"サーバー上のエラー due to 同期に失敗しました"というエラー メッセージ、Exchange 2000 サーバーとモバイル デバイスを同期するとき

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 826974 - 対象製品
重要です この資料では、レジストリを変更する方法について説明します。 必ず変更する前にレジストリをバックアップしてください。 問題が発生した場合はレジストリを復元する方法を知っているを確認します。 バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft モバイル インフォメーション Server 2002 の Microsoft サーバー ActiveSync コンポーネントを使用して Exchange 2000 Server を実行しているサーバーで受信トレイ] フォルダー、予定表フォルダー、およびモバイル デバイスで連絡先フォルダーを同期するときは、モバイル デバイスで、次のエラー メッセージが表示されます。
サーバー上でエラーのため同期に失敗しました。 再試行してください。 エラー コード: HTTP_500
メモ r ことも、モバイル デバイスの同期中に eceive、MIS_5 エラーが発生します。

原因

この問題は、次のいずれかの場合に発生することがあります:
  • 統合 Windows 認証用に、Exchange 2000 コンピューターでの Exchange 仮想ディレクトリが構成されていません。
  • Kerberos は、Exchange 2000 コンピューターで無効になっています。
Microsoft モバイル インフォメーション Server 2002 に付属する Server ActiveSync コンポーネントは、Exchange 2000 コンピューターと通信するときの Kerberos 認証を使ってください。 Exchange 2000 コンピューターが統合 Windows 認証の構成されていない場合、Exchange 2000 コンピューター、401 エラー Server ActiveSync を実行している情報 Server 2002 のモバイル コンピューターに返ししサーバー ActiveSync 返します、500 エラー、モバイル デバイスにします。 サーバーの ActiveSync コンポーネント Kerberos が無効になっている場合正しくは動作しません。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. レビューは、Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) ログ ファイル、Exchange 2000 コンピューター、メールボックスが置か。 (通常は、IIS ログ ファイル フォルダーにある、WinDir \System32\Logfiles\W3svc #。) 401 エラーを探します。 どのユーザー アカウントが問題の場合は、アカウント名を検索することができます。
  2. Microsoft ネットワーク モニター ツールを使用してモバイル インフォメーション Server 2002 からのネットワーク トラフィックをキャプチャします。

    メモ すべての構成情報、携帯情報の Server 2002 と、Exchange 2000 サーバーの IP アドレスを含む場合スムーズに複数の分析収益キャプチャします。

    [ネットワーク モニターでキャプチャ, モバイル インフォメーション Server 2002 に、Exchange 2000 コンピューターからの応答を表示すると"401 アクセスは拒否されました]"という WWW 認証:: NTLM、探しての 16 進数のウィンドウで「WWW 認証:: 基本」メッセージです。 「401 アクセスの拒否」または「WWW 認証:: 基本」メッセージが表示される場合は、認証問題があります。

    ネットワーク モニター ツールの使用方法については、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックします。
    243270Windows 2000 でネットワーク モニターをインストールする方法
    148942ネットワーク モニターを使ってネットワーク トラフィックをキャプチャする方法
  3. メールボックスがある Exchange 2000 コンピューターで Windows 統合認証に、Exchange 仮想ディレクトリが設定することいることを確認します。 手順は次のとおりです:
    1. Exchange システム マネージャーを起動します。
    2. サーバー を展開、Exchange 2000 コンピュータ名、[ プロトコル ] を展開、 HTTP 、展開を展開し、 Exchange 仮想サーバー を展開します。
    3. Exchange フォルダーを右クリックし、 プロパティ を実行します。
    4. [ アクセス ] タブをクリックして [ 認証 ] をクリックしてクリックして、 統合 Windows 認証 ] チェック ボックスを選択します。
    5. [OK を] を 2 回クリックします。

