クライアントがドメインにログオンするたびに、割り当てられたパッケージが再インストールされる

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 828452 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

とき、ドメインのユーザーに、パッケージを割り当てるグループ ポリシー オブジェクトを作成する] クリックする、パッケージ、そのパッケージの 展開 ] タブで ログオン時にこのアプリケーションをインストールする ] チェック ボックスをオンを再インストール Microsoft Windows XP Professional クライアント コンピューターでユーザー、ドメインにログオンするたびにします。

ユーザーが、ドメインにログオンするたび、再インストールするパッケージは見込めない。

原因

この問題が発生する可能性があるのは、以下の両方に該当する場合です:
  • ドメイン ユーザーは、移動ユーザー プロファイルで構成されます。
  • ドメインまたは組織単位が、ユーザーがある場所はの一時記憶された移動プロファイルのコピーを削除するように構成されているグループ ポリシーがあります。
この問題はユーザー関連の設定をすべて削除し、ユーザーのログオフ時に次のフォルダーの場所からユーザーごとの Microsoft Windows インストーラー パッケージ情報を削除するには、 DeleteProfile 関数は呼び出される一時記憶された移動プロファイルのコピーを削除するポリシーを構成する場合ために発生します。
System32\AppMgmt\ User-SID
ユーザーが次にログオンしたとき、ドメインに、その他関連 Windows インストーラーのユーザーのレジストリ ハイブに情報が移動プロファイルが格納されるサーバーからダウンロードします。 プログラム インストール エンジンには、ユーザーのレジストリ ハイブに情報と一致する割り当てられているパッケージし再インストールします。

解決方法

Service Pack 情報

この問題を解決するには、Windows XP 用の最新のサービス パックの入手します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
322389How to Obtain the Latest Windows XP Service Pack JP322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法

修正プログラムについて

サポートされている修正プログラムが Microsoft から提供されています。 ただし、ことを目的としたこの修正プログラムものですこの資料に記載されている問題のみを修正します。 この修正プログラムのみシステムに適用この特定の問題が発生しています。 この修正プログラム テストを受ける可能性があります。 そのため場合この問題で深刻な影響を受けていないお勧めしますこの修正プログラムを含む、次回ソフトウェアの更新されるまで待つことです。

修正プログラムをダウンロードできる場合はこの資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合、は、マイクロソフト カスタマーサービス & サポート修正プログラムを入手するを問い合わせてください。

メモ 追加問題が発生する場合は、個別のサービス要求を作成した任意のトラブルシューティングが必要な場合。 通常のサポート料金が追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題について適用されます。 一覧については、完了マイクロソフト カスタマーサービス & サポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムが利用する言語が表示されます。 お使いの言語が表示されない場合、修正プログラムがその言語に対応しないのでは。

前提条件

Windows XP Service Pack 1 (SP1) この修正プログラムをインストールする実行していることが必要です。 Windows XP SP1 を入手する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
322389How to Obtain the Latest Windows XP Service Pack JP322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

修正この修正プログラムはプログラム置き換えられることもほかありません。

ファイル情報

この修正プログラムがファイル属性 (またはそれ以降) 次の表は、されている可能性もします。 これらのファイルの日時に協定時刻 (UTC) 記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネル]、日付と時刻ツールの [ タイム ゾーン ] タブを使用してください。

Windows XP Professional

   Date         Time   Version        Size       File name
   ---------------------------------------------------------
   22-Oct-2003  03:47  5.1.2600.1266    313,856  Cscui.dll
   12-Sep-2003  17:34                 1,515,616  System.adm
   22-Oct-2003  03:47  5.1.2600.1267    672,768  Userenv.dll

Windows XP (64 ビット版)

