[WD2003] Microsoft Word 97 から Microsoft Office Word 2003 へのマクロの変換について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 827890 - 対象製品
Microsoft Word 2000 については、次の資料を参照してください。 232465
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Word 97 VBA (Visual Basic for Applications) マクロを Word 2003 で実行するときに、何らかの変換処理を行う必要はありません。しかし、Word 2003 での機能変更の影響が、Word 2003 での Word 97 マクロの実行方法や実行結果に及ぶ場合があります。

この資料では、Word 97 マクロを Word 2003 で実行する際に注意する必要のある変更点について説明します。

: この資料では、Word 97 より前の WordBasic を使用する Word マクロの変換方法については説明しません。

WordBasic から VBA へのマクロの変換方法については、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスし、資料「WordBasic Migration to Visual Basic」を参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa211926(office.11).aspx

詳細

Word 2003 で Word 97 マクロを実行する際には、以下の変更点に注意してください。

シングル ドキュメント インターフェイス (SDI)

以前のバージョンの Word ではマルチドキュメント インターフェイス (MDI) が使用されていました。Word 2000 以降、MDI に代わってシングル ドキュメント インターフェイス (SDI) が使用されています。SDI を使用すると、Word 文書を開くたびに Word 内に新しい画面が開くのではなく、新しい文書ウィンドウが開きます。この変更が、MDI での動作を前提としたマクロで問題となる場合があります。コードを入念にテストし、このような問題が発生しないことを確認してください。問題が発生しやすいのは、コードで Windows オブジェクトを使用している場合です。

テンプレートの保存場所

Word 2003 では、移動プロファイルでの利便性を考慮してテンプレートの保存場所が変更されました。この変更が既存のマクロに影響を与える可能性があります。

Word 2002 および Word 2003 のテンプレートの保存場所についての関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
291141 WD2002: Categories, Locations, and Registry Keys for Word Templates
: Word 2003 では、下位互換性を保つために Word 97 の STARTUP フォルダからもアドインやテンプレートが読み込まれますが、新しいソリューションは、これとは別の場所に保存されます。

マクロ セキュリティ

Word 2003 ではセキュリティに関して大きな変更が行われました。最大の変更点は、Word 2003 のセキュリティ レベルがデフォルトで [高] に設定されている点です。

Word 2003 では、2 つの STARTUP フォルダのいずれかに保存されている文書テンプレート (*.dot) または Word アドイン ライブラリ (*.wll) が、自動的に読み込まれます。2 つの STARTUP フォルダの 1 つは、Microsoft Office 2003 のプログラム ファイルが格納されているフォルダの下にあります。もう 1 つの STARTUP フォルダは、Microsoft Windows オペレーティング システム ファイルが格納されているフォルダ、またはユーザー プロファイルが有効になっているコンピュータ上の、ユーザー プロファイルが格納されているフォルダの下にあります。

以前のバージョンの Word では、[セキュリティ] ダイアログ ボックスの [すべての組み込み済みのアドインとテンプレートを信頼する] チェック ボックスがオンになっている場合、2 つの STARTUP フォルダに格納されているすべてのアドイン ファイルが信頼されます。Word 2003 では、[オプション] ダイアログ ボックスの [既定のフォルダ] タブの [スタートアップ] に指定された STARTUP フォルダのみが信頼されます。

詳細

Microsoft Word 2003 および Microsoft Office 2003 のマクロ セキュリティの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
285514 OFF: Macros and Add-Ins Do Not Run When Security Is Set to High
287567 OFFXP: Considerations for Disabling VBA in Office XP
290949 WD2002: "The Macros in the Project Are Disabled" Message When You Run a
211607 WD: Frequently Asked Questions About Word Macro Viruses
233396 WD: How to Reduce the Chances of Macro Virus Infection
233396 [WD] マクロ ウイルス感染の可能性を低減する方法

関連情報

VBA と Word 2003 を使用したユーザー定義ソリューションの作成にはさまざまなリソースを利用できます。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
212623 WD2000: Macro Programming Resources

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 827890 (最終更新日 2003-09-23) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 827890 - 最終更新日: 2007年2月12日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Word 2003
キーワード:?
kbinfo KB827890
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com