Exchange Server 2003年パブリック フォルダーの管理機能の強化

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 823817 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は Exchange 2003 パブリック フォルダーの管理の機能強化の一部について説明します。

Exchange システム マネージャーから階層 (階層レプリケーション プッシュ) の送信します。

Exchange 2003 では、プッシュすることまたは Exchange システム マネージャーを使用して特定のサーバー間でレプリケーションを開始する階層。Exchange システム マネージャーを使用して制御できませんでしたが、自動プロセスのものです。これで、階層を特定の対象サーバーに送信する特定の発信元のサーバーを指定できます。数日間から階層を送信することもできます。日の数を指定できます。これは、パブリック フォルダーの階層レプリケーションに関する問題をトラブルシューティングする場合に便利です。

メモ この機能は、パブリック フォルダー階層の自動レプリケーションを置き換えられません。階層構造のスケジュールでは、サーバー間で複製されてが、レプリケーションが発生する場合は、今すぐ開始できます。

階層を送信する (階層レプリケーション プッシュを実行) する Exchange システム マネージャーから、パブリック フォルダーツリーを右クリックし、[階層の送信] をクリックします。

元に戻す画像を拡大する
Exchange システム マネージャーの階層の送信オプションのイメージ。


これで、移行元サーバーと、階層プッシュを受信する送信先サーバーを指定できます。送信する階層の変更の日数を指定することもできます。送信先のサーバーが Microsoft Exchange 5.5、Exchange 2000 Server、または Exchange 2003 コンピューターにすることができます中に、Exchange 2003 コンピューターは元のサーバーにできるだけです。選択が完了したら、 [ok]をクリックします。

元に戻す画像を拡大する
イメージ: 送信元サーバーと送信先サーバー



Exchange システム マネージャーからコンテンツ (コンテンツ レプリケーション プッシュ) の送信します。

別に、パブリック フォルダーを 1 つのサーバーからコンテンツ プッシュを Exchange 2003 の Exchange システム マネージャーを使用することもできます。これは、場合に (たとえば、複数のサーバー上にレプリカが確立された) 後、最初のコンテンツを受信するには、特定のサーバーまたはパブリック フォルダーのレプリケーションをトラブルシューティングする場合に便利です。

コンテンツを送信する (コンテンツ レプリケーション プッシュを実行する) Exchange システム マネージャーから、[別のサーバーにプッシュするコンテンツが含まれているフォルダーを右クリックします。すべてのタスク] をクリックし、[コンテンツの送信] をクリックします。

元に戻す画像を拡大する
Exchange システム マネージャーでに内容のオプションを送信する画像。


コンテンツの送信] ウィンドウでのソース サーバーと宛先サーバー (コンテンツ プッシュを受信) するには、チェック ボックスをオンにし、送信するコンテンツ変更の日数を入力し。配布先サーバーが Exchange Server 5.5、Exchange 2000 および Exchange 2003 コンピューターにすることができます中に、Exchange 2003 コンピューターは元のサーバーにできるだけです。また、フォルダーの内容のレプリカが含まれるコンピューターのみは、移行元サーバーの一覧に表示されます。選択が完了したら、 [ok]をクリックします。

元に戻す画像を拡大する
コンテンツ プッシュの送信元サーバーと送信先サーバーのイメージ。



パブリック フォルダーのコンテンツを表示する Exchange システム マネージャーから

ここでの実際のパブリック フォルダーの内容を表示するのに Exchange システム マネージャーを使用できます。これはしかし Outlook Web Access (OWA) の統合 Exchange システム マネージャーを使用します。このため、レプリカのみが、Exchange 2000 コンピューターに、フォルダーの内容を表示しているインタ フェースが異なる場合を Exchange 2003 コンピューターにレプリカを持つフォルダーを表示するときに使用されるインターフェイス。

メモ Internet Explorer セキュリティ強化の構成を Windows 2003 ベースのサーバーで、次の手順を実行しようとすると、エラー メッセージを表示することがあります。 この問題に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
815141 Internet Explorer セキュリティ強化の構成は、参照を変更します。
Exchange システム マネージャーからパブリック フォルダーの内容を表示するには、フォルダーを表示する] をクリックし、し、右側のフレームで、[コンテンツ] タブをクリックします。次の図は、これで、Exchange 2003 のフォルダーの表示方法を示しています。

