Exchange 2000 server または Exchange Server 2003年でアプリケーション ログを使用して、受信者更新サービスのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 822794 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Exchange Server 2003年または Microsoft Exchange 2000 Server 組織では、場所、受信者更新サービス スタンプしませんユーザー オブジェクトのプロキシ アドレスを持つの問題が発生する可能性があります。

この問題をトラブルシューティングするには、次の操作を行ってします。
  • Exchange コンピューター上の診断ログを増やします。
  • テストを監視するオブジェクトを選択します。
  • 受信者更新サービスのテスト オブジェクトを正常に処理するかどうかを確認するのには、アプリケーション ログを表示します。
受信者更新サービスの上で再構築処理を繰り返し実行すると、トラブルシューティングがより困難になる可能性があります。したがって、受信者更新サービスの上で再構築処理を繰り返し実行するのではなく、受信者更新サービスの問題が存在するかを決定する、受信者更新サービスを生成するイベントを表示できます。

はじめに

受信者更新サービスのは、Microsoft Exchange Server 2003年と Microsoft Exchange 2000 Server に含まれます。この資料では、受信者更新サービスをアプリケーション ログに記録されるイベントを使用してトラブルシューティングを行う方法について説明します。

Exchange 組織内で受信者更新サービス ドメインのドメイン名前付けコンテキストの指定されたドメイン内のオブジェクトをメールが有効なをスタンプします。指定されたドメインのドメイン コント ローラーごとに 1 つのドメイン受信者更新サービスを作成できます。受信者更新サービスの 1 つ以上のドメインを持つドメインでは、受信者更新サービスのトラブルシューティングを行うを決定する必要があります。構成名前付けコンテキストのパブリック フォルダー ストアやサイト レプリケーション サービスなどのエンタープライズ受信者更新サービスだけスタンプ オブジェクト。企業の受信者更新サービスのユーザー、グループ、連絡先、またはパブリック フォルダーなどのオブジェクトをスタンプしません。

イベント ビューアーでアプリケーション ログを調べることによって、多くの受信者更新サービスの問題を識別できます。アプリケーション ログを使用するには、次の問題のトラブルシューティングを行う。
  • 受信者更新サービスのプロキシ アドレスを持つオブジェクトをスタンプしません。
  • 受信者更新サービスのプロキシ アドレスを持つオブジェクトをスタンプに時間のかかります。
  • 受信者更新サービスのはオブジェクトに誤ったプロキシ アドレスをスタンプします。

診断ログ レベルを上げる

受信者更新サービスの問題が発生する可能性がありますが、トラブルシューティングを行うには診断ログを最大レベルに向上します。ドメインのトラブルシューティングを行う受信者更新サービスを担当する Exchange サーバー上の次のすべてのオブジェクトに対して行います。

メモ ある場合、そのドメインを担当する 1 つ以上の受信者更新サービス、1 つを除くすべての受信者更新サービスのスケジュール実行されないように設定します。これは、方法を使用受信者更新サービスの問題のトラブルシューティングを行うときに 1 つだけの受信者更新サービス サーバーのアプリケーション ログに注目します。
元に戻す全体を表示する
サービスカテゴリ
MSExchangeALLDAP 操作
MSExchangeALアドレス一覧の同期
MSExchangeSAプロキシの生成 (Exchange 2003 のみ)
これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Exchange システム マネージャーを起動します。
  2. 管理グループが有効な場合管理グループ] を展開し、管理グループを展開し。管理グループが有効でない場合は、手順 3 に進みます。
  3. サーバーを展開、診断ログを構成する Exchange サーバーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. 診断ログ] タブをクリックし、サービスの一覧で [ MSExchangeAL ] をクリックします。
  5. [分類] の一覧で、 LDAP 操作最大] をクリックして、アドレス一覧の同期] をクリックをクリック最大

    Exchange 2003 を実行している場合は、手順 6 に進みます。Exchange 2003 を実行していない場合は、手順 7 に進みます。
  6. サービスの一覧で [ MSExchangeSA ] をクリックしますやプロキシ生成をクリックして、 [分類] ボックスで最大にする] をクリックします。
  7. [Ok]をクリックします。
トラブルシューティングには、受信者更新サービスのドメインを選択した後、上の診断ログは、ドメインを処理する Exchange サーバーのトラブルシューティングを行う受信者更新サービスを増加した後、受信者更新サービスのテストに使用するオブジェクトを選択する必要があります。たとえば、受信者更新サービスのによってスタンプされていないユーザー アカウントを使用して、受信者更新サービスをテストします。このオブジェクトで、受信者更新サービスを実行するアクションを表示できます。

受信者更新サービスのが開始されているかどうかを確認します。

数分で診断ログ、イベント ID 8011 およびイベントを大きくした後 ID 8012 がアプリケーション ログに表示されます。これらのイベントが表示されない場合、受信者更新サービスは開始されませんでしたまたは、受信者更新サービスが応答を停止します。受信者更新サービスを開始できませんでしたまたは受信者更新サービスの応答を停止するいると思われる場合は、Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを再起動します。Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを開始するときにこのサービスを複数の Dll を読み込みます。これらの Dll の 1 つは、Abv_dg.dll です。

Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを開始するときに、次のイベントがアプリケーション ログに表示されます。

