Office セットアップ問題をトラブルシューティングするには、セットアップ ログを使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 826511 - 対象製品
Microsoft Office XP 版のこの資料には、次を参照してください。 296603.

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Office セットアップの問題のトラブルシューティングを行うには、Microsoft Office のインストール ログ ファイルを使用する方法について手順を追って説明します。

時折、Office セットアップで問題が発生し、エラー メッセージが表示されないことがあります。場合でも、エラー メッセージが表示されたらは、ツールの 1 つとして、問題を特定するインストール ログ ファイルを使用する必要があります。

この資料で Office のインストール ログ ファイルの情報を解釈する、いくつかのテクニックについて説明します。トピックは、各テクニックの使用順に表示されます。この資料は、発生するすべての状況については説明しませんが、いくつかの例が、セットアップ ログ ファイルを解釈することによりセットアップの問題が解決する場所について説明します。

インストール時のエラーに関連する多くの資料、マイクロソフト サポート技術には、ログのファイルを同じ問題が発生している資料を確認のセクションも含まれます。

ログ ファイルを作成する方法

Office のセットアップ、\Temp フォルダーにログ ファイルが自動的に作成されます。ログ ファイルは、次のような名前があります。
元に戻す全体を表示する
ログ ファイルログ ファイル名
Setup.exeMicrosoft Office Setup(####).txt
Windows インストーラー (システム ファイル アップデート)Microsoft Office Setup(####)_Task(0001).txt
Windows インストーラー (Office インストール)Microsoft Office Setup(####)_Task(0002).txt
ログ ファイル名内の #### 文字は、0001 から始まる数値です。それらは、セットアップ プログラムを実行するたびに 1 つずつ増加します。したがって、番号が最大のログ ファイルが、セットアップを実行した最新の時間のログファイルです。

メモ Office インストールの Microsoft Windows インストーラーのログ ファイルのみにする必要があります。このような状況では、Office インストールの Windows インストーラー ログ ファイルは Task(0001) の Task(0002) ではなく、ログ ファイルに追加されます。

ログ ファイルを解釈する方法

発生している問題によっては、セットアップ ログ ファイル、または Office インストールの Windows インストーラー ログ ファイルを表示する必要があります。

セットアップ ログ ファイル

Setup.exe が実行するタスクの数は、次のようなタスクに限られているために、Setup.exe ファイルのログ ファイルが非常に短い。
  • Setup.ini ファイルを読み取る。
  • Windows インストーラーに渡されるプロパティやスイッチの持ってのコマンド行を解析します。よくある間違いは、コマンドラインで以下のように。
    変換 =パス\ファイル名を変換します。.mst
    コマンド ・ ラインでこれを使用して、エラー messageduring が、インストールは生成されませんが、トランス フォームは、インストールには適用されません。正しいコマンドラインです。
    変換 =パス\ファイル名を変換します。.mst
    Setup.exe のログ ファイルには、コマンド ・ ラインにはインストールするための youspecified が含まれますは、前の例で示すようログ ファイル fortypographical のエラーをチェックする必要があります (みなさ"s"は、最初のコマンドラインで"Transform"の最後に表示されない)。
  • 正しいのオペレーティング システムとサービス packare は使用されていることを確認します。
  • Msi.dll ファイルのバージョンを確認します。
  • Instmsi (w) .exe ファイルを windows インストーラーのインストールを開始します。
  • インストールされているベータ版の Office について確認する。
  • Tahoma および TahomaBDfonts のバージョンを確認します。
既定では、セットアップは Office では、CD または圧縮 CD イメージから Office をインストールする場合にのみ、ローカル インストール ソースを作成します。ローカル コンピューターに十分なハード_ディスクの空き領域が存在する場合は、デフォルトでインストール ソース全体がキャッシュされます。Windows インストーラーでは、このローカル インストール ソースを使用して Office をインストールして、ローカル インストール ソースが修復、再インストール、または Office の更新を後で使用します。ユーザーは、オンデマンド機能のインストールまたは新機能を追加するには、メンテナンス モードでセットアップを実行できます。セットアップは、既定では、ローカル インストール ソースを作成、ためにはその他のオプションを設定する必要はありません。ローカル インストール ソースをユーザーのコンピューターの隠しフォルダーに作成されます。

