管理者 Office ポリシー テンプレートを Windows のグループ ポリシー設定を使用できます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 826170
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフト使用方法この資料について説明します。Office ポリシー テンプレートを Microsoft Windows のグループ ポリシーの設定をします。Microsoft Office 2003年リソース キット web サイト管理者は、ポリシー テンプレート (.adm ファイル) が含まれています。Office 2003 プログラムを使用します。Microsoft Windows ベースのネットワークでは、グループ化します。ポリシーの設定は Office とユーザーの動作を管理者が制御をできます。2003。

この資料に利用できるリソースをについて説明します。Microsoft Windows Server 2000 ベースで使用するポリシーを作成します。環境および Microsoft Windows Server 2003 ベースの環境で。これ資料には、次のセクションが含まれます。
  • 概要
  • 利用可能な Office 2003 ポリシー テンプレート
  • Office 2003 ポリシー テンプレートをインストールする方法
  • Office 2003 ポリシー テンプレートをローカルにロードする方法コンピューター ポリシー
  • 参照

詳細

概要

ポリシーを設定すると、定義して、特定の維持できます。ユーザーのコンピューター上の Office 2003 構成します。その他のカスタマイズとは異なり(トランス フォーム (MST file) で配布されるデフォルト設定など)、ポリシーは、ネットワーク (または、ユーザーがログオンするたびに再適用されます。管理者が設定した間隔)。ユーザーがレジストリを編集できません。ポリシーを変更するには。

ローカルに適用されるポリシーを設定することができます。コンピューター (およびそのコンピューターのすべてのユーザー)、または、ポリシーを設定することができます個々 のユーザーにのみ適用されます。コンピューターでのコンピューターごとのポリシーを設定します。グループ ポリシー スナップインで、コンピューターの構成の適用します。すべてのユーザーがそのコンピューターからネットワークにログオン、初めて。設定します。ユーザーごとのポリシーの [ユーザーの構成のグループ ポリシー スナップイン。ユーザーごとのポリシーは、指定されたユーザーがネットワークにログオンするときに適用されます。任意のコンピューターから。

Office 2003 ポリシー テンプレートを使用するには、[使用する必要があります。グループ ポリシー Microsoft 管理コンソール スナップインでロードします。

利用可能な Office 2003 ポリシー テンプレート

Microsoft Office 2003年リソース キットのポリシー テンプレート ファイルには、ポリシー グローバル ネットワーク上のユーザーの Office を設定できます。ポリシーを使用して、すばやくユーザー構成ユーザーを強制できます 'コンピューターのユーザー、グループ、またはコンピューターがネットワークにログオンするとします。

、Office ポリシー テンプレート ファイル (.adm ファイル) は、すべてのポリシー設定について説明することOffice を設定できます。これらの .adm ファイルを使用して、グループ ポリシー スナップインでそのポリシーを適用するには、Microsoft Windows オペレーティング システムに付属しています。ユーザーのコンピューター。

以下のポリシー テンプレートを windows \inf フォルダーにMicrosoft Office 2003年リソース キットのセットアップ プログラムをインストールします。コンピューターにします。

元に戻す全体を表示する
ファイル名テンプレートの説明
Access11.admMicrosoft Office アクセス 2003
Excel11.admMicrosoft Office Excel 2003
Fp11.admFrontPage 2003 の Microsoft Office
Gal11.admMicrosoft クリップ オーガナイザー
Inf11.admInfoPath 2003 の Microsoft Office
Office11.admMicrosoft Office 2003
Onent11.admOneNote 2003 の Microsoft Office
Outlk11.admMicrosoft Office Outlook 2003
Ppt11.admMicrosoft Office PowerPoint 2003
Pub11.admMicrosoft Office Publisher 2003
Visio.admVisio 2003 の Microsoft Office
Word11.admMicrosoft Office ワード 2003

