SharePoint に Active Directory からの有効なユーザー アカウントのユーザー プロファイル情報をインポートする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 827754 - 対象製品
中小企業のお客様は、中小企業向けサポートサイトで問題解決コンテンツや学習リソースもご利用ください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003年、Microsoft Office SharePoint Server 2007、および Microsoft SharePoint Server 2010 に Active Directory ディレクトリ サービスからユーザー プロファイル情報が有効なユーザー アカウントをインポートする方法について説明します。

構成します。設定をインポートするユーザー プロファイルをインポートする、 プロファイル インポートを構成します。SharePoint サーバーの全体管理のページです。SharePoint を使用して、(&(objectCategory=person)(objectClass=user))LDAP 検索フィルター、ユーザー プロファイル情報を Active Directory 内のすべてのユーザー アカウントを SharePoint にインポートされます。このフィルター SharePoint にすべての有効および無効のユーザー アカウントをインポートします。

フィルターを適用できます。Active Directory からインポートするユーザー プロファイル情報クエリ句を追加するのには、LDAP 検索フィルターでは、 ユーザーフィルター ボックス、 検索の設定 部分は、 プロファイル インポートを構成します。 ページします。ユーザー プロファイルをインポートするのには有効になっているユーザー アカウントだけを使用は、 (& (objectCategory=person)(objectClass=user) (!(userAccountControl:1.2.840.113556.1.4.803:=2))) LDAP 検索フィルターです。

SharePoint Portal Server 2003年に Active directory のユーザー アカウントのユーザー プロファイル情報をインポートを有効に

ユーザー アカウントのユーザーのプロファイル情報をインポートするのにはSharePoint Portal Server するには、Active Directory で有効になって、次の手順を実行します。
  1. で、 [サイトの設定 ポータルのページサイトでは、 ユーザー プロファイル、対象ユーザー、および個人用サイト ページで、クリックしてください。 プロファイル データベースを管理します。.
  2. で、 プロファイル データベースを管理します。 ページで、クリックしてくださいプロファイル インポートを構成します。.
  3. で、 プロファイル インポートを構成します。 ページには、 ソース をクリックして ユーザー設定ソース.
  4. で、 アクセス アカウント 領域で、ユーザーを入力します。適切なアクセス許可は、アカウントの名前とパスワード、ユーザーのアカウントを持つActive Directory にアクセスするには。
  5. で、 [フル インポートのスケジュール 領域をクリックするには選択、 フル インポートをスケジュールします。 チェック ボックスをオンにし、指定完全なスケジュールをインポートします。
  6. で、 増分インポートのスケジュール エリア、オンにし、 増分インポートをスケジュールします。 チェック ボックスをし次に、増分インポートのスケジュールを指定します。

    メモ 場合は、 増分インポートをスケジュールします。 オプションではありません。利用可能な (淡色表示されます) をオンにし、 アクティブからのインポートインクリメンタル メソッドを使用してディレクトリ チェック ボックスでは、ソース 領域です。

    重要です Microsoft Windows 2000 Server の増分インポートを実行するのにはActive Directory では、インポート操作を実行するために使用するユーザー アカウントディレクトリの変更のレプリケートのアクセス許可が必要です。このアクセス許可ではありません。Microsoft Windows Server 2003 の増分インポートを実行するために必要なActive Directory。ディレクトリの変更のレプリケートのアクセス許可を割り当てるにはインポート操作を実行するために使用するユーザー アカウントは次の手順を実行します。
    1. Active Directory ユーザーとコンピューターを起動します。
    2. で、 ビュー メニューをクリックして 高度な機能.
    3. ドメイン オブジェクトを右クリックしをクリックしてください プロパティ.
    4. クリックして、 セキュリティ タブします。
    5. で、 グループ名またはユーザー名 ボックスの一覧でクリックしてくださいインポート操作を実行するために使用するユーザー アカウントを指定します。

      ユーザー アカウントが一覧に表示されずをクリックします。 追加は、追加するユーザーの名前を入力し、クリックしてください。 [OK].
    6. で、 アクセス許可 ユーザー名 リストで、クリックしてを選択するのには、 許可します。 チェック ボックスの横に、 ディレクトリをレプリケートします。変更内容 アクセス許可、およびクリック [OK].
  7. クリックしてください。 [OK].
  8. で、 接続を管理します。 いずれかの操作を行いますページで、次に、状況に応じて。
    • 編集するには、使用ドメインの名前をクリックし、をクリックして、 編集.

