LQS ファイルが見つからない場合は、コンピューターを再起動するトランザクション メッセージを削除することがあります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 827493 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

コンピューターを再起動した後、次のいずれかの Microsoft メッセージ キュー内のトランザクション メッセージを削除する場合があります。
  • ローカル キュー記憶域 (LQS) ファイルはありません。
  • LQS ファイルはアクセスできません。
  • LQS ファイルが壊れています。

原因

メッセージ キューはローカル パブリック キューのパラメーターのキャッシュを保持します。 ローカル パブリック キューのパラメーターのキャッシュを LQS と呼びます。 パケットのファイルを復元するコンピューターを再起動すると、メッセージ キューのこのキャッシュで内部キュー オブジェクトを作成します。 メッセージを「送信」見なさローカル パブリック キューの LQS ファイルが見つからない場合 メッセージ キューし Active Directory ディレクトリ サービスに接続し、キューがローカル パブリック キューであることを検出、メッセージ キュー キュー オブジェクトを無効にマークし、キューからすべてのメッセージを削除します。

解決方法

修正プログラムについて

サポートされている修正プログラムしますです、はのみことを目的としていますこの資料に記載されている問題を解決します。 修正プログラムは、問題が発生したシステムにのみ適用してください。 この修正プログラム テストを受ける可能性があります。 したがって場合この問題で深刻な影響を受けていない推奨するには、次回 Microsoft Windows 2000 サービス パックを含むこの修正プログラムを待機するします。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。 Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 特殊な場合は、Microsoft Support 担当者により、特定の更新は問題が解決される場合料金がサポート通常発生する可能性があります取り消されます。 通常のサポート料金が追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題について適用されます。

前提条件

必要条件はありません。

再起動の要件

この修正プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムがファイル属性 (またはそれ以降) 次の表は、されている可能性もします。 これらのファイルの日時に協定時刻 (UTC) 記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネル]、日付と時刻ツールの [ タイム ゾーン ] タブを使用してください。
   Date         Time   Version            Size    File name
   --------------------------------------------------------------
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.778         281,360  Mq1repl.dll      
   17-Jun-2003  14:33  5.0.0.778          14,096  Mq1sync.exe      
   28-Aug-2003  15:00  5.0.0.783          76,144  Mqac.sys
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.783         217,360  Mqads.dll        
   30-Oct-2002  13:43  5.0.0.761          25,360  Mqbkup.exe       
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.778          76,560  Mqdscli.dll      
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.773          42,256  Mqdssrv.dll      
   21-Oct-2002  17:31  5.0.0.759          98,064  Mqmig.exe        
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.759         265,488  Mqmigrat.dll     
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.740         222,480  Mqoa.dll         
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.783           9,488  Mqperf.dll       
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.783         431,888  Mqqm.dll         
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.778         102,672  Mqrt.dll         
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.776          70,928  Mqsec.dll        
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.783         400,656  Mqsnap.dll       
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.762          23,824  Mqupgrd.dll      
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.782         110,864  Mqutil.dll       
   28-Aug-2003  17:20  5.0.0.748          64,784  Msmq.cpl

詳細

この修正プログラムで、次の問題に対処します。
  • 問題には、LQS キャッシュの作成時が発生する可能性があります。 Active Directory を照会するときに発生する一時的な問題がある場合、メッセージ キュー有効 LQS ファイルを削除可能性があります。 メッセージ キューを有効な LQS ファイルにするにはコンピューターを再起動するまで再作成しないします。 この修正プログラムにより、エラーが正しく処理することを確実できます。 また、修正プログラムと、LQS ファイルが削除されないことを確認。
  • メッセージ キューが起動してパケットのファイルを回復し、メッセージ キューで、LQS キャッシュされます。 メッセージ キューは、Active Directory ディレクトリ サービスを照会しません。 LQS ファイル見つからないをやアクセスできない場合、パケットとキューと見なされます「送信」します。 その後、メッセージ キューと Active Directory ディレクトリ サービスに接続し、キューを検証、矛盾を検出メッセージ キューします。 矛盾が発生する、キューは"発信マークされますが、Active Directory ディレクトリ サービス「ローカル:」としてキューを識別ため つまり、キューが削除されます。 これは、各パケット用のフラグを使用して修正されました。 フラグは、「ローカル」または"ターゲット キュー:"に、パケットをマークします。 上で、回復、パケットが"ローカルが作成されるキュー オブジェクトは「送信」、不足している LQS ファイルのためのメッセージ キュー マーク「一貫性にありません」として、キュー オブジェクト メッセージ キューからが、「応答ではない」モードに入る。 メッセージ キュー セッション、受け付けませんおり、リモート プロシージャ コール (RPC) インターフェイスは開始されません。 メッセージ キュー サービスをオンラインにする待機し、LQS キャッシュをリビルドします。

    次の 2 つの状況発生する可能性があります。
    • 一貫性のないキュー考えられますが削除されているパブリック キュー。 メッセージは通知が受信されない場合に、キューにはあります。 ここでは、キューが削除された、してメッセージ キューが通常の操作を再開します。
    • キューが実際には不整合な状態です。 メッセージ キューが終了され、メッセージ キューを再起動する必要です。 ただし、メッセージは失われますされません。 メッセージ キュー サービスの複雑さと、「送信」のキューは、「ローカル」キューに変換するときに含まれる危険性のため終了があります。

      この修正プログラムを適用した後に不整合が発生したとき、次のイベント可能性があります復旧中に、イベント ログに記録されます。

      イベントの種類: エラー
      イベント ソース: MSMQ
      イベントの分類: カーネル
      イベント ID: 2083年
      日: 2004 年 5 月 18 日
      時刻: 4時 02分: 09 PM
      ユーザー : N/A
      コンピューター: サーバー

      説明: 永続化パケット ファイルとログ ファイルを回復することができません。 (エラー: 矛盾したキューの状態。 Microsoft 技術を参照してください 827493 support.microsoft.com にします。 詳細については、http://support.microsoft.com でのヘルプとサポート センターを参照してください。
新しいレジストリ パラメーターは、イベント ログ内のメッセージに興味はない場合、古い動作に戻すに使用できる存在します。 メッセージ キュー メッセージ キュー、ドメイン コントローラーを検索するまで、「応答ではない」モードには、しない場合は、この新しいレジストリ パラメーターを使用できます。 DWORD 値として
hklm\software\microsoft\msmq\parameters\PurgeInconsistentQueues
を作成し、[を古い動作に戻ります 1 に DWORD 値を設定します。

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

関連情報

修正プログラム パッケージは付けの方法については、クリック次資料、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
816915ファイルの新しい名前付けスキーマを Microsoft Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージ

プロパティ

文書番号: 827493 - 最終更新日: 2006年9月20日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Message Queuing 2.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbwin2000presp5fix kbhotfixserver kbmt KB827493 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:827493
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com