マイクロソフトのソフトウェア更新プログラム パッケージで使用できるコマンド ライン スイッチ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 824687 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

マイクロソフトでは、一貫したコマンド ライン スイッチのセットを採用しており、セキュリティ更新プログラムや重要な更新プログラム、および修正プログラムなどソフトウェア更新プログラムを含むパッケージを展開する際に使用できるようにしています。この資料では、これらの新しいコマンド ライン スイッチとその動作について説明します。

: これらの新しいコマンド ライン スイッチがサポートされるパッケージでは、以前のコマンド ライン スイッチもサポートされます。ただし、以前のスイッチの用途は、将来におけるソフトウェア更新プログラムでこのサポートが中止されたときに廃止されることになっています。

IExpress パッケージで使用されるコマンド ライン スイッチの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
197147 IExpress ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ
Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージで使用されるコマンド ライン スイッチの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
262841 Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージのコマンド ライン スイッチ
Windows インストーラで使用されるコマンド ライン スイッチに関する詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa367988.aspx
ソフトウェア更新プログラムに関するマイクロソフトの標準的な用語の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

詳細

ソフトウェア更新プログラム パッケージでは、以下のコマンド ライン スイッチがサポートされています。
  • /help; /h; /? - Setup コマンドの正しい使用法を示すダイアログ ボックスを表示します。ここには、すべてのコマンド ライン スイッチとその動作の一覧が含まれます。このヘルプ情報は、CLI (コマンド ライン インターフェイス) と GUI (グラフィカル ユーザー インターフェイス) の両方で表示することができます。正しくないコマンド ライン スイッチを使用すると、このヘルプ スイッチが起動され、正しい使用法が表示されます。 このダイアログ ボックスには、他のオンライン情報への参照も記載されています。
  • /quiet - セットアップ プログラムまたは削除プログラムを "非表示" モードで実行します。このプログラムを使用すると、ユーザーに確認を求めるメッセージは表示されず、メッセージはすべてログ ファイルに出力されます。行った変更を有効にするために再起動が必要な場合でも、デフォルトでは、ユーザーへの指示や警告を表示せずにコンピュータが再起動されます。再起動に関するこのデフォルトの動作を変更するには、他の再起動モードを使用します。
  • /passive - セットアップ プログラムまたは削除プログラムを "パッシブ" モードで実行します。このプログラムを使用すると、エラー メッセージがユーザーに表示されません。インストールや削除が実行中であることを示す、進行状況バーが表示されますが、ユーザーがインストールや削除を取り消すことはできません。デフォルトでは、/warnrestart スイッチが呼び出されます。プログラムによって複数の更新プログラムがインストールされる場合は、インストールまたは削除の進行状況が、更新プログラムごとに進行状況バーに表示されます。
  • /norestart - 行った変更を有効にするために再起動が必要な場合でも、インストールや削除の後にコンピュータが再起動されません。
  • /forcerestart - 行った変更を有効にするための再起動が不要な場合でも、インストールまたは削除の後でコンピュータを再起動します。再起動によって、実行中のプログラムは強制的に終了されます。
  • /warnrestart[:x] - x 秒 (値が指定されない場合は 30 秒) 後に再起動されることをユーザーに警告するダイアログ ボックスを表示します。たとえば、60 秒後に再起動されることを警告するには、/warnrestart:60 と入力します。ダイアログ ボックスには、[キャンセル] と [今すぐ再起動する] があります。[キャンセル] をクリックすると、コンピュータは再起動されません。
  • /promptrestart - 行った変更を有効にするためにコンピュータを再起動する必要があることをユーザーに示します。ユーザーはコンピュータを再起動するかどうかを選択することができます。
  • /uninstall - パッケージを削除します。
  • /log - ローカルのログ ファイルのパスを定義します。このスイッチによって、ログ出力はデフォルトの動作で実行されます。
  • /extract - 指定したフォルダにインストール ファイルを抽出します。

プロパティ

文書番号: 824687 - 最終更新日: 2007年1月25日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Customer Service and Support Information
キーワード:?
KB824687
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com