Outlook 2007 および Outlook 2003 でインターネット空き時間情報機能を使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 827775 - 対象製品
Microsoft Outlook 2002 については、次の資料を参照してください。291621
Microsoft Outlook 2000 については、次の資料を参照してください。196484
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Office Outlook 2007 および Microsoft Office Outlook 2003 でインターネット空き時間情報 (IFB) 機能を使用する方法について説明します。IFB 機能により、URL ファイル サーバー上で個人の空き時間情報を公開することができます。IFB 機能を使用することにより、任意の連絡先について空き時間情報を参照し、他のユーザーとの会議をセットアップすることができます。

はじめに

インターネット空き時間情報 (IFB) は、他の人の空き時間を参照して、効率的に会議をスケジュールすることを可能にする Outlook 2007 および Outlook 2003 の機能です。Outlook ユーザーには、自分の空き時間情報をユーザー指定の URL ファイル サーバーに公開するためのオプションがあります。この URL ファイル サーバーは、すべてのユーザーと共有することも、特定のユーザー グループに制限することもできます。

IFB 機能は、iCal と呼ばれる IETF (Internet Engineering Task Force) 標準に基づいています。IFB 機能では iCalendar と呼ばれる iCal 標準の一部が使用されています。iCalendar はスケジュール情報の形式と保存に関する新しい標準で、標準化された方法で空き時間情報を表すための構造が定義されています。

この資料では、以下の内容について説明します。
  • 空き時間情報をインターネットに公開する方法
  • インターネットに公開されている他の人の空き時間情報を表示する方法
  • IFB 機能を使用して会議を計画する方法

詳細

空き時間情報をインターネットに公開する方法

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  2. [初期設定] タブの [予定表オプション] をクリックします。
  3. [空き時間情報オプション] をクリックします。
  4. [次の場所に空き時間情報を公開する] チェック ボックスをオンにします。
  5. 空き時間情報を公開する URL をボックスに入力します。
  6. [OK] をクリックして、すべてのダイアログ ボックスを閉じます。

インターネットに公開されている他の人の空き時間情報を表示する方法

連絡先の空き時間情報のデータがインターネット上に公開されている場合は、その情報を表示できます。すべての連絡先の空き時間情報が同じ空き時間情報サーバーに格納されている場合は、すべての連絡先の空き時間情報を検索するグローバルな検索パスを設定できます。また、空き時間情報の格納場所が連絡先によって異なる場合は、連絡先ごとに検索パスを設定できます。インターネットに公開されている他の人の空き時間情報を参照するには、以下のいずれかの方法を使用します。

すべての連絡先の空き時間情報を検索するグローバルな検索パスを設定する方法

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  2. [初期設定] タブの [予定表オプション] をクリックします。
  3. [空き時間情報オプション] をクリックします。
  4. [空き時間情報を検索する場所] ボックスに、他の人の空き時間情報が表示される URL を入力します。
  5. [OK] を 3 回クリックして、すべてのダイアログ ボックスを閉じます。

特定の連絡先の空き時間情報を検索する検索パスを設定する方法

  1. ナビゲーション ウィンドウの [連絡先] をクリックし、次にエントリをダブルクリックして連絡先を開きます。
  2. [詳細] タブをクリックします。
  3. [インターネット空き時間情報] の下の [アドレス] ボックスに、この連絡先の空き時間情報を検索する場所の完全修飾パスを入力します。http://...file://\\...ftp://... など、有効な URL 形式はすべて使用できます。

    有効な形式の例を次に示します。
    ftp://Contactserver/Freebusy/Contactname.vfb
    インターネット空き時間情報は、予定および会議の [スケジュール] タブに表示されます。

IFB 機能を使用して会議を計画する方法

  1. ナビゲーション ウィンドウの [予定表] をクリックし、次に [アクション] メニューの [新しい会議出席依頼] をクリックします。
  2. [スケジュール] タブの [出席者] ボックスに各出席者の名前を入力します。
出席を依頼した人に対して、この資料の「特定の連絡先の空き時間情報を検索する検索パスを設定する方法」で指定した URL パスが検索され、出席者の空き時間情報が会議の計画に自動的に挿入されます。

空き時間情報はデフォルトで 15 分ごとに公開および取得されます。空き時間情報をすぐに更新するには、[ツール] メニューの [送受信] をポイントして [空き時間情報] をクリックします。

プロパティ

文書番号: 827775 - 最終更新日: 2007年10月10日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003 with Business Contact Manager
キーワード:?
kbhowto kbinfo KB827775
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com