Windows XP Service Pack 2 および Windows Server 2003 ソフトウェア更新プログラム パッケージの内容に関する説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 824994 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、この資料の対象製品として記載されている各製品向けのソフトウェア更新プログラムに、同じファイルのコピーが複数含まれている理由について説明します。これらのソフトウェア更新プログラムには、次のものがあります。
  • セキュリティ更新プログラム
  • 重要な更新プログラム
  • 更新プログラム
  • 更新プログラムのロールアップ
  • ドライバ
  • Feature Pack
この資料では、特定のコンピュータに適合するファイルをこの中から選択する方法についても説明します。

詳細

マイクロソフトは、この資料の対象製品として記載されている製品向けのソフトウェア更新プログラムを、2 つの異なる開発環境で作成します。マイクロソフトによってリリースされる、セキュリティ上の脆弱性などの広範囲にわたる重要な問題を解決するさまざまなソフトウェア更新プログラムは、GDR (General Distribution Release) とも呼ばれます。これらのソフトウェア更新プログラムには、次のものがあります。
  • セキュリティ更新プログラム
  • 重要な更新プログラム
  • 更新プログラム
  • 更新プログラムのロールアップ
  • ドライバ
  • Feature Pack
これらのソフトウェア更新プログラムは、修正プログラム (hotfix) の開発環境から独立した開発環境で作成されます。修正プログラムは、Microsoft Product Support Services によって配布され、特定のユーザーの状況における問題を解決するためのプログラムです。修正プログラムは、マイクロソフトの特定のユーザーを迅速に支援するために作成されるため、各種ソフトウェア更新プログラム (セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、Feature Pack) のような完全なテストは行われていません。マイクロソフトは、各種ソフトウェア更新プログラム (セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、Feature Pack) を、修正プログラムや修正プログラムの後にリリースされる Service Pack の開発作業から分離するために、2 種類の異なる開発環境を使用しています。Service Pack は、マイクロソフトによって継続的に開発が進められています。開発環境を分離したことにより、ユーザーは、セキュリティ上の脆弱性などの広範囲にわたる重要な問題を解決する、修正プログラムのファイルを含まない修正のみをインストールできるため、リスクを最小限に抑えることができます。

この資料の対象製品として記載されている各ソフトウェア更新プログラム (セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、Feature Pack) に同じファイルのコピーが複数含まれているのは、製品のリリース サイクルにおける "基準点" を 2 種類の異なる開発環境でサポートするためです。基準点は、製品が最初にリリースされたときのバージョンと Service Pack (SPx) にそれぞれ置かれます。同じファイルの GDR と修正プログラムのコピーが、その製品のリリース サイクルの基準点ごとに、ソフトウェア更新プログラム パッケージの異なるフォルダに配置されます。たとえば Windows Server 2003 の場合、Service Pack 1 (SP1) がリリースされる前には、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、および Feature Pack について、同じファイルの 2 つのコピーが、それぞれ RTMGDR フォルダと RTMQFE フォルダに配置されます。SP1 がリリースされると、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、および Feature Pack の RTMGDR フォルダと RTMQFE フォルダ、SP1GDR フォルダと SP1QFE フォルダに、同じファイルのコピーが含まれることがあります。<cardinal point>GDR フォルダに含まれるファイルには、GDR クラスの修正のみが含まれます。<cardinal point>QFE フォルダは累積的で、GDR クラスの修正と、含まれるバイナリに影響を与えるすべての以前の修正プログラムとの両方が含まれます。マイクロソフトのサポート対象は、現在リリースされている Service Pack および 1 つ前のバージョンの Service Pack (N および N-1) であるため、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、および Feature Pack に含まれる同じファイルは、通常最大 6 つです。

セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、および Feature Pack をインストールすると、既存のファイルが最初のリリース バージョン (RTM) のファイルであるか、SPx のファイルであるか、GDR 環境のファイルであるか、または hotfix 環境のファイルであるかがパッケージ インストーラ (Update.exe) によってチェックされます。コンピュータ上で更新されるすべてのファイルが最初のリリース バージョン、SPx、GDR 環境のファイルのいずれかであり、基準点が最後に確立されてから修正プログラムをインストールしていない場合は、GDR フォルダに含まれている適切なファイルが Update.exe によってインストールされます。コンピュータ上で更新されているファイルの中に、修正プログラムによって更新されたファイルが含まれている場合、つまり基準点が最後に確立されてから修正プログラムをインストールしてファイルの 1 つを更新した場合は、QFE フォルダに含まれている適切なファイルが Update.exe によってインストールされます。

使用しているコンピュータ上のファイルが GDR 環境のファイルであるか hotfix 環境のファイルであるかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックし、[ファイルとフォルダすべて] をクリックします (または [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします)。
  2. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスにファイル名を入力し、[検索] をクリックします。
  3. 検索結果ウィンドウでファイルを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [バージョン情報] タブをクリックし、[詳細] に表示されている [ファイル バージョン] をクリックします。
ファイルのバージョンで使用される形式の一覧は、それぞれ、次のとおりです。