      メモ 統合 Windows 認証を有効にした場合変更は通常なります 5 から 15 分に IIS を更新するには、IIS キャッシュをレプリケートします。 即時レプリケーションを強制するには、IIS 管理サービスとすべての Exchange 2000 サービス再起動できます。
  4. 問題が解決するかどうかを確認します。 それでも問題が発生する場合手順 5 に進みます。
  5. メールボックスがある場所、Exchange 2000 コンピューター、Exchange 2000 仮想サーバーが Secure Sockets Layer (SSL) 通信を強制しないことを確認します。 手順は次のとおりです:
    1. 開始 ] をクリックして、 プログラム ] をポイントし、 管理ツール ] をポイントして、[ インターネット サービス マネージャー ] をクリックします。
    2. サーバー名を展開、 既定の Web サイト (または、HTTP 仮想サーバーを含む適切な Web サイト) を展開する、 Exchange フォルダーを右クリックして [ プロパティ ] をクリックします。
    3. [ ディレクトリ セキュリティ ] タブをクリックし、 編集 [ セキュリティで保護された通信 ]。
    4. セキュリティで保護された通信 ] ダイアログ ボックス、[ セキュリティで保護されたチャンネル (SSL) を要求する ] チェック ボックスが選択されていないことを確認します。
  6. Exchange 2000 コンピューターで Kerberos が有効になっていることを確認します。 Kerberos が有効になっているかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

    メモ 「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料 215383 ネゴシエートを無効するに概説する手順を以前実行した場合は Kerberos は無効です。 Kerberos を無効にすると、Exchange Server の ActiveSync は失敗します。
    1. Exchange 2000 コンピューターのコマンド プロンプトで、WinDir \Inetpub\AdminScripts フォルダーに変更します。
    2. 次は、入力して Enter キーを押します。
      cscript adsutil.vbs w3svc と NTAuthenticationProviders を取得します。
      Kerberos が有効になっている場合 ネゴシエート、NTLM 応答が表示され手順 7 に移動できます。
    3. 応答は "NTLM" のみが、Kerberos が無効になります。 Kerberos を有効にするには、次を入力し Enter キーを押します。

      cscript adsutil.vbs w3svc/NTAuthenticationProviders「ネゴシエート、NTLM」を設定します。
  7. cscript adsutil.vbs w3svc と NTAuthenticationProviders を取得する コマンドは、 ネゴシエート、NTLM 応答を返します Kerberos が機能しない場合は Kerberos が、Exchange 2000 コンピューターのレジストリに有効になっているいることを確認します。 手順は次のとおりです。

    警告 深刻な問題が変更した場合、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用するかをもう 1 つの方法を使用が発生します。 これらの問題のオペレーティング システムには、再をインストールすることが必要に可能性があります。 Microsoft できません、これらの問題責任を負わないこととします。 ユーザー自身の責任においてレジストリを変更します。
    1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedt32 ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa
    3. 右側のウィンドウでの
      Security Packages
      を [レジストリ エントリです。
    4. [ 編集 ] の [ 複数行文字列 ] をクリックします。 その Kerberos は、のいずれかの値としてリストされて データ ] ボックスに、確認します。

      Kerberos が一覧にない場合は、値の先頭に新しい行を作成して Kerberos を入力します。

      メモ 既定では、 [データ ] ボックスの値とおりに表示されます。
      Kerberos
      msv1_0
      schannel
    5. レジストリ値を変更する場合は、Exchange 2000 コンピューターを再起動します。

詳細

Kerberos 認証の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
215383ネットワーク認証用に、Kerberos プロトコルと NTLM プロトコルの両方をサポートする IIS の構成方法


IIS の詳細については、認証で Designing Secure Web-Based アプリケーション を Windows 2000 の第 5 章を確認します。 このサンプルの章を読み、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/mspress/books/sampchap/4293.aspx

プロパティ

文書番号: 826974 - 最終更新日: 2007年1月31日 - リビジョン: 1.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Mobile Information Server 2002 Enterprise Edition
キーワード:?
kbprb kbmt KB826974 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:826974
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com