Office の [ファイルを開く] および [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [マイ プレース] バーをカスタマイズする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 826214 - 対象製品
この資料は、これまでに公開されていた文書番号 282087 の資料を統合したものです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows 2000、Windows XP、または Windows Server 2003 にインストールされている Microsoft Office の [マイ プレース] バーをカスタマイズする方法について説明します。[マイ プレース] バーは、Microsoft Office プログラムの [ファイルを開く] ダイアログ ボックスおよび [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウに表示されます。

[マイ プレース] バーでは、以下のカスタマイズを行うことができます。

[マイ プレース] バーに項目を追加する方法

Office 2002 または Office 2003 で [マイ プレース] バーに項目を追加するには、次の手順を実行します。
  1. Office プログラムで、[ファイル] メニューの [開く] をクリックします。
  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスの内容ウィンドウで、追加する項目を選択します。たとえば、[ファイルの場所] ボックスの一覧で [マイ ドキュメント] をクリックし、内容ウィンドウで [マイ ピクチャ] をクリックします。
  3. [ツール] をクリックし、[[マイ プレース] に追加] をクリックします。
Office 2007 で [マイ プレース] バーに項目を追加するには、次の手順を実行します。
  1. 2007 Office プログラムで、Microsoft Office ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    Microsoft Office ボタン
    をクリックし、[開く] をクリックします。
  2. [開く] ダイアログ ボックスで、[マイ プレース] バーにショートカットを作成するドライブ、フォルダ、またはインターネット上の場所をクリックします。
  3. [マイ プレース] バーの既存のショートカットの下にある空白の領域を右クリックし、[folder name を追加] をクリックします。新しいショートカットが [マイ プレース] バーの下部に表示されます。
: [マイ プレース] バーには、256 項目まで追加できます。

[マイ プレース] バーから項目を削除する方法

Office 2002 または Office 2003 で [マイ プレース] バーから項目を削除するには、次の手順を実行します。
  1. Office プログラムで、[ファイル] メニューの [開く] をクリックします。
  2. [マイ プレース] バーで、削除する項目を右クリックして、[削除] をクリックします。
Office 2007 で [マイ プレース] バーから項目を削除するには、次の手順を実行します。
  1. 2007 Office プログラムで、Microsoft Office ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    Microsoft Office ボタン
    をクリックし、[開く] をクリックします。
  2. [開く] ダイアログ ボックスで、削除する項目を右クリックして、[削除] をクリックします。
: [マイ プレース] バーに表示される次のデフォルトの項目に対して、削除または名前の変更を行うことはできません。

Office 2007
  • 最近使ったドキュメント
  • デスクトップ
  • マイ ドキュメント
  • マイ コンピュータ
  • マイ ネットワーク
  • 信頼できるテンプレート
Office 2003
  • 最近使ったドキュメント
  • デスクトップ
  • マイ ドキュメント
  • マイ コンピュータ
  • マイ ネットワーク
Office XP
  • 履歴
  • マイ ドキュメント
  • デスクトップ
  • お気に入り
  • マイ ネットワーク
これらの項目を [マイ プレース] バーに表示しないようにすることはできます。標準のプレースを非表示にする方法の例については、「レジストリ エントリの関連情報」を参照してください。

: コンピュータに Office 2007 プログラムをインストールしている場合、[マイ プレース] バーから [信頼できるテンプレート] 項目を削除したり、非表示にしたりすることはできません。この項目は Office 2007 の組み込み項目です。

[マイ プレース] バーの項目の名前を変更する方法

Office 2002 または Office 2003 で [マイ プレース] バーの項目の名前を変更するには、次の手順を実行します。
  1. Office プログラムで、[ファイル] メニューの [開く] をクリックします。
  2. [マイ プレース] バーで、該当する項目を右クリックし、[名前の変更] をクリックします。
  3. [プレース名の変更] ダイアログ ボックスで、名前を入力して、[OK] をクリックします。
Office 2007 で [マイ プレース] バーの項目の名前を変更するには、次の手順を実行します。
  1. 2007 Office プログラムで、Microsoft Office ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    Microsoft Office ボタン
    をクリックし、[開く] をクリックします。
  2. [マイ プレース] バーで、該当する項目を右クリックし、[名前の変更] をクリックします。
  3. [名前の変更] ダイアログ ボックスで、名前を入力し、[OK] をクリックします。

[マイ プレース] バーの項目を並べ替える方法

Office 2002 または Office 2003 で [マイ プレース] バーの項目を並べ替えるには、次の手順を実行します。
  1. Office プログラムで、[ファイル] メニューの [開く] をクリックします。
  2. [マイ プレース] バーで、移動する項目を右クリックして、[上へ移動] または [下へ移動] をクリックします。
Office 2007 で [マイ プレース] バーの項目を並べ替えるには、次の手順を実行します。
  1. 2007 Office プログラムで、Microsoft Office ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    Microsoft Office ボタン
    をクリックし、[開く] をクリックします。
  2. [マイ プレース] バーで、移動する項目を右クリックして、[上へ移動] または [下へ移動] をクリックします。

