Word 文書が破損している場合のトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 826864 - 対象製品
この資料は、これまでに公開されていた文書番号 211634 および 290932 の資料を統合したものです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

文書ファイルが壊れていると、プログラムの動作に問題が発生する場合があります。この現象は、ファイル内の情報に誤りがあることが原因で発生します。

文書の破損による損害を防止する最も効果的な方法は、文書のバックアップ コピーを作成しておくことです。この資料では、文書のバックアップ コピーがない場合に、Microsoft Word 文書の破損による問題であることを確認し、可能であれば文書を復元するためのトラブルシューティング方法を説明します。

文書が破損していることを確認する

破損した文書を使用すると、プログラムの仕様とは異なる動作が発生することがよくあります (そのような動作には、改ページ位置の自動修正が繰り返し実行される、文書のレイアウトや書式設定が誤って実行される、判読不能な文字が表示される、処理中にエラー メッセージが表示される、ファイルの読み込みや表示の際にコンピューターの応答が停止するなど、アプリケーションの通常の操作では起こりえない異常な動作があります)。これらの現象は、文書の破損以外の要因によって発生する場合もあります。

文書の破損以外の要因を除外するには、以下の手順を実行します。
  1. 他の文書で同様の現象が発生するかどうかを調べます。
  2. 他のプログラムで同様の現象が発生するかどうかを調べます。
  3. 問題の発生する文書を別のコンピューターに移動して、現象が再現するかどうかを確認します。
  4. 問題の文書に添付されているテンプレートを全文書対象のテンプレート (Normal.dot) に変更します。添付されているテンプレートが Normal.dot である場合は、Word を終了し、Normal.dot の名前を変更します。Word を再起動した後、同じ現象が再現するかどうかを確認します。

    文書に添付されているテンプレートを全文書対象のテンプレートに変更するには、次の手順を実行します。

    1. 問題の文書を開きます。
    2. [ツール] メニューの [テンプレートとアドイン] をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      2835771


    3. [文書の作成に使用するテンプレート] ボックスに Normal.dot 以外のテンプレートが表示されている場合は、[添付] をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      2835772


    4. Templates フォルダーの Normal (Normal.dot) をクリックし、[開く] をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      2835773
  5. 既定の設定で Word を起動します。/a スイッチを使用して Word を起動することにより、アドインをまったく読み込まないようにし、既存の Normal.dot テンプレートを使用しないようにすることができます。/a スイッチを使用して Word を起動した後で、現象が再現するかどうかを確認します。 スイッチの使用方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    826857 Word の起動スイッチ "/a" について
    210565 スタートアップ コマンド ライン スイッチを使用して Word 2003、Word 2002、および Word 2000 を起動する方法
  6. 別のプリンター ドライバーを使用して、現象が再現するかどうかを確認します。別のプリンター ドライバーで同様の現象が発生する場合でも、既存のプリンター ドライバーを削除して再インストールすることが必要な場合もあります。使用しているプリンター ドライバーを置き換えるには、オペレーティング システムのバージョンに応じて、次の手順を実行します。

    Microsoft Windows 2000
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[プリンター] をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      2835774


    2. 置き換えるプリンターを右クリックし、[削除] をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      2835775


    3. そのプリンターに関連付けられたファイルをすべて削除するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      2835776


    4. [プリンターのタスク] の下の [プリンターのインストール] をクリックし、プリンターの追加ウィザードの指示に従って Microsoft Windows プリンター ドライバーを再インストールします。

      元に戻す画像を拡大する
      2835777
    Microsoft Windows XP および Windows Server 2003
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[プリンターと FAX] をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      2835778


    2. 置き換えるプリンターを右クリックし、[削除] をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      2835779


    3. そのプリンターに関連付けられたファイルをすべて削除するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      2835780


    4. [プリンターのタスク] の下の [プリンターのインストール] をクリックし、プリンターの追加ウィザードの指示に従って Microsoft Windows プリンター ドライバーを再インストールします。