元に戻す画像を拡大する
イメージ: コンテンツ] タブで Exchange システム マネージャーの


次の図は、これで、Exchange 2000 のフォルダーの表示方法を示しています。

元に戻す画像を拡大する
Exchange 2000 のフォルダーの画像:




Exchange システム マネージャーでフォルダーを検索します。

フォルダーのさまざまなプロパティを使用してパブリック フォルダーを検索するには、Exchange 2003 の Exchange システム マネージャーを使用できます。これには、パブリック フォルダーの内容は検索されません。のみ検索がパブリック フォルダーの階層。検索できますフォルダーので (または名前の一部)、アクセス許可、レプリカでと変更時刻の範囲、およびフォルダーの保存期間の作成によって。

検索機能を使用するのには、フォルダーまたはフォルダー ツリーの [検索] タブをクリックします。パブリック フォルダー ツリー自体を選択して、そこから検索、フォルダー階層全体を検索できます。サブフォルダー (たとえば、最上位のフォルダー) を選択すると、そのフォルダーとその子フォルダーのみの検索が発生します。

次のイメージは、フォルダーのパブリック フォルダー ツリーのルートから名前を基にした検索の例を示します。

元に戻す画像を拡大する
イメージ: 検索フォルダーの名前に基づく


に基づいてアクセス許可を検索する場合は、フォルダー階層内にある特定の権限を持つ特定のユーザーが含まれているを検索できます。付与または拒否された権限を使用して検索することができます。以下に、アクセス許可を基にした検索を構成するときに使用できるオプションの例を示します。

元に戻す画像を拡大する
アクセス許可オプションのイメージ。




オフライン アドレス帳フォルダーの構造

Exchange 2003 は、 OAB Version 3aという名前は、新しいオフライン アドレス帳フォルダーについて説明します。このセクションではいくつかの歴史と、さまざまなオフライン アドレス帳フォルダーの内容に関する情報について説明します。

Exchange 2003 の Exchange システム マネージャーを使用して、オフライン アドレス帳フォルダーとそのフォルダーの内容を表示するには、フォルダーを展開し、パブリック フォルダーを右クリックしておよび [システム フォルダーの表示] をクリックします。管理グループごとに、親フォルダーを参照してくださいするには、オフライン アドレス帳フォルダーをクリックします。

親フォルダーは通常、 Exchange 4.0 および 5.0 の互換性] チェック ボックスは、既定のオフライン アドレス一覧のエントリを選択しない限り、コンテンツを含まない。このチェック ボックスがオンの場合に、一連の OAB ファイルが作成されます。これらは、以前のバージョンの Exchange の DOS クライアント、Windows ベースの 16 ビット クライアントと Microsoft Exchange Server 4.0 および 5.0 クライアントによって使用されます。

OAB Version 2の子フォルダーには Outlook 97 から Outlook 2003 で使用される ANSI 文字セット形式のオフライン アドレス帳のセットが含まれます。フォルダー内の各メッセージ オブジェクトは、オフライン アドレス帳の世代 (通常は日単位) を表します。メッセージ オブジェクトには、高圧縮率のいくつかのファイルが含まれています。これらのファイルはオフライン アドレス帳のデータを保持します。さらに、デルタは前の世代からChanges.oabOutlook は、前回のダウンロード以降に発生した変更をダウンロードするための名前は、ファイルに作成されます。

OAB Version 3aの子フォルダーには Unicode 形式のオフライン アドレス帳のセットが含まれます。これらのオフライン アドレス帳は、Outlook 2003 によって使用されます。Outlook 2003 にログオンするときに Outlook 2003 フォルダーの存在を確認し、可能な場合、Unicode ファイルを使用しています。Outlook 2003 は、ファイルを使用して、Unicode OAB Version 2 の子フォルダーにある以前の ANSI 形式のファイルを優先します。

次のイメージはどのようにこのフォルダー構造が表示されますでは、Exchange システム マネージャーの例を示します。


元に戻す画像を拡大する
OAB Version 3a フォルダーの画像:




詳細

次のガイドのトラブルシューティング ウィザードでは、Exchange Server 2003 パブリック フォルダーのレプリケーションに関する問題のトラブルシューティングを行うことができます。


プロパティ

文書番号: 823817 - 最終更新日: 2014年1月8日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbgraphxlink kbinfo kbmt KB823817 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:823817
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com