   Date         Time   Version        Size       File name     Platform
   --------------------------------------------------------------------
   22-Oct-2003  04:04  5.1.2600.1266    688,640  Cscui.dll     IA-64
   12-Sep-2003  18:35                 1,515,616  System.adm
   22-Oct-2003  04:04  5.1.2600.1267  1,708,032  Userenv.dll   IA-64
   22-Oct-2003  04:47  5.1.2600.1266    313,856  Wcscui.dll    x86
   22-Oct-2003  04:47  5.1.2600.1267    672,768  Wuserenv.dll  x86
この修正プログラム、新しいグループをインストールした後ポリシー設定は利用します。 この設定では、Windows インストーラーを回避できますから削除されている情報。 クライアント コンピューターでこれを有効に、次の手順に従います。
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 gpedit.msc ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。
  2. コンピューターの構成 の展開、 管理用テンプレート の展開、 システム ] を展開し、 ユーザー プロファイル
  3. 、右側のウィンドウでダブルクリック しない Windows インストーラーおよびグループ ポリシー ソフトウェア インストール データ
  4. [ 有効] に 、] をクリックし、 [OK] を実行します。
メモ このグループ ポリシー設定適用すると、割り当てられているパッケージは、最初にログオン、ネットワークともう一度インストールされます。 これは、ユーザーが最後にログオフするときに、Windows インストーラー情報が削除ためです。 ただし、割り当てられているパッケージは、それ以降のログオン時に再インストールされません。

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。 この問題は、Microsoft Windows XP Service Pack 2 で最初に修正されました。

詳細

この修正プログラムをインストールしグループ ポリシーを使用して新しい動作を構成すると、 DeleteProfile の動作が変更します。 DeleteProfile なったプログラム インストール情報を削除します。 つまりプログラムのインストール情報がしない削除、ログオンする場合でも、特定のユーザーしないクライアント コンピューターに再度。 Windows XP クライアント コンピューターを新しい System.adm テンプレートを提供するこの修正プログラムを適用します。 .adm テンプレートの次の部分が変更されます:
CATEGORY !!AdministrativeServices

 

POLICY !!LeaveAppMgmtData

#if version >= 4

SUPPORTED !!SUPPORTED_WindowsXPSP2

#endif

 

EXPLAIN !!LeaveAppMgmtData_Help

KEYNAME "Software\Policies\Microsoft\Windows\System"

VALUENAME "LeaveAppMgmtData"

END POLICY

、既存の.adm テンプレートをこの情報をドメイン コントローラー上で追加するかこのコードを使用してカスタム.adm テンプレートを作成することができます。 お勧めします、既存の.adm テンプレート ファイルを変更しないでこれらのファイル可能性があります、将来のサービス パックによって更新されるため。 このシナリオでは、変更が失われますこれらのファイルにします。 .adm ファイルに情報を追加するとときを [Strings] に次のヘルプ テキスト情報も含める必要がありますそのファイルのセクション:
LeaveAppMgmtData="Leave Windows Installer and Group Policy Software Installation Data"
LeaveAppMgmtData_Help="Determines whether the system retains a roaming user’s Windows Installer and Group Policy based software installation data on their profile deletion.\n\nBy default User profile deletes all information related to a roaming user (which includes the user’s settings, data, Windows Installer related data etc.) when their profile is deleted. As a result, the next time a roaming user whose profile was previously deleted on that client logs on, they will need to reinstall all apps published via policy at logon increasing logon time. You can use this policy to change this behavior.\n\nIf you enable this setting, Windows will not delete Windows Installer or Group Policy software installation data for roaming users when profiles are deleted from the machine. This will improve the performance of Group Policy based Software Installation during user logon when a user profile is deleted and that user subsequently logs on to the machine.\n\nIf you disable or do not configure this policy, Windows will delete the entire profile for roaming users, including the Windows Installer and Group Policy software installation data when those profiles are deleted.\n\nNote: If this policy is enabled for a machine, local administrator action is required to remove the Windows Installer or Group Policy software installation data stored in the registry and file system of roaming users’ profiles on the machine."
SUPPORTED_WindowsXPSP2="At least Microsoft Windows XP Pro with SP2"
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 828452 - 最終更新日: 2007年12月1日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbwinxpsp2fix kbwinxppresp2fix kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB828452 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:828452
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com