Windows Server 2003 ターミナル サーバーのライセンスの問題と展開のための要件

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 823313 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料には、Microsoft Windows Server 2003 が実行されているコンピュータのターミナル サービスについて理解し、正しく展開するために役立つ情報が掲載されています。この資料では、以下の内容について説明します。
  • Windows Server 2003 ベースのターミナル サーバー (ターミナル サービスが有効になっているサーバー) にアクセスするコンピュータに対するライセンスの要件
  • Microsoft Windows XP Professional ベースのクライアント コンピュータのための移行クライアント アクセス ライセンス (CAL)
  • Windows Server 2003 ターミナル サービスの展開方法
  • TS ユーザー CAL 管理の制約
  • Microsoft Product Support Services (PSS) と Microsoft クリアリング ハウスのいずれに問い合わせるかについての情報
Windows Server 2003 ターミナル サービス ライセンスの関連情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/techinfo/overview/quickstart.mspx

詳細

Windows Server 2003 ベースのターミナル サーバーにアクセスするコンピュータに対するライセンスの要件

Windows Server 2003 のライセンス モデルでは、インストールされているサーバー ソフトウェアの各コピーに対してサーバー ライセンスが必要です。 ターミナル サービス機能は、Windows Server 2003 のライセンスで使用できます。 サーバー ライセンスの他に、Windows Server 2003 CAL (Windows CAL) が必要です。 また、Windows セッションを実行するにはターミナル サーバー クライアント アクセス ライセンス (TS CAL) が必要です。 Windows セッションとは、サーバー ソフトウェアがデバイス上のグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) をホストするセッションのことを指します。 Windows セッションについては、TS CAL がユーザーごと、またはデバイスごとに必要です。 TS CAL には次の 2 種類があります。
  • TS デバイス CAL : TS デバイス CAL は、任意のターミナル サーバーでの Windows セッションの実行を 1 台のデバイス (任意のユーザーが使用できます) に許可します。
  • TS ユーザー CAL : TS ユーザー CAL は、任意のターミナル サーバーでの Windows セッションの実行を 1 人のユーザー (任意のデバイスを使用できます) に許可します。
TS デバイス CAL と TS ユーザー CAL を組み合わせて同時に使用する場合、 ターミナル サーバーで TS ユーザー CAL または TS デバイス CAL のいずれかを要求することができます。前者の場合は "接続ユーザー数" ライセンス オプションを選択し、後者の場合は "接続デバイス数" ライセンス オプション (デフォルト) を選択します。ただし、同時に両方を要求することはできません。

: 同じターミナル サーバーで同時に TS ユーザー CAL と TS デバイス CAL の両方を使用するには、TS CAL の "接続ユーザー数" ライセンス オプションを使用するようにサーバーを構成します。 接続しているデバイスやユーザーごとに適切な数のユーザー CAL またはデバイス CAL を付与しないと、使用許諾契約書 (EULA) 違反となります。

Microsoft Windows 2000 のターミナル サービス ライセンスでは、クライアント デバイスが最新版の Windows デスクトップ オペレーティング システムを実行している場合、ライセンスの要件を満たすために TS CAL を持っている必要はありません。 しかし、Windows Server 2003 では、デバイスで実行されているオペレーティング システムとは関係なく、ターミナル サービスを使用するデバイスまたはユーザーごとに TS CAL が必要です。

Microsoft Windows XP Professional ベースのクライアント コンピュータのための移行クライアント アクセス ライセンス (CAL)

Windows Server 2003 ベースのターミナル サーバーに移行すると、Windows Server 2003 でのクライアント アクセス ライセンスの要件が適用されるようになります。そのため、マイクロソフトでは、2003 年 4 月 24 日以前に所有されていた各 Windows XP Professional ライセンスに対して Windows Server 2003 TS CAL を提供していました。この提供および関連キャンペーンは、2007 年 6 月 30 日に終了しました。

ライセンスの移行の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Windows Server 2003 におけるターミナル サービスのライセンス
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/howtobuy/licensing/ts2003.mspx
Windows Server 2003 ライセンスの概説
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/howtobuy/licensing/overview.mspx#transition
Terminal Server Microsoft Client Access License Agreement and Cover Letter
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/docs/TSLicenseLetter.pdf
ターミナル サーバー CAL 移行計画 : よく寄せられる質問
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/howtobuy/licensing/tscaltransfaq.mspx
Windows XP Professional のライセンスを取得した方法に応じて、次のいずれかの方法で移行 CAL を入手することができます。