Windows Server 2003
元に戻す全体を表示する
srv03_rtm.mmmmmm-nnnn この形式は、このファイルが製品が最初にリリースされたときのバージョンであり、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、Feature Pack または修正プログラムによって更新されていないことを示します。セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack を適用すると、このファイルは GDR バージョンに置き換えられます。
srv03_spx_gdr.mmmmmm-nnnn この形式は、このファイルがセキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack のファイルであることを示し、修正プログラムによって更新されていないことを示します。これは SPx に基づくビルドです。セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack を適用すると、このファイルは GDR バージョンに置き換えられます。
srv03_spx_rtm.mmmmmm-nnnn この形式は、このファイルが SPx のファイルであり、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、Feature Pack または修正プログラムによって更新されていないことを示します。セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack を適用すると、このファイルは GDR バージョンに置き換えられます。
srv03_spx_qfe.mmmmmm-nnnn この形式は、このファイルが修正プログラムのファイルであることを示します。これは SPx に基づくビルドです。セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack を適用すると、このファイルは hotfix バージョンのファイルに置き換えられます。この修正プログラムには、GDR の修正も含まれています。

Windows XP SP2
元に戻す全体を表示する
xpclient.mmmmmm-nnnn この形式は、このファイルが製品が最初にリリースされたときのバージョンであり、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、Feature Pack または修正プログラムによって更新されていないことを示します。セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack を適用すると、このファイルは GDR バージョンに置き換えられます。
xpsp_spx_gdr.mmmmmm-nnnn この形式は、このファイルがセキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack のファイルであることを示し、修正プログラムによって更新されていないことを示します。セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack を適用すると、このファイルは GDR バージョンに置き換えられます。
xpspx.mmmmmm-nnnn この形式は、このファイルが修正プログラムのファイルであることを示します。セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack を適用すると、このファイルは hotfix バージョンのファイルに置き換えられます。この修正プログラムには、GDR の修正も含まれています。
xpspxrtm.mmmmmm-nnnn この形式は、このファイルが SPx のファイルであり、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、Feature Pack または修正プログラムによって更新されていないことを示します。セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack を適用すると、このファイルは GDR バージョンに置き換えられます。
xpclnt_qfe.mmmmmm-nnnn この形式は、このファイルが修正プログラムのファイルであることを示します。セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack を適用すると、このファイルは hotfix バージョンのファイルに置き換えられます。この修正プログラムには、GDR の修正も含まれています。
xpsp.mmmmmm-nnnn この形式は、このファイルが SP3 以前の修正プログラムのファイルであることを示します。このファイルのインストールには SP2 が必要です。セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack を適用すると、このファイルは hotfix バージョンのファイルに置き換えられます。この修正プログラムには、GDR の修正も含まれています。

インストール時にデフォルトのブランチを QFE に設定する方法

/B スイッチは、Update.exe 内部の複数ブランチ インストール処理の一部として使用されるオプションです。このスイッチは、複数ブランチのパッケージのインストールに使用されるデフォルトのブランチを変更します。GDR パッケージはすべて、システムにインストールされるデフォルトのバイナリが GDR バイナリになるように作成されます。インストーラは /B スイッチを使用して、QFE ブランチに切り替えるための要件を通知します。

/B スイッチは、特定のブランチにパッケージをインストールするようにインストーラに強制するものではありません。このスイッチは、プログラムがインストール元のブランチの評価を開始するブランチを変更するだけです。プログラムは、システムで使用できる最適なバージョンのバイナリのインストールを選択します。たとえば、インストール中の GDR パッケージと重複する QFE ビットを含むシステムがあるとします。この場合、/b:RTMGDR スイッチを使用してパッケージをインストールしても、QFE ブランチのバイナリが使用されます。通常、QFE ブランチは最上位のブランチです。したがって、/b:RTMQFE スイッチを使用してパッケージをインストールすると、通常は QFE ブランチに強制的に移動されます。

: /b スイッチに続くテキストでは、パッケージ自体に表示されるブランチの名前を使用する必要があります。テキストでは以下の書式を使用します。
  • Windows XP
    cardinal point QFE WindowsXp-KB826939-x86-ENU.exe /b:SP2QFE
  • Windows Server 2003
    cardinal point QFE WindowsServer2003-KB826939-x86-ENU.exe /b:RTMQFE
デフォルトのブランチの選択内容によって、さまざまなシステム状態でインストーラの動作がどのように変更されるかを、次の表に示します。
元に戻す全体を表示する
インストールするパッケージ GDR (n) GDR (n-1) QFE (n) QFE (n-1)
GDR (n) GDR(n) をインストール GDR(n) をインストール QFE(n) をインストール QFE(n) をインストール
GDR (n) /b:cardinal point QFE QFE(n) をインストール QFE(n) をインストール QFE(n) をインストール QFE(n) をインストール
GDR (n-1) GDR(n) をインストール GDR(n-1) をインストール QFE(n) をインストール QFE(n-1) をインストール
GDR (n-1) /b:cardinal point QFE QFE(n) をインストール QFE(n-1) をインストール QFE(n) をインストール QFE(n-1) をインストール
QFE (n) QFE(n) をインストール QFE(n) をインストール QFE(n) をインストール QFE(n) をインストール
QFE (n) /b:cardinal point GDR QFE(n) をインストール QFE(n) をインストール QFE(n) をインストール QFE(n) をインストール
QFE (n-1) QFE(n) をインストール QFE(n-1) をインストール QFE(n) をインストール QFE(n-1) をインストール
QFE (n-1) /b:cardinal point GDR QFE(n) をインストール QFE(n-1) をインストール QFE(n) をインストール QFE(n-1) をインストール