イベント ID 1000

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeSA
イベント カテゴリ: 全般
イベント ID: 1000
日付: 日付
時間: 時間
ユーザー: N/A
コンピューター: サーバー名
説明: Microsoft Exchange システム アテンダントを開始します。Microsoft Exchange Server システム アテンダント サービスのスタートアップを完了 6.5 (ビルド 7226.0)。

このイベントが発生すると、いくつかの Dll をロードして、DSAccess コンポーネントが初期化されることを示すためにイベントが表示されます。その後、次のイベントが表示されます。

イベント ID 9006

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeSA
イベント カテゴリ: 全般
イベント ID: 9006
日付: 日付
時間: 時間
ユーザー: N/A
コンピューター: サーバー名
説明: Microsoft Exchange システム アテンダントがロード ' ABV_DG。DLL'。

イベント ID 9008

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeSA
イベント カテゴリ: 全般
イベント ID: 9008
日付: 日付
時間: 時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター: サーバー名
説明: Microsoft Exchange システム アテンダントを開始 ' ABV_DG。DLL'。

9008 のイベントは、Abv_dg.dll が開始されていることを示します。9008 のイベントが表示された直後に、次のイベントが表示されます。

イベント ID 8011

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: LDAP 操作
イベント ID: 8011
日付: 日付
時間: 時間
ユーザー: N/A
コンピューター: サーバー名
説明: ディレクトリの検索 サーバー名。 contoso.com をベースに 'CN 受信者更新サービス、CN = アドレス一覧コンテナー、CN = Microsoft では、CN = Microsoft Exchange、CN = サービス、CN = 構成、DC = contoso、DC = com を =' フィルターを使用して' (&(objectCategory=msExchAddressListService) (! (IsDeleted = TRUE)))' を要求属性の識別名です。オブジェクトの Guid です。LegacyExchangeDN。msExchADCGlobalNames。ObjectSID。オブジェクトのクラス。msExchMasterServiceBL。activationSchedule。activationStyle。msExchAddressListServiceLink。msExchDomainLink。msExchServer1AuthenticationCredentials。msExchServer1AuthenticationPassword。msExchEncryptedPassword。アップデート。msExchExportContainers。msExchReplicateNow。msExchDoFullReplication。msExchServer1LastUpdateTime。実行して。msExchServer1PageSize。msExchPollInterval。msExchServer1Flags。次のメッセージ。msExchServer1HighestUSNVector。msExchProcessedSids。msExchDomainGlobalGroupSid。msExchDomainLocalGroupSid。msExchDomainGlobalGroupGuid。msExchDomainLocalGroupGuid。gatewayProxy。

イベント ID 8012

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: LDAP 操作
イベント ID: 8012
日付: 日付
時間: 時間
ユーザー: N/A
コンピューター: サーバー名
説明: 検索ディレクトリ サーバー名。 contoso.com をベースに ' CN 受信者更新サービス、CN = アドレス一覧コンテナー、CN = Microsoft では、CN = Microsoft Exchange、CN = サービス、CN = 構成、DC = contoso、DC = com を =' 返された 2 つのオブジェクト。

これらのイベントは、Abv_dg.dll が、既存の受信者更新サービスを検索するときに表示されます。通常、イベント ID 9006 が表示されたら、イベント ID 9008 が表示されない場合は、この現象を受信者更新サービス サーバーがフロント エンド サーバーであることを示します。フロント エンド サーバーの Abv_dg.dll が起動しません。したがって、イベント ID 8011 およびイベント ID 8012 は、フロント エンド サーバーでは表示されません。バックエンド サーバーに、受信者更新サービスをポイントする必要があります。

通知は、フィルター内に表示されるイベント ID 8011、Abv_dg.dll がmsExchAddressListServiceクラスのメンバーであるすべてのオブジェクトを検索、 isDeletedプロパティを TRUE に設定する必要はありません。一般に、Abv_dg.dll 検索受信者更新サービスするすべてのオブジェクトは廃棄を意味します。(廃棄済みオブジェクトがオブジェクトが削除されているディレクトリからまだ削除されていません) です。この検索としている受信者更新サービスの数に等しい数の結果を返します。

これらのイベントでのみ受信者更新サービス オブジェクトは、企業の受信者更新サービスと受信者更新サービスの 1 つのドメインです。このため、検索には 2 つのオブジェクトを返します。この検索結果が返されない場合は、Exchange サーバーでは、受信者更新サービス オブジェクトは表示されません。この現象は、アクセス許可の問題が存在するため発生します。

Exchange サーバーで、受信者更新サービス オブジェクトが表示されていない場合、Exchange server はその受信者更新サービス オブジェクトを管理することを決定できません。このシナリオでは、受信者更新サービスのはすべてのオブジェクトを処理しません。ただし、Exchange サーバーがすべての受信者更新サービス オブジェクトを検出しない場合でもイベント ID 8011 およびイベント ID 8012 は頻繁に。この現象は、Abv_dg.dll が受信者更新サービスの存在を頻繁に検索するため発生します。イベント ID 8011 およびイベント ID 8012 は表示されない場合、アプリケーション ログに、Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを再起動した後、Abv_dg.dll がありますが開始されていません。Abv_dg.dll は、可能性がありますが開始されていないため、Exchange サーバーがフロント エンド サーバーです。

