Exchange Server 2003 の Outlook Web Access のエラー メッセージ "HTTP/1.1 503 サービスを使用できません" のトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 823159 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Exchange Server 2003 コンピュータ上の Microsoft Outlook Web Access (OWA) のアドレスを入力すると、OWA ログオン画面が表示される前に次のエラー メッセージが表示される場合があります。
HTTP/1.1 503 サービスを使用できません
この問題は、Davex.dll ファイルがメールボックス ストアまたはパブリック フォルダ ストアと通信できない場合に発生します。

すべてのサービスが実行中であることを確認する

"HTTP/1.1 503 サービスを使用できません" エラー メッセージは、Exchange Server 2003 のサービスが実行されていない場合、特に System Attendant サービスと Information Store サービスが実行されていない場合に発生することがあります。サービスを表示し、すべてのサービスが実行中であることを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] (または [すべてのプログラム])、[管理ツール] の順にポイントし、[サービス] をクリックします。
  2. [サービス] の [名前] 列で、Microsoft Exchange Information Store および Microsoft Exchange System Attendant を探して、[状態] 列が [開始] になっていることを確認します。
  3. サービスが開始されていない場合は、サービス名を右クリックし、[開始] をクリックします。

サービスがローカル システム アカウントで実行中であることを確認する

"HTTP/1.1 503 サービスを使用できません" エラー メッセージは、Exchange Server 2003 のサービスがローカル システム アカウントで実行されていない場合に発生することがあります。サービスがローカル システム アカウントで実行されていることを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [サービス] を開きます。
  2. [名前] 列で、Microsoft Exchange Information Store および Microsoft Exchange System Attendant を探して、[ログオン] 列が [LocalSystem] になっていることを確認します。
  3. サービスがローカル システム アカウントでログオンされていない場合は、次の手順を実行します。
    1. サービス名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    2. [ログオン] タブをクリックし、[ログオン] の下の [ローカル システム アカウント] をクリックします。
    3. [OK] をクリックします。

メールボックス ストアとパブリック フォルダ ストアをマウントする

"HTTP/1.1 503 サービスを使用できません" エラー メッセージは、アクセス先のメールボックス ストアおよびパブリック フォルダ ストアがマウントされていない場合に発生することがあります。したがって、メールボックス ストアおよびパブリック フォルダ ストアをマウントする必要があります。メールボックス ストアとパブリック フォルダ ストアをマウントするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] (または [すべてのプログラム])、[Microsoft Exchange] を順にポイントして、[システム マネージャ] をクリックします。
  2. [管理グループを表示する] チェック ボックスがオンになっている場合は、[管理グループ]、[最初の管理グループ] を順に展開します。
    : 管理グループを表示するには、[Your_Organization] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。次に [管理グループを表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] を 2 回クリックし、Exchange システム マネージャを再起動します。
  3. [サーバー] を展開し、[Your_Exchange_Server_Name] を展開して、[最初のストレージ グループ] を展開します。
  4. [メールボックス ストア] を右クリックして、[ストアのマウント] をクリックし、[OK] をクリックします。
  5. [パブリック フォルダ ストア] を右クリックして、[ストアのマウント] をクリックし、[OK] をクリックします。

HKEY_CLASSES_ROOT レジストリ ハイブに 259 文字を超えるレジストリ キーが存在しないかどうかを確認する

"HTTP/1.1 503 サービスを使用できません" エラー メッセージは、
HKEY_CLASSES_ROOT
レジストリ ハイブに 259 文字を超えるレジストリ キーが存在する場合に発生することがあります。初期化中、登録されているファイルの種類を特定するために、Exchange OLE DB プロバイダ (ExOLEDB) によって
HKEY_CLASSES_ROOT
ハイブがスキャンされます。デフォルト値が 259 文字を超えるサブキーがある場合や、いずれかのサブキーで無効な随意 ACL が存在する場合、ExOLEDB が予期せず終了することがあります。

