[OFF2003] [PRB] Visual Studio .NET で Office タイプ ライブラリを参照すると PIA が見つからない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 823996 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Visual Studio .NET 2003 を使用して Microsoft Office 2003 アプリケーション向けのソリューションを開発するときに、そのソリューションで Office オブジェクト ライブラリを参照すると、Visual Studio .NET 2003 で、プライマリ相互運用機能アセンブリ (PIA) が参照されず、代わりに相互運用機能アセンブリ (IA) がライブラリに対して作成されます。

また、この問題には別の現象もあります。Microsoft Visual Studio Tools for the Microsoft Office System 2003 を使用して新しい Office プロジェクトを作成すると、次のエラー メッセージが表示されます。

このプロジェクトに必要なプライマリ相互運用アセンブリは、グローバル アセンブリ キャッシュにインストールされていません。Microsoft Office 2003 には、インストールのオプションとして各アプリケーションのためのプライマリ相互運用アセンブリが含まれています。Office プライマリ相互運用アセンブリのインストールに関する詳細については、ヘルプ トピック "方法: Office のプライマリ相互運用機能アセンブリをインストールする" を参照してください。

原因

この問題は、以下のいずれかが原因で発生することがあります。
  • 選択した Office オブジェクト ライブラリの PIA がグローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) にインストールされていません。

    PIA を GAC にインストールするには、Office アプリケーション用の PIA、または Microsoft Office 2003 のセットアップで [マイ コンピュータから実行] に設定された Office コンポーネント用の PIA が必要です。Office セットアップで、各 Office PIA は、その PIA に対応するアプリケーションの下に [.NET プログラミング サポート] 機能として一覧表示されます。
  • PIA は GAC にインストールされているが、レジストリ エントリが存在しません。

    開発環境で Office オブジェクト ライブラリへの参照を選択すると、Visual Studio .NET では、レジストリを使用して、選択したオブジェクト ライブラリに対応する PIA に移動します。新しくインストールされたプログラムによってアプリケーションの Office オブジェクト ライブラリが登録されたり、そのオブジェクト ライブラリを参照するアプリケーションの実行可能ファイルが regserver スイッチを使用して実行されたりすると、このレジストリ エントリが削除されることがあります。

解決方法

この問題を解決するには、以下のように [コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] から Office セットアップを実行することをお勧めします。
  • GAC に PIA が表示されない場合は、Office セットアップを実行して、アプリケーション用の PIA を [マイ コンピュータから実行] に設定します。各 Office PIA は、対応する Office アプリケーションまたは対応する Office コンポーネントの [.NET プログラミング サポート] 機能として表示されます。
  • GAC に PIA が表示されない場合は、Office セットアップを実行し、Office のインストール環境を修復するオプションを選択します。また、GAC に PIA が表示される場合は、regasm ユーティリティを使用して、欠落しているレジストリ エントリを復元できます。
  1. [コントロール パネル] で、[管理ツール] をダブルクリックし、[Microsoft .NET Framework 1.1 構成] をダブルクリックします。
  2. [アセンブリ キャッシュ] をクリックし、[表示] メニューの [アセンブリ] をクリックします。
  3. [アセンブリ名] の一覧の <Assembly名> を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    [<Assembly名> のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[アセンブリ名]、[バージョン]、[公開キー トークン] の値を確認します。

    たとえば、Microsoft Word PIA を選択すると、以下のプロパティ値が表示されます。

    アセンブリ名 : Microsoft.Office.Interop.Word
    バージョン : 11.0.0.0
    公開キー トークン : 71e9bce111e9429c
  4. Visual Studio .NET 2003 コマンド プロンプトを起動します。
  5. コマンド プロンプトで、アセンブリのあるディレクトリに移動します。

    パスは次のようになります。

    %windir%\assembly\GAC\<assemblyname>\<version>__<public key token>
    たとえば、上記で説明した Word PIA のプロパティ値を使用する場合は、次のコマンドを使用して、Word PIA があるディレクトリに移動する必要があります。

    cd %windir%\assembly\GAC\Microsoft.Office.Interop.Word\11.0.0.0__71e9bce111e9429c
  6. 次のように regasm ユーティリティを実行して、Word PIA のレジストリ エントリを復元します。

    regasm Microsoft.Office.Interop.Word.dll

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 823996 (最終更新日 2003-11-12) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 823996 - 最終更新日: 2006年2月3日 - リビジョン: 1.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Developer
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Architect
  • Microsoft Visual Studio Tools for the Microsoft Office System version 2003
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Standard Edition 2003
  • Microsoft Office Student and Teacher Edition 2003
キーワード:?
kbprb KB823996
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com