      元に戻す画像を拡大する
      2835781
    Microsoft Windows でプリンターの問題のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    871146 Office 製品の使用中に Windows 2000 で発生する一般的な印刷の問題のトラブルシューティング方法
    870622 Windows XP で Office プログラムからローカル プリンターに印刷する際に発生する問題のトラブルシューティング方法
    870968 Office 製品を使用する場合に Windows Server 2003 で発生する一般的な印刷の問題のトラブルシューティング方法
  7. その他のシステム コンポーネント (ビデオ ドライバーやフォントなど) を変更し、実行中のサードパーティのプログラム (常駐プログラム (TSR)、フォント マネージャー、スクリーン セーバー、システム シェルなど) をすべて無効にしてから、現象が再現するかどうかを確認します。これらのプログラムやシステム コンポーネントが実行されないようにするには、Windows をセーフ モードで起動します。 セーフ モードは、Windows ができるだけ単純な状態で起動されるようにコンピューターを起動する方法です。セーフ モードでは、破損している場合に問題を引き起こす可能性がある多くのドライバーやサポート ファイルが読み込まれません。 Windows をセーフ モードで起動する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    310353 Windows XP でクリーン ブートを実行する方法
    202485 Windows 2000 のセーフ ブート モードの説明
    Windows XP または Microsoft Windows Server 2003 をセーフ モードで起動するには、次の手順を実行します。

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[シャットダウン] をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      2835782


    2. [実行する操作を選んでください] ボックスの一覧の [再起動] をクリックし、[OK] をクリックします (必要に応じて、コンピューターをシャットダウンする理由を選択します)。

      元に戻す画像を拡大する
      2835783


    3. 次のメッセージが表示されたら (または、コンピューターの起動処理中に)、F8 キーを押します。
      オペレーティング システムの選択
    4. [Windows 拡張オプション メニュー] で、方向キーを使用して [セーフ モード] を選択し、Enter キーを押します。注: テンキーの方向キーを使用するには、NumLock をオフにする必要があります。
    5. コンピューター上で他のオペレーティング システムを実行している場合は、表示される一覧で [Microsoft Windows XP] または [Microsoft Windows Server 2003] を選択し、Enter キーを押します。

強制的に Word でファイルを修復する

Microsoft Office Word 2003 および Microsoft Word 2002 ではファイルに問題が検出されると、破損している文書を自動的に修復します。Word で文書を開く際に、"強制的に" ファイルを修復することもできます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [ファイル] メニューの [開く] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835784


  2. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、目的の Word 文書を選択します。

    元に戻す画像を拡大する
    2835785


  3. [開く] ボタンの矢印をクリックし、[開いて修復] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835786
文書の修復の詳細を参照するには、[ヘルプ] メニューの [Microsoft Office Word ヘルプ] をクリックします。

元に戻す画像を拡大する
2835787


[検索] ボックスに「修復」と入力します。

元に戻す画像を拡大する
2835788


文書を開くことはできるが、動作が異常な場合の対処方法

文書を別のファイル形式で保存してから Word 形式に変換し直す

この方法は、文書を完全に近い状態で修復できる最善の方法です。必ずこの方法を最初に試してください。

問題の文書を別のファイル形式で保存します。[リッチ テキスト形式 (RTF) (*.rtf)] または [Web ページ (*.htm; *.html)] のどちらかの形式で文書を保存します。これらの形式では、Word 文書内の書式設定が保持されます。

文書を別のファイル形式で保存したら、文書を閉じ、再度 Word で開いて、[Word 文書 (*.doc)] として保存します。この方法が成功すると、ファイルの破損箇所は変換中に除去されます。

破損した箇所が残っている場合は、さらに別のファイル形式で保存します。 記載されている順に、以下のファイル形式で文書を保存します。
  • リッチ テキスト形式 (RTF)
  • Web ページ (*.htm、*.html)
  • その他のワープロ形式
  • 書式なし (.txt)

    注: ファイルを [書式なし (*.txt)] の形式で保存すると、文書の破損の問題が解決することがありますが、文書の書式、グラフィック、およびマクロ コードはすべて失われます。ファイルを [書式なし (*.txt)] の形式で保存した場合は、書式を設定し直す必要があります。そのため、[書式なし (*.txt)] の形式での保存は、他のファイル形式で問題が解決されない場合にのみ実行してください。