ドライブ\Msocache\Downloadcode

既定では、セットアップは Office のソース全体をキャッシュします。ユーザーのコンピューターが十分なディスク領域を持たない場合は、選択した機能のみのインストール ファイルがキャッシュされます。インストールが完了した後、ローカル インストール ソースは保持されます。

セットアップ ログに、次の情報が含まれます。
  • \MSOCACHE フォルダーにコピーされるファイルの一覧:
    Files to Download:
    File: FILES\WINDOWS\INF\AER_1033.ADM (DW20.ADM_1033)
    File: FILES\PFILES\COMMON\MSSHARED\DW\DW20.EXE (DW20.EXE_0001)
    File: FILES\PFILES\COMMON\MSSHARED\DW\DWDCW20.DLL (DWDCW20.DLL)
    File: FILES\PFILES\COMMON\MSSHARED\DW\1033\DWINTL20.DLL (DWINTL20.DLL_0001_1033)
    File: FILES\PFILES\COMMON\MSSHARED\DW\DWTRIG20.EXE (DWTRIG20.EXE)
    File: FILES\PFILES\MSOFFICE\OFFICE11\OCLEAN.DLL (OCLEAN.DLL_1033)
    File: FILES\PFILES\MSOFFICE\OFFICE11\OCLNCORE.OPC (OCLNCORE.OPC_1033)
    File: FILES\PFILES\MSOFFICE\OFFICE11\OCLNCUST.OPC (OCLNCUST.OPC_1033)
    File: FILES\PFILES\MSOFFICE\OFFICE11\1033\OCLNINTL.OPC (OCLNINTL.OPC_1033)
    File: FILES\PFILES\MSOFFICE\OFFICE11\OFFCLN.EXE (OFFCLN.EXE_1033)
    File: FILES\SETUP\OSE.EXE (OSE.EXE)
    File: PRO11.MSI (PRO11.MSI)
    File: FILES\PFILES\MSOFFICE\OFFICE11\1033\PSS10O.CHM (PSS10O.CHM_1033)
    File: FILES\PFILES\MSOFFICE\OFFICE11\1033\PSS10R.CHM (PSS10R.CHM_1033)
    File: FILES\PFILES\MSOFFICE\OFFICE11\1033\SETUP.CHM (SETUP.CHM_1033)
    File: SKU011.XML (SKU011.XML_0002_1033)
    File: A2561405.CAB (A2561405.CAB)
    File: A3561405.CAB (A3561405.CAB)
    File: A4561405.CAB (A4561405.CAB)
    File: AV561403.CAB (AV561403.CAB)
    File: CC561401.CAB (CC561401.CAB)
  • ローカル インストール ソースの設定の確認:
    Using Local Cache Drive of already installed product: C:\.
    Found enough space on drive "C:\" to cache all feature cabinets.
    (CDCACHE=AUTO) - There is enough space to cache some or all of the image.  Drive for this download is C:\
  • 完了したタスクの確認:
    Package was: E:\5614.0_o11pro_CBXS_ENG\PRO11.MSI.
    Setting Package to: C:\MSOCache\All Users\90000409-6000-11D3-8CFE-0150048383C9\PRO11.MSI.
    Done with CD Caching, cached MSI to: C:\MSOCache\All Users\90000409-6000-11D3-8CFE-0150048383C9\PRO11.MSI
ローカル インストール ソース機能に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
830168 質問については、ローカル インストール ソース機能を頻繁に要求します。

コマンド ライン プロパティ スイッチを使用するいるとの問題と思われる、これらの項目は、セットアップ ログ ファイルにも表示されます。たとえば、次のコマンドラインを使用してセットアップを実行するには
f:\Setup.exe の [得意先名] =「会社」/qb
セットアップ ログには、次のテキストが含まれています。
Launch Setup 
9/22/03 1:49:46 PM 
companyname="my company" /qb
Detected Windows Info:
  PlatformId = 2
  MajorVersion = 4
  MinorVersion = 0
Setup path: \\server\share\2003_Admin\SETUP.EXE
Adding property...companyname="my company"

Recognized command line switch: /qb
- と -
Office-specific properties added: companyname="my company"
General properties added: LAUNCHEDFROMSETUP=1 SETUPEXEPATH=\\server\share\2003_Admin\ 
Writing Task:
D:\WINNT\System32\msiexec.exe
 /I \\server\share\2003_Admin\PRO11.MSI
 METRICSSOURCE="\\server\share\2003_Admin companyname=""my company"" /qb"
 companyname="my company" LAUNCHEDFROMSETUP=1 
SETUPEXEPATH=\\server\share\2003_Admin\  /qb
メモ これらのコマンド ライン スイッチとプロパティ。 Setup.exe は実際には使用しません。単に Msiexec.exe ファイル (Windows インストーラー) にそれらを渡します。

