ダイヤルアップ接続または VPN 接続のエラー コード一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 824864 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、Windows 2000、Windows XP または Windows Server 2003 をクライアント コンピューターとして使用して、ダイヤルアップ接続や VPN 接続したときに表示されるエラー コードの一覧を掲載します。

注: 900 より大きいエラー コードは、Windows 2000 以降で動作するルーティングとリモート アクセス サーバーに接続した場合にのみ表示されます。

詳細

以下は、ダイヤルアップ接続または VPN 接続のエラー コード一覧です。

600
操作保留中です。

601
無効なポート ハンドルが検出されました。

602
指定したポートは既に開かれています。

603
呼び出し側のバッファーが小さすぎます。

604
正しくない情報が指定されました。

605
ポート情報を設定できません。

606
指定したポートは接続されていません。

607
無効なイベントが検出されました。

608
指定したデバイスはありません。

609
指定したデバイスの種類はありません。

610
無効なバッファーが指定されました。

611
指定したルートは利用できません。

612
指定したルートは割り当てられていません。

613
無効な圧縮が指定されました。

614
バッファーが不足しています。

615
指定したポートが見つかりませんでした。

616
非同期要求が保留中です。

617
モデム (または他の接続デバイス) は既に切断されています。

618
指定したポートは開かれていません。

619
指定したポートは接続されていません。

620
エンドポイントを指定できませんでした。

621
電話帳ファイルを開くことができませんでした。

622
電話帳ファイルを読み込むことができませんでした。

623
この接続のための電話帳エントリが見つかりませんでした。

624
電話帳ファイルを更新できませんでした。

625
電話帳ファイルの中に無効な情報が見つかりました。

626
文字列を読み込むことができませんでした。

627
キーが見つかりませんでした。

628
この接続は切断されました。

629
この接続はリモート コンピューターによって切断されました。

630
ハードウェア障害のために、モデム (または他の接続デバイス) は切断されました。

631
モデム (または他の接続デバイス) はユーザーによって切断されました。

632
構造体のサイズが間違っています。

633
モデム (または他の接続デバイス) は既に使用中か、正しく構成されていません。

634
このコンピューターをリモート ネットワークに登録できませんでした。

635
不明なエラーが発生しました。

636
ポートに違うデバイスが装着されています。

637
文字列が検出されましたが、変換できませんでした。

638
要求はタイムアウトしました。

639
非同期ネットワークがありません。

640
NetBIOS に関するエラーが発生しました。

641
サーバーはクライアントをサポートするために必要な NetBIOS リソースを割り当てることができませんでした。

642
このコンピューターの NetBIOS 名の 1 つは、既にリモート ネットワークに登録されています。

643
サーバーのネットワーク アダプターに障害があります。

644
ネットワーク メッセージを受信しません。

645
内部認証エラーが発生しました。

646
このアカウントは、この時間帯にログオンすることを許可されていません。

647
このアカウントは使用できません。

648
このアカウントのパスワードの有効期限が切れています。

649
このアカウントにはダイヤルインのためのアクセス許可がありません。

650
リモート アクセス サーバーからの応答がありません。

651
モデム (または他の接続デバイス) からエラーが返されました。

652
モデム (または他の接続デバイス) からの応答を認識できませんでした。

653
モデム (または他の接続デバイス) によって要求されたマクロはデバイス .INF ファイルで見つかりませんでした。

654
デバイス .INF ファイル内のコマンドまたは応答は未定義のマクロを参照しています。

655
デバイス .INF ファイル内で <message> マクロが見つかりませんでした。

656
デバイス .INF ファイルの <defaultoff> マクロは未定義のマクロを含んでいます。

657
デバイス .INF ファイルを開くことができませんでした。

658
デバイス .INF またはメディア .INI ファイル内のデバイス名が長すぎます。

659
メディア .INI ファイルは、不明なデバイス名を参照しています。

660
デバイス .INF ファイルにはそのコマンドに対する応答がありません。

661
デバイス .INF ファイル内にコマンドがありません。

662