方法 1 : ボリューム ライセンス プログラムで Windows XP Professional のライセンスを取得した場合

ターミナル サーバー ライセンス管理ツールで [操作] メニューの [ライセンスのインストール] を使用します。 必要な TS CAL トークンの数と種類、およびボリューム ライセンス プログラムの情報 (プログラムの種類に応じて、加入番号、契約番号、またはライセンス認証番号) を入力する必要があります。 ターミナル サーバー ライセンス管理ツールに入力した情報は Microsoft クリアリング ハウスで検証され、トークンの要求が資格の範囲を超えていない場合は、ライセンス トークンがターミナル サーバーのライセンス サーバーにインストールされます。

方法 2 : 小売店または OEM 経由で Windows XP Professional のライセンスを取得した場合

小売店または OEM 経由で Windows XP Professional のライセンスを取得した場合、ライセンスにはソフトウェアのプロダクト キーが含まれます。 プロダクト キーは製品パッケージまたはコンピュータのカバーに貼り付けられている Certificate Of Authenticity (COA) ステッカーで確認できます。 移行 CAL を入手するには、以下の手順を実行します。
  1. Windows Server 2003 Terminal Server Transition Web サイトにアクセスします。
  2. [License Type] ボックスの一覧で、入手するライセンスの種類をクリックし、[eMail Address] ボックスに自分の電子メール アドレスを入力し、[Next] をクリックします。
  3. 電子メール アドレスを再度入力し、[Next] をクリックします。
  4. Windows XP Professional のプロダクト キーを [Product Key n] ボックスに入力し、[Next] をクリックします。

    : プロダクト キーを入力する際にハイフン (-) は不要です。
  5. [License Code Request Successfully Processed] ページで、[Finish] をクリックします。

    Windows Server 2003 のターミナル サーバー クライアント アクセス ライセンス トークンが、指定した電子メール アドレスに送信されます。
  6. ターミナル サーバー ライセンス管理ツールで、受け取ったライセンス トークンを入力します。 入力する際に [自動接続 (推奨)]、[Web ブラウザ]、または [電話] のいずれかの接続オプションを選択できます。

Windows Server 2003 ターミナル サービスの展開方法

Windows Server 2003 ベースのターミナル サーバーは、Windows Server 2003 ベースのターミナル サーバーのライセンス サーバーとのみ通信します。 Windows Server 2003 TS CAL を Windows 2000 ベースのターミナル サーバーのライセンス サーバーにインストールすることはできません。 Windows 2000 ベースのターミナル サーバーを Windows Server 2003 にアップグレードするには、Windows Server 2003 ターミナル サーバーのライセンス サーバーをインストールしてアクティブ化するか、既存の Windows 2000 ライセンス サーバーを Windows Server 2003 にアップグレードする必要があります。Windows Server 2003 ターミナル サーバーのライセンス サーバーは Windows 2000 ベースおよび Windows Server 2003 ベースのターミナル サーバーのいずれとも通信できます。 Windows Server 2003 ターミナル サービスを Windows 2000 ドメインで展開する場合のライセンス オプションは次のとおりです。
  • Windows 2000 ライセンス サーバーをホストしている既存の Windows 2000 ドメイン コントローラを Windows Server 2003 ドメイン コントローラにアップグレードします。
  • Windows Server 2003 を実行しているメンバ サーバーに Windows Server 2003 ターミナル サーバーのライセンス サーバーをインストールします。
  • Windows 2000 ベースのライセンス サーバーをメンバ サーバーに降格し、そのコンピュータを Windows Server 2003 にアップグレードしてから、必要に応じてドメイン コントローラを追加します。
Windows Server 2003 ベースのターミナル サーバーでは、Windows Server 2003 を実行しているメンバ サーバーにインストールされたライセンス サーバーで、Active Directory ディレクトリ サービス サイトでエンタープライズ ライセンス サーバーに構成されているライセンス サーバーを自動的に検出します。

