文書番号: 822705 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、レジストリ破損の問題のトラブルシューティングを行う方法について説明します。

コンピュータが再起動しない場合、レジストリ ハイブが破損している可能性があります。このときに表示されるエラー メッセージはさまざまです。表示されるエラー メッセージの例を以下に示します。
次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINNT\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM.ced
次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINNT\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM
次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINNT\SYSTEM32\CONFIG\SOFTWARE
System hive error
Stop 0xc0000218 (0xe11a30e8, 0x00000000, 0x000000000, 0x00000000) UNKNOWN_HARD_ERROR
Stop: 0xc0000218 {レジストリ ファイル エラー} レジストリは、ハイブ (ファイル) : \SystemRoot\System32\Config\CorruptHive、そのログ、または代替ファイルを読み込めません。壊れているか、紛失したか、または書き込み不可能です。

詳細

レジストリ ハイブが破損する原因は 1 つではありません。多くの場合、破損が発生するのはコンピュータのシャットダウン時であり、シャットダウン中はプロセスやドライバのアンロードが行われているため、原因を追跡することはできません。レジストリ破損の原因を確認するのは困難な場合があります。ここでは、考えられる 3 つの原因を取り上げ、トラブルシューティングの手順を説明します。

電源障害

電源障害や突然のシャットダウンにより、レジストリ ハイブが破損することがあります。これが原因であるかどうかを確認するには、イベント ID 6008 のエントリがあるかどうかを調べます。イベント ID 6008 のエントリは、予期しないシャットダウンが発生したことを示します。そのときにプロセスがレジストリ ハイブの編集中で、変更が完了しないうちにコンピュータの電源が切れている可能性があります。その結果、レジストリ ハイブの状態に不整合が生じます。再起動時、オペレーティング システムがレジストリ ハイブを読み込むときにレジストリ ハイブ内で解読不能なデータが検出されたために、この資料の「概要」に記載されているいずれかのエラー メッセージが表示される場合があります。

ファイルの破損とハードウェアの障害

他のファイルも破損する可能性があります。破損しているのがレジストリ ハイブのみであるか、それとも他のファイル (システムおよびデータ) も破損しているのかどうかを調べる必要があります。破損がレジストリ ハイブに限定される場合、ハードウェアの障害が原因の可能性があります。これにはディスク書き込みに関与するあらゆるハードウェアが該当します。
  • ランダム アクセス メモリ (RAM)
  • キャッシュ
  • プロセッサ
  • ディスク コントローラ
ハードウェア障害の疑いがある場合、ハードウェアの製造元がコンピュータのすべてのコンポーネントの状態を徹底的に調査する必要があります。

シャットダウン時のレジストリの書き込み

1 つか 2 つのレジストリ ハイブが理由もなく破損する現象が継続的に発生する場合は、おそらくシャットダウン時に問題が起きており、次回の再起動時にレジストリ ハイブの読み込みが試行されるまで問題は発見されません。この場合、シャットダウン時にディスクへのレジストリ ハイブの書き込みが行われ、その書き込みが完了しないうちに、シャットダウン処理によりコンピュータまたはコンピュータ内のコンポーネントが終了されている可能性があります。

トラブルシューティング

この問題のトラブルシューティングを行うには、以下の手順を実行します。
  1. レジストリをバックアップします。

    レジストリ ハイブをバックアップするツールの 1 つに回復コンソールがあります。 レジストリをバックアップ、編集、および復元する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    322756 Windows XP および Windows Server 2003 でレジストリをバックアップ、編集および復元する方法
    322755 Windows 2000 でレジストリをバックアップ、編集、および復元する方法
    323170 [HOWTO] Windows NT 4.0 コンピュータでレジストリをバックアップ、編集、または復元する方法
  2. ハードウェア、ディスク、ファームウェア ドライバ、および BIOS をチェックします。これを行うには、以下の手順を実行します。これらの手順ではコンピュータを停止する必要があります。
    1. CPU をオーバークロックしていないことを確認します。
    2. システム イベント ログにイベント ID 9、イベント ID 11、イベント ID 15 (またはこれらのイベントの組み合わせ) が記録されていないことを確認します。これらのイベントは、解決すべきハードウェアの問題があることを示します。
    3. レジストリ ハイブ ファイルが格納されているディスクに対して、コマンド ラインから chkdsk コマンドを /r スイッチ付きで実行します。このコマンドにより、レジストリ ハイブ ファイルが格納されているディスク領域が問題に関係していないことを確認できます。
    4. 最新のファームウェア リビジョンをディスク コントローラに適用し、ドライバのバージョンを揃えます。署名付きドライバであること、所定のリビジョンのファームウェアがインストールされていることを確認してください。
    5. 最新の BIOS 更新プログラムがコンピュータに適用されていることを確認します。
  3. 手順 2. を実行しても変化が見られないことがあります。破損を防止するため、実行中のプロセスをすべて終了してからコンピュータを停止してみます。これにより、問題の範囲を 1 つのプロセスに絞り込むことができる場合があります。プロセスを特定しても、レジストリ ハイブの書き込み前にコンポーネントがアンロードされることを防止できない場合もあります。その場合でも、シャットダウンする前にプロセスを終了するようにすることにより、レジストリ ハイブの破損を防止できる可能性があります。
  4. 手順 3. を実行しても変化が見られない場合は、レジストリ ハイブを比較します。破損していないレジストリ ハイブと破損しているレジストリ ハイブを用意し、Windiff.exe などの比較ツールで比較します。この方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    171780 WinDiff を使用してレジストリ ファイルを比較する方法
  5. レジストリ ハイブ内にサイズが大きくなっているセクションがないかどうかを確認します。レジストリ ハイブの肥大化により問題が発生している場合は、肥大化しているセクションを特定し、そのハイブに書き込みを行っているプロセスをそこから逆に追跡することができます。

プロパティ

文書番号: 822705 - 最終更新日: 2005年10月19日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT 4.0
キーワード:?
kbinfo kbtshoot KB822705
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com