Windows SharePoint Services 2.0 Companyweb および Windows SharePoint Services 2.0 データベースのディザスタ リカバリのオペレーションを実行する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 827701
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、障害回復操作の一環として、新しいサーバー上の Microsoft Small Business Server 2003 Windows SharePoint Services 2.0 データベースを復元する方法について説明します。

前提条件

元のサーバーのシステム状態をバックアップから復元することはできませんする場合この資料の手順を従ってください。この手順は、新しいサーバーが、データベースのバックアップとログ ・ ファイルのバックアップが実行元のサーバーと同じドメイン名が必要です。必要なデータベースとログ ファイルは次のとおりです。
  • STS_Config.mdf
  • STS_Config_log.ldf
  • STS_Servername_1.mdf
  • STS_Servername_1_log.ldf
Windows SharePoint Services 2.0 データベースの復元を開始する前に、次のすべての条件を満たす必要があります。
  • Microsoft Small Business Server 2003 イントラネット コンポーネントをインストールします。
  • Windows SharePoint Services 2.0 Companyweb Web サイトを新規、未変更のデータベースで行う必要があります。
  • Windows SharePoint Services 2.0 Companyweb Web サイトにアクセスできる (http://companyweb) でなければなりません。

Small Business Server 2003 Windows SharePoint Services 2.0 のデータベースを復元します。

このセクションの手順では、Small Business Server 2003 Windows SharePoint Services 2.0 のデータベースを復元する方法について説明します。ここには、デフォルト Windows SharePoint Services 2.0 のインストール時に行われる追加データを復元するための手順が含まれます。これには、作成する必要があります、トップレベルの SharePoint サイトおよびその他のデータ ファイルが含まれます。具体的にはで始まるこのセクションの手順に従う必要があります。 ** 既定の Windows SharePoint Services 2.0 インストールに行われる追加データを復元するには。既定の SharePoint データベース変更なしのみを復元する場合で始まる、手順無視できます。 **.
  1. Windows SharePoint Services 2.0 Companyweb Web サイト (http://companyweb) がアクセス可能であることを確認します。
  2. **その他トップレベル Web の存在していたサイト Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) での古いサーバー上に作成します。これらの Web サイトが Companyweb 仮想サーバーのトップレベル SharePoint サイト外あります。
  3. **古いサーバーの DNS ホスト レコードが存在していた、トップレベル SharePoint サイトを作成します。
  4. MSSQL$ SharePoint サービスを停止します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
    2. コマンド プロンプトで net stop mssql$ sharepoint、し、ENTER キーを押します。
    3. [コマンド プロンプト] ウィンドウを閉じるには、入力します。 終了、し、ENTER キーを押します。
  5. \Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL$ SharePoint\Data フォルダーのバックアップを作成します。
  6. \Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL$ にのみ、構成とコンテンツ データベースを復元 SharePoint\Data。具体的には、次の構成ファイルとデータベースを復元します。
    • STS_Config.mdf
    • STS_Config_log.ldf
    • STS_Servername_1.mdf
    • STS_Servername_1_log.ldf
    メモ Master.mdf ファイルなどの他の既定ファイルまたは Model.mdf ファイルは復元されません。
  7. **追加のコンテンツ データベースを作成する場合は、\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL$ SharePoint\Data フォルダーを復元します。
  8. MSSQL$ SharePoint サービスを開始します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
    2. コマンド プロンプトで net start msql$ sharepoint、し、ENTER キーを押します。
    3. [コマンド プロンプト] ウィンドウを閉じるには、入力します。 終了、し、ENTER キーを押します。
  9. Companyweb Web サイト、そのサブ web は、またはその他の最上位レベルの SharePoint Web サイトにアクセスしようとした場合、1 つまたは複数、以下のエラー メッセージが表示されます。

    メッセージ 1
    ここで参照される仮想サーバーが構成データベースにありません。
    メッセージ 2
    ページが見つかりません。
    メッセージ 3
    検索中のページは削除された可能性があります、その名前が変更されたまたは一時的に使用できません。
    メッセージ 4
    HTTP 400 - 正しくない要求Internet Explorer