サブキーが 259 文字を超えている場合や、無効な随意 ACL が存在する場合には、Exchange Server 2003 のサービスを再開したときに、次の一連のイベント ID メッセージがアプリケーション イベント ログに出力されます。
種類 : 情報
ソース : MSExchangeSA
分類 : General
イベント ID : 9014
説明 :
Exchange サーバー 'servername' の Microsoft Exchange System Attendant を正常に開始しました。
種類 : 情報
ソース : MSExchangeSA
分類 : Monitoring
イベント ID : 9095
説明 :
MAD 監視スレッドを初期化しています。
種類 : 情報
ソース : MSExchangeSA
分類 : Monitoring
イベント ID : 9096
説明 :
MAD 監視スレッドを初期化しています。
種類 : 情報
ソース : EXOLEDB
イベント ID : 101
説明 :
Microsoft Exchange OLEDB は正常にシャットダウンしました。
種類 : エラー
ソース : MSExchangeIS
イベント ID : 9542
説明 :
外部インターフェイス OLEDB の初期化に失敗しました。エラーは ecServerOOM です。
さらに、次のイベント ID メッセージがアプリケーション イベント ログに複数回出力される場合があります。Free/Busy サービスでもエラーがいくつか生成される場合があります。
種類 : エラー
ソース : EXCDO
分類 : General
イベント ID : 8206
説明 :
予定の保存中にエラー コード 0x800XXXXX が返されたため、予定表作成エージェントは失敗しました。
次のイベント ID メッセージがシステム ログに複数回出力される場合があります。
種類 : エラー
ソース : DCOM
分類 : なし
イベント ID : 10002
説明 :
DCOM サーバーの起動時に、アクセスが拒否されました。サーバー:{9DA0E106-86CE-11D1-8699-00C04FB98036}ユーザー: SYSTEM/NT AUTHORITY、SID=S-1-5-18
この問題のトラブルシューティングを行うには、HKCRScan ツール (HKCRScan.exe) を実行します。HKCRScan ツールは、HKEY_CLASSES_ROOT レジストリ ハイブを列挙して、259 文字を超えるサブキーを特定します。また、HKCRScan を使用すると、無効な随意 ACL が存在する場合にはエラー コード 0x5 が返されます。このエラー コードは、レジストリ キーを列挙したときにアクセスが拒否されたことを意味します。HKCRScan ツールは、マイクロソフトで開発した社内ツールです。このツールを入手するには、Microsoft Product Support Services (PSS) に問い合わせてください。PSS への問い合わせ方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com

MSExchangeIS サービスの初期化を妨げるグループ ポリシー オブジェクトが存在しないかどうかを確認する

"HTTP/1.1 503 サービスを使用できません" エラー メッセージは、MSExchangeIS サービスの初期化を妨げるグループ ポリシー オブジェクト (GPO) が存在する場合に発生することがあります。

この資料で説明しているイベント 101 EXOLEDB およびイベント 9542 MSExchangeIS に類似したイベント ID メッセージが出力される場合があります。

: イベント ID メッセージの説明は、この資料に記載されているものとは異なる場合があります。

次のイベント ID メッセージが出力される場合もあります。
種類 : エラー
ソース : EXCDO
イベント ID : 8208
説明 :
定期的な予定の展開中にエラー コード 0x8000ffff が返されたため、予定表作成エージェントは失敗しました。
種類 : エラー
ソース : DCOM
イベント ID : 10009
説明 :
構成されているどのプロトコルを使っても、DCOM がコンピュータ RCC-EXH-02-W と通信できませんでした。
警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。 この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. 以下のレジストリ キーを見つけてエクスポートし、バックアップを作成します。
    [HKEY_CLASSES_ROOT\AppID\{9DA0E0EA-86CE-11D1-8699-00C04FB98036}] "LocalService"="MSEXCHANGEIS"
  2. 以下のレジストリ キーを削除します。
    [HKEY_CLASSES_ROOT\AppID\{9DA0E0EA-86CE-11D1-8699-00C04FB98036}] "LocalService"="MSEXCHANGEIS"
  3. : この手順に進む前に、手順 2. を完了している必要があります。

    DCOM の構成ユーティリティ (Dcomcnfg.exe) で、ExOLEDB DCOM サービスの [ID] タブを [起動したユーザー] に設定します。
    1. [スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックし、dcomcnfg と入力して [OK] をクリックします。
    2. [コンポーネント サービス] を展開し、[コンピュータ] を展開します。