      - または -
    • クリックしてください。 新しい接続 新しく追加するのにはユーザー プロファイルが含まれているドメイン コント ローラーインポートします。
    .
  9. で、 接続を編集します。 または 追加接続 ページ (該当する場合に、状況) で、検索の設定 領域は、次の操作を行います。
    1. で、 検索ベース ボックスに、入力、先の Active Directory オブジェクトの識別名 (DN)ユーザー プロファイルをインポートします。

      検索のベース オブジェクトの DN を定義します。Active directory の検索を開始する場所です。は、DNs の例を次に示します。
      • DC =ドメイン名,DC = com
      • CN = ユーザー、DC =ドメイン名,DC = com
      • OU = =,DC =ドメイン名DC = com
    2. で、 ユーザーのフィルター ボックスに、入力、次の LDAP 検索フィルター。
      (& (objectCategory=person)(objectClass=user) (! (userAccountControl:1.2.840.113556.1.4.803:=2)))
    3. 下にあります。 スコープは、"スコープ"レベルを指定ページ サイズ、および必要なページ タイムアウト オプション。
  10. クリックしてください。 [OK].

Office SharePoint Server 2007 Active Directory からの有効なユーザー アカウントのユーザー プロファイル情報をインポートします。

Active Directory には、Office SharePoint Server 2007 で有効になっているユーザー アカウントのユーザーのプロファイル情報をインポートするには、次の手順を実行します。
  1. で、 共有サービスの管理 ページで、クリックしてください ユーザー プロファイルとプロパティ.
  2. で、 ユーザー プロファイルとプロパティ ページで、クリックしてください インポート接続の表示.
  3. で、 インポート接続の表示 ページには、状況に応じて以下の手順を実行します。
    • 編集、および、クリックする、Active Directory のインポート接続をクリックします。 編集.
    • クリックしてください。 新しい接続 インポートするユーザー プロファイルが、新しいドメイン コント ローラーを追加します。
  4. で、 接続を編集します。 ページまたは、 接続を追加します。 このページでは、これらの手順を実行します。
    1. で、 ユーザーのフィルター ボックスで、次の LDAP 検索フィルターを入力します。
      (& (objectCategory=person)(objectClass=user) (! (userAccountControl:1.2.840.113556.1.4.803:=2)))
    2. その他の設定には、状況に応じてを実行するのには、ページの左側にある上の指示をに従ってください。
  5. クリックしてください。 [OK].

SharePoint Server 2010 に Active Directory からの有効なユーザー アカウントのユーザー プロファイル情報をインポートします。


SharePoint Server 2010 への Active Directory で有効になっているユーザー アカウントのユーザーのプロファイル情報をインポートするには、次の手順を実行します。
  1. で、 プロファイル サービスを管理します。 ページで、クリックしてください 同期接続を構成します。.
  2. で、 同期接続 ページで、編集、および、クリックする、Active Directory の接続をクリックします。 接続フィルターを編集します。.
  3. で、 接続フィルターを編集します。 ページで、次の手順を実行します。
    1. ユーザーの除外フィルター、変更、 属性 ドロップダウンするには userAccountControl.
    2. ユーザーの除外フィルター、変更、 演算子 ドロップダウンするには Equals をビットします。.
    3. で、 ユーザーの除外フィルターを選択 フィルター ボックスの種類するには 2.
    4. クリックしてください。 追加.
  4. クリックしてください。 [OK].

関連情報

フィルターを検索する LDAP を記述する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms180883 (vs.80)
要求の LDAP 検索フィルターの詳細についてを参照してください。コメント (RFC) 2254年。これを行うには、次のインターネット エンジニア リング タスクを参照してください。(IETF) Web サイトを強制します。
http://www.ietf.org/rfc/rfc2254.txt?number=2254
ユーザー プロファイルをインポートする方法の詳細についてSharePoint Portal Server は、"を管理するユーザー プロファイルをアクティブを参照してください」トピックの「管理」セクションで、 Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003年管理ガイド.は、 Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003年管理ガイド (管理者 Help.chm) は、[ドキュメント] フォルダーにあります、SharePoint Portal Server 2003 CD のルートです。

詳細についてはSharePoint Portal Server については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://office.microsoft.com/en-us/sharepointserver/FX101494611033.aspx

プロパティ

文書番号: 827754 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 10.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SharePoint Server 2010
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007
  • Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003
キーワード:?
kbinfo kbpending kbbug kbmt KB827754 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:827754
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com