Companyweb から小規模ビジネス サーバー 2003 Windows SharePoint Services 2.0 を削除します。

復元後の Companyweb Web サイトにアクセスするために、まず Windows SharePoint Services 2.0 が Companyweb 仮想サーバーからを削除、Windows SharePoint Services 2.0 を使用して Companyweb 仮想サーバーを再拡張する必要があります。Companyweb から Windows SharePoint Services 2.0 を削除するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し サーバーの管理.
  2. 下にあります。 仮想サーバーの構成をクリックして 仮想サーバーの設定を構成します。.
  3. で、 仮想サーバーのリスト ページで、クリックしてください companyweb.
  4. 下にあります。 仮想サーバーの管理をクリックして Windows SharePoint Services 仮想サーバーからを削除します。.
  5. で、 Windows SharePoint Services 仮想サーバーからを削除します。 ページで、クリックしてください コンテンツ データベースを削除せずに削除します。、し [OK].次のエラー メッセージが表示されます。
    ここで参照される仮想サーバーが構成データベースにありません。

小規模なビジネス サーバー 2003 Windows SharePoint Services 2.0 に、Companyweb 仮想サーバーを拡張します。

Windows SharePoint Services 2.0 を使用して Companyweb 仮想サーバーを再拡張するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し サーバーの管理.
  2. 下にあります。 仮想サーバーの構成をクリックして 拡張または仮想サーバーをアップグレードします。.
  3. で、 仮想サーバーのリスト ページで、クリックしてください companyweb.
  4. で、 プロビジョニングのオプション セクションをクリックしてください 拡張し、別の仮想サーバーに割り当てる.
  5. で、 サーバー マッピング セクションをクリックしてください companyweb.
  6. で、 アプリケーション プール セクションをクリックしてください 既存のアプリケーション プールを使用します。をクリックして [DefaultAppPool (NT authority \network SERVICE)、し [OK].

Small Business Server 2003 Windows SharePoint Services 2.0 アカウントを構成します。

ビルトインの管理者アカウントを使用して Companyweb Web サイト、そのサブ web、またはその他の最上位レベルの SharePoint Web サイトにアクセスしようとした場合、次のエラー メッセージが表示されます。
この操作を完了できません。
くださいもう一度やり直してください。
このエラーは、Administrator アカウントは、サイト コレクションの所有者が、データベース内の SID と一致しないセキュリティ識別子 (SID) を持つために発生します。この問題を解決するには、別ドメイン管理者アカウントが、サイト コレクションの所有権をリセットするにログオンする必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. ユーザーの追加、SBS 2003 に含まれているウィザードを使用して新しいドメイン管理者アカウントを作成します。Active Directory ユーザーとコンピューター スナップインでユーザー アカウントを作成するのには使用しないでください。ユーザー追加ウィザードを使用して、ドメイン管理者のアカウントを作成するには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始、し サーバーの管理.
    2. サーバーの管理] をクリックします。 ユーザー.
    3. 下にあります。 ユーザーを管理します。をクリックして ユーザーを追加します。.
    4. ユーザーの追加ウィザードの最初のページをクリックします。 次へ.
    5. アカウントの名前を入力しをクリックしてください 次へ.
    6. 入力し、新しいアカウントのパスワードを確認しをクリックしてください 次へ.
    7. で、 テンプレート ボックスで、をクリックしてください 管理者テンプレート、し 次へ.
    8. クリックしてください。 コンピューターをセットアップを設定しません。、し 次へ.
    9. クリックしてください。 終了日 ウィザードを完了します。
  2. 手順 1 で作成したドメインの管理者アカウントを使用して、サーバーにログオンします。
  3. Companyweb Web サイト用の新しいサイト コレクションの所有者として、新しいドメイン管理者アカウントを設定します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し サーバーの管理.
    2. 下にあります。 [セキュリティの構成をクリックして サイト コレクションの所有者を管理します。.
    3. で、 Web サイトの URL ボックスの種類 http://companyweb、し ビュー.
    4. で、 ユーザー名 横にあるボックス サイト コレクションの所有者、新しいドメイン管理者アカウントをして [クリックしてユーザー名を変更します。 名前を確認します。.
    5. クリックしてください。 [OK].
  4. Companyweb Web サイト用のサイト コレクションのユーザーを削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ http://companyweb、し [OK].
    2. Companyweb] ホーム ページをクリックします。 [サイトの設定.
    3. 下にあります。 管理をクリックして サイト管理へ移動します。.
    4. 下にあります。 サイト コレクションの管理をクリックして サイト コレクションのユーザー情報の表示.
    5. で、 サイト コレクションのユーザーを管理します。 ページの下のすべてのユーザー アカウントへの書き込み。この情報を使用して、ユーザー アカウントを再作成します。
    6. 手順 1 で作成したドメインの管理者アカウントを除くすべてのアカウントを選択し、クリックしてください 選択したユーザーを削除します。、し [OK] 確認します。次のテンプレート アカウントを削除することを確認してください。
      • 管理者 Tmpl
      • モバイル ユーザー Tmpl
      • パワー ユーザー Tmpl
      • ユーザー Tmpl

