FIX マージ レプリケーションの補正変更処理をユーザーが制御できます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 828637
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

時マージ レプリケーションを使用して、マージ エージェントは、同期が発生する可能性があります。エラーを挿入する場合は、更新、変更、または削除、変更することはできません。同期先レプリカで主キーを含むさまざまな理由を適用違反、パブリッシャーまたはサブスクライバーで。マージ エージェントは常に送信します。障害が発生した変更を元に戻すには、同期元レプリカの変更を補正します。差し込み印刷エージェントがデータであるかどうかを確認するのには、補正変更処理を実行します。すべてのレプリカで一貫性があり convergent 状態に維持します。せず、変更を補正、データ レプリカの間でエラーなどと異なる場合がありますが主キー違反が発生します。レプリカ間でデータが変化する場合は、データの非収束に発生します。

この修正プログラムの前に、方法はありませんでした。許可するプロセスは、補正を制御するのには、ユーザーを変更します。補正変更プロセスは、マージ エージェントによって内部で処理されました。このプロセス処理された内部で、マージ エージェントで、その理由をトラブルシューティングすることは困難でした特定競合が発生しました。また、競合する行があるため削除されます。かに元に戻すトポロジ全体のすべてのレプリカは、行のデータが削除されます。ヘルプするのにはこれらの問題を解決する、マイクロソフトが新しいアーティクル レベル プロパティを追加しましたマージ レプリケーションの補正変更を制御するユーザーことができます。プロセスです。

解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Microsoft SQL Server 2000年用の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
290211 SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

修正プログラムの情報

英語この修正プログラムのバージョンがファイル属性 (またはそれ以降) の一覧を表示次の表。日付および時刻これらのファイルに一覧表示されます。世界協定時刻 (UTC)。ファイル情報を表示する場合は、現地時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用してください。は、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
   Date         Time   Version            Size    File name
   ----------------------------------------------------------------------
   31-May-2003  18:45  2000.80.818.0      78,400  Console.exe      
   25-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0      33,340  Dbmslpcn.dll     
   25-Apr-2003  02:12                    786,432  Distmdl.ldf
   25-Apr-2003  02:12                  2,359,296  Distmdl.mdf
   30-Jan-2003  01:55                        180  Drop_repl_hotfix.sql
   26-Aug-2003  20:16  2000.80.854.0     528,960  Dtspump.dll      
   23-Jun-2003  22:40  2000.80.837.0   1,557,052  Dtsui.dll        
   23-Jun-2003  22:40  2000.80.837.0     639,552  Dtswiz.dll       
   24-Apr-2003  02:51                    747,927  Instdist.sql
   03-May-2003  01:56                      1,581  Inst_repl_hotfix.sql
   08-Feb-2003  06:40  2000.80.765.0      90,692  Msgprox.dll      
   01-Apr-2003  02:07                      1,873  Odsole.sql
   05-Apr-2003  01:46  2000.80.800.0      62,024  Odsole70.dll     
   07-May-2003  20:41  2000.80.819.0      25,144  Opends60.dll     
   02-Apr-2003  21:48  2000.80.796.0      57,904  Osql.exe         
   02-Apr-2003  23:15  2000.80.797.0     279,104  Pfutil80.dll     
   04-Aug-2003  18:17                    550,780  Procsyst.sql
   22-May-2003  22:57                     19,195  Qfe469571.sql
   06-Sep-2003  01:36                  1,090,932  Replmerg.sql
   06-Sep-2003  07:18  2000.80.858.0     221,768  Replprov.dll     
   06-Sep-2003  07:18  2000.80.858.0     307,784  Replrec.dll      
   06-Sep-2003  00:00                  1,087,150  Replsys.sql
   13-Aug-2003  16:28                    986,603  Repltran.sql
   29-Jul-2003  20:13  2000.80.819.0     492,096  Semobj.dll       
   31-May-2003  18:27  2000.80.818.0     172,032  Semobj.rll
   05-Aug-2003  21:06                    127,884  Sp3_serv_uni.sql
   01-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0   4,215,360  Sqldmo.dll       
   07-Apr-2003  17:44                     25,172  Sqldumper.exe    
   19-Mar-2003  18:20  2000.80.789.0      28,672  Sqlevn70.rll
   02-Jul-2003  00:18  2000.80.834.0     180,736  Sqlmap70.dll     
   03-Sep-2003  02:56  2000.80.857.0     188,992  Sqlmmc.dll       
   02-Sep-2003  23:03  2000.80.857.0     479,232  Sqlmmc.rll
   08-Feb-2003  06:40  2000.80.765.0      57,920  Sqlrepss.dll     
   06-Sep-2003  07:19  2000.80.858.0   7,598,161  Sqlservr.exe     
   25-Jul-2003  21:44  2000.80.845.0     590,396  Sqlsort.dll      
   08-Feb-2003  06:40  2000.80.765.0      45,644  Sqlvdi.dll       
   25-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0      33,340  Ssmslpcn.dll     
   01-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0      82,492  Ssnetlib.dll     
   01-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0      25,148  Ssnmpn70.dll     
   01-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0     158,240  Svrnetcn.dll     
   31-May-2003  18:59  2000.80.818.0      76,416  Svrnetcn.exe     
   30-Apr-2003  23:52  2000.80.816.0      45,132  Ums.dll          
   02-Jul-2003  00:19  2000.80.834.0      98,816  Xpweb70.dll      