最後の段落記号を除いたすべての部分を新しい文書にコピーする

Word では、セクションの書式やスタイルの書式などの書式が最後の段落記号に関連付けられます。

最後の段落記号を除くすべてを新しい文書にコピーすることで、元の文書の壊れていない部分だけを取り出せる場合があります。

新しい文書で、セクションの書式およびスタイルの書式を適用し直します。

: 最後の段落記号を除くすべてを選択するには、次の手順を実行します。
  1. Ctrl + End キーを押し、次に Ctrl + Shift + Home キーを押します。
  2. 文書にセクション区切りが含まれている場合は、セクション区切りの間のテキストのみをコピーします。セクション区切りをコピーすると新しい文書に破損部分がコピーされる可能性があるため、セクション区切りはコピーして貼り付けないようにします。 セクション区切りがコピーされないようにするため、文書間でコピーと貼り付けを行う際には下書きモードで Word 文書を表示することをお勧めします。下書きモードに切り替えるには、[表示] メニューの [下書き] をクリックします。

文書の破損していない部分を新しい文書にコピーする

文書内の破損部分を特定できる場合は、破損した部分を除くすべての内容を新しいファイルにコピーしてから、破損した部分を作成し直します。

注: 文書にセクション区切りが含まれている場合は、セクション区切りの間のテキストのみをコピーします。セクション区切りをコピーすると新しい文書に破損部分がコピーされる可能性があるため、セクション区切りをコピーして貼り付けないようにします。

文書を開けない場合の対処方法

文書を開くには、いくつかの方法があります。どの方法を使用するかは、文書の破損の種類や深刻さの度合い、および発生している現象の種類によって異なります。多くの場合、以下の方法によって文書を開くことができますが、破損した文書を必ず復元できるわけではありません。

リンクを更新せずに下書きモードで Word 文書を開く

リンクを更新せずに下書きモードで文書を開くと、文書を開くことができる場合があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [表示] メニューの [下書き] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835789


  2. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835790


  3. [表示] タブの [下書きフォントで表示する] チェック ボックスと [図をイメージ枠で表示する] チェック ボックスをオンにします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835791


  4. [全般] タブで、[文書を開いたときにリンクを自動的に更新する] チェック ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835792


  5. 文書を開きます。
文書を開くことができた場合、この資料の「文書を開くことはできるが、動作が異常な場合の対処方法」に記載されている手順を使用してファイルを復元または修復できる可能性があります。

文書をファイルとして新しい文書に挿入する

Word 文書の最終段落記号には、文書に関する情報が格納されます。文書が破損している場合、この最終段落記号を取り除いて、文書のテキストを取得できる場合があります。 最後の段落記号を除く残りの部分を取得するには、以下の手順を実行します。
  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835793


  2. [白紙の文書] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835794


  3. [挿入] メニューの [ファイル] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835795


  4. [ファイルの挿入] ダイアログ ボックスで、破損したファイルをクリックし、[挿入] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835796
: 新しい文書の最後のセクションで一部の書式の再設定が必要な場合があります。

リンク先としてファイルを開く

文書の破損部分にファイル ヘッダーまたは最後の段落記号の一部が含まれている場合、そのファイルに対するリンクを作成することでファイルを開くことができる場合があります。 破損していないファイルにリンクを設定してから、リンク先を破損したファイルに変更するには、次の手順を実行します。
  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835797


  2. [白紙の文書] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835798


  3. 新しい文書に「これはテストです。」と入力し、文書を保存します。

    元に戻す画像を拡大する
    2835799


  4. テキストを選択し、[編集] メニューの [コピー] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835800


  5. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835801


  6. [白紙の文書] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835802


  7. 新しい文書で、[編集] メニューの [形式を選択して貼り付け] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835803


  8. [リッチ テキスト形式 (RTF)] をクリックし、[リンク貼り付け] をクリックし、[OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835804


  9. [編集] メニューの [リンクの設定] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835805


  10. [リンクの設定] ダイアログ ボックスで、リンクする文書のファイル名をクリックし、[リンク元の変更] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835806


  11. [リンク元の変更] ダイアログ ボックスで、開けない文書をクリックし、[開く] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835807


  12. [OK] をクリックして [リンクの設定] ダイアログ ボックスを閉じます。注: 修復可能なデータまたはテキストがある場合は、上記の手順を実行すると、破損した文書の情報が表示されます。

    元に戻す画像を拡大する
    2835808


  13. [編集] メニューの [リンクの設定] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835809


  14. [リンクの設定] ダイアログ ボックスで、[リンクの解除] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835810


  15. 次のメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    選択したリンクを解除してもよろしいですか?