      : [コンピュータ] ノードを展開するには、数分かかることがあります。
    3. [マイ コンピュータ] を展開し、[DCOM の構成] を展開します。
      次のメッセージが表示されます。
      CLSID {9DA0E103-86CE-11D1-8699-00C04FB98036}、項目 C:\Program Files\Exchsrvr\bin\STORE.EXE、およびタイトル Exoledb Session Factory は、名前付き値 AppID を持っていますが、\\\\HKEY_CLASSES_ROOT\\AppId の下に登録されていません。登録しますか?
    4. [はい] をクリックします。
    5. [DCOM の構成] の下の [Exoledb Session Factory] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

      重要 : 手順 2. に記載したレジストリ キーを削除していない場合、[Exoledb Session Factory] は表示されません。また、[プロパティ] をクリックしてから [Exoledb Session Factory のプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されるまでに数分かかることがあります。
    6. [ID] タブをクリックし、[起動したユーザー] をクリックして、[OK] をクリックします。
    この手順で OWA の "503 サービスを使用できません" エラーが解決する場合、問題は GPO に関連しています。この場合は、問題の原因となっている GPO を変更または削除することができます。この手順で "503 サービスを使用できません" エラーが解決しない場合は、エクスポートして削除したレジストリ キーをインポートします。問題が GPO に関連していない場合に、このレジストリ キーを完全に削除すると、サーバーで別の問題が発生することがあります。

MDAC コンポーネントを再登録する

次のようなイベント ID 101 の EXOLEDB のメッセージやイベント ID 9542 の MSExchangeIS のメッセージが出力される場合は、Microsoft Data Access Components (MDAC) の一部が正しく登録されていない可能性があります。その場合は、MDAC を再登録する必要があります。
種類 : 情報
ソース :EXOLEDB
イベント ID : 101
説明 :
Microsoft Exchange OLEDB は正常にシャットダウンしました。
種類 : エラー
ソース : MSExchangeIS
イベント ID : 9542
説明 :
外部インターフェイス OLEDB の初期化に失敗しました。エラーは不明なエラーです。

MDAC コンポーネントを再登録してこの問題を解決できるようにするために必要な .dll ファイルは、次の一覧のとおりです。次の .dll ファイルを再登録する前に Information Store サービスを停止し、ファイルを正常に再登録してから Information Store サービスを再開する必要があります。

: Oledb32.dll ファイルのバージョンは、2.8.1022.0 以降である必要があります。
  • C:\Program Files\Common Files\System\Ole DB\Oledb32.dll
  • C:\Program Files\Common Files\System\Ole DB\Oledb32r.dll
  • C:\Program Files\Common Files\System\Ole DB\Msdaipp.dll
  • C:\Program Files\Common Files\System\ado\Msado15.dll
  • C:\Program Files\Common Files\System\Ole DB\Msdaurl.dll
.dll ファイルを登録するには、次の手順を実行します。
  • [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。regsvr32 と入力した後、登録する .dll ファイルのパスと名前を入力します。たとえば、Oledb32.dll ファイルを再登録するには、[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    regsvr32 "c:\program files\common files\system\ole db\oledb32.dll"
: これらのファイルのいずれかを登録する際に、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
Load library("path and file name") failed - 指定されたモジュールが見つかりません。
この状況の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
837285 ユーザーが Web ブラウザを使用して OWA にアクセスするとエラー メッセージ "503 サービスを使用できません" が Exchange Server 2003 で表示される

HKEY_CLASSES_ROOT レジストリ キーに対するアクセス許可を確認する

デフォルトのアクセス許可は、次のとおりです。
元に戻す全体を表示する
役割アクセス許可
Administrators フル コントロール、読み取り
Authenticated Users 読み取り
CREATOR OWNER 特殊なアクセス許可
Server Operators 読み取り、特殊なアクセス許可
SYSTEM フル コントロール、読み取り

プロパティ

文書番号: 823159 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 6.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbhowtomaster KB823159
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com