削除して、SMS 2003 セカンダリ サイトを再構築する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 828370 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

重要です この資料では、レジストリを変更する方法について説明します。 必ず変更する前にレジストリをバックアップしてください。 問題が発生した場合はレジストリを復元する方法を知っているを確認します。 バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明

現象

親サイトからセカンダリ サイトをインストールするときと、インストール可能性があります応答しなくなり、インストールの失敗を報告するには、親サイトの長い時間がかかる場合があります。 セカンダリ サイトが前に、親サイトの Systems Management Server (SMS) 2003年管理コンソールから削除される場合はも先に、セカンダリ サイトをインストールするジョブを途切れることがなく続行できますが、問題が報告されます。

原因

この問題はいくつか理由から、ネットワークの問題およびディスク領域の問題に限らずなど発生する可能性があります。

回避策

警告 深刻な問題が変更した場合、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用するかをもう 1 つの方法を使用が発生します。 これらの問題のオペレーティング システムには、再をインストールすることが必要に可能性があります。 Microsoft できません、これらの問題責任を負わないこととします。 ユーザー自身の責任においてレジストリを変更します。

この問題を回避するには、手動で、セカンダリ サイトのインストールを終了してそれを対象となるコンピューターから削除します。

メモ サイト コードを再利用する場合に特には、インストールから古い情報はすべてを削除する必要があります。

手動で中止し、障害が発生したセカンダリ サイトを削除するには、次の手順に従います。
  1. [スタート ] をクリックして、 すべてのプログラム をポイントし、 Systems Management Server ] をポイントし、[ SMS Administrator Console ] をクリックします。
  2. サイト Settings\Addresses を検索するサブツリー。
  3. 障害が発生した、セカンダリ サイトのアドレスを右クリックし、 削除 します。、
  4. 失敗したセカンダリ サイトをデータベースから削除するには、SMS の親サイトでの Preinst.exe ツールを使用、次の手順に従います。
    1. SMS プライマリ サイト (親) コンピューターで、 開始 ] をクリックして [ 実行 ] をクリックします。
    2. ファイルを開く ボックスに cmd と 入力し、 [OK] を実行します。
    3. コマンド プロンプトで cd\ を入力して Enter キーを押します。
    4. CD の sms\bin\i386\00000409 を入力して Enter キーを押します。
    5. Preinst と DELSITE SiteCode ParentCode、Enter キーを押します。

      メモ SiteCode は、セカンダリ サイトのサイト コードをあり ParentCode は、親サイトのサイト コードです。
  5. サイトへの保留中または作業中のジョブを削除する入力 Preinst と DELJOB SiteCode 、Enter キーを押します。

    メモ SiteCode はセカンダリ サイトのサイト コードです。PREINST ツールを使用する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
    212978Systems Management Server 2. 0 の Preinst.exe の説明
  6. 確認するセカンダリ サイトが完全に削除するには、手順します。
    1. 実行されている SMS または Winmgmt サービスはいることを確認なし、SMSBootstrap サービスを含む、コンピューター上します。 これらのサービスが実行されている場合、サービスを停止して、 スタートアップの種類 手動 ] に変更します。
    2. レジストリ エディターを使ってことを確認に、次の SMS レジストリ キーが削除されます。
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SMS
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\NAL
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SMS_Executive
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SMS_Site_Component_Manager
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SMS_Bootstrap
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\CLISVC

      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SMS_Discovery_Data_Manager
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SMS_Lan_Sender
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SMS_Scheduler
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SMS_Site_Backup
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SMS_Software_Metering_Processor
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SMS_Status_Manager
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_CLISVC
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_SMS_BOOTSTRAP
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_SMS_EXECUTIVE
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_SMS_HARDWARE_INVENTORY_AGENT_SERVICE
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_SMS_KEY_CREATION_SERVICE
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_SMS_SERVER_BOOTSTRAP_
        servername
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\Root\LEGACY_SMS_SITE_COMPONENT_MANAGER
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Eventlog\Application\SMS Client
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Eventlog\Application\SMS Performance Data Provider
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Eventlog\Application\SMS Provider
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Eventlog\Application\SMS Remote Control
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Eventlog\Application\SMS Server
      • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Eventlog\Application\SmsClient
    3. 次のフォルダーは削除することを確認します。
      • X: \sms
      • X: \SMSBootstrap.log
      • X: \SMSBootstrap.ini
      • X: \SMSBootstrap.pkg
      • %Winnt%\MS\SMS
      メモ X は、SMS インストール ドライブです。

