Windows のソフトウェア更新プログラムを誤った順序で削除すると、オペレーティング システムが機能しなくなることがある

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 823836 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

コントロール パネルのプログラムの追加と削除 (アプリケーションの追加と削除) または Spuninst.exe ファイルを使用して Microsoft Windows のソフトウェア更新プログラムを削除した後に、オペレーティング システムが正常に機能しなくなることや、まったく機能しなくなることがあります。
セットアップで、コンピュータに次のプログラムが検出されました:
List of software updates and applications
software update を削除すると、このプログラムが正しく作動しない可能性があります。続行しますか?

原因

この問題は、オペレーティング システムから Windows ソフトウェア更新プログラムを正しい順序で削除しなかった場合に発生します。

: オペレーティング システムのファイルの整合性を保つため、Windows のソフトウェア更新プログラムはインストールした順序と逆の順序で削除してください。まず、最後にインストールした更新プログラムを削除し、次に、最後から 2 番目にインストールした更新プログラムを削除します。

次のシナリオでオペレーティング システムが正常に機能しなくなることがあります。

シナリオ 1

  1. Software Update 1 をインストールします。
  2. Software Update 1 より前にリリースされた Service Pack をインストールします。
  3. Software Update 1 を削除します。

シナリオ 2

  1. Software Update 1 をインストールします。
  2. Software Update 2 をインストールします。
  3. Software Update 1 を削除します。
: マイクロソフトでは、これらのシナリオをサポートしていません。ソフトウェア更新プログラムは削除しないことをお勧めします。

解決方法

この問題を回避するには、ソフトウェア更新プログラムをインストールした順序と逆の順序で削除します。

シナリオ 1

  1. Software Update 1 をインストールします。
  2. Software Update 1 より前にリリースされた Service Pack をインストールします。
  3. 手順 2. でインストールした Service Pack を削除します。
  4. Software Update 1 を削除します。
  5. 手順 2. でインストールした Service Pack を再インストールします。

シナリオ 2

  1. Software Update 1 をインストールします。
  2. Software Update 2 をインストールします。
  3. Software Update 2 を削除します。
  4. Software Update 1 を削除します。
ソフトウェア更新プログラムをインストールした順序を特定するために、TimeLine.log ファイルを作成することができます。この操作を行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトに次のコマンドを入力します。
    dir %windir%\*.log /o:d | findstr /i /r /c:q......\.log /c:kb......\.log /c:q......uninst\.log /c:kb......uninst\.log > %systemdrive%\TimeLine.log
  3. Enter キーを押します。
TimeLine.log ファイル (%systemdrive%\TimeLine.log) を開くと、インストールされたソフトウェア更新プログラムの一覧が日付順に記録されています。最後にインストールしたソフトウェア更新プログラムが一覧の最後に記録されます。

ソフトウェア更新プログラムを削除するには、TimeLine.log ファイルの最後に記録されているソフトウェア更新プログラムから上に向かって順に削除します。実際に削除する必要があるソフトウェア更新プログラムを削除するまで、ソフトウェア更新プログラムを 1 つずつ順に削除します。

ソフトウェア更新プログラムを誤った順序で削除したことが原因で既に問題が発生している場合、Windows XP または Windows 2000 では、Qfecheck.exe ツールを使用して、破損している可能性があるソフトウェア更新プログラムを特定できます。また、このツールを使用して、インストールされている Windows のソフトウェア更新プログラムの追跡と検証もできます。Qfecheck.exe ツールを実行した結果、ソフトウェア更新プログラムが破損していることがわかった場合は、そのソフトウェア更新プログラムを再インストールして、正しいファイル バージョンをインストールするようにします。詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
282784 Qfecheck.exe で Windows 2000 および Windows XP にインストールされた修正プログラムを検証する

詳細

ソフトウェア更新プログラムをインストールすると、%SystemRoot%\$NtUninstall[KBArticleNumber]$\ にアンインストール フォルダが作成されます。このアンインストール フォルダには、ソフトウェア更新プログラムによって置き換えられた元のファイルが含まれています。

ソフトウェア更新プログラムを削除すると、対応するアンインストール フォルダ内のファイルがオペレーティング システムのディレクトリにコピーされます。また、レジストリ キーも元の値に戻されます。

最後にインストールしたソフトウェア更新プログラム以外のソフトウェア更新プログラムを削除しようとすると、次のような警告メッセージが表示されます。
セットアップで、コンピュータに次のプログラムが検出されました:
List of software updates and applications
software update を削除すると、このプログラムが正しく作動しない可能性があります。続行しますか?
このメッセージには、削除しようとしているソフトウェア更新プログラムよりも後にコンピュータに適用されたソフトウェア更新プログラムとアプリケーションの一覧が表示されます。コマンド ライン スイッチの /quiet または /passive を使用して無人モードでインストールしたソフトウェア更新プログラムを削除する際には、この警告メッセージは表示されず、ソフトウェア更新プログラムの削除処理は続行されます。