デバイス .INF ファイルに一覧されていないマクロを設定しようとしました。

663
メディア .INI ファイルは、不明なデバイスの種類を参照しています。

664
このシステムでメモリが不足しています。

665
モデム (または他の接続デバイス) が正しく構成されていません。

666
モデム (または他の接続デバイス) が機能していません。

667
メディア .INI ファイルを読み取ることができません。

668
接続を終了しました。

669
メディア .INI ファイル内の使用法パラメーターが無効です。

670
メディア .INI ファイルからセクション名を読み取ることができませんでした。

671
メディア .INI ファイルからデバイスの種類を読み取ることができませんでした。

672
メディア .INI ファイルからデバイス名を読み取ることができませんでした。

673
メディア .INI ファイルから使用法を読み取ることができませんでした。

674
メディア .INI ファイルから接続 BPS の最高速度を読み取ることができませんでした。

675
メディア .INI ファイルからキャリア接続の最高速度を読み取ることができませんでした。

676
電話回線はビジーです。

677
モデム (または他の接続デバイス) でなく人が応答しました。

678
リモート コンピューターが応答しませんでした。

679
キャリアを検出できませんでした。

680
発信音がありませんでした。

681
モデム (または他の接続デバイス) から一般エラーが返されました。

682
ERROR WRITING SECTIONNAME

683
ERROR WRITING DEVICETYPE

684
ERROR WRITING DEVICENAME

685
ERROR WRITING MAXCONNECTBPS

686
ERROR WRITING MAXCARRIERBPS

687
ERROR WRITING USAGE

688
ERROR WRITING DEFAULTOFF

689
ERROR READING DEFAULTOFF

690
ERROR EMPTY INI FILE

691
ユーザー名またはパスワード、あるいはその両方が無効なため、このドメインにアクセスできませんでした。

692
モデム (または他の接続デバイス) でハードウェア障害が発生しました。

693
ERROR NOT BINARY MACRO

694
ERROR DCB NOT FOUND

695
State Machine は開始されていません。

696
State Machine は既に開始されています。

697
応答のループを完了しませんでした。

698
デバイスの .INF ファイルの応答キー名の形式が違います。

699
モデム (または他の接続デバイス) の応答によりバッファー オーバーフローが発生しました。

700
デバイス .INF ファイルの展開後のコマンドが長すぎます。

701
モデムは COM ドライバーによってサポートされていない接続速度に変わりました。

702
デバイスから予期しない応答を受信しました。

703
接続を正しく完了するにはユーザーからの情報入力が必要ですが、このアプリケーションではユーザーによる操作が許可されていません。

704
コールバック番号が無効です。

705
承認状態が無効です。

706
ERROR WRITING INITBPS

707
X.25 プロトコルに関するエラーが発生しました。

708
アカウントの有効期限が切れています。

709
ドメインのパスワードを変更するときにエラーが発生しました。パスワードが短いか、または以前に使用していたパスワードを指定した可能性があります。

710
モデムを使用して通信中にシリアル オーバーラン エラーが発生しました。

711
RasMan の初期化に失敗しました。詳細については、イベント ログを参照してください。

712
双方向ポートを初期化しています。しばらくしてからリダイヤルしてください。

713
利用できる ISDN 回線がありません。

714
利用できる ISDN チャネルがないため、呼び出すことができません。

715
電話回線の品質が悪いためにエラーが数多く発生しました。

716
リモート アクセス サービス IP の構成を使用できません。

717
リモート アクセス サービス IP アドレスの静的プールに利用できる IP アドレスがありません。

718
状況に適した方法でリモート コンピューターが応答しなかったため、この接続は切断されました。

719
この接続はリモート コンピューターにより切断されました。

720
リモート コンピューターへの接続が確立できませんでした。この接続用にネットワークの設定を変更しなければいけない可能性があります。

721
リモート コンピューターが応答しませんでした。

722
リモート コンピューターから無効なデータを受信しました。このデータは無視されました。

723
接頭番号と接尾番号を含めた電話番号が長すぎます。

724
このコンピューターは IPX ルーターで、ダイヤルアウト用に構成されていないため、IPX プロトコルはモデムまたは他の接続デバイスでダイヤルアウトできません。