受信者更新サービスの変更のクエリを実行かどうかを確認します。

イベント ID 8011 およびイベント ID 8012 は診断ログを増加した後、アプリケーション ログに表示される、する場合、受信者更新サービスを処理するには、新規または変更されたオブジェクトのドメインを照会するかどうかを決定する必要があります。受信者更新サービスの受信者更新サービス スケジュールに基づき、問い合わせる必要があります、ドメインのいずれかの新しいまたはオブジェクトを変更します。受信者更新サービスは、受信者更新サービスを右クリックし、 [今すぐ更新] をクリックし、ドメインを照会することもする必要があります。

受信者更新サービスのドメインに対して変更を照会するかどうかを調べるには次の手順を実行します。

警告ADSI Edit スナップインを使用する場合は、LDP ユーティリティ、またはその他の LDAP version 3 クライアントと誤って変更 Active Directory オブジェクトの属性、深刻な問題が発生することができます。これらの問題は、Microsoft Windows 2000 Server、Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Exchange 2000 Server、Microsoft Exchange Server 2003、または Windows と Exchange を再インストールする必要があります。Microsoft を誤って変更する Active Directory オブジェクトの属性場合に発生する問題を解決できることを保証できません。あなた自身の責任でこれらの属性を変更します。

メモ Active Directory サービス インターフェイス (ADSI) 編集スナップインでは Microsoft Windows サポート ツールに含まれているのです。Windows 2000 では、Windows サポート ツールをインストールするには、] を Windows 2000 CD でSetup.exeをダブルクリックします。Windows Server 2003 では、Windows サポート ツールをインストールするには、[ Suptools.msi ] を Windows Server 2003 の CD をダブルクリックします。
  1. ADSI Edit スナップインまたは LDP.exe を使用して、受信者更新サービスがポイントする、ドメイン コント ローラーに接続します。「増加の診断ログ」セクションで、選択したテスト オブジェクトを見つけて、 uSNChanged属性の値をします。

    これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 adsiedit.msc、し [ OK] をクリックします。
    2. 展開Domain NC [ドメイン コント ローラー。 contoso.com] を展開DC = contosoDC = com、しテスト オブジェクトがあるコンテナーを展開します。たとえば、拡張CN = ユーザー
    3. テスト オブジェクトを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。たとえば、右CN =ユーザー名、し、[プロパティ] をクリックします。
    4. 表示するプロパティを選択] ボックスの一覧の [ uSNChangedをクリックします。
    5. [値] ボックスに表示される値に注意してください。
    6. ADSI Edit スナップインを終了します。
  2. トラブルシューティングを行う受信者更新サービスの責任は、Exchange サーバー上で、イベント ビューアーを起動、アプリケーション ログの内容を表示し、これは、[スタート] ボタン、実行] をクリックする種類 「eventvwr」[ok]をクリックし、[アプリケーション ログ] をクリックします。
  3. [表示] メニューの [検索] をクリックします。
  4. [イベント ID ] ボックスで、次のように入力します。 8011] Base ' DC説明のボックスし、[次を検索] をクリックします。
  5. [閉じる] をクリックし、 [ローカル アプリケーションの検索] ダイアログ ボックスを取得するイベントをダブルクリックします。このイベントには、ドメイン名前付けコンテキストには最後に発生した変更の検索に関する情報が含まれます。たとえば、次のようなイベント メッセージが表示されます。

    イベントの種類: 情報
    イベント ソース: MSExchangeAL
    イベント カテゴリ: LDAP 操作
    イベント ID:8011
    日付:日付
    時間:時間
    ユーザー: 該当なし
    コンピューター:サーバー名
    説明:
    ディレクトリの検索 サーバー名。 contoso.com をベースに 'DC = contoso 社、DC = com' フィルターを使用して' (& (USNChanged > = 273870) (uSNChanged<=298312)((objectclass=*)))' and="" requesting="" attributes="" distinguishedname;="" objectguid;="" legacyexchangedn;="" msexchadcglobalnames;="" objectsid;="" objectclass;="" objectcategory;="" displayname;="" msexchhidefromaddresslists;="" hidedlmembership;="" ntsecuritydescriptor;="" showinadvancedviewonly;="" msexchalobjectversion;="" showinaddressbook;="" msexchpolicyenabled;="" givenname;="" sn;="" cn;="" mailnickname;="" targetaddress;="" initials;="" proxyaddresses;="" mail;="" textencodedoraddress;="" msexchhomeservername;="" msexchexpansionservername;="" msexchcustomproxyaddresses;="" msexchpoliciesincluded;="" msexchpoliciesexcluded;="" replpropertymetadata;="" replicatedobjectversion;="" replicationsignature;="" whenchanged;="" whencreated;="" usnchanged;="" usncreated;="" objectversion;="" isdeleted;="" homemdb;="" homemta;="" msexchmailboxguid;="" msexchmailboxsecuritydescriptor;="" msexchresourceguid;="" useraccountcontrol;=""></=298312)((objectclass=*)))'>

このイベントの説明で、受信者更新サービスが 273870 〜 298312 298312 uSNChanged属性の値を持つオブジェクトの検索はことを確認します。何度もアプリケーション ログにイベント ID 8011 が表示されますもあります。これらのイベントは、それぞれ異なる検索をします。さまざまな操作で、これらのイベントが生成されます。ただし、トラブルシューティングについては、Exchange 組織内のオブジェクトにスタンプ、受信者更新サービス、のみ考慮する必要がイベント ID 8011 のイベントの検索ベースの影響を受けるドメインがあります。と共にFindコマンドを使用するため、"Base ' DC"説明項目。

