[OFF2003] ローカル インストール ソース (Msocache)

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 825933 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ローカル インストール ソースとは、Microsoft Office 2003 のインストール メディア (Microsoft Office 2003 の CD-ROM など) から Msocache フォルダーにインストール ソースのファイルをコピーする、セットアップ機能です。Msocache フォルダーはローカルのハード ディスクにある隠しフォルダーです。

詳細

インストール ソースのファイルがインストール メディアからローカルのハード ディスクにある Msocache フォルダーにコピーされるのは、以下の条件が当てはまる場合です。
  • 使用可能なハード ディスクの 1 つに 1.5 GB を超える空きディスク領域があります。
  • その十分な領域があるハード ディスクは、リムーバブル ドライブまたはネットワーク ドライブではありません。
ローカル インストール ソース機能がインストールされると、以下のセットアップ操作中に CD を挿入する必要はありません。
  • アプリケーションの自動修復
  • デマンド インストール
  • メンテナンス モード セットアップ
  • Service Pack および修正プログラムのインストール
Msocache フォルダーの削除は、Microsoft Office のセットアップ中でも、Microsoft Office のインストール後でも行うことができます。これらのファイルを削除すると、ハード ディスクに約 270 MB の空き領域ができます。Msocache フォルダーを削除した場合、上記のセットアップ操作を実行するには、インストール メディアを用意する必要があります。

注: MSOCACHE フォルダーは、最も大きな空き領域があるディスク ドライブにいつも置かれるとは限りません。コンピューターの NTFS ドライブに少なくとも 1.5 GB の空き領域がある場合、MSOCACHE フォルダーはその NTFS ドライブに置かれます。

Microsoft Office のセットアップ中に Msocache フォルダーを削除する

Microsoft Office 2003 のセットアップ中にセットアップの完了ページで [インストール用ファイルを削除] チェック ボックスをオンにし、[完了] をクリックします。

Microsoft Office のインストール後に Msocache フォルダーを削除する

Microsoft Office 2003 のインストール後は、Windows クリーンアップ ウィザードを使用して Msocache フォルダーを削除することができます。

: ハード ディスクに複数のパーティションがある場合は、各パーティションに対して以下の手順を繰り返す必要が生じる場合があります。

警告: MSOCACHE フォルダーは、エクスプローラーを使用して削除しないでください。

これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] (または [プログラム])、[アクセサリ]、[システム ツール] を順にポイントし、[ディスク クリーンアップ] をクリックします。
  2. [ドライブの選択] ダイアログ ボックスの [ドライブ] ボックスの一覧の [C:] をクリックし、[OK] をクリックします。

    : 複数のハード ディスクがある場合、Office セットアップ ファイルは、Microsoft Office のセットアップ中に最も大きな空き領域があるパーティションに置かれます。
  3. ディスク クリーンアップによるドライブの確認が完了するまで待ちます。
  4. [削除するファイル] ボックスの一覧で、[Office セットアップ ファイル] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

    : Office セットアップ ファイルのサイズがゼロである場合、Office セットアップ ファイルは別のハード ディスクにあります。
  5. 以下のメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    これらのファイルを削除してもよろしいですか?

LIS Cache フォルダーをドライブの新しい場所に移動する

製品のインストールによって確定された後でも、ローカル インストール ソースのキャッシュ フォルダーの場所を変更できるツールが開発されています。ローカル インストール ソース ツール (Installation Source Tool) をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=18304
ローカル インストール ソース ツールの設定と場所は、Setup.ini ファイルを使用して制御することも、コマンド ラインから制御することもできます。ローカル インストール ソース ツールの設定と場所を制御する方法の詳細については、Microsoft Office 2003 のインストール CD に入っている Setup.htm ファイルを参照してください。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja-jp;830168
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 825933 - 最終更新日: 2013年7月2日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft Office Publisher 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office Access 2003
キーワード:?
kbinfo KB825933
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com