[PUB2003] Publisher 2003 で使用できるように Adobe Acrobat Distiller を構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 826360 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Publisher 2003 で使用できるように Adobe Acrobat Distiller を構成し、Publisher 2003 文書からプリプレス用の PDF (Portable Document Format) ファイルを作成する方法について説明します。この資料の手順を実行することにより、Publisher 2003 で Adobe Acrobat Distiller を使用するときに発生する可能性の高い 3 つの PostScript エラーを回避することができます。

: この資料の手順は、Adobe Acrobat 6.0 固有のものです。Adobe Acrobat の別のバージョンを使用している場合は、メニューやコマンドの名前の一部が異なる可能性がありますが、全体的な手順は同じです。

詳細

Publisher 2003 で使用できるように Adobe Acrobat Distiller を構成するには、次の 2 つの操作を行う必要があります。
  • Publisher 2003 で正しく動作するように Adobe PDF プリンタ ドライバを設定します。

    および
  • Adobe Acrobat Distiller のジョブ オプション (.joboptions) ファイルを作成します。

Publisher 2003 で動作するように Adobe PDF プリンタ ドライバを設定する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンタと FAX] をクリックします。
  2. [Adobe PDF] アイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [デバイスの設定] タブをクリックします。
  4. [グレー グラフィックスを PostScript グレーに変換する] 設定を [いいえ] に変更します。
  5. [グレー テキストを PostScript グレーに変換する] 設定を [いいえ] に変更します。
  6. [全般] タブをクリックします。
  7. [印刷設定] をクリックします。
  8. [Adobe PDF 設定] タブをクリックします。
  9. [フォントを送信しない] チェック ボックスをオフにします。
  10. [レイアウト] タブをクリックします。
  11. [詳細設定] をクリックします。
  12. [TrueType フォント] 設定を [ソフト フォントとしてダウンロード] に変更します。
  13. [OK] を 3 回クリックして [Adobe PDF のプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。

Adobe Acrobat Distiller のジョブ オプション ファイルを作成する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントして、[Adobe Distiller 6.0] をクリックします。
  2. [デフォルト設定] ボックスの一覧の [Press Quality] をクリックします。
  3. [設定] メニューの [Adobe PDF 設定の編集] をクリックします。
  4. [フォント] タブをクリックします。
  5. [埋め込めなかったときの処理] ボックスの一覧の [警告した後続行する] をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。
  7. [Adobe PDF 設定に名前を付けて保存] ダイアログ ボックスに新しい .joboptions ファイルの名前を入力し、[保存] をクリックします。

Publisher 2003 と Acrobat Distiller を使用して PDF を作成する

Publisher 2003 で使用できるように Adobe Acrobat Distiller を構成し、Adobe Acrobat Distiller のジョブ オプション (.joboptions) ファイルを作成したら、Publisher 2003 と Adobe Acrobat Distiller を使用して PDF ファイルを作成することができます。
  1. PDF ファイルに変換する Publisher 2003 文書を開きます。
  2. [ツール] メニューの [プリプレス ツール] をポイントして、[カラー印刷] をクリックします。
  3. Publisher 2003 文書をスポット カラーとして印刷する場合、それらのスポット カラーが定義されていることを確認します。
  4. [カラー印刷] ダイアログ ボックスの設定を確認したら、[OK] をクリックします。
  5. [ファイル] メニューの [ページ設定] をクリックします。
  6. ページ サイズの設定を確認し、[プリンタと用紙] タブをクリックします。
  7. [名前] ボックスの一覧の [Adobe PDF] をクリックします。
  8. [用紙サイズ] ボックスの一覧で適切な用紙サイズをクリックします。
  9. [レイアウト] タブをクリックします。
  10. 用紙サイズ設定が正しいことを確認します。ジョブが小冊子またはマルチアップ ジョブ (複数の用紙に分割して印刷するジョブ) である場合、このダイアログ ボックス内のコントロールを使用してページの組付けを設定できます。
  11. ページ設定を正しく設定したら、[OK] をクリックします。
  12. [ファイル] メニューの [印刷] をクリックします。
  13. [ファイルへ出力] チェック ボックスをオンにします。
  14. [印刷の詳細設定] をクリックします。
  15. [出力] ボックスの一覧で [簡易カラー校正用 CMYK]、[分版]、[簡易カラー校正用グレースケール] のうちいずれか適切な設定をクリックします。
  16. [ページ設定] タブをクリックし、出力する印刷用マークをクリックします。
  17. [OK] をクリックします。
  18. メッセージが表示されたら、ファイルを保存するフォルダをクリックし、PostScript ファイル用のファイル名を入力して、このファイルを保存します。
  19. Adobe Acrobat Distiller を起動します。
  20. [ファイル] メニューの [開く] をクリックします。
  21. [開く] ダイアログ ボックスで、手順 18. で作成した PostScript ファイルを検索して、[開く] をクリックします。
: 簡易カラー校正用 CMYK や分版は、直接 Adobe PDF プリンタ ドライバには出力できません。PostScript ファイルに出力してから、そのファイルを Adobe Acrobat Distiller で開く必要があります。これは Adobe Acrobat Distiller 4.0 以降での問題であり、バージョン 3.0 では、Adobe PDF 以外の変換プログラムと同様、正しく動作します。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
822978 Publisher 2003: Prepress: "Font Not Found" Error in Acrobat Distiller

823135 "OffendingCommand: Exch" Error Message When You Print As Composite CMYK
この資料に記載されているサードパーティ 製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 826360 (最終更新日 2003-08-21) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 826360 - 最終更新日: 2003年12月3日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Publisher 2003
  • Microsoft Office Publisher 2003 with Digital Imaging
キーワード:?
kbpostscript kbprepress kbprint kbhowto KB826360
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com