ある場合、同じ Exchange サーバーで実行されている別のドメインの受信者更新サービスは、ローカルのアプリケーション ログ内の検索] ダイアログ ボックスの [説明] ボックスに、ドメインの完全な名前が含まれてする可能性があります。この場合、他のドメインの受信者更新サービスのイベント ID 8011 のイベントはスキップされます。

次のシナリオを検討してください。
  • テスト オブジェクトのuSNChanged属性の値は、このイベントに表示される値より高いが。

    USNChanged値がこの範囲の Usn よりも高い、テスト オブジェクトのuSNChanged属性の値を確認した場合、受信者更新サービスはこのオブジェクトのまだ照会されません。このオブジェクトのuSNChanged値がの場合、受信者更新サービスが現在処理している Usn よりも非常に多く、受信者更新サービスのが遅れてし、最新の変更内容をまだ追い上げています。

    通常、再構築処理が実行された場合にこの現象が発生します。再構築] をクリックしたときに受信者更新サービスのuSNChanged値 1 と、ドメイン内のすべてのオブジェクトに対してクエリから開始します。大規模なドメインでは、数時間または数日の受信者更新サービスのドメイン内のすべてのオブジェクトを処理するがかかるあります。
  • テスト オブジェクトのuSNChanged属性の値は、このイベントに表示されている値よりも小さいが。

    テスト オブジェクトのuSNChanged属性の値をメモしたuSNChanged値がこの範囲の Usn より小さい場合、受信者更新サービスがこのオブジェクトを過ぎています。この場合を継続するテスト オブジェクトを含む範囲の Usn が含まれているイベント ID 8011 のイベントが表示されるまで、アプリケーション ログを後方検索します。

    この USN 範囲が見つからない場合は、テスト オブジェクトに変更します。いずれかのオブジェクトの説明を変更すると、オブジェクトを変更、 uSNChangedドメイン コント ローラーの最新の値に変更するとします。したがって、テスト オブジェクトを受信者更新サービスになったと、関連付けられているイベント ID 8011 のイベントが見つからない場合は、テスト オブジェクトに変更し、新しいuSNChanged値を確認します。次のイベント ID 8011 のイベントがアプリケーション ログに検索できます。次のイベント ID 8011 のイベントには、変更したオブジェクトの USN が含まれます。
  • いるイベント ID 8011 のイベントが表示されない"Base ' DC"イベントの説明に。

    アプリケーション ログに、イベント ID 8011 のイベントがではない場合"Base ' DC"イベントの説明、受信者更新サービスのドメインがない処理はまだ開始。

    メモ また、イベント ID 8011 のイベントが新しいイベントで上書きされている場合にも発生する可能性があります。再構築処理が実行されている場合、アプリケーション ログがすぐにいっぱい。再構築処理が実行されているかどうかを確認するのには、「再構築処理が実行されているかどうかを確認する」セクションを参照してください。

    イベント ID 8011 のイベントが表示されない場合、再構築処理が実行されていないと判断した場合は、受信者更新サービスを実行するときにする必要がありますを確認するのには、受信者更新サービスのスケジュールを表示します。スケジュールを表示するには、受信者更新サービス、これらの手順に従います。
    1. Exchange システム マネージャーを起動します。
    2. 受信者] を展開し、[受信者更新サービス] をクリックします。
    3. 右側のウィンドウで受信者更新サービス (CONTOSO)] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    4. 場合は、[更新の間隔] ボックスの一覧にカスタム スケジュールを使用するが表示されたら、[カスタマイズ] をクリックします。
    メモ 受信者更新サービスを右クリックし、[今すぐ更新、受信者更新サービス オブジェクトをすぐに処理を開始する] をクリックできます。ただし、このシナリオでは、再構築処理を開始したりしないポリシーを適用する.

    今すぐ更新] をクリックした後にイベント ID 8011 のイベントが表示されない場合、またはオブジェクトの処理、受信者更新サービス、受信者更新サービス スケジュール後、受信者更新サービスは、応答しなくなった可能性があります。 または受信者更新サービスの検索結果を返すドメイン コント ローラーの待機している可能性があります。

    通常、受信者更新サービスのが、LDAP クエリの実行中に応答を停止する場合は、Microsoft Exchange システム アテンダント サービスを再起動することによって開始できます。ただし、受信者更新サービス、再度応答を停止可能性があります。このシナリオでは、受信者更新サービスのが、LDAP クエリに応答を停止する理由を判断する必要があります。一般的には、ネットワークの問題が存在するため、この現象が発生します。このネットワークの問題を識別する場合に応答を停止するようにクエリをキャプチャするのにネットワーク モニター ツールを使用します。
イベント ID 8011 のイベントには、テスト オブジェクトのuSNChanged値を含むuSNChanged値の範囲が含まれて、する場合、受信者更新サービスはこのオブジェクトへの変更をドメインに照会します。

再構築処理が実行されているかどうかを確認します。

再構築処理が実行されているかどうかを確認するのには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1:、Repadmin.exe を使用します。

