
  • Windows インストーラのバージョンに関する最小要件の指定があるかどうかを判定し、可能な場合はインストーラをアップグレードするための Web ページにリダイレクトします。
  • Setup Watson を実行して、エラーおよび更新プログラムのインストールの失敗をキャプチャして報告します。
  • 製品バージョンの最小要件が指定されているかどうかを判定します。指定されている場合は、インストールされている製品のバージョンが指定されたバージョン (またはそれ以降) であることを確認します。
  • OHotfix ダイアログ ボックスおよび Windows インストーラの両方のユーザー インターフェイス レベルを制御します。
  • インストールされている Office ファミリ製品をチェックして、各製品に必要な更新プログラムを判定します。
  • Windows インストーラのリターン コードをキャプチャして、コンピュータの再起動が必要かどうかを判断します。
Windows インストーラのテクノロジは、組み合わせて機能する 2 つの部分に分かれています。1 つはクライアント側の Windows インストーラ サービス (Msiexec.exe) で、もう 1 つはパッケージ ファイル (.msi ファイル) です。Windows インストーラはパッケージ ファイルに格納されている情報を使用して、プログラムをインストールします。

Windows インストーラは、オペレーティング システムがインストール処理を管理できるようにするオペレーティング システムのサービスです。

Msiexec.exe プログラムは Windows インストーラのコンポーネントです。このプログラムは Msi.dll というダイナミック リンク ライブラリを使用して、パッケージ ファイル (.msi) の読み込み、トランスフォーム (.mst) の適用、コマンド ライン オプションの組み込みを行います。Windows インストーラは、ハード ディスクへのファイルのコピー、レジストリの変更、デスクトップ上のショートカットの作成、必要な場合にユーザーにインストール設定を確認するためのダイアログ ボックスの表示など、インストールに関連したタスクのすべてを実行します。

その他の情報

更新プログラムをインターネットからダウンロードしてインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa368326.aspx

プロパティ

文書番号: 822454 - 最終更新日: 2007年11月20日 - リビジョン: 1.8
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office XP
  • Microsoft Office 2000 Standard
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Office FrontPage 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft Office Publisher 2003
  • Microsoft Office Word 2003
  • Microsoft Office Standard Edition 2003
  • Microsoft Office Student and Teachers Edition 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office Access 2003
キーワード:?
kbstartprogram kbsetup kberrmsg kbtshoot kbprb kbinfo KB822454
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com