Windows Server 2003 ベースのターミナル サーバーのライセンス サーバーがドメイン ライセンス サーバーの場合、Windows Server 2003 ベースの各ターミナル サーバーでレジストリを変更して、互換性のあるライセンス サーバーが検出されるようにする必要があります。 アプリケーション モードで実行している Windows 2000 ベースおよび Windows Server 2003 ベースのターミナル サーバーでレジストリ設定を構成し、Windows 2000 または Windows Server 2003 の TS CAL を発行するライセンス サーバーが検出されるようにする必要があります。 これを行う方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
279561 Windows Server 2003 ターミナル サービスで検出されるライセンス サーバーを変更する方法

TS ユーザー CAL 管理の制約

TS ユーザー CAL ライセンス モードで実行している Windows Server 2003 ベースのターミナル サーバーのライセンス サーバーでは、各ユーザーがターミナル サーバーに接続した際、利用可能な Windows Server 2003 TS CAL の数が減りません。 この制約があっても、管理者は使用許諾契約書 (EULA) に基づき、接続するユーザーごとに有効な TS CAL を取得する責任があります。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
822134 Windows Server 2003 のターミナル サーバー CAL の機能
関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトでホワイト ペーパー『Windows Server 2003 ターミナル サーバー ライセンス』を参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/techinfo/overview/termservlic.mspx
移行計画の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/howtobuy/licensing/overview.mspx#transition

Microsoft Product Support Services (PSS) と Microsoft クリアリング ハウスのいずれに問い合わせるかについての情報

ターミナル サーバーのライセンス サーバーのアクティブ化、または TS CAL のインストールについては、Microsoft クリアリング ハウスに問い合わせます。 Microsoft クリアリング ハウスに電話で問い合わせるには、 Microsoft クリアリングハウスの電話番号をご確認ください。

Select License、Enterprise Agreement、Campus Agreement、School Agreement、または Open License を利用して TS CAL を購入した場合、[自動接続 (推奨)] または [Web ブラウザ] 接続オプションを使用して TS CAL トークンをアクティブ化およびインストールできます。 自動接続方法を使用して TS CAL をインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. ターミナル サーバー ライセンス管理ツールを起動します。
  2. [表示] メニューの [プロパティ] をクリックします。
  3. [必要な情報] タブをクリックし、必要なユーザー情報を入力します。
  4. [インストールの方法] タブをクリックし、[インストールの方法] ボックスの一覧で [自動接続 (推奨)] をクリックして [OK] をクリックします。
  5. [操作] メニューの [ライセンスのインストール] をクリックします。
  6. ターミナル サーバー クライアント ライセンス ウィザードの指示に従って、TS CAL をインストールします。
インターネットを使用して TS CAL をインストールするのが困難な場合、または小売店から TS CAL を購入し、以前にライセンス コードをアクティブ化したことがある場合は、Microsoft クリアリング ハウスに問い合わせます。 検出処理において、またはオペレーティング システムのトラブルシューティングが必要な問題のために TS CAL を入手できない場合は、Microsoft クリアリング ハウスに連絡しないでください。

次のいずれかに関連する問題が発生した場合は、Microsoft PSS に問い合わせます。
  • 有効な TS CAL がターミナル サーバーのライセンス サーバーにインストールされている場合にターミナル サーバーに接続できない。
  • 有効な TS CAL がターミナル サーバーのライセンス サーバーにインストールされている場合にライセンスを入手できない。
  • 必要な英数字のライセンス ID またはキーパックを入力するとエラー メッセージが表示される。
Microsoft PSS では、ターミナル サーバーのライセンス サーバーのアクティブ化や CAL のインストールに対する支援は行いません。

: Microsoft PSS および Microsoft クリアリング ハウスでは、ライセンス キー パックをインストールするためのライセンス購入契約または認証番号の問い合わせには対応いたしません。 これらの情報については、マイクロソフト製品を購入した販売店に問い合わせてください。

Windows 2000 と Windows Server 2003 のターミナル サービス ライセンスの相違については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/howtobuy/licensing/overview.mspx

プロパティ

文書番号: 823313 - 最終更新日: 2013年5月17日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
キーワード:?
kblicensing kbhowto kbinfo KB823313
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com