Office 2003 ポリシー テンプレートをインストールする方法

Office 2003 ポリシー テンプレートをダウンロードするには、以下参照してください。Microsoft の Web サイト:
ポリシー テンプレート ファイル
で、 ポリシー テンプレート ファイルMicrosoft Office 2003年リソース キットの Web サイトの web ページ、Office 2003 ポリシー テンプレートをインストールすることができますかVisio 2003 ポリシー テンプレート、またはその両方。
  • Office 2003 ポリシー テンプレートをインストールするには、以下を実行します手順:
    1. 下にスクロール、 ポリシー テンプレート ファイルWeb ページ、しをクリックして、 ork.exe リンクします。
    2. で、 [ ダイアログ ボックス、クリックして と入力して.
    3. 同意するをクリック、 使用許諾契約,プロパティ 次へ.
    4. で、 インストールの種類 ウィンドウで、クリック 標準インストールプロパティ 次へ.
    5. クリック インストール.
    6. クリック ] セットアップがある場合完了します。
    Office 2003 ポリシー テンプレート ファイルでインストールされている、次の場所:
    パス\Windows\Inf
    パス 含まれているドライブで、Windows フォルダーと Windows 名前です、Windows のフォルダー。
  • Visio 2003 ポリシー テンプレートをインストールするには、以下を実行します手順:
    1. 下にスクロール、 ポリシー テンプレート ファイルWeb ページ、しをクリックして、 VisioRKTools.exe リンクします。
    2. で、 [ ダイアログ ボックス、クリックして と入力して.
    3. クリック [はい] ライセンスに同意するには契約。
    4. で、 先の場所を入力してください。[展開されたファイルを配置するのには ボックス、入力 パス: \ProgramFiles\Orktools\Ork11\Tools\Visio、パスが、ドライブは(C) など、その他の Office 2003 のリソース キット ツールがインストールされているし、クリック ].
    5. クリック [はい] フォルダーの作成手順 4 で指定したとします。

      ファイルがされていることを示すメッセージがありません。コンピューターにインストールします。
    6. Usbehci.sys ボタンをクリックし、プロパティ 表示.
    7. 手順 4 で指定したフォルダーに移動し、次に手順 4 で指定したフォルダーを開きます。
    8. Visio11.adm ファイルの次の場所にコピーします。コンピューター:
      パス\Windows\Inf
      、場所 パス 含むドライブです。Windows フォルダーと Windows 名前です、Windows のフォルダー。

Office 2003 ポリシー テンプレートをローカル コンピューター ポリシーに読み込む方法

グループ ポリシー スナップインを使用して Office 2003 のポリシーを設定するのにはOffice ポリシー テンプレート (.adm ファイル)。ポリシーを設定した後、特定のグループ ポリシー オブジェクトを Windows が自動的にポリシーを実装します。ユーザーのコンピューターにします。

Office 2003 ポリシーをローカルにロードするのにはコンピューター ポリシーは、次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 gpedit.msc 続いて と入力して ボックスで、クリックして、 ].
  2. [ユーザーの構成を右クリックして管理用テンプレート、ポイント すべてのタスク,プロパティ [テンプレートの追加と削除.
  3. で、 [テンプレートの追加と削除 ダイアログ ボックス、クリック 追加.
  4. で、 ポリシー テンプレート ダイアログ ボックス、クリックして追加しをクリックする、Office 2003 ポリシー テンプレートと入力して.

    Office 2003 ポリシー テンプレート内にある、パス\Winnt\Inf フォルダーを場所 パス Windows のドライブの場所です。フォルダーと Winnt Windows がフォルダー名ではインストールされています。
  5. で、 [テンプレートの追加と削除 ダイアログ ボックス、クリック 閉じる.
  6. で、 ツリー タブの グループポリシー ウィンドウを展開 管理用テンプレート[ユーザーの構成.
  7. 手順で追加した Office 2003 ポリシーを展開し5。
目的、Office 2003 ユーザー ポリシーを設定する準備ができましたローカル コンピューター ポリシーでは。

参照

ユーザーの構成を管理する方法についてポリシーは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ユーザーの構成をポリシーによって管理します。
マイクロソフトでグループ ポリシーを使用する方法についてWindows Server 2003 には、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/techinfo/overview/gpintro.mspx
に関する情報をマイクロソフトでグループ ポリシーを使用する方法Windows 2000 では、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/library/Bb742376.aspx
インストールし、ソフトウェアを管理する方法についてグループ ポリシーでは、ベースのアプリケーションは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
グループ ポリシーを使用して、Office を展開するには
グループ ポリシーによるエンタープライズ管理については管理コンソールは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/gpmc/default.mspx

プロパティ

文書番号: 826170 - 最終更新日: 2012年5月24日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kbgrppolicyinfo kbarttyperoadmap kbdeployment kbfunctions kbmt KB826170 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:826170
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com