Setup.exe のログ ファイルには、次のようなテキストで終わる場合 (リターン コード: 1603年)、Windows インストーラーのインストール部分に問題が発生しました。
9/22/03 3:34:27 PM  Chained install return code: 1603
Shutting down chained setup processing.
Set Verbose logging for subsequent setup.
	
***** Setup exits 
9/22/03 3:34:27 PM 
(return = 1603)
この場合、Office インストールの Windows インストーラー ログ ファイルを確認する必要があります。

Windows インストーラーのログ ファイル

Windows インストーラーのログ ファイルは、セットアップ ログ ファイルよりもかなり大きくと読みやすい表示を最初にします。ただし、問題を特定する、次のガイドラインにすることができます。
  • セットアップ中に、エラー メッセージを表示する場合は、ログ ファイルでエラー番号を検索します。たとえば、受信した場合"エラー 1327"、セットアップ中に、ログで「1327」を検索します。ありますテキストをような次の。
    MSI (c) (41: 90): メモ: 1: 1327年 2: C:\
    エラー 1327年。ドライブが正しくありません: C:\
    MSI (c) (41: 90): 製品: システム ファイル アップデート - エラー 1327年。ドライブが正しくありません: C:\

    アクションの終了 15時 34分: 26: CostFinalize。値 3 を返します。
    これらのログ エントリには、キーの文字列は、無効なドライブ」です。この場合の問題は、ディスク アドミニストレーターなどのユーティリティを使用した、Windows がインストールされている場所のドライブ文字を変更することです。ドライブ文字が変更されましたが、一部のレジストリ キーは、元のドライブ文字を参照してください。
  • マイクロソフト サポート技術情報がない場合、articlethat は、特定のエラー メッセージと一致する、その報告を診断する手順します。
    1. ログ ファイルでエラー番号を検索します。
    2. エラー番号をそれぞれの行行からまで読み取られます。通常、最終的にセットアップ エラーされていると、失敗した行を参照してください。

      たとえば、ログ ファイルには、検索"エラー 2737"。次のテキストがまたは 2737年エラーの行の上に置かれています。
      MSI (c) (B7:A7): Note: 1: 2737 2: CheckCAServer 3: 
      c:\windows\TEMP\MSI82D6.TMP 4: CheckCAServer
      Info 2898. An internal error has occurred. (Tahoma8   Tahoma   1            
      )
      Error 2737. An internal error has occurred. (CheckCAServer 
        
      c:\windows\TEMP\MSI82D6.TMP   CheckCAServer            )
      MSI (c) (B7:A7): Product: Microsoft Office Professional 2003 -- Error 2737. An 
      
      internal error has occurred. (CheckCAServer   c:\windows\TEMP\MSI82D6.TMP
         
      CheckCAServer            )
      
      Action ended 9:58:55: CheckCAServer. Return value 3.
      このテキストを見て、CheckCAServer の呼び出しにセットアップが失敗したことが表示されます。
  • すべてのログ ファイルには通常は無視することができます 1 つまたは複数のエラーが含まれます。任意のログ ファイルに次のエラーが表示され、は通常、セットアップの問題を示します。
    情報 2898年。内部は errorhas が発生しました。情報技術部門・ forassistance 問い合わせてください。
    2743 の情報です。内部エラーが発生します。情報技術部門・ forassistance 問い合わせてください。
    2726 の情報です。内部エラーが発生します。情報技術部門・ forassistance 問い合わせてください。
  • 1 つのことを検索するには、"Note という"文字列です。1 つの場合でセットアップに失敗して、実際の解決方法の場合、正確にスクリーンに、2755年エラー エラー上のいくつかの行。
    MSI (s) (EC:BC): Note: 1: 2336 2: 5 3: C:\WINNT\Installer\ 
    MSI (s) (EC:BC): MainEngineThread is returning 1632
    MSI (c) (F8:F4): Note: 1: 2755 2: 1632 3: \\server\share\2003_Admin\PRO11.MSI 
    Error 2755. An internal error has occurred. (1632   \\server\share\2003_Admin\PRO11.MSI
                   ) Contact your
    Information Technology department for assistance.
    この例では、次の 2 行は、\Winnt\Installer フォルダーのアクセス許可に問題を示します。
    MSI (s) (EC:BC): Note: 1: 2336 2: 5 3: C:\WINNT\Installer\ 
    MSI (s) (EC:BC): MainEngineThread is returning 1632
    このフォルダーのアクセス許可が修正した後、2755年エラーは発生しませんでした。