警告ADSI Edit スナップインを使用する場合は、LDP ユーティリティ、またはその他の LDAP version 3 クライアントと誤って変更 Active Directory オブジェクトの属性、深刻な問題が発生することができます。これらの問題は、Microsoft Windows 2000 Server、Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Exchange 2000 Server、Microsoft Exchange Server 2003、または Windows と Exchange を再インストールする必要があります。Microsoft を誤って変更する Active Directory オブジェクトの属性場合に発生する問題を解決できることを保証できません。あなた自身の責任でこれらの属性を変更します。

MsExchDoFullReplication属性が変更された時刻を確認するのには、Windows 2000 サポート ツールに含まれる Repadmin ツール (Repadmin.exe) を使用します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. トラブルシューティングを行う受信者更新サービスのの識別名を取得するのにには、ADSI Edit スナップインまたは LDP.exe を使用します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 adsiedit.msc、し [ OK] をクリックします。
    2. 展開構成コンテナー [ドメイン コント ローラー。 contoso.com]、展開CN = 構成、DC = contoso の DC = com、展開CN = サービス、展開CN = Microsoft Exchange、を展開し、 CN ="組織名".たとえば、拡張CN = 最初組織
    3. 展開CN = アドレス一覧コンテナーをクリックし、 CN = 受信者更新サービス
    4. 右側のウィンドウでのトラブルシューティングを行う受信者更新サービスのドメインに対応する識別名に注意してください。
    5. ADSI Edit スナップインを終了します。
  2. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 cmd、し [ OK] をクリックします。
  3. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。置換 識別名 トラブルシューティングを行う受信者更新サービスのの識別名。
    repadmin/showmeta」識別名「> された rusmeta.txt
    たとえば、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    repadmin/showmeta」CN 受信者更新サービス (CONTOSO)、CN = 受信者更新サービス、CN = アドレス一覧コンテナー、CN = 最初の組織、CN = Microsoft Exchange、CN = サービス、CN = 構成、DC = contoso、DC = com を ="> された rusmeta.txt
  4. このコマンドで作成された Rusmeta.txt ファイルをメモ帳などのテキスト エディターで開きます。
  5. された Rusmeta.txt ファイルでは、 msExchDoFullReplication属性を参照するエントリを探します。このエントリは、次のようなが表示されます。
    298589      Default-First-Site-Name\<ServerName>    298589 2004-06-29 17:10:59   2 msExchDoFullReplication
受信者更新サービスをを右クリックして、[再構築] をクリックすると、 msExchDoFullReplication属性が TRUE に設定します。受信者更新サービスの起動時に、Active Directory ディレクトリ サービス内のオブジェクトを処理する、受信者更新サービスのこの属性を FALSE に設定します。Repadmin 出力に表示されるタイムスタンプを見るこの属性が最後に変更されたときを確認できます。したがって、再構築処理を最後に実行したときに確認できます。

方法 2: 診断ログを使用します。

アドレス一覧の同期項目以外のすべての項目上の診断ログを有効にします。アドレス一覧の同期中に、ログの項目を設定し、次のイベントを検索するには、アプリケーション ログを表示.

イベント ID 8329

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8329
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: 受信者更新サービスは DC の再構築を開始、contoso、DC = com を =

さらに、全体の再構築処理は、すべて 10% の増分値は、次のイベントが表示されます、再構築処理の進行状況を示すために。

イベント ID 8332

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL

イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8332
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: 受信者更新サービスは、DC から一連のエントリをエクスポートする開始 = contoso、DC = com では、USN の 1 から始まります。USN 298599 に到達すると、ディレクトリの処理します。

再構築処理が完了したら、受信者更新サービスの次のイベントが記録されます。

イベント ID 8330

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8330
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: 受信者更新サービスの DC の再構築が完了したら、contoso、DC = com を =

メモ 通常、再構築処理を実行してはいないトラブルシューティングに役立つ、受信者更新サービス。[再構築] コマンドと[今すぐ更新] コマンドの唯一の違いは、オブジェクトの処理を再開するには、受信者更新サービスを再構築コマンドが発生します。

このシナリオでは、受信者更新サービスの、USN は 1 から開始します。今すぐ更新] コマンドは、受信者更新サービス、受信者更新サービスで最後に記録された最も大きい USN からオブジェクトの処理を開始するとします。この USN が実行してActive Directory ディレクトリ サービス内の受信者更新サービス オブジェクトのプロパティに格納されます。したがって、期待どおり、受信者更新サービスは新規または変更後のオブジェクトは処理されません、する場合、再構築処理の実行中は利用できません。

さらに、大規模な環境で完了するには、再構築処理にかかる時間によって注意深く検討が再構築操作を実行する前に、受信者更新サービスの一般的な操作の再開にかかる時間。再構築処理が開始すると、新規または変更されたオブジェクトに対してさらにトラブルシューティングを実行する前に、最新の usn キャッチする受信者更新サービスを待つ必要があります。

受信者更新サービスのクエリの変更方法については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
328738 受信者更新サービスの受信者ポリシーを適用する方法

クエリ結果を返すかどうかを確認します。

テスト オブジェクトの USN を含む範囲の Usn の範囲の Usn での検索が実行されたことを示す、イベント ID 8011 のイベントを検索する、検索結果を返すかどうかを確認します。イベント ID 8011 のイベントがアプリケーション ログに次の対応するイベント ID 8012 イベントが表示されます。

イベント ID 8012

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: LDAP 操作
イベント ID:8012
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: 検索ディレクトリ サーバー名。 contoso.com をベースに ' DC = contoso、DC = com' 16 のオブジェクトが返されます。