Windows のソフトウェア更新プログラムをインストールする際に使用できるコマンド ライン スイッチ オプションの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
262841 Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ
通常、アプリケーションはソフトウェア更新プログラムには依存しませんが、Service Pack には依存している場合があります。特定のアプリケーションがソフトウェア更新プログラムや Service Pack に依存しているかどうかを調べるには、ソフトウェアの開発者または適切なニュースグループに問い合わせください。

Windows Service Pack には以前の Service Pack に収録されている修正内容も含まれるため、ある Service Pack で修正された問題は、それ以降の Service Pack でも修正されます。ソフトウェア更新プログラムの内容が Service Pack に含まれているかどうかを判断するには、プログラムの追加と削除の一覧を確認します。Service Pack をインストールすると、最新の Windows Service Pack にその内容が含まれているソフトウェア更新プログラムは、Service Pack によりプログラムの追加と削除の一覧から削除され、一覧に表示されなくなります。

また、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料で、あるソフトウェア更新プログラムの内容が特定の Windows Service Pack に含まれているかどうかを確認できます。
324720 Windows XP Service Pack 1 および Windows XP Service Pack 1a での修正一覧
327194 Windows 2000 Service Pack 4 修正一覧
320853 Windows 2000 Service Pack 3 修正一覧

サンプル シナリオ

シナリオ 1
  1. コンピュータに Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) をインストールします。
  2. Service Pack 4 (SP4) 以降にリリースされたソフトウェア更新プログラムをインストールします。
  3. Windows 2000 SP4 をインストールします。

    : Service Pack のインストール時には、ソフトウェア更新プログラムのバージョンが確認されます。Service Pack では、ソフトウェア更新プログラムによりインストールされた新しいバージョンのファイルは置き換えられません。
  4. 後日、Windows 2000 SP4 以降にリリースされたソフトウェア更新プログラムを削除します。
このソフトウェア更新プログラムを削除する処理では、オペレーティング システム ディレクトリのファイルが、このソフトウェア更新プログラムのアンインストール フォルダにあるファイルで置き換えられます。このフォルダは、このソフトウェア更新プログラムのインストール時に作成されます。これらのファイルは、Windows 2000 SP4 より前のバージョンです。そのため、これらのファイルと他のオペレーティング システム ファイルのバージョンが一致しないという問題が発生することがあります。その結果、Windows が機能しなくなることがあります。
シナリオ 2
  1. コンピュータに Windows XP ソフトウェア更新プログラム 828274 をインストールします。
  2. Windows XP ソフトウェア更新プログラム 820128 をインストールします。
  3. 後日、Windows XP ソフトウェア更新プログラム 828274 を削除します。
ソフトウェア更新プログラム 828274 では、カーネル ファイルが更新されます。ソフトウェア更新プログラム 820128 では、カーネル ファイルだけでなく Services.exe も更新されますが、Ntdll.dll は更新されません。ソフトウェア更新プログラム 828274 を削除すると、オペレーティング システム ディレクトリのカーネル ファイルが、このソフトウェア更新プログラムのアンインストール フォルダにある元のファイルで置き換えられます。元のカーネル ファイルには、現在システム上にあるソフトウェア更新プログラム 820128 により提供された Services.exe と Ntdll.dll のバージョンとは異なるバージョンのファイルが必要になる可能性があるため、ファイル間でバージョンの不一致が発生することがあります。この不一致により、Windows が正常に機能しなくなることや、まったく機能しなくなることがあります。

: マイクロソフトでは、これらのシナリオをサポートしていません。ソフトウェア更新プログラムは削除しないことをお勧めします。

関連情報

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラム、ツールおよびアドオンの説明に使用される標準的な用語の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
Windows および Windows コンポーネントのパッケージ インストーラ Update.exe の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトにあるホワイト ペーパー『Windows と Windows コンポーネント用パッケージ インストーラ Update.exe の内部メカニズム』を参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/windowsserver2003/deployment/winupdte.mspx

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 823836 (最終更新日 2005-01-12) を基に作成したものです。

この資料に含まれているサンプル コード/プログラムは英語版を前提に書かれたものをありのままに記述しており、日本語環境での動作は確認されておりません。

プロパティ

文書番号: 823836 - 最終更新日: 2005年4月15日 - リビジョン: 5.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP1
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP2
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP3
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP4
  • Microsoft Windows 2000 Server SP1
  • Microsoft Windows 2000 Server SP2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Server SP4
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional SP1a
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition SP1a
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP1
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
キーワード:?
kbsetup kbenv kbtshoot kbprb kberrmsg kbnofix kbbug KB823836
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com