    メモ 「1632」を含む行は、係数を決定する thisissue のアクセス許可を処理します。

    メモ "Note"を含むログ エントリで、「注意」は、Windows インストーラー エラーに直接マップできます 4 桁の番号 thatfollows、サポート技術情報の記事 arelisted はその引用この資料の前半で。
  • 検索では、ログ ファイルが別の文字列"戻り値 3"です。または、エラー番号がログ ファイルで「戻り値 3」を探して、これは明らかにここでは、領域に注意してくださいしない場合、トラブルシューティングを tofocus に最適です。セットアップ中に、アクションが実行されるときにアクションがログ ファイルに記録されます。アクションを完了すると、戻り値が、その後に記載されています。ただし、操作が失敗した場合は、戻り値になります 3 戻り値が 1 の場合は、アクションが成功しました。
    Action start 9:56:45: SetW2kMill_WFP.
    Action ended 9:56:45: SetW2kMill_WFP. Return value 1.
    MSI (c) (B7:A7): Doing action: CheckCAServer
    Action start 9:56:45: CheckCAServer.
    MSI (c) (B7:A7): Creating MSIHANDLE (3) of type 790542 for thread -183129
    MSI (c) (B7:A7): Closing MSIHANDLE (3) of type 790542 for thread -183129
    MSI (c) (B7:A7): Note: 1: 2737 2: CheckCAServer 3: 
    c:\windows\TEMP\MSI82D6.TMP 4: CheckCAServer
    Info 2898. An internal error has occurred. (Tahoma8   Tahoma   1            
    )
    Error 2737. An internal error has occurred. (CheckCAServer   
    c:\windows\TEMP\MSI82D6.TMP   CheckCAServer            )
    MSI (c) (B7:A7): Product: Microsoft Office Standard 2003 -- Error 2737. An 
    internal error has occurred. (CheckCAServer   c:\windows\TEMP\MSI82D6.TMP   
    CheckCAServer            )
    		
    Action ended 9:58:55: CheckCAServer. Return value 3.
    この場合は、SetW2kMill_WFP 操作に成功したら、戻り値は 1 であるためです。ただし、次のアクションの CheckCAServer は、failsbecause の戻り値は 3 です。
  • ログ ファイルを確認するときに表示されない"Note"、"戻り値 3"、または、エラー番号。代わりに、テキストが表示には、次のことも。
    MSI (c) (A5:65): Looking for file transform: c:\test.mst
    MSI (c) (A5:65): Note: 1: 2203 2: c:\test.mst 3: -2147287038 
    MSI (c) (A5:65): Couldn't find cached transform c:\test.mst. Looking for it at the source.
    MSI (c) (A5:65): Looking for file transform: \\server\share\2003_ADMIN\test.mst
    MSI (c) (A5:65): Note: 1: 2203 2: \\server\share\2003_ADMIN\test.mst 3: -2147287038 
    MSI (c) (A5:65): Note: 1: 2729 
    1: 2203 2: \\server\share\2003_ADMIN\test.mst 3: -2147287038 
    Error applying transforms.  Verify that the specified transform paths are valid.
    \\server\share\2003_ADMIN\test.mst
    MSI (c) (A5:65): MainEngineThread is returning 1624
    この場合は、セットアップ問題が atransform、適用するトランス フォームで指定した、path(C:\test.mst) が見つからないためです。そのため、セットアップは Office ソースの場所、アプリケーションにトランス フォームを検索するもしようとします。Eitherplace で、トランス フォームが見つからない、インストールが停止します。

詳細ログ ファイル

「Windows インストーラーのログ ファイル」セクションに記載されているすべてテクニックは、詳細ログ ファイルに対して使用できます。ただし、詳細ログはセットアップ時間が増加します。のみ、既定のログ ファイルでは診断できないセットアップの問題がある場合は、詳細ログを使用します。
  • 詳細ログ ファイルを生成します。