次のシナリオを検討してください。
  • アプリケーション ログにイベント ID 8011 のイベントに対応するイベント ID 8012 イベントが表示されない場合は、Exchange の検索に対する応答が検出されませんでした。通常、この現象は、ネットワークの問題を示します。一般に、この種のネットワークの問題は応答を停止 (ハング) するには、受信者更新サービスとします。

    さらに、この種のネットワークの問題が発生した場合、受信者更新サービスは、受信者更新サービスは中の検索に対する応答を待機しているため、ドメイン ルートに対して新しいクエリ生成しません。したがって、このシナリオでは、追加のイベント ID 8011 のイベントに表示されません、アプリケーション ログ。繰り返しこの現象が発生した場合、ネットワークの問題を特定するには、ネットワーク トレースをキャプチャすることをお勧めします。
  • 検索オブジェクトがまったく返された場合は、Exchange サーバーのコンピューター アカウントには、ユーザー オブジェクトを表示する権限がありません。これらのアクセス許可は、Exchange Enterprise Servers グループから取得されます。このグループはセットアップ/domainprepコマンドを実行すると、ルート ドメインのアクセス許可が付与されます。これらのアクセス許可が変更された場合や、サブコンテナーの継承が削除された場合は、Exchange が、ユーザー アカウントを表示する権限です。

    さらに、この特定のドメインに対して、Exchange Enterprise Servers グループの他のすべてのドメインの Exchange Domain Servers グループを含める必要があります。また、Exchange Domain Servers グループのいずれかがこの受信者更新サービスを担当する Exchange サーバーを含める必要があります。この一連のメンバーシップが破損している、Exchange サーバーがユーザー アカウントを表示することできません可能性があります。
  • 検索で 20 個を超えるオブジェクトが返される場合は、1 つ以上のイベント ID 8012 イベントが表示されます。受信者更新サービスのは、この検索の 20 のページ サイズを使用します。したがって、結果が 20 個ずつまとめて返されます。クエリから返されるオブジェクト 20 個ごとに 1 つのイベント ID 8012 イベントを参照してくださいに期待してください。
  • 検索オブジェクトによって返された場合は、イベントに次のイベント ID 8012 のイベント リストは処理キューに追加するオブジェクト。このシナリオでは、次のイベントが表示されます。
    • イベント ID 8175

      イベントの種類: 情報
      イベント ソース: MSExchangeAL
      イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
      イベント ID:8175
      日付:日付
      時間:時間
      ユーザー: 該当なし
      コンピューター:サーバー名
      説明: を変更 ' CN =ユーザー名、CN = ユーザー DC = contoso、DC = com'。

    • イベント ID 8134

      イベントの種類: 情報
      イベント ソース: MSExchangeAL
      イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
      イベント ID:8134
      日付:日付
      時間:時間
      ユーザー: 該当なし
      コンピューター:サーバー名
      説明: プロセスの要求キューユーザー名、CN = ユーザー DC = contoso、DC = com'。

    8175 イベントおよび 8134 イベント ID 8012 のイベントを調べることで、この検索でテスト オブジェクトが返されますかどうかを判断できます。この検索でテスト オブジェクトが取得されなかった場合は、Exchange が原因で、ユーザー オブジェクトを表示する権限はありませんアクセス許可の問題が発生している可能性があります。
受信者更新サービスが完了したときに変更をキュー プロセスでは、アプリケーション ログに次のイベントが表示されます。

イベント ID 8169

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8169
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: ディレクトリの下のすべての変更を取得する: ' DC = contoso、DC = com'。

テスト オブジェクトに対応するポリシーを決定します。

受信者更新サービスの、テスト オブジェクトに変更を照会して、期待される結果をクエリが返すことを確認する場合は、決定し、受信者更新サービス テスト オブジェクトを処理するときに何が発生しました。

受信者更新サービスの取得、処理用のキューに置かれたオブジェクトのアプリケーション ログに次のイベントが表示されます。

イベント ID 8163

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8163
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: スレッド #12b8: 次のアドレス一覧のトランザクションを受け取りました。DC = contoso、DC = com です。

受信者更新サービスのは、各アドレス一覧および各ポリシーに対してオブジェクトを評価します。各評価には、次のイベントが生成されます。

イベント ID 8129

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8129
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: ディレクトリのオブジェクトを評価する ' CN =ユーザー名、CN ユーザー、DC = contoso、DC = com を =' アドレス一覧に対して 'CN、すべてのユーザーである CN = すべてのアドレス一覧、CN = アドレス一覧コンテナー、CN = Microsoft では、CN = Microsoft Exchange、CN = = サービス、CN = 構成、DC contoso、DC = com を =' ルール' (& (mailnickname = *) (|(& (objectCategory=person)(objectClass=user) (! (homeMDB = *)) (! (msExchHomeServerName=*)))(&(objectCategory=person)(objectClass=user) (| (homeMDB=*)(msExchHomeServerName=*)))))'。DC = contoso、DC = com です。

アドレス一覧またはポリシーのオブジェクトに一致すると、次のイベントが表示されます。

イベント ID 8130

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8130
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明:'CN、すべてのユーザーである CN = すべてのアドレス一覧、CN = アドレス一覧コンテナー、CN = Microsoft では、CN = Microsoft Exchange、CN = サービス、CN = 構成、DC = contoso、DC = com を =' に追加 ' CN =ユーザー名、CN = ユーザー DC = contoso、DC = com'。DC = contoso、DC = com

