Microsoft Visual FoxPro の 8. 0 Service Pack 1 で修正されるバグの一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 824071 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では Microsoft Visual FoxPro 8. 0 Service Pack 1 (SP1) で修正されるバグについて説明します。 Visual FoxPro 8. 0 Service Pack 1 を入手する方法の追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
829988Visual FoxPro 8. 0 Service Pack の入手方法

詳細

Visual FoxPro 8. 0 Service Pack 1 (SP1) は、次の修正プログラムが含まれます。

COM

  • オートメーションの配列、ADO レコードセットへの参照で渡すときに AddNew 生成、次のエラー メッセージ。
    クラス ファイルだ () に関連付けられている関連付けをオフになっているクラスのこのフィールドが見つかりません-
  • サーバーでは COM + は、1 つの MTDLL でインスタンス化する 2 つ目のサーバーから、メソッドを呼び出すとされたら、次のエラー メッセージ。
    名前が不明です
  • サーバーの COM + での COM Codebook アプリケーションでエラー パッケージ。
  • サーバー - 型指定されていないメンバー配列を返す失敗します。

クラス

  • コレクションで、コレクションに追加される項目の AddProperty メソッドを呼び出すときにプロシージャを返しますオブジェクト参照。
  • コンボ ボックス コントロールで、選択正しく動作しません、値集合ソースが約 512 アイテムを超えたとき。
  • コンボ ボックス コントロールでアンパサンド (&) の値に表示される値にアンパサンドを 2 番目が追加されます。
  • エディット ボックス コントロールの数の表示致命的な例外エラーは、コントロール ソースとして、文字フィールドを持つ editbox.refresh メソッドを呼び出す場合に発生します。
  • フォームのデザイン時にエラーが発生しますおよびスコープに含まれていないオブジェクトのメソッドを参照するプロパティ値をしている場合実行します。
  • フォーム - F5 トリガーしません KeyPress イベントのフォームをフォームの Closable プロパティは設定される場合 : F.
  • Microsoft Windows NT 4. 0 を実行しているコンピューターでフォーム - </a0>、 コントロール メニューの不適切なホットキーします。
  • グリッド ? 列 コンテナー を格納するときにオブジェクトを Visual FoxPro が応答を停止します。
  • グリッド - 列の表示が誤って RightToLeft プロパティに設定 : 作成されます。 デザイン時および実行時にします。
  • グリッドの HighlightForeColor プロパティは、白と表示されます黒に設定されています。
  • グリッドで、 AllowCellSelection プロパティに設定すると . F に示します。 コマンド ボタンの [キャンセル] </a0> プロパティになって。
  • グリッド ?、 CursorAdapter と、エラー メッセージ] を 2 回を獲得し、フォームが突然終了しオブジェクトです。
  • グリッド - アクティブなユーザー補助の設定の場合 (OBJ_SHOW)] を有効にし、致命的な例外が発生いくつかのテキスト列を持つグリッド表示します。
  • グリッドで、グリッドは、グリッドが無効、ページ フレームのページにある場合は更新されません。
  • グリッドの不整合がある "MouseUp/マウスボタン解放時" イベントの動作またはときに発生] をクリックする AllowAutoColumnFit プロパティは、設定を含むヘッダーの区切り線をダブルクリックします。
  • グリッド-] グリッドで致命的な例外が発生する列に、 コンテナー オブジェクトが存在します。
  • ヘッダーの.exe ファイルで、プログラムで定義されているヘッダー クラスが見つかりませんの定義を含む、.prg ファイルが.exe ファイルと同じフォルダーにない限り。
  • ラベルの "Caption/標題" プロパティを空白の値を持つ組み込みプロパティに設定すると (キャプションなど、= 'thisform.tag =')、次のエラー メッセージが表示されます。
    この操作を完了するための十分なメモリがありません。
  • ラベルのサイズを次のエラー メッセージ、および Visual FoxPro を受信するラベルを変更するときに終了します。
    この操作を完了するための十分なメモリがありません。
  • リスト ボックス コントロールで、メモリ リークは、 8 RowsourceType プロパティを設定すると発生します。
  • Pageframe-、致命的な例外発生、 PageOrder プロパティのセットがあるページをクリックした後、フォームを閉じます。
  • Pageframe - ページ フレームの TabOrientation プロパティは 2 ] に設定され、キーを押して、矢印をメモリ リーク、テーマが指定されたフォーム上のページ タブ間を移動が発生し、Visual FoxPro を終了します。
  • テキスト ボックスで、コントロール ソースとしての配列要素は設定をテキスト ボックスの値を変更するされたら、次のエラー メッセージ。
    文字式をしません。
  • XMLAdapter-] しない限り、 XMLAdapter XMLNamespace プロパティは無視されます、 XMLName プロパティは空いないあり、XML を正しく解析しません。
  • その他-、 AddProperty メソッドの既存のプロパティを値が設定 : F に示します。 とき、新しい値が渡されません。
  • いずれその他の "Caption/標題" プロパティには、参照、スコープ内ではない、変数とかが表示されます、以下のエラー メッセージの。
    "変数が見つかりません
    または
    データの種類はこのプロパティに対して無効です。
  • その他のキャプションは、空の文字列] に設定すると、オブジェクト名が空白キャプションの代わりにキャプションとして。 たとえば、この現象場合に発生、キャプションは、次に設定されます:
    =""
  • その他 - 32, 767 以上の要素、オブジェクト配列プロパティをディメンションとすると、致命的な例外発生します。
  • その他 - 致命的な例外と発生、カスタム FontBold FontItalic プロパティを追加するこれらのプロパティを行うします。
  • その他 - 致命的な例外発生 破棄 メソッドでリリースされた変数を再定義します。
  • サブクラスで 256 文字である lparam リストを持つメソッドを編集するその他 - 致命的な例外または C++ ランタイム エラーの起こります。

