クリップ オーガナイザ 2002 でクリップ オーガナイザ ファイルのパスをリダイレクトする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 827672 - 対象製品
重要です この資料では、レジストリの変更についてをについて説明します。 万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。 バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft クリップ オーガナイザー 2002年はカタログ ファイル (.mgc ファイル) を保存する場所を変更できません。 クリップ オーガナイザー 2002年常にアプリケーション データ フォルダーの下が \Microsoft\Clip 構成内容変更のフォルダーにカタログ ファイルを作成します。

解決方法

Service Pack 情報

この問題は、Office XP Service Pack 3 で修正済みです。この問題を解決するには、Microsoft Office XP の最新の Service Pack を入手します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
307841Office XP の最新の Service Pack の入手方法

修正プログラムについて

修正プログラムの入手方法

この問題は、Microsoft Office XP post-Service パック 2 の修正プログラム パッケージには、2003 年 10 月 24 日 (日) で修正します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
829341クリップ オーガナイザ 2002 Service Pack 2 以降の修正プログラム パッケージ (2003 年 10 月 24 日)

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題をこの資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品の問題。 この問題は、Office XP Service Pack 3 で修正済み先です。

詳細

この修正プログラムによって提供される追加の機能を有効にするには、この修正プログラムを実装する 2 つの新しいレジストリ キーを使わなければなりません。

警告 レジストリ エディターを誤って使用する深刻な問題が生じるとして、オペレーティング システムの再インストールする必要があります。 マイクロソフトではあることができます解決を保証レジストリ エディターを誤って使用起因する問題。 レジストリ エディターは、自己の責任においてご使用してください。
または入力できますこれらの設定だけで、現在のユーザー用のレジストリの HKEY_CURRENT_USER ハイブに HKEY_LOCAL_MACHINE ハイブにすべてのユーザーのコンピューター上で。 ユーザーに対して設定したポリシーに含めることもできます。

Office XP でシステム ポリシーを使用する方法の詳細についてには、Office リソース キットの「システム ポリシーの概要」チャプターのを確認します。 これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
現在のユーザーには、クリップ オーガナイザー カタログ ファイル (.mgc ファイル) のパスを設定するには次の手順に従います。
  1. プログラムを実行しているクリップを含む) をすべて終了構成内容の変更。
  2. 実行 を [ 開始 ] をクリックします。
  3. [ 名前 ] ボックスで regedit 、入力を [OK] をクリックします。
  4. 見つけるには、しを次のレジストリ キーを選択します:
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Common\Clip Organizer
  5. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ 文字列 ] をクリックします。
  6. CatalogLocation を入力して Enter を押します。
  7. CatalogLocation 値を作成したを右クリックし、[ 変更 ] をクリックします。
  8. [ 値のデータ ] ボックスですると、クリップ オーガナイザー カタログ ファイルに保存されている先のフォルダーのパスを入力を [OK] をクリックします。
  9. [ ファイル ] メニューの [レジストリ エディターを終了する 終了 ] をクリックします。
クリップ オーガナイザーは、現在のユーザー ダウンロードしたクリップアート ファイルを抽出先パスを設定をするには次の手順に従います。

メモ クリップ アート ファイルをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://office.microsoft.com/clipart/default.aspx?lc=zh-cn
  1. プログラムを実行しているクリップを含む) をすべて終了構成内容の変更。
  2. 実行 を [ 開始 ] をクリックします。
  3. [ 名前 ] ボックスで regedit 、入力を [OK] をクリックします。
  4. 見つけるには、しを次のレジストリ キーを選択します:
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Common\Clip Organizer
  5. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ 文字列 ] をクリックします。
  6. ClipExtractLocation を入力して Enter を押します。
  7. ClipExtractLocation ] を右クリックし、 変更 を実行します。
  8. [ 値のデータ ] ボックスでは型を格納するパス、クリップアートのファイルを抽出を [OK] をクリックします。
  9. [ ファイル ] メニューの [レジストリ エディターを終了する 終了 ] をクリックします。
メモ
  • クリップ オーガナイザーはまず探します
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Common\Clip Organizer
    のレジストリ キー n、HKEY_CURRENT_USER </a0> ハイブ。 それはのみに進みますが見つからない場合、値、HKEY_CURRENT_USER </a0> ハイブに、キーと HKEY_LOCAL_MACHINE ハイブに設定を探します。 したがって、クリップ オーガナイザーの値を HKEY_LOCAL_MACHINE ハイブから使用する場合は、問題がコンピューターにユーザーの 1 人の
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\Common\Clip Organizer
    のレジストリ キーがないことを確認こと。
  • これらのレジストリ値の種類には、文字列 (値の種類 REG_SZ) または展開可能な文字列 (値の種類 REG_EXPAND_SZ) を使用できます。 展開可能な文字列値を手動で入力するには、Regedit ではなく Regedt32 を使用する必要があります。
  • クリップ オーガナイザのカタログ ファイルは、複数ユーザーでの使用を想定していません。 すべてのユーザーからのユーザー固有のパスを CatalogLocation 設定位置があります。 2 人以上のユーザーが同じカタログを開こうとすると、クリップ オーガナイザが応答を停止 (ハング) するかクラッシュする場合があります。
  • FileExtractLocation のパスは、ユーザー固有またあります。 同じパスに 2 つのユーザー ポイントの FileExtractLocation、ユーザーは受け取ります、エラー メッセージ ファイルを抽出すると、次のような。
    クリップ オーガナイザーが operation.Unspecified エラーを完了しません。 エラー コード 0x80004005
  • ClipExtractLocation の設定は、型 \\servername\sharename のパスが、共有またはサブフォルダーの追加レベル-たとえば、\\servername\sharename\foldername のサブフォルダーだけを受け付けません。 型 \\servername\sharename のパスを ClipExtractLocation の設定を設定するクリップ オーガナイザーにエラー メッセージとすると、次のようなが表示されます。
    クリップ オーガナイザーが operation.Unspecified エラーを完了しません。 エラー コード 0x80004005
  • 最終的なサブフォルダーまたはパスのいずれかのサブキーがないと、クリップ オーガナイザーによって作成されます。 しかし、2 つ以上のサブフォルダは作成されません。 サブフォルダーの 1 つ以上のレベルが、パスの末尾に不足している場合は、クリップ オーガナイザーは、エラー メッセージとすると、次のような表示されます。
    クリップ オーガナイザーが operation.Unspecified エラーを完了しません。 エラー コード 0x80004005
    このエラー メッセージが表示された後、クリップ オーガナイザが応答を停止 (ハング) することがあります。
  • 無効なパスでクリップを指定のいずれかの設定と構成内容の変更は、既定の場所を使用します。
  • クリップ オーガナイザーのパスのレジストリ値には無効な文字が含まれているとすると、次のようなエラー メッセージは、クリップ オーガナイザーが表示されます。
    クリップ オーガナイザーが operation.Unspecified エラーを完了しません。 エラー コード 0x80004005

プロパティ

文書番号: 827672 - 最終更新日: 2006年4月7日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Clip Organizer 2002
キーワード:?
kbdownload kbbug kbfix kbqfe kbofficexppresp3fix kbhotfixserver kbmt KB827672 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:827672
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com