[マイ プレース] バーのアイコンのサイズを変更する方法

Office 2002 または Office 2003 で [マイ プレース] バーの項目のアイコンのサイズを変更するには、次の手順を実行します。
  1. Office プログラムで、[ファイル] メニューの [開く] をクリックします。
  2. [マイ プレース] バーの空白の領域を右クリックして、[小さいアイコン] または [大きいアイコン] をクリックします。
Office 2007 で [マイ プレース] バーの項目のアイコンのサイズを変更するには、次の手順を実行します。
  1. 2007 Office プログラムで、Microsoft Office ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    Microsoft Office ボタン
    をクリックし、[開く] をクリックします。
  2. [マイ プレース] バーの空白の領域を右クリックして、[小さいアイコン] または [大きいアイコン] をクリックします。

レジストリを編集してデスクトップ項目を非表示にする方法

重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを編集する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


システム レジストリを変更すると、[マイ プレース] バーのデフォルトのアイコンを非表示にできます。

: [マイ プレース] バーには、常に 1 つ以上のアイコンを表示する必要があります。[マイ プレース] バーのすべてのデフォルト アイコンを削除しようとすると、[デスクトップ] アイコンが残ります。カスタム アイコンを 1 つ追加すると、そのカスタム アイコンが [デスクトップ] アイコンの代わりに表示されます。[マイ プレース] バーで [デスクトップ] 項目を非表示にするには、次の手順を実行します。
  1. Office プログラムをすべて終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のサブキーを展開します。

    Office 2007
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Common\Open Find\Places\StandardPlaces
    Office 2003
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Common\Open Find\Places\StandardPlaces
    Office XP
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Common\Open Find\Places\StandardPlaces
  4. [ファイル] メニューの [エクスポート] をクリックします。
  5. [レジストリ ファイルのエクスポート] ダイアログ ボックスで、[ファイル名] ボックスに Export to Office と入力して、[保存] をクリックします。
  6. [Desktop] キーをクリックします。
  7. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  8. [新しい値 #1] ボックスに Show と入力し、Enter キーを押します。
  9. [Show] を右クリックして、[修正] をクリックします。
  10. [DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスの [値のデータ] ボックスに 0 と入力し、[OK] をクリックします。
  11. レジストリ エディタを終了します。

レジストリ エントリの関連情報

[マイ プレース] バーのエントリは、次のレジストリ キーに含まれています。

Office 2007
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Common\Open Find\Places
Office 2003
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Common\Open Find\Places
Office XP
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Common\Open Find\Places
Places キーには次の 2 つのサブキーが含まれます。
  • StandardPlaces
  • UserDefinedPlaces

StandardPlaces サブキー

このサブキーには、[マイ プレース] バーに表示される次の 5 つのデフォルト項目に対応する 5 つのキーが含まれます。
元に戻す全体を表示する
キーの名前 マイ プレースの項目
Desktop デスクトップ
MyComputer マイ コンピュータ
MyDocuments マイ ドキュメント
Publishing マイ ネットワーク
Recent 履歴

UserDefinedPlaces サブキー

このサブキーには、[マイ プレース] バーに追加された項目に対応するキーが含まれます。次の表に示すキーは、UserDefinedPlaces サブキーに含まれるキーの例です。
元に戻す全体を表示する
キーの名前 マイ プレースの項目
Place0 最初に追加したプレース
Place1 2 番目に追加したプレース
Place2 3 番目に追加したプレース

StandardPlaces キーおよび UserDefinedPlaces キーの両方に含まれるキーでは、以下の値を使用できます。
元に戻す全体を表示する
名前 種類 データ オプション
View DWORD {1=一覧、2=詳細、3=概要、4=プレビュー}
ArrangeBy DWORD {1=名前、2=種類、3=サイズ、4=日付}
SortAscending DWORD 昇順と降順の両方で並べ替えるブール値
Index DWORD [マイ プレース] バーでの相対位置
Show DWORD 標準のプレースを非表示にするには、ゼロに設定

関連情報

Windows Vista の [マイ プレース] バーをカスタマイズする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
926167 Windows Vista で、共通のファイル ダイアログ ボックスおよびエクスプローラの [お気に入りリンク] ボックスの一覧をカスタマイズする方法

プロパティ

文書番号: 826214 - 最終更新日: 2008年4月10日 - リビジョン: 7.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Access 2003
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Office FrontPage 2003
  • Microsoft Office Publisher 2003
  • Microsoft Office Word 2003
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft Publisher 2002 Standard Edition
  • Microsoft Word 2002
  • Microsoft Office Visio Professional 2007
  • Microsoft Office Visio Standard 2007
  • Microsoft Office Publisher 2007
  • Microsoft Office Project Professional 2007
  • Microsoft Office Project Standard 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2007 with Business Contact Manager
  • Microsoft Office OneNote 2007
  • Microsoft Office Excel 2007
キーワード:?
kbhowtomaster KB826214
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com