Small Business Server 2003 Windows SharePoint Services 2.0 のユーザー アカウントを作成し直す

Small Business Server 2003 Windows SharePoint Services 2.0 のユーザー アカウントを再作成するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ http://companyweb、し [OK].
  2. Companyweb] ホーム ページをクリックします。 [サイトの設定.
  3. 下にあります。 管理をクリックして ユーザーを管理します。.
  4. で、 ユーザーを管理します。 ページで、クリックしてください ユーザーを追加します。.
  5. 下にあります。 手順 1: ユーザーを選択します。、アカウントの入力を ユーザー ボックス:
    @ 管理者domain.local;@ 管理者 Tmpldomain.local;パワー ユーザー Tmpl @domain.local
    アカウント名には、 domain.local 内部の Active Directory ドメインの名前です。
  6. 下にあります。 ステップ 2: サイト グループを選択します。をオンにし、 管理者 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください 次へ.
  7. 下にあります。 ステップ 3: ユーザーを確認します。、ユーザー名と表示名が正しいか確認してください。
  8. 下にあります。 ステップ 4: 電子メールの送信をオフにし、 次のメールこれらのユーザーが追加されたことを確認することができますを送信します。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください 終了日.
  9. で、 ユーザーを管理します。 ページで、クリックしてください ユーザーを追加します。.
  10. 次のように入力、 ユーザー ボックス:
    モバイル ユーザー Tmpl @domain.local;ユーザー Tmpl @domain.local
  11. オンにし、 Web デザイナー チェック ボックスをオンにしをクリックしてください 次へ.
  12. ユーザー名と表示名が正しいかどうかを確認します。
  13. オフにし、 追加された、ユーザーを通知する次のメールを送信します。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください 終了日.
  14. 手順 9 〜 14 その他のアカウントを再作成して、適切なサイト グループに割り当てるを繰り返します。

    メモ 既定では、ユーザーやモバイル ユーザーの所属する Web デザイナーサイトのグループです。パワー ユーザーと管理者に、管理者のサイト グループに属しています。
  15. **最上位の Web サイトでは、繰り返し手順 1 〜 5」削除する小規模ビジネス サーバー 2003 Windows SharePoint Services 2.0 から Companyweb「] セクションで [し、手順 1 〜 6 を繰り返します、"スモール ビジネスお客様に、Companyweb 仮想サーバー拡張サーバー 2003 Windows SharePoint Services 2.0"セクション。
  16. Companyweb Web サイトのサイト コレクションの所有者には、ビルトインの Administrator アカウントを再構成することもお勧めします。これを行った後は、削除またはこの資料で作成した新しいドメイン管理者アカウントを無効にすることができます。サイト コレクションの所有者には、ビルトインの Administrator アカウントを再構成するには、手順 3a 3e」、小規模ビジネス サーバー 2003 Windows SharePoint Services 2.0 アカウントの構成」セクションでを実行します。この手順を実行すると、入力してください。 管理者 新しいサイト コレクションの所有者として、新しいドメイン管理者アカウントではなく。

関連情報

Windows SharePoint Services 2.0 ソフトウェア開発キット (SDK) をダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ドキュメントですか。FamilyID = の aa3e7fe5-daee-4 d 10-980f-789b827967b0 & DisplayLang = en
『 Windows SharePoint Services 2.0 管理者ガイド 』 をダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=a637eff6-8224-4b19-a6a4-3e33fa13d230&displaylang=en
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
832880イントラネット コンポーネントのインストールまたは Windows Small Business Server ・ 2003年で http://companyweb を接続することはできません正常に
Windows SharePoint Services 2.0 を再インストールする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
829114削除する方法、および Windows Small Business Server 2003 Windows SharePoint Services 2.0 companyweb Web サイトをインストールする方法

プロパティ

文書番号: 827701 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbhowto kbmt KB827701 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:827701
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com