Mask プロパティと Picture プロパティは、Office 2003 のコマンド バー ボタンの HOW TO を設定

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 824017
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料の方法を設定するのには マスク および 画像 プロパティは、Microsoft Office 2003 コマンド バー Visual Studio Tools Microsoft Office システムの作成は、マネージ コード拡張を制御します。は、 画像 プロパティに表示されるイメージを設定することを許可します。 コマンド バー コントロールです。は、 マスク プロパティは、イメージの透明な背景を作成する使用できます。


新しい Visual Basic を作成します。NET の Excel ブック プロジェクト

  1. で、 ファイル Microsoft Visual Studio のメニューです。NET ポイント 新しい、し プロジェクト.

    は、 新しいプロジェクト ダイアログ ボックスが表示されます。
    1. で、 [プロジェクトの種類 リストの展開 Microsoft Office システム プロジェクト、し Visual Basic プロジェクト.
    2. で、 テンプレート ボックスの一覧でクリックしてください Excel ブック.
    3. で、 名前 ボックスの種類 ExcelCommandbar、し [OK].

      は、 Microsoft Office プロジェクト ウィザードが表示されます。
    4. クリックしてください。 終了日.
  2. で、 プロジェクト メニューをクリックして 参照を追加します。.

    は、 参照を追加します。 ダイアログ ボックスが表示されます。
    1. クリックして、 .NET タブします。コンポーネントの一覧をクリックします。 System.Drawing.dll、し 選択.
    2. コンポーネントの一覧をクリックします。 [stdole、し 選択.
    3. クリックしてください。 [OK].
  3. ThisWorkbook.vb の上部に次のディレクティブを追加します。
    Imports System.Reflection

イメージ リソースをプロジェクトに追加します。

このセクションでは、プロジェクトに 2 つの埋め込みイメージ リソースを追加します。1 つのリソースですが、 画像 プロパティを コマンド バー コントロールです。その他のリソースは、 マスク [プロパティ] します。

コマンド バー コントロールをイメージとして、プロジェクトにイメージ リソースを追加します。
  1. で、 プロジェクト メニューをクリックして コンポーネントを追加します。.は、 [新しい項目を追加します。 ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. で、 テンプレート ボックスの一覧でクリックしてください ビットマップ ファイル.
  3. イメージの名前 Picture.bmp、し ファイルを開く.

    ビットマップの編集用に開かれた、 ビットマップ エディター.
  4. で、 ビュー メニューをクリックして [プロパティ] ウィンドウ.両方の設定は、 プロパティおよび 高さ ビットマップのプロパティ 16.
  5. 赤とは、全体のビットマップの領域を塗りつぶすし、ビットマップのセンターで緑の円を描きます。
  6. ソリューション エクスプ ローラーで右クリックします。 Picture.bmp、し プロパティ.変更は、 アクションを作成します。 プロパティ 埋め込みリソース.
  7. で、 ファイル メニューをクリックして Picture.bmp を保存します。.
イメージ リソースを追加するのには、マスクとして使用した CommandBar コントロール イメージの作品
  1. ソリューション エクスプ ローラーをクリックします。 Picture.bmp.
  2. で、 ファイル メニューをクリックして コピー.
  3. で、 ファイル メニューをクリックして 貼り付け.

    という名前の新しいファイル Picture.bmp のコピー プロジェクトに追加されます。
  4. ソリューション エクスプ ローラーで右クリックします。 Mask.bmp、し 名前を変更します。.名前を変更します。 Mask.bmp.
  5. ソリューション エクスプ ローラーで右クリックします。 Mask.bmp、し ファイルを開く.白し、黒に、円の色を変更するには、イメージの背景色を変更します。

    メモ マスクの画像を追加するとに、 コマンド バー コントロールは、マスクの黒の領域が表示されます。白の領域は透明です。
  6. で、 ファイル メニューをクリックして Mask.bmp を保存します。.

コマンド バーおよびコマンド バー コントロールを作成するコードを追加します。

このセクションでは、コード ストリーム内の埋め込みイメージ リソースを読み込み、コマンド バーやコマンド バー コントロールを作成し、設定をプロジェクトに追加、 画像 プロパティおよび マスク プロパティは、 コマンド バー コントロールです。
  1. 次のクラス レベル変数を追加、 OfficeCodeBehind クラス:
    WithEvents CBarButton As Office.CommandBarButton
  2. ThisWorkbook.vb を ThisWorkbook_Open イベント ハンドラーに次のコードを追加します。
        'Get a reference to this assembly.
        Dim ThisAssembly As [Assembly]
        ThisAssembly = [Assembly].GetExecutingAssembly()
    
        'Load the Picture and the Mask image resources.
        Dim imgStreamPic As System.IO.Stream, imgStreamMask As System.IO.Stream
        imgStreamPic = ThisAssembly.GetManifestResourceStream("ExcelCommandBar.Picture.bmp")
        imgStreamMask = ThisAssembly.GetManifestResourceStream("ExcelCommandBar.Mask.bmp")
    
        'Obtain references to IPictureDisp for both images.
        Dim ax As New MyAxHost
        Dim Pic As stdole.IPictureDisp, Mask As stdole.IPictureDisp
        Pic = ax.IPictureDisp(Drawing.Image.FromStream(imgStreamPic))
        Mask = ax.IPictureDisp(Drawing.Image.FromStream(imgStreamMask))
    
        'Add a temporary CommandBar and a CommandBar button.
        Dim CBar As Office.CommandBar
        CBar = ThisApplication.CommandBars.Add("My CommandBar", , , True)
        CBarButton = CType(CBar.Controls.Add(Office.MsoControlType.msoControlButton), _
                    Office.CommandBarButton)
        CBarButton.Style = Office.MsoButtonStyle.msoButtonIconAndCaption
        CBarButton.Caption = "My Button"
        CBarButton.Tag = "My_Button"
        CBarButton.Picture = Pic
        CBarButton.Mask = Mask
        CBar.Visible = True
    
    
  3. 次のクラスを追加します。 MyAxHost、ThisWorkbook_Open イベント ハンドラーで ThisWorkbook.vb 後すぐに。
    Public Class MyAxHost
    
        Inherits System.Windows.Forms.AxHost
    
        Public Sub New()
            MyBase.New("59EE46BA-677D-4d20-BF10-8D8067CB8B33")
        End Sub
    
        Public Shared Function IPictureDisp(ByVal Image As System.Drawing.Image) As stdole.IPictureDisp
            IPictureDisp = CType(AxHost.GetIPictureDispFromPicture(Image), stdole.IPictureDisp)
        End Function
    
    End Class
  4. 次の関数を追加、 OfficeCodeBehind クラス:
    Private Sub CBarButton_Click(ByVal Ctrl As Microsoft.Office.Core.CommandBarButton,  _
        ByRef CancelDefault As Boolean) Handles CBarButton.Click
        MessageBox.Show("You clicked My Button!")
    End Sub
  5. F5 キーを押してビルドし、プロジェクトを実行します。

    ExcelCommandBar.xls を Excel で開くことを確認します。ブックを開いたとき、 [コマンド バー 表示されます。 [コマンド バー 1 つがあります。 コマンド ボタン 透明なイメージを制御します。


関連情報

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
286460Office XP CommandBars の HOWTO をマスクと画像のプロパティを設定します。

プロパティ

文書番号: 824017 - 最終更新日: 2014年2月27日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowtomaster kbpia kbmt KB824017 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:824017
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com