[BUG] セキュリティ更新プログラム MS03-032 をインストール後、ASP.NET で "サーバー アプリケーションは現在使用できません" というエラー メッセージが表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 827641 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

マイクロソフトでは、Microsoft Windows XP を実行していて Microsoft ASP.NET 1.0 がインストールされているコンピュータに、Internet Explorer 用の最新の累積的な更新プログラム MS03-032 を適用した場合に、問題が発生することを確認しました。この更新プログラムは、手動でインストールするか、Windows Update Web サイトから最新の重要な更新プログラムを入手すると、インストールされます。

この更新プログラムをインストール後、ASP.NET に対する要求が行われると、以下のエラー メッセージが表示されます。
サーバー アプリケーションは現在使用できません。
この問題の影響を受けるのは、Windows XP 上で ASP.NET 1.0 を実行するコンピュータのみです。Microsoft Windows 2000 または Microsoft Windows Server 2003 を実行するコンピュータではこの問題の影響はありません。Windows XP を実行するコンピュータに ASP.NET 1.1 がインストールされている場合にも、この問題による影響はありません。

次の表は、この問題の影響を受けるオペレーティング システムと Microsoft .NET Framework のバージョンの一覧です。

元に戻す全体を表示する
.NET Framework のバージョン オペレーティング システム 影響の有無
1.0 Windows 2000 Professional なし
1.0 Windows 2000 Server なし
1.0 Windows XP Professional あり
1.0 Windows Server 2003 なし
1.1 Windows 2000 Professional なし
1.1 Windows 2000 Server なし
1.1 Windows XP Professional なし
1.1 Windows Server 2003 なし

回避策

この問題を回避するには、この資料の「バッチ ファイル」に記載されているバッチ ファイルを実行します。このバッチ ファイルにより、以下の処理が実行されます。
  1. IIS および ASP.NET 状態サービスを停止します。
  2. ASPNET アカウントを削除し、既知の一時的なパスワードを使用して ASPNET アカウントを作成し直します。
  3. Windows の runas コマンドを使用して、ASPNET ユーザー プロファイルを作成する実行可能ファイルを実行します。ASPNET ユーザー プロファイルが作成されることにより、この問題を回避できます。
  4. ASP.NET を再登録します。この処理により、そのアカウントに新しいランダムなパスワードが作成され、そのアカウントのデフォルトの ASP.NET アクセス制御の設定が適用されます。
  5. Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) サービスを再開します。
このバッチ ファイルでは、一時的なパスワードとして "1pass@word" というパスワードがハードコードされています。バッチ ファイルを実行すると、runas コマンドのパスワードとして、このパスワードを入力するように求められます。runas コマンドの実行が完了すると、ASPNET アカウントのパスワードはランダムで複雑な値を使用して再作成されます。

注意事項

  • バッチ ファイル内にハードコードされているパスワードが、使用している環境で要求されるパスワードの複雑さを満たしていない場合、バッチ ファイルの実行が失敗することがあります。この問題が発生する場合、環境に合わせて、パスワードを別のパスワードに変更します。
  • ASPNET アカウントにユーザー定義のアクセス制御設定またはデータベース アカウントのアクセス許可を追加していた場合は、このバッチ ファイルの実行完了後にそれらの設定やアクセス許可を作成し直す必要があります。これは、アカウントが再作成される際に、このアカウントに対して新しいセキュリティ識別子 (SID) が割り当てられるためです。
  • ASPNET アカウント以外のユーザー定義のアカウントを使用して ASP.NET ワーカー プロセスを実行している場合は、このバッチ ファイルを実行しないでください。その場合は、コンピュータに対話的にログオンするか、そのユーザー定義のアカウントから runas コマンドを実行する必要があります。こうすることで、そのユーザー定義のアカウント用のユーザー プロファイルが作成されます。
バッチ ファイルを使用するには、以下の手順を実行します。

: 使用するアカウントは Administrators グループのメンバである必要があります。
  1. メモ帳を起動します。[右端で折り返す] が無効になっていることを確認します。
  2. バッチ ファイルのコードをメモ帳に貼り付けます。
  3. このファイルを c:\fixup.cmd として保存します。
  4. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  5. cmd.exe と入力し、Enter キーを押します。
  6. コマンド プロンプトで、c:\fixup.cmd と入力し、Enter キーを押します。
  7. パスワードを入力するように求められたら、1pass@word と入力します。

    2 つ目のコマンド プロンプト ウィンドウが表示されます。
  8. 更新プログラムの適用後、2 つ目のコマンド プロンプト ウィンドウで exit と入力し、Enter キーを押します。
  9. ASPNET アカウントに対して、ユーザー定義のアクセス制御設定またはデータベース アカウントのアクセス許可を以前構成していた場合は、それらの設定を適用し直す必要があります。

バッチ ファイル

REM Start Batch File
REM This batch file addresses issues that exist with the MS03-32 
REM Security Update when you run ASP.NET 1.0 on Windows XP.
REM If you have any other configuration, do not run this file.
@echo off 
if exist %SystemRoot%\microsoft.net\framework\v1.1* goto v11_installed
REM Change to the .NET Framework installation directory.
cd /d %SystemRoot%\microsoft.net\framework\v1.0.3705 
echo "Stopping IIS."
iisreset /stop 
echo "----------------------"
echo "Stopping the ASP.NET state service if it is running."
net stop aspnet_state
echo "----------------------"
echo "Deleting the ASPNET account."
net user ASPNET /delete 
echo "----------------------"
echo "Creating a new ASPNET account with a temporary password."
net user ASPNET 1pass@word /add 
echo "----------------------"
echo "Launching runas to create a profile."
echo "You see a command window being created."
echo "Type 1pass@word when you are prompted for the temporary password." 
runas /profile /user:ASPNET cmd.exe 
echo "----------------------"
echo "Reregistering ASP.NET and the ASPNET account."
aspnet_regiis -i 
echo "A new random password has been autocreated for the ASPNET account."
echo "----------------------"
echo "Restarting IIS."
iisreset /start 
echo "----------------------"
echo "The workaround has been applied."
echo "Try to access an ASP.NET page."
echo "If you have any custom access controls settings for the ASPNET account,"
echo "you must re-create them."
echo "If you were running the ASP.NET state service, you must restart it."
goto done
:v11_installed
echo "Version 1.1 appears to be installed. Do not run this file."
:done
REM End of batch file.

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 827641 (最終更新日 2004-01-21) を基に作成したものです。

この資料に含まれているサンプル コード/プログラムは英語版を前提に書かれたものをありのままに記述しており、日本語環境での動作は確認されておりません。

プロパティ

文書番号: 827641 - 最終更新日: 2004年6月29日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft ASP.NET 1.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbbug KB827641
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com