725
このコンピューターは IPX ルーターがインストールされていず、ダイヤルイン用に構成されていないため、IPX プロトコルはモデムまたは他の接続デバイスでダイヤルインできません。

726
IPX プロトコルを、複数のモデム (または他の接続デバイス) で同時にダイヤルアウトするために使用することはできません。

727
TCPCFG.DLL にアクセスできません。

728
IP アダプターが見つかりません。

729
IP プロトコルがインストールされていないため、SLIP は使用できません。730
コンピューターの登録が完了していません。

731
プロトコルが構成されていません。

732
このコンピューターとリモート コンピューターで PPP 制御プロトコルに同意できません。

733
リモート コンピューターへの接続を完了できませんでした。コンピューターのプロトコルを調整しなければいけない可能性があります。

734
PPP リンク制御プロトコルを終了しました。

735
サーバーは要求したアドレスを拒否しました。

736
リモート コンピューターは制御プロトコルを終了しました。

737
ループバックを検出しました。

738
サーバーはアドレスを割り当てませんでした。

739
リモート サーバーが要求する認証プロトコルは、保存されたパスワードを使用できません。パスワードを明示的に入力してリダイヤルしてください。

740
ネットワーク接続用に構成されている TAPI デバイスの初期化に失敗したか、またはそのデバイスが正常にインストールされていません。

741
ローカル コンピューターでは、要求されたデータの暗号化の種類はサポートされません。

742
リモート コンピューターでは、要求されたデータの暗号化の種類はサポートされません。

743
リモート コンピューターではデータの暗号化が必要です。

744
リモート サーバーにより割り当てられた IPX ネットワーク番号を使用できません。詳細については、イベント ログを参照してください。

745
ERROR_INVALID_SMM

746
ERROR_SMM_UNINITIALIZED

747
ERROR_NO_MAC_FOR_PORT

748
ERROR_SMM_TIMEOUT

749
ERROR_BAD_PHONE_NUMBER

750
ERROR_WRONG_MODULE

751
コールバック番号に無効な文字があります。番号として指定できるのは次の 18 文字だけです。0 から 9、T、P、W、(、)、-、@、およびスペース。

752
スクリプトの処理中に構文エラーを検出しました。

753
この接続はマルチプロトコル ルーターで作成されているため、切断できませんでした。

754
マルチリンク バンドルが見つかりませんでした。

755
この接続にはカスタム ダイヤラーが指定されているので、自動ダイヤルを実行できません。

756
この接続は既にダイヤルされています。

757
リモート アクセス サービスを自動的に開始できませんでした。詳細は、イベント ログに記録されています。

758
インターネット接続の共有がこの接続で既に有効になっています。

759
インターネット接続の共有の既存の設定を変更するときに、エラーが発生しました。

760
ルーティング機能を有効にするときに、エラーが発生しました。

761
この接続に対してインターネット接続の共有を有効にするときに、エラーが発生しました。

762
ローカル ネットワークを共有できるように構成するときに、エラーが発生しました。

763
インターネット接続の共有を有効にできません。共有する接続以外に、LAN 接続が複数あります。

764
スマート カード読み取り装置がインストールされていません。

765
インターネット接続の共有を有効にできません。LAN 接続は、IP アドレスの自動指定で必要な IP アドレスを使って既に構成されています。

766
証明書が見つかりませんでした。L2TP over IPSec を使用する接続では、コンピューター証明書のインストールが必要となります。

767
インターネット接続の共有を有効にできません。プライベート ネットワークとして選択した LAN 接続で、IP アドレスが 2 つ以上構成されています。インターネット接続の共有を有効にする前に、単一の IP アドレスで LAN 接続を構成し直してください。