      メモ 必要に応じて、一部のファイルとフォルダーを削除するコンピューターの再起動します。
    4. CAP_ SiteCode SMSPKG drive $ 共有とその対応するフォルダーは、クライアント アクセス ポイントのコンピューターから削除するかを確認します。

      メモ SiteCode は、セカンダリ サイトのサイト コードあり、drive はドライブ文字です。
    5. 任意のサイト固有のアカウントまたはグループは削除を確認、SMS_SiteSystemToSiteServerConnection_ sitecode および SMS_SiteToSiteConnection_ SiteCode グループを含みます。

      メモ SiteCode はセカンダリ サイトのサイト コードです。
    6. インターネット情報から、次のオブジェクトを削除サービス (IIS) マネージャー (存在する) 場合。

      [IIS 6. 0) でのみのアプリケーション プール。
      • CCM サーバー フレームワークのプール
      • SMS 配布ポイントのプール
      • SMS 管理ポイントのプール
      • SMS サーバーの場所のポイント プール
      [IIS 5. 0 または IIS 6. 0) での Web サイトを既定の値。
      • CCM_Incoming
      • CCM_Outgoing
      • CCM_System
      • SMS_DP_ <package_share>
      • SMS_MP
      • SMS_SLP
    7. サーバーを再起動してください。

      メモ サーバーをするサービス、SMS のいずれかを確認する再起動される必要が実行されていませんが手順 6b でレジストリから削除します。 これらのサービスがまだ実行中、セカンダリ サイトを再インストールしようとすると場合は、セットアップ プログラムは、これらのサービスを削除しようがあるため、既に削除されて、レジストリから、削除は失敗します。
これらのアイテムは削除すると、サイト コード、セカンダリ サイトを再インストールを再利用できます。

セカンダリ サイトを再構築する方法

  1. セカンダリ サイトを再インストールします。 できるだけ早くをクライアントへの影響を最小限に抑える、セカンダリ サイトのインストールを開始します。

    インストールを上げるに「をインストールする、セカンダリ サイトを使用して SMS セットアップ」、 『 SMS 2003 展開ガイド 』 でしてください。 このガイドを入手するには、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc181264.aspx
    ここでは、CD-ROM から直接、サイトを設定する方法について説明します。 この手順で、76 メガバイト (MB) をバイパス - ネットワーク インストール パッケージと、CD-ROM から直接インストールします。

    重要です 標準セキュリティを使用する場合、は、正しいアカウントとパスワードが指定されているを確認します。 問題を診断および修復困難使用でき、手順を繰り返すことがあります。 成功の確認するには、アカウントを事前テストします。 これを行うには、指定したアカウントを使用して、新しいプライマリ サイトにログオンし、共有に、セカンダリ サイトの c $、d の $、および管理者 $ に接続します。 作成、読み取り、およびプライマリ サイト ドライブにセカンダリ サイト ドライブからフォルダーとファイルへの書き込みおよび再び。
  2. セカンダリ サイトを再構成します。 セカンダリ サイトをインストールした直後後、およびサイト構成の更新は、親サイトに反映されますが間には、SMS 管理 MMC を使用してを不必要にその構成を変更する必要がなくなりますクライアントを防ぐこと設定を構成します。

プロパティ

文書番号: 828370 - 最終更新日: 2007年2月1日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Systems Management Server 2003 Enterprise Edition
キーワード:?
kbserver kbsetup kbsmsadmin kbprb kbmt KB828370 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:828370
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com