    最初に Office が冗長 loggingis を使用しないセットアップ エラーが発生したかどうかのインストール、2 番目のインストールの詳細ログ ファイルを作成しようとします。ただし、ログ オプションを使用したこれらの詳細ログ ファイルを theWindows インストーラーに使用可能なすべてのオプションことはできません。すべてのログ オプションをさらに詳細な Windows インストーラー ログ ファイルを作成する場合は、使用できます、*スイッチv パラメーターを組み合わせる。

    メモ 作成できます、詳細ログ ファイルがのようなコマンドラインを使用して Office をインストール anadministrative を実行している間、次の。
    パス\setup.exe/a パス\Pro11.msi/L * v C:\Verboselog.txt
    セットアップが応答を停止した場合の診断

    Office セットアップ応答を停止 (ハング)、し、ライタがエラー メッセージを表示されません。このような状況で行うには、最善の torestart を自分のコンピューターが Office セットアップを再度実行 (とその他のオプションの 1 つ) の完全な詳細な loggingturned と。これには、Office セットアップを開始します。これを行うに以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    2. [名前] ボックスに、次のコマンドラインを入力し、[ OK] をクリックします。
      パス\Setup.exe/L * v!C:\Verboselog.txt
      注意してください。 Path Office のソースの場所の完全パスです。
    通常、19 行分のログ情報は、詳細ログ ファイルに書き込まれる前にキャッシュのパーマネントは。使用しない場合は、! オプション、 /Lスイッチを失う可能性があります、キャッシュした情報またはすべてのキャッシュの情報は、セットアップが停止した場合。使用するかどうかは、!オプションで、mostyou が失われる、1 つの行は、!オプションは、セットアップ ログ ファイルの 1 行 (キャッシュ情報がありません) に logginginformation を記述します。

    詳細ログ ファイルを作成した後は、endand を見て、1 つまたは 2 つの最後の行をスクロールします。これらの行は、停止した場合にどのようなセットアップの wastrying を説明します。たとえば、テキストには、次のようなを参照して可能性があります。
    ComponentRegister(ComponentId={71CE92CC2CB71D119A12000A9CE1A22A},
    KeyPath=C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web
    Components\11\1033\OWCDCH11.CHM,State=3,,Disk=1,SharedDllRefCount=0)
    1: {90170409-6000-11D3-8CFE-0050048383C9} 2:
    {71CE92CC2CB71D119A12000A9CE1A22A} 3: C:\Program Files\Common
    Files\Microsoft Shared\Web Components\11\1033\OWCDCH11.CHM
    これには (Windows レジストリ内のキーのパスは OWCDCH11.CHM (71CE92CC2CB71D119A12000A9CE1A22A)、コンポーネントの登録に問題があることを示します。

    この particularissue の解像度は Setupagain の Office を実行する前に、Windows のレジストリを修復することです。

    別のケースでは、ログ ファイルに次のようなテキストを表示あります。
    MSI (c) (EB:1F): Doing action: OPCRemove
    Action start 11:42:57: OPCRemove.
    MSI (c) (EB:1F): Creating MSIHANDLE (504) of type 790542 for thread -194273
    これは、Office の RemovalWizard 動作上の問題を示します。Office セットアップがある problemremoving は、以前のバージョンの Microsoft Office の場合は、この問題を発生可能性があります。Earlierversion の Office を削除して、Office 2003 のセットアップを再度実行しようとします。

    メモ Office セットアップは、カスタム動作の次のプレフィックスを使用します。ログ ファイルは、ユーザー設定のアクションでは、これらのプレフィックスの使用をトラブルシューティングを開始するには、問題を示します。
    • OLCA: Outlook のカスタム アクション
    • OPC: Office 削除ウィザード
    • CAG、CaMMC: 関連付けクリップ アート
    • Internet Explorer の IE。

プロパティ

文書番号: 826511 - 最終更新日: 2013年11月23日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Professional 2010
  • Microsoft Outlook 2010
  • Microsoft PowerPoint 2010
  • Microsoft Publisher 2010
  • Microsoft Access 2010
  • Microsoft Office Professional 2007
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office Publisher 2007
  • Microsoft Office Access 2007
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft Office Publisher 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office Access 2003
キーワード:?
kbtshoot kbsetup kbwindowsinstaller kbhowtomaster kbhowto kbinfo kbmt KB826511 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:826511
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com