ポリシーを決定するこれらのイベントを調べることができ、受信者更新サービスの決定はアドレス一覧オブジェクトに一致します。

メモ イベント ID 8130 のイベントを複数の受信者ポリシーを参照してくださいする可能性があります。ただし、このシナリオでは複数のポリシーがオブジェクトに適用されていることは限りません。一致するすべてのポリシーの優先順位が最も高いポリシーのみは、受信者に適用されます。ただし、アドレス一覧は累積されます。このシナリオでは、一致するすべてのアドレス一覧が受信者に適用されます。

既存のアドレス一覧および各ポリシーの表示、イベント ID 8129 のイベントを期待してください。アドレス一覧または受信者ポリシーごとに、イベント ID 8129 のイベントが表示されない場合は、受信者更新サービスはそのアドレス一覧オブジェクトまたは受信者ポリシー オブジェクトは表示されません。通常、アクセス許可の問題はこの現象は、アドレス一覧ごとにアクセス許可を変更されている、ホストのシナリオで特にと。

この現象はこれらのオブジェクトが、Exchange サーバーが構成 (Config) ドメイン コント ローラーとして選択したドメイン コント ローラーにレプリケートされていない場合にも発生する可能性があります。Exchange と、受信者更新サービスがポイントする、ドメイン コント ローラーではなく、構成ドメイン コント ローラーから、アドレス一覧と受信者ポリシーを読み取ります。ドメイン コント ローラーは、構成ドメイン コント ローラーとして使用を確認するのに以下の手順を実行します。
  1. Exchange システム マネージャーを起動します。
  2. 管理グループが有効な場合管理グループ] を展開し、管理グループを展開し。
  3. サーバーを展開のプロパティを表示する Exchange サーバーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [ディレクトリ アクセス] タブをクリックし、[表示] の一覧で [構成ドメイン コント ローラー ] をクリックします。
場合によっては、受信者更新サービスのポリシーが適用されているかどうかを確認するには、Active Directory ディレクトリ サービスを照会する必要があります。このシナリオでは、次のイベントがアプリケーション ログに表示されます。

イベント ID 8129

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8129
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: ディレクトリのオブジェクトを評価する ' CN =ユーザー名、CN ユーザー、DC = contoso、DC = com を =' に対するアドレス一覧 ' CN =NewPolicy、CN 受信者ポリシー、CN = Microsoft では、CN = Microsoft Exchange、CN = サービス、CN = 構成、DC = contoso、DC = com を =' 規則 ' (&(extensionAttribute1=mySpecialValue))'.DC = contoso、DC = com

イベント ID 8011

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: LDAP 操作
イベント ID:8011
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: ディレクトリの検索 サーバー名。 contoso.com をベースに '<GUID=F56238A9720BA14FBBD786F9CC847A45>' フィルターを使用して ' (&(extensionAttribute1=</GUID=F56238A9720BA14FBBD786F9CC847A45>mySpecialValue))' を要求属性オブジェクトのクラス。ReplPropertyMetaData。DC = contoso、DC = com

イベント ID 8012

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: LDAP 操作
イベント ID:8012
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: 検索ディレクトリ サーバー名。 返された 0 のオブジェクトの基本 '<GUID=F56238A9720BA14FBBD786F9CC847A45>' に contoso.com。DC = contoso、DC = com<b00> </b00> </GUID=F56238A9720BA14FBBD786F9CC847A45>

これらのイベントでは、受信者更新サービス送信ユーザー オブジェクトには、これらのイベントに記載されているポリシーに一致するかどうかを確認するには、[ドメイン コント ローラーを検索。このシナリオでは、受信者更新サービスのは、オブジェクト GUID属性をユーザー オブジェクトの検索のベースとして使用されます。受信者更新サービスのは、受信者ポリシーからのフィルター検索フィルターとして使用されます。これらのイベントで、検索結果を返されませんでした。したがって、このポリシーはこのユーザー オブジェクトと一致しないこと、受信者更新サービスが決定されます。

イベント ID 8130 のイベントを読むと、受信者に対応するポリシーを決定できます。次に、イベント ID 8130 のイベントに表示される各受信者ポリシーから、優先順位が最も高い受信者ポリシーを特定できます。優先順位が最も高い受信者ポリシーは、受信者更新サービスのプロキシ アドレスを生成するポリシーです。

メモ このシナリオでは、指定した受信者のプロキシ アドレスを生成するには、受信者更新サービスに適していることです。

受信者更新サービスのアドレスを生成するかどうかとを決定する方法については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
328738 受信者更新サービスの受信者ポリシーを適用する方法

プロキシ生成結果を表示します。

診断の Exchange Server 2003年を実行しているコンピューターでプロキシ生成に関するログを増加すると、アプリケーション ログに次のイベントが表示されます。