768
データを暗号化できなかったため、接続できませんでした。

769
指定した宛先に到達できません。

770
接続しようとしましたが、リモート コンピューターによって拒否されました。

771
ネットワークがビジー状態であるため、接続できませんでした。

772
リモート コンピューターのネットワーク ハードウェアは、要求した種類の呼び出しと互換性がありません。

773
宛先の番号が変更されたため、接続できませんでした。

774
一時的な障害のため接続できませんでした。もう一度接続してください。

775
この呼び出しはリモート コンピューターにブロックされました。

776
リモート コンピューターで「応答しない」機能が開始されたため、この呼び出しを接続できませんでした。

777
リモート コンピューターのモデム (または他の接続デバイス) が壊れているため、接続できませんでした。

778
サーバーを識別できませんでした。

779
この接続を使ってダイヤルアウトするには、スマート カードを使う必要があります。

780
実行しようとしたファンクションはこの接続では無効です。

781
接続に証明書が必要ですが、有効な証明書は見つかりませんでした。詳しい説明については、[詳細] をクリックするか、ヘルプとサポート センターでこのエラー番号を検索してください。

782
ルーティングとリモート アクセスがこのコンピューターで有効になっているため、インターネット接続の共有 (ICS) やインターネット接続ファイアウォール (ICF) を有効にすることはできません。ICS または ICF を有効にするには、まずルーティングとリモート アクセスを無効にしてください。ルーティングとリモート アクセス、ICS、ICF についての情報は、ヘルプとサポート センターを参照してください。

783
インターネット接続の共有を有効にできません。プライベート ネットワークとして選択された LAN 接続は存在しないか、ネットワークから切断されています。インターネット接続の共有を有効にする前に LAN アダプターが接続されていることを確認してください。

784
この接続はスマート カードと違うユーザー名を使うように構成されているため、ログオン時のダイヤルに使用できません。ログオン時にこの接続を使う場合は、スマート カードのユーザー名を使うように構成する必要があります。

785
この接続はスマート カードを使うように構成されていないため、ログオン時のダイヤルに使用できません。ログオン時にこの接続を使う場合は、スマート カードを使うようにこの接続のプロパティを編集する必要があります。

786
このコンピューターには、セキュリティの認証に必要なコンピューター証明書がないため、L2TP 接続に失敗しました。

787
セキュリティ層でリモート コンピューターを認証できなかったため、L2TP 接続に失敗しました。

788
セキュリティ層でリモート コンピューターと互換性のあるパラメーターをネゴシエートできなかったため、L2TP 接続に失敗しました。

789
リモート コンピューターと最初にネゴシエートするときに、セキュリティ層で処理エラーが検出されたため、L2TP 接続に失敗しました。

790
リモート コンピューターの証明書を検証できなかったため、L2TP 接続に失敗しました。

791
この接続のセキュリティ ポリシーが見つからなかったため、L2TP 接続に失敗しました。

792
セキュリティ ネゴシエーションがタイムアウトしたため、L2TP 接続に失敗しました。

793
セキュリティをネゴシエートするときにエラーが発生したため、L2TP 接続に失敗しました。

794
このユーザーの Framed Protocol RADIUS 属性は PPP ではありません。

795
このユーザーの Tunnel Type RADIUS 属性は間違っています。

796
このユーザーの Service Type RADIUS 属性は Framed または Callback Framed のいずれでもありません。

797
モデムが見つからないか、またはモデムがビジー状態であったため、リモート コンピューターへの接続を確立できませんでした。詳しい説明については、[詳細] をクリックするか、ヘルプとサポート センターでこのエラー番号を検索してください。

798
この拡張認証プロトコルで使用できる証明書が見つかりませんでした。

799
ネットワークの IP アドレスの競合のためにインターネット接続の共有 (ICS) を有効にできません。ICS は、ホストが 192.168.0.1 を使用するように構成されていることを要求します。ネットワークの他のクライアントが 192.168.0.1 を使用するように構成されていないか確認してください。

