Internet Explorer 6.0 SP1 で使用できる制限値

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 823057 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、コンピュータの管理者が Internet Explorer 6.0 Service Pack 1 (SP1) に適用できるユーザー側の操作を制限する新しいレジストリの設定について説明します。

詳細

Internet Explorer 6.0 SP1 では、コンピュータの管理者は、ユーザーによるプログラムのさまざまな機能へのアクセスをより柔軟に制限できます。以下の各値の種類は DWORD です。これらの値を有効にする場合は 1、無効にする場合は 0 (ゼロ) を設定します。

: これらの設定のほとんどは、グループ ポリシーまたは Internet Explorer 管理者キット (IEAK) を使用して適用できます。これらの設定のほとんどを適用する場合、変更を有効にするには Internet Explorer を再起動する必要があります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Restrictions レジストリ キーおよび HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Restrictions レジストリ キーの制限値

以下の制限値は、次のレジストリ キーのいずれかに存在します。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Restrictions
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Restrictions
コンピュータの管理者が適切なレジストリ値を実装してメニューを制限した場合に、制限されたメニューをユーザーが使用すると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
このコンピュータの制限により、処理は取り消されました。システム管理者に問い合わせてください。
  • NoFileOpen : [ファイル] メニューの [開く] を無効にします。
  • NoFileNew : [ファイル] メニューの [新規作成] を無効にします。
  • NoBrowserOptions : [ツール] メニューの [インターネット オプション] を無効にします。
  • NoSelectDownloadDir : [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスの [保存] ボタンを無効にします。
  • NoBrowserClose : ウィンドウまたはダイアログ ボックスの右上にある閉じるボタンを無効にします。また、このレジストリ値により、[ファイル] メニューの [閉じる] も無効にされます。
以下のメニューは、適切なレジストリ キーおよび値を実装すると表示されなくなります。
  • NoBrowserSaveAs : [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] を非表示にします。
  • NoFavorites : [お気に入り] メニューを非表示にして、お気に入りバーを無効にします。
  • NoHelpItemTipOfTheDay : [ヘルプ] メニューの [ヒント] を非表示にします。
  • NoHelpItemNetscapeHelp : [ヘルプ] メニューの [Netscape ユーザーのために] を非表示にします。
  • NoHelpItemSendFeedback : [ヘルプ] メニューの [フィードバックの送信] を非表示にします。
  • NoPrinting : [ファイル] メニューの [印刷] を非表示にします。
  • No_LaunchMediaBar : ユーザーがオンライン コンテンツを再生したときに、メディア ウィンドウを表示しません。
以下のメニューは、適切なレジストリ キーと値を追加すると無効になります。
  • NoTheaterMode : F11 キー (全画面表示モード) を無効にします。
  • NoBrowserContextMenu : Web ページを右クリックしたときに表示されるショートカット メニューを無効にします。
  • NoFindFiles : F3 キーおよび [検索] ウィンドウを無効にします。
  • NoViewSource : [表示] メニューの [ソース] を無効にします。ただし、ユーザーがソースを完全に表示できなくなるようにするには、NoBrowserContextMenu 値を追加する必要があります。
  • NoOpeninNewWnd : Ctrl + N キーおよび [開く] を無効にします。
  • AlwaysPromptWhenDownload : [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスの [この種類のファイルであれば常に警告する] チェック ボックスを淡色表示にし、常にオンに設定されるようにします。

    : この値は、安全ではないと判断されたファイルには適用されません。

    Internet Explorer の安全でないファイル (Unsafe File) の一覧の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    291369 Internet Explorer 6 の安全でないファイル (Unsafe File) 一覧に関する情報
  • NoNavButtons : ツール バーの [戻る] および [進む] ボタンを無効にします。
  • NoHelpMenu : Internet Explorer の [ヘルプ] メニューを無効にします。
  • No_MediaBarOnlineContent : オンライン コンテンツの再生を拒否します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Toolbars\Restrictions レジストリ キーの制限値

以下のツール バーに関する制限値は、次のレジストリ キーに存在します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Toolbars\Restrictions


適切なレジストリ値 (DWORD 値) を使用して次のメニューを制限した場合に、ユーザーが制限されたメニューにアクセスすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
このコンピュータの制限により、処理は取り消されました。システム管理者に問い合わせてください。


  • NoToolbarOptions : ユーザーが [表示] メニューの任意の項目をクリックすると、エラー メッセージが表示されます。ただし、[ツール バー] の [ユーザー設定] および [ツール バーを固定する] を除きます。

    以下のメニューは、適切なレジストリ値 (DWORD 値) を追加すると表示されなくなります。
  • NoToolBar : ツール バーを非表示にします。ただし、[表示] メニューの [ツール バー] に [標準のボタン] を追加することができます。この設定を完全に有効にするには、NoToolbarOptions 値 (DWORD 値) を有効にする必要があります。
  • NoAddressBar : アドレス バーを非表示にします。
  • NoLinksBar : リンク バーを非表示にします。[表示] メニューの [ツール バー] にある [リンク] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    このコンピュータの制限により、処理は取り消されました。システム管理者に問い合わせてください。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer レジストリ キーの制限値

以下の制限値は、次のレジストリ キーに存在します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
次のメニューは、適切なレジストリ値 (DWORD 値) を追加すると表示されなくなります。
  • NoWindowsUpdate : [ツール] メニューの [Windows Update] を非表示にします。
[ツール] メニューの [同期] を無効にするには、以下の手順を実行します。
  1. 次のレジストリ サブキーに移動します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Infodelivery\Restrictions
    : サブキーが存在しない場合は作成します。サブキーを作成するには、以下の手順を実行します。
    1. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft
    2. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[キー] をクリックします。
    3. Internet Explorer と入力して、Enter キーを押します。
    4. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[キー] をクリックします。
    5. Infodelivery と入力して、Enter キーを押します。
    6. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[キー] をクリックします。
    7. Restrictions と入力して、Enter キーを押します。
  2. [HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Infodelivery\Restrictions] サブキーを右クリックして、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  3. NoManualUpdates と入力して、Enter キーを押します。
  4. [NoManualUpdates] を右クリックして、[変更] をクリックします。
  5. [値のデータ] ボックスに、1 と入力し、[OK] をクリックします。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 823057 (最終更新日 2004-04-12) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 823057 - 最終更新日: 2006年9月15日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Explorer 6.0 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo KB823057
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com