イベント ID 3006

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeSA
イベントの分類: プロキシの生成
イベントの ID:3006
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: ポリシー プロバイダー インスタンス受信者を処理します。
受信者 DN: CN =ユーザー名、CN = ユーザー DC = contoso、DC = com
現在の受信者のプロキシ:
X500:/O = Microsoft/OU =Site1/cn 受信者と cn = =ユーザー名
smtp:ユーザー名@adatum.comCCMAIL:ユーザー名Site1
MS:MICROSOFT とSITE1/ユーザー名
SMTP:ユーザー名@Site1.マイクロソフト.com
X 400: c 米国; a =; p = = Microsoft; o =Site1s =ユーザー名;
適用可能なポリシー:
CN ポリシー、CN = 受信者ポリシー、CN = Microsoft では、CN = Microsoft Exchange、CN = サービス、CN = 構成、DC = contoso、DC = = comCN =Site1、CN 受信者ポリシー、CN = Microsoft では、CN = Microsoft Exchange、CN = サービス、CN = 構成、DC = contoso、DC = com を =
選択されたポリシー:
CN =Site1、CN 受信者ポリシー、CN = Microsoft では、CN = Microsoft Exchange、CN = サービス、CN = 構成、DC = contoso、DC = com を =
選択されたポリシーのプロキシ:
smtp: @adatum.com
X 400: c 米国; a =; p = = Microsoft; o =Site1;
SMTP: @Site1.マイクロソフト.com
MS:MICROSOFT/SITE1
CCMAIL: に Site1
変更一覧内のプロキシ:
生成するプロキシ:
生成中の競合:
生成されたプロキシ:
受信者に書き込まれたプロキシ:

このイベントは、プロキシ生成手順では、該当するポリシーの概要と共に、受信者更新サービスを決定について説明します。すべてのイベント ID 8130 のイベントを読み取るのではなく、このイベントを使用できます。

変更が必要かどうかを確認します。

アドレス一覧または受信者ポリシーの評価処理が完了、次のイベントがアプリケーション ログに記録します。

イベント ID 8160

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8160
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: 変更は不要の CN =ユーザー名、CN = ユーザー DC = contoso の DC com. DC = contoso、DC = com を =

一部のシナリオでイベント ID 8160 オブジェクトする必要がありますが変更されていることを確認する場合でも、アプリケーション ログに表示します。例えば、以下の現象があるとします。
  • 受信者のプロキシ アドレスが割り当てられていないがあります。
  • この受信者が受信者ポリシーと一致しているかを示すイベント ID 8130 のイベントが表示されます。
  • 評価プロセスは、この受信者オブジェクトは、変更を必要としないことを示すために、イベント ID 8160 のイベントが記録されます。
通常は、プロキシ ジェネレーターが正常に読み込まれていない場合この現象が発生します。 詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
286356 Exchange 受信者更新サービスは Exchange 2000 server および Exchange Server 2003年では、プロキシ アドレスをスタンプしません
オブジェクトを変更した場合、次のイベントがアプリケーション ログに表示されます。

イベント ID 8039

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8039
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: トランザクションが完了しています.

dn:<GUID=EDC7EA535F006845892C30A34F038549>
changetype: 修正
showInAddressBook: 追加: CN、すべてのユーザーである CN = すべてのアドレス一覧、CN = アドレス一覧コンテナー、CN = Microsoft では、CN = Mic. = 既定グローバル アドレス一覧、CN = すべてグローバル アドレス一覧、CN = = すべてのアドレス一覧
続き.
メール:</GUID=EDC7EA535F006845892C30A34F038549>TestUser1@Site1.Microsoft.com
textEncodedORAddress:c 米国; a =; p = = Microsoft; o =Site1s =ユーザー1; g =テストproxyAddresses:X 400: c 米国; a =; p = = Microsoft; o =Site1s =User1g =テスト;
SMTP:TestUser1@Site1.Microsoft.com
: MS:MICROSOFT/SITE1/TESTUSER1
: CCMAIL:User1, テストSite1
: smtp:TestUser1@adatum.com
MSEXCHPOLICIESINCLUDED:ADD:{14FE313C-34F5-41DC-8361-D58A46A5260A},{3B6813EC-CE89-42BA-9442-D87D4AA30DBC}: {14FE313C-34F5-41DC-8361-D58A46A5260A},{26491CFC-9E50-4857-861B-0CB8DF22B5D7}
msExchUserAccountControl:0
msExchALObjectVersion:49
objectGUID:EDC7EA535F006845892C30A34F038549
-
DC = contoso、DC = com

イベント ID 8035

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8035
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: エントリを修正しました ' CN =TestUser1、CN = ユーザー DC = contoso の DC = com' ディレクトリに サーバー名。 contoso.com。DC = contoso、DC = com

イベント ID 8167

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8167
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明:
オブジェクトの変更: ' CN =TestUser1、CN = ユーザー DC = contoso、DC = com'。DC = contoso、DC = com

最後に、この受信者の評価が完了すると、次のイベントがアプリケーション ログに表示されます。

イベント ID 8133

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8133
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: 計算処理を完了に ' CN =TestUser1、CN = ユーザー DC = contoso、DC = com'。DC = contoso、DC = com

イベント ID 8162

イベントの種類: 情報
イベント ソース: MSExchangeAL
イベント カテゴリ: アドレス一覧の同期
イベント ID:8162
日付:日付
時間:時間
ユーザー: 該当なし
コンピューター:サーバー名
説明: スレッド #12b8: 次のアドレス一覧のトランザクションを待っています。DC = contoso、DC = com

プロパティ

文書番号: 822794 - 最終更新日: 2013年11月19日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Enterprise Server
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbexchtechbulletin kbdirectory kbinfo kbmt KB822794 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:822794
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com