警告 : 重複するバイナリを含む QFE パッケージが既にインストールされている場合、/b スイッチを使用してパッケージの GDR ブランチをインストールすることはできません。

  • 修正プログラムのファイルには GDR クラスの修正が含まれますが、GDR バージョンのファイルには hotfix バージョンの修正が含まれません。
  • 通常、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack パッケージに含まれているファイルのバージョン番号は、GDR バージョンまたは hotfix バージョンのいずれについても同じです。これらのバージョン番号が異なる場合は、修正プログラムの方が新しいバージョンになります。これは、修正プログラムのファイルに含まれる修正が、GDR クラスの修正より後に作成されたことを示します。
  • 以下のいずれかの条件を満たす場合、GDR バージョンのファイルがインストールされます。
    • コンピュータ上のファイルが、最初にリリースされたバージョン (RTM) である場合 (srv03_rtm.mmmmmm-nnnn または xpclient.mmmmmm-nnnn)
    • コンピュータ上のファイルが、Service Pack のバージョンである場合 (srv03_spx.mmmmmm-nnnn または xpspx.mmmmmm-nnnn)
    • コンピュータ上のファイルが、GDR バージョンである場合 (srv03_gdr.mmmmmm-nnnn または xpsp_spx_gdr.mmmmmm-nnnn)
  • セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack によって GDR バージョンのファイルがインストールされると、hotfix バージョンのファイルも %windir%\$hf_mig$ フォルダにコピーされます。この動作は、将来、以前のバージョンのファイルを含む修正プログラムや Service Pack をインストールするときに、適切なファイルへの移行をサポートするために行われます。たとえば、以下のような状況を考えます。
    1. あるセキュリティ更新プログラムをインストールすると、GDR バージョンの File.dll (バージョン番号は 5.2.3790.1000) がインストールされ、hotfix バージョンの File.dll (バージョン番号は 5.2.3790.1000) が %windir%\$hf_mig$ フォルダにコピーされます。
    2. 修正のバージョン番号が 5.2.3790.0000 の File.dll を含む修正プログラムを適用します。
    この場合、手順 2. で修正プログラムをインストールするときに、バージョン番号が 5.2.3790.1000 の File.dll が %windir%\$hf_mig$ フォルダからコピーされてインストールされます。修正プログラム パッケージに含まれる、hotfix バージョンの File.dll (バージョン番号は 5.2.3790.0000) はインストールされません。
  • 修正プログラムがインストールされるのは、コンピュータ上のファイルが hotfix バージョンの場合に限られます (srv03_qfe.mmmmmm-nnnn、xpsp.mmmmmm-nnnn、または xpclnt_qfe.mmmmmm-nnnn)。ただし、他の hotfix バージョンのファイルの状態によっては結果が異なります。
  • Windows Server 2003 の修正プログラム パッケージには、ファイル バージョンが "QFE" 以外のファイルは含まれません。
  • 基準点が最後に確立されてから修正プログラムをインストールしておらず、ファイルを更新していない場合は、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack によって GDR バージョンのファイルがインストールされます。
  • Windows Service Pack をインストールすると、Service Pack によってインストールされたファイルはすべてその Service Pack の "基準点" にまでアップグレードされます。このため、その後にセキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、更新プログラム、更新プログラムのロールアップ、ドライバ、または Feature Pack をインストールすると、Service Pack のファイルは GDR バージョンに置き換えられます。この動作は、修正プログラムをインストールするまで変更されません。
  • Windows Server 2003 のすべてのソフトウェア更新プログラムおよび Windows XP SP2 以降のすべてのソフトウェア更新プログラムには、QFE および GDR ファイルが両方とも含まれています。

関連情報

Windows XP ソフトウェア更新プログラムの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
328848 Windows XP のデュアル モード更新プログラム パッケージについて
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 824994 - 最終更新日: 2008年2月4日 - リビジョン: 11.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows XP Professional 64-Bit Edition (Itanium) 2003
  • Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 (SP2)
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition Service Pack 2 (SP2)
  • Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 (SP2)
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition Service Pack 2 (SP2)
キーワード:?
KB824994
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com