追加 SQL Server での長時間実行またはキャンセルされたデータベースの自動拡張処理を診断された診断機能

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 822641
# をバグ: 469739 (SQL Server 8.0)
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft SQL Server 2000年データベースの自動拡張オプションを有効にすると、SQL Server は追加の空き領域が必要な場合に自動的にデータベースを展開します。データベースの拡張はクライアントからの要求を処理しているワーカー スレッド、データベース ファイルまたはログ ファイルの空き領域がないことを決定するときに発生します。大規模なデータベースでは、既定のファイル拡張間隔 10% の自動拡張処理はデータベースまたはログ ・ ファイルが数百メガバイト (MB) 以上に増やすことがあります。

データベースの自動拡張操作中は、自動拡張操作を実行するワーカー スレッドがユーザー クエリを処理したときは、ワーカー スレッドを既に取得したロックなどの重要なデータベース リソースを保持可能性があります。そのため、自動拡張操作実行中に同時実行悪影響を及ぼす影響可能性があります。このため、ブロック、アプリケーションのクエリのタイムアウト、およびその他のパフォーマンス関連の問題のデータベースがあります。

データベースの自動拡張操作実行時間の長いですまたはキャンセル、SQL Server、警告メッセージ、SQL Server のエラー ログに記録する場合は、自動拡張操作の結果を示します。

Microsoft SQL Server 2000年用の最新の service pack の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
290211SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

詳細

SQL Server 2000 Service Pack 4 (SP4) をインストールした後、次の警告メッセージのいずれかがデータベースの自動拡張操作の結果によっては、SQL Server のエラー ログに表示されます。
ファイルの自動拡張]データベース ・ ファイル名' データベース'データベース名' 時間 番号 (ミリ秒単位)。ALTER の使用を検討してください。小さい [ファイル拡張] このファイルに含まれる ◇
自動拡張ファイル 'データベース ・ ファイル名' でデータベース 'データベース名'キャンセルまたは後でタイムアウトになりました 番号(ミリ秒単位)。
場合は、自動拡張操作の間に 60 を超えています秒またはが成功しない場合は、SQL Server のエラー ログに警告メッセージが記録されます。これらの警告メッセージを使用してパフォーマンスの診断に役立てることができます。自動拡張操作の実行時間が長いか確実ではない自動拡張操作のために発生する問題。

警告メッセージは、データベース管理者の大規模な自動拡張操作を簡単に識別できます。Ifデータベース管理者は、自動拡張操作がデータベースのパフォーマンスに悪影響を与えます、手動でデータベース ファイルのサイズを大ききます。

使用する場合SQL Server のエラー ログに警告メッセージが表示、データベースのサイズを管理するのには、自動拡張オプションは、いずれか、以下の変更を検討してください。
  • 固定数が増え、データベースの自動拡張レートを変更します。MB の。
  • パーセント値を使用して、自動拡張の割合を指定する場合は、小さなパーセント値を使用します。
  • クエリに基づくデータベースの自動拡張の割合を設定します。クライアント アプリケーションおよびファイルの展開速度はタイムアウト時間お客様の運用環境では。たとえば、仮定クライアントタイムアウト期間を 30 秒間、お客様の運用環境のアプリケーションを使用します。作成またはファイルが 600 MB に拡張するのに 1 分かかる1 秒あたり 10 MB の。そのため、タイムアウトを回避するのには 300 MB 未満の成長率を設定します。自動拡張操作中にします。構成済みの 30 の大部分を一般的なクエリを使用している場合2 番目のタイムアウトの時間を増加間隔をかなり小さく必要があります。データベースには影響しませんように小さく、100 MB など、値します。クエリです。手動で、自動拡張操作がキャンセルされるようにするには、十分大きなクエリのタイムアウトを持つ接続を使用して、データベース ファイルのサイズを大きく、データベース管理者があります。

関連情報

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
315512INF: 注意事項の自動拡張および自動圧縮の構成
305635 PRB: データベースを自動的に展開するときにタイムアウトが発生します。

プロパティ

文書番号: 822641 - 最終更新日: 2011年7月29日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kberrmsg kbinfo kbqfe kbdatabase kbmt KB822641 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:822641
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com