    元に戻す画像を拡大する
    2835811
これで、復元された文書に書式を設定し直して、保存することができます。

ファイル修復コンバーターを使用する

ファイル修復コンバーターを使用すると、任意のファイルからテキストを抽出することができます。このコンバーターは、Word 以外のファイルにも使用できます。

ファイル修復コンバーターには制限事項があります。文書の書式設定や、テキスト以外の内容はすべて失われます。グラフィックス、フィールド、図形オブジェクトなど、テキストでない項目は失われることになります。ただし、ヘッダー、フッター、脚注、文末脚注、およびフィールド テキストは、単純なテキストとして残されます。 また、ファイル修復コンバーターを使用して文書を修復した後、主に文書の先頭や末尾の一部のバイナリ データが変換されずに残ります。ファイルの書式設定をし直して Word 文書として保存する前に、このバイナリ データは削除する必要があります。 ファイルの文字列を復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
290946 Word 2002 および Word 2003 のファイル修復コンバーターを使用してファイルからテキストを復元する方法

ワードパッドでファイルを開く

破損した文書を Word で開くことができない場合 (ファイル ヘッダーが破損している場合など) は、文書をワードパッドで開き、リッチ テキスト形式 (RTF) ファイルとして保存することにより、文書の破損部分を除外することができます。ワードパッドで .rtf ファイルとして保存すると、サポートされていない文字列はすべて除去されます。

注: 書式が一部失われます。

ワードパッドでファイルを開くには、次の手順を実行します。
  1. ワードパッドを起動します。[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835812


  2. [名前] ボックスに「wordpad」と入力し、[OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835813


  3. [ファイル] メニューの [開く] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835814


  4. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [Word for Windows (*.doc)] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835815


  5. 回復する文書をクリックし、[開く] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835816


  6. Word 文書が開きます。
  7. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835817


  8. [ファイル名] ボックスに、新しいファイル名に .rtf という拡張子を付けて入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    2835818


  9. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [リッチ テキスト形式 (*.rtf)] をクリックします。[保存] をクリックする前に、Word を再起動したときファイルをすぐに見つけられるように、ファイルの保存先を確認します。[保存] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835819


  10. [ファイル] メニューの [終了] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835820


  11. Word を再起動し、ワードパッドで保存したファイル (手順 7. で名前を指定したファイル) を開きます。
  12. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    2835821


  13. Word 文書 (.doc) 形式でファイルを保存します。

    元に戻す画像を拡大する
    2835822
これで、新しい文書に書式を再設定し、破損した文書に含まれていたグラフィックス、フィールド、その他の書式を追加できます。



Word/Excel/PowerPoint 2007 用 Microsoft Office 互換機能パックの初期バージョンの既知の問題に対処するためにファイル拡張子を変更する

Word 2007 文書 (*.docx) ファイルが、誤って Word 文書 (*.doc) のファイル拡張子を使用して保存されている場合があります。このような場合、ファイルを開こうとすると、[ファイルの変換] ダイアログ ボックスが表示されることがあります。ファイル拡張子を .docx に変更し、Word 2003 と、Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パックを使用して文書を開くと、文書は正常に表示されます。

この互換機能パックをダウンロードするには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/confirmation.aspx?id=3
詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
947444 Word 2003 Service Pack 3 以降の修正プログラム パッケージ (2007 年 12 月 17 日) について


関連情報

Word 2007 で文書が破損している場合のトラブルシューティング方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
918429 Word 2007 で文書が破損している場合のトラブルシューティング方法
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 826864 - 最終更新日: 2013年4月3日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 2002
  • Microsoft Word 2000
キーワード:?
kbnomt kbgraphxlink kbscreenshot kbbackup kbhowtomaster KB826864
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com