DNS クエリの応答が Windows Server 2003 のファイアウォールを通過しない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 828263 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

ファイアウォールを経由する DNS クエリの応答が Microsoft Windows Server 2003 ベースのコンピュータに届かない場合があります。

A レコードのクエリなどの一部のクエリは正常に実行されますが、MX レコードのクエリが失敗することがあります。AOL.com、Qwest.net、EarthLink.net などのドメインでは、この問題が発生します。

電子メールの送信者が、次のようなエラー メッセージを含む配信不能レポート (NDR) メッセージを受信することがあります。
以下の受信者にメールが配信できませんでした:
user@earthlink.net (Date Time)
受信者の電子メール サーバーで SMTP の通信に問題が発生しました。システム管理者に連絡してください。
<(Domain.com) #5.5.0 smtp;550-EarthLink does not recognize your computer (xx.xx.xxx.xxx) as connecting from an EarthLink connection. If this is in error, please contact technical support.>

原因

この問題は、ファイアウォールで 512 バイトを超える UDP パケットの転送がブロックされている場合に発生することがあります。

RFC 2671 "Extension Mechanisms for DNS (EDNS0)" で定義されている Extension Mechanisms for DNS (EDNS0) では、DNS リクエスタは UDP パケット サイズをアドバタイズし、512 バイトを超えるパケットを転送することができます。ファイアウォールによっては、デフォルトで、512 バイトを超える UDP パケットをブロックするためのセキュリティ機能が有効になっている場合があります。その結果、DNS クエリが失敗することがあります。

この問題は、PIX Firewall Version 6.3(2) より前のバージョンのソフトウェアがインストールされている一部の Cisco PIX Firewall モデルでも発生する場合があります。Cisco PIX Firewall では、UDP (User Datagram Protocol) ポート 53 に送信された DNS パケットのうち、最大長として構成されている値よりも大きなサイズのパケットは破棄されます。デフォルトでは、UDP パケットの最大長は 512 バイトです。

解決方法

この問題を解決するには、以下のいずれかの方法を使用します。

方法 1

ファイアウォールの製造元に問い合わせて、512 バイトを超える UDP パケットがファイアウォールを通過することを許可する方法について確認します。

更新に関する情報およびこの問題の解決方法については、次の Cisco Systems Web サイトを参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/secursw/ps2120/prod_release_notes_list.html


特定のファイアウォールのベンダへの問い合わせ方法を参照するには、以下のうち該当する「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
65416 ハードウェア関連およびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダの問い合わせ先一覧 (A 〜 K)

60781 ハードウェア関連およびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダの問い合わせ先一覧 (L 〜 P)

60782 ハードウェア関連およびソフトウェア関連のサードパーティ ベンダの問い合わせ先一覧 (Q 〜 Z)


他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

方法 2

Windows Server 2003 サーバーの EDNS0 機能を無効にします。無効にするには、コマンド プロンプトに次のコマンドを入力します。
dnscmd Server Name/Config /EnableEDnsProbes 0

回避策

この問題を回避するには、Windows Server 2003 の EDNS0 機能を無効にします。無効にするには、以下の手順を実行します。
  1. Windows Server 2003 Support Tools の Dnscmd.exe プログラムをインストールします。Windows Support Tools をインストールするには、Windows Server 2003 CD-ROM の Support\Tools フォルダにある [Suptools.msi] を右クリックし、[インストール] をクリックします。Windows Support Tools Setup Wizard の手順に従って Windows Support Tools のインストールを完了します。
  2. コマンド プロンプトに dnscmd /config /enableednsprobes 0 と入力し、Enter キーを押します。
: このコマンドの "enableednsprobes" の後に入力するのは、文字の "O" ではなく、数字の 0 (ゼロ) です。

詳細

UDP パケット サイズに関する本来の DNS の制限は、RFC 1035 "DOMAIN NAMES - IMPLEMENTATION AND SPECIFICATION" で定義されています。RFC 1035 の詳細については、次の IETF (Internet Engineering Task Force) Web サイトを参照してください。
http://www.ietf.org/rfc/rfc1035.txt
RFC 2671 および EDNS0 の詳細については、次の IETF (Internet Engineering Task Force) Web サイトを参照してください。
http://www.ietf.org/rfc/rfc2671.txt
Windows Server 2003 における EDNS0 サポートの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/windowsserver2003/ja/library/ServerHelp/4d90d400-dc49-4772-a679-917c80096a29.mspx?mfr=true
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 828263 - 最終更新日: 2006年5月12日 - リビジョン: 10.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
キーワード:?
kbprb KB828263
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com