800
VPN 接続を確立できません。VPN サーバーに到達できない、またはセキュリティ パラメーターがこの接続に対して正しく構成されていない可能性があります。

801
この接続は、アクセス サーバーの ID を検証するように構成されていますが、Windows はサーバーによって送信されたデジタル証明書を確認できません。

802
提供されたカードが認識されませんでした。カードが正しく挿入されているか、しっかり収まっているかを確認してください。

803
セッション cookie に格納されている PEAP 構成が、現在のセッションの構成と一致しません。

804
セッション cookie に格納されている PEAP ID が、現在の ID と一致しません。

805
ログオン ユーザーの資格情報を使うように構成されているため、ログオン時にこの接続を使ってダイヤルすることはできません。

900
ルーターが実行されていません。

901
インターフェイスは既に接続されています。

902
指定したプロトコル識別子はルーターに知られていません。

903
デマンド ダイヤル インターフェイス マネージャーが実行されていません。

904
この名前のインターフェイスは既にルーターに登録されています。

905
この名前のインターフェイスはルーターに登録されていません。

906
インターフェイスが接続されていません。

907
指定したプロトコルを停止しています。

908
インターフェイスは接続されているため、削除できません。

909
インターフェイスの資格情報が設定されていません。

910
このインターフェイスは既に接続処理中です。

911
このインターフェイスのルーティング情報の更新は既に処理中です。

912
インターフェイスの構成が無効です。リモート ルーターで同じインターフェイスに接続されている別のインターフェイスが既にあります。

913
ルーターだけのために予約されたポートをとおして、リモート アクセス クライアントが接続しようとしました。

914
リモート アクセス クライアントだけのために予約されたポートをとおしてデマンド ダイヤル ルーターが接続しようとしました。

915
この名前のクライアント インターフェイスは既にあり、現在接続されています。

916
インターフェイスは使用できない状態です。

917
認証プロトコルはリモートのピアにより拒否されました。

918
利用可能な認証プロトコルがありません。

919
リモート コンピューターは構成された認証プロトコルによる認証を拒否しました。回線は切断されました。

920
このリモート アカウントには、リモート アクセス許可が与えられていません。

921
このリモート アカウントの期限が切れています。

922
リモート アカウントは無効になっています。

923
リモート アカウントは、この時間にはログオンを許可されません。

924
ドメインでユーザー名とパスワード、またはそのどちらかが無効なので、リモート ピアへのアクセスが拒否されました。

925
デマンド ダイヤル インターフェイスで使用するのに利用できるルーティングが可能なポートがありません。

926
ポートはアクティブでないため切断されています。

927
インターフェイスに現時点では到達不可能です。

928
デマンド ダイヤル サービスは一時停止の状態です。

929
管理者によってインターフェイスが切断されました。

930
認証サーバーが認証要求に時間内に応答しませんでした。

931
マルチリンク接続で使用できるポート数の最大値に達しました。

932
ユーザーの接続時間制限に達しました。

933
サポートされている LAN インターフェイス数の上限に達しました。

934
サポートされているデマンド ダイヤル インターフェイス数の上限に達しました。

935
サポートされているリモート アクセス クライアント数の上限に達しました。

936
BAP ポリシーによりポートは切断されました。

937
この種類の接続が他で使用されているため、着信接続はこの接続要求を受け付けることができません。

938
ネットワーク上に RADIUS サーバーが見つかりません。

939
RADIUS 認証サーバーから無効な応答を受信しました。大文字と小文字を区別する機密のパスワードが RADIUS サーバー用に正しく設定されているかどうかを確認してください。

940
現在は、接続するアクセス許可がありません。

941
現在のデバイスの種類で接続するアクセス許可がありません。

942
選択した認証プロトコルで接続するアクセス許可がありません。

943
このユーザーには BAP が必要です。

944
このインターフェイスは現在、接続を許可されていません。

945
保存されたルーターの構成は、現在のルーターと互換性がありません。

946
RemoteAccess は自動的に移行されない、古い形式のユーザー アカウントを検出しました。これらのユーザー アカウントを手動で移行するには、XXXX を実行してください。

948
トランスポートはルーターで既にインストールされています。

949
RADIUS サーバーから無効な署名の長さをパケットで受け取りました。

950
RADIUS サーバーから無効な署名をパケットで受け取りました。

951
RADIUS サーバーから EAPMessage と一緒に署名を受け取りませんでした。

952
RADIUS サーバーから無効な長さのパケットまたは Id を受け取りました。

953
RADIUS サーバーから無効な長さのパケットと属性を受け取りました。

954
RADIUS サーバーから無効なパケットを受け取りました。

955
ユーザー認証システムは RADIUS サーバーからのパケットと一致しません。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 824864 - 最終更新日: 2013年3月29日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbfirewall kbwinservnetwork kbnetwork kbinfo KB824864
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com