データとエンジン

  • 自動インクリメント - 自動インクリメント動作しません正しく APPEND FROM で。
  • CursorAdapter - が ODBC ドライバーまたは OLE DB プロバイダーは、バッチの実行をサポートしていない場合、バッチ処理のない更新が失敗を 2 UpdateType プロパティを設定するとします。
  • ADO で ? CursorAdapter、 CursorAdapter メソッドはで更新できません.mdb メモ型フィールドは、長さ 0 が Null、または 255 を超えています。
  • CursorAdapter- TABLEUPDATE () 関数呼び出し、後続の TABLEUPDATE () で関数のバックエンドの表は、更新が失敗した場合、ADO で失敗します。
  • CursorAdapter-、OLE DB プロバイダーは、パラメーターのコレクションを入力しないと、OLE DB プロバイダーは渡しません空の文字列、 ADODB.Command オブジェクトのパラメーターとして。
  • CursorAdapter - TABLEREVERT () にはに呼び出せる関数は、 TABLEUPDATE () 関数の実行中です。
  • -CursorAdapter、 TABLEUPDATE () 関数は、 バッファー 5 に設定され、 AfterInsert イベントでレコードが変更された場合ローカル カーソル内のコミット挿入しないをしません。
  • CursorAdapter - ランタイムのアプリケーションでは、 CursorAdapter メソッドで、 エラー のコマンドを発行するときにされたら、次のエラー メッセージ。
    致命的なエラー <ErrorNumber> 中にエラー <ErrorNumber>
  • CursorAdapter ? ADO フェッチ プロセスがテーブル バッファー無効な状態になります。
  • エンジンの開始後に GO TOP とテーブル バッファリング カーソルを持っているときに変換し ROLLBACK、されたら、次のエラー メッセージ。
    インデックスがテーブルと一致しません
  • エンジン - SCAN またはレコードをスキップするときに使用するとされたら、次のエラー メッセージ。
    レコードはインデックスではありません。
  • エンジンのオープン テーブル バッファリング カーソル、ダーティのレコードを含むがあるとされたら、次のエラー メッセージ。
    テーブルにインデックス順序の設定がないです。
  • エンジンのシークで NEAR 設定を持つレコードを修正するコマンド、降順の ORDER 句では移動しません。
  • エンジン - オプティミスティック テーブル バッファリング持つのコマンドの検索新旧のデータをシークします。
  • エンジン - バッファーの変更テーブル バッファリング カーソルで TABLEUPDATE () 関数を呼び出すし、REINDEX コマンドを使用するされたら、次のエラー メッセージ。
    インデックスがテーブル...(Error 114) と一致しません
    .
  • エンジン - SQLEXEC () 関数で参照パラメーターを渡しするときにメモリ リークが発生に発生します。
  • エンジン - SQLGETPROP () 関数は、メモリ リークがします。
  • エンジン - Visual FoxPro できる応答を停止 SQL INSERT をトランザクションの途中で呼び出すとき。
  • エンジン-] 接続の共有はパラメーターを渡していないし共有接続は、非同期モードでのステートメントが実行されません。
  • エンジン - TABLEVALIDATE の設定 = レコード カウントが 1 の場合、2 はエラーを報告しない必要があります、新しいレコードを既存のデータを上書きするよりも小さい。
  • エンジン - SQL または UPDATE、INSERT SQL で発生するメモリ リークが発生挿入します。 -SQL および UPDATE、INSERT SQL エラーが発生します。
  • エンジン - Visual FoxPro 7. 0 では、接続ダイアログ ボックスを表示する (SQLSTRINGCONNECT) 関数が予想されます。 代わりに、 SQLSTRINGCONNECT () 関数は、エラーを報告します。
  • エンジンの SQL パススルー非同期バッチ モードは同時にすべての結果セットをフェッチします。
  • エンジン - コピーするコマンドで 255 を超えるフィールドがクラッシュまたは誤解を招きやすいエラーを報告します。
  • エンジン - パラメーター化されたビューに、 () を再クエリ 関数は、 () を再クエリ </a0> 関数は、等号 (=) に続く場合失敗します。
  • エンジン - TABLEUPDATE () 関数を呼び出すと ROLLBACK コマンドをローカルのビューとし、GOTO TOP コマンドを使用してされたら次のエラー メッセージ彼。
    "インデックスと一致しないテーブル
  • ODBC SQL Server で、無効なプロパティを設定しようとされたら、次のエラー メッセージ。
    無効なエラー
    .
  • アイドル タイムアウトが経過すると ODBC 接続は切断されないされます。
  • ODBC SQL Server ODBC ドライバーを引き渡しの大規模な変数を引き起こす C5 クラッシュ。
  • TABLEVALIDATE - TABLEVALIDATE に SET セット誤った値を設定します。
  • SQL - UPDATE および DELETE はありません Rushmore 最適化対象のテーブルがバッファリングされるテーブルの変更。
  • SQL - Fox 2.x テーブル、SELECT... UNION を使用するとされたら、次のエラー メッセージ。
    フィールドは互換性がありません。
  • SQL - JOIN 構文できます誤った結果返される場合があります。
  • SQL - INSERT INTO... SELECT... FROM... WHERE... は WHERE 句を尊重していません。
  • SQL - DBC でテーブルを CREATE/削除は、マルチユーザー シナリオでは失敗します。
  • SQL - エラー メッセージとバランスのとれていない INSERT INTO... SELECT FROM ステートメントを使って番号の変更。

IDE

  • 表示 - 致命的な例外と発生する最小限に抑えるを追加すると、 _SCREEN.Resize イベントのフックを解放する IDE を復元します。
  • デバッガーで致命的な例外は、終了した作業ウィンドウ固定 (モーダル) フォームのプロパティの [ローカル] ウィンドウで値を変更すると発生します。
  • デバッガーの呼び出し履歴] または [ローカル] ウィンドウが開いていない場合致命的な例外後に発生 [トレース] ウィンドウで再開します。
  • デバッガー - 致命的な例外は、[ウォッチ] ウィンドウで大きな配列を持つ再開すると発生します。
  • デバッガー - 致命的な例外には [ウォッチ] ウィンドウで式貼り付けたときに発生します。
  • エディター - 致命的な例外選択とが発生 ビューの定義または参照するファイルの場所、コンテキスト メニューの [ストアド プロシージャを編集する場合。
  • エディター - 致命的な例外発生、コンテキスト メニューからコードにコメントをします。
  • メニュー - プッシュまたはポップアップ メニューまたは SET での致命的な例外の発生 SYSMENU に 2 のレポートを変更した後を DEFAULT。
  • メニュー - 設定 SYSMENU する DEFAULT、デバッガーを閉じた後に致命的な例外です。
  • オプションのダイアログ - 検索パスには [ オプション ] ダイアログ ボックスの [ ファイル ] タブで設定され、既定として保存し後で Visual FoxPro セッションで永続化されません。
  • レポート デザイナー - 閉じるボタンは表示されません Windows NT 4. 0 で、プレビュー ウィンドウが最大化されて場合。
  • RI ビルダー-、RI ビルダーは、次のエラー メッセージを生成します。
    不足している式
  • 作業ウィンドウ - 致命的な例外場合、スタートアップ プログラムの使用時に Web サービスに接続できませんコミュニティ ウィンドウされます。
  • 作業ウィンドウ - プロキシを使用するよう Internet Explorer が構成されている場合コミュニティ ウィンドウは接続できません。
  • ツールバー - 黒と白のツールバーを引き起こす Visual FoxPro 応答を停止します。

OLE DB プロバイダー

  • コマンドの実行はすべてのプロセス間でシリアル化されます。
  • IDBCreateSessionImpl::CreateSession IID_IObjectWithSite::SetSite からの戻り値をチェックしませんし、数の表示します。
  • InterlockedCompareExchange および InterlockedExchangeAdd マルチスレッド保護を使用しないでください。
  • Visual FoxPro OLE DB プロバイダーで CFGInitFailed() (VFPOLEDB.dll) はメッセージ ボックスを示しています。
  • Visual FoxPro OLE DB プロバイダーをスレッドセーフな改善点
  • OLE DB プロバイダー CONFIG.FPW から ENGINEBEHAVIOR と TABLEVALIDATE の設定を読み取るようにします。
  • VFPOLEDB.dll でメモリ リーク
  • ENGINEBEHAVIOR の設定は、同じクライアントのすべての接続に影響します。

その他

  • 致命的な例外エラーが発生するプログラムのキャッシュが埋め場合です。
  • 致命的な例外が報告] ダイアログ ボックスが表示されます複数回によってクラッシュします。
  • SET NOTIFY CURSOR オフといる場合加法の動作は _TALLY をなります。
  • InstallShield の高速セットアップ プロジェクトには、Visual FoxPro 7. 0 と Visual FoxPro 8. 0 マージ モジュール (MSM) の両方が含まれている場合、セットアップをビルドすると、エラー メッセージが表示されます。
  • 4,906 より大きい値が配列の行にアクセスすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    配列の次元が無効です。

プロパティ

文書番号: 824071 - 最終更新日: 2005年2月16日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual FoxPro 8.0 Professional Edition
キーワード:?
kbinfo kbmt KB824071 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:824071
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com