メモ ファイルの依存関係、最新の修正プログラムまたは機能のためのこれらを含むファイルにはその他ファイルです。

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認していますこの資料の「対象」] セクションで。この問題は、最初 Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 で修正済みです。

詳細

この修正プログラムは、新しい「レベルを追加する compensate_for_errors マージ パブリケーションのプロパティです。このプロパティを設定ことができます。true または false を使用します。このプロパティの既定値は true です。既定の設定補正の変更を発行するのには、マージ レプリケーションを継続します。すべての以前のリリースと service pack では。このプロパティを true と、挿入の変更、更新の変更、または削除の変更設定です。同期先レプリカに適用できません。さまざまな理由 (パブリッシャー、主キー違反が発生、またはサブスクライバー、たとえば)、マージ エージェントに補正の変更を元に戻すには、同期元レプリカに送信する、変更します。

場合は、 compensate_for_errors プロパティが false に設定し、変更を適用できません、同期先のレプリカ、補正アクションは発行しないと失敗した変更データベース管理者は、エラーが解決するまでの競合として状態です。マージ エージェントの各列をレプリケートしようとしています 2 回目以降。エラー状態が解決されるまで同期を実行します。

ダウンレベルサブスクリプションのエージェントの特にプル サブスクライバーは、この修正プログラムはありません。インストールされているものとして動作するように引き続き、 compensate_for_errors この修正プログラムをインストールした場合でも、プロパティは true に設定されてパブリッシャーでと、 compensate_for_errors プロパティが false に設定されてパブリッシャー側では。そのため、ユーザーをすべてアップグレードする必要があります。サブスクライバーは、この機能を使用する場合は、この修正プログラムには新しいによって提供されます。 compensate_for_errors [プロパティ] します。このアップグレードにわたって一貫性のある動作をすることができます。トポロジです。

Microsoft SQL Server 2000 Windows CE のエディションについてサブスクライバー ダウンロードの競合がすべての SQL Server 同様します。リリースでは、かかわらず、 compensate_for_errors プロパティの設定値。ただしの設定は、 compensate_for_errors プロパティが補正の変更を生成するかどうかを決定します。エラーや競合 SQL Server CE のサブスクライバーにからのアップロード中に、SQL Server の発行元 (場合パブリッシャーとを実行しているコンピューターの両方(IIS) にアップグレードされていません。修正プログラム)。

このプロパティで公開されますが sp_addmergearticle ストアド プロシージャとは sp_changemergearticle 新しい名前付きパラメーターとしてストアド プロシージャ @ compensate_for_errors.SQL Server エンタープライズ マネージャーでは、このプロパティは公開されません。再初期化しないで既存のアーティクルにこのプロパティを変更できます。このプロパティの一般的な用途です。
exec sp_addmergearticle @publication = N'mypubl1', @article = N'authors', @source_owner = N'dbo', @source_object = N'authors', @compensate_for_errors='false'
or
exec sp_changemergearticle  @publication='mypubl1',@article='authors', @property='compensate_for_errors',@value='false'

SQL Server 2000 Books online のトピック「sp_addmergearticle」への追加

sp_addmergearticle [@compensate_for_errors = ]
		  'compensate_for_errors'
は、 compensate_for_errors 補正アクションが取得されるかどうか、プロパティを制御します。同期中にエラーが発生します。は、 @ compensate_for_errors パラメーターは nvarchar(5) として定義されているし、既定値に設定されてtrue。既定では、サブスクライバーで適用できない変更は、アクションを補正するのには常に同期中にパブリッシャーをリードします。変更を逆にします。ただし、いずれかのサブスクライバーが正しく構成、生成エラーで他のサブスクライバーとパブリッシャーに加えられた変更が発生することができます逆に誤って。設定は、 compensate_for_errors プロパティを false にこのアクションを補正を無効にします。

メモ 設定は、 compensate_for_errors プロパティを false の非収束を可能性があります。

SQL Server Books online のトピック「sp_changemergearticle」への追加

sp_changemergearticle [ @publication = ] 'publication' , [ @article = ] 'article' [ , [
		  @property = ] 'property' ] [ , [ @value =] 'value' ]
元に戻す全体を表示する
プロパティ説明
compensate_for_errorsTrue を指定します。補正同期中にエラーを発生すると、アクションが実行されます。これで、既定の動作です。
compensate_for_errorsFalse 補正アクションはありません。実行

メモ 設定は、 compensate_for_errors プロパティを false の非収束を可能性があります。

は、次の select ステートメントを指定するかどうか、 compensate_for_errors プロパティには true または false に設定されます。
select CASE compensate_for_errors WHEN 0 THEN ‘FALSE’ ELSE ‘TRUE’ END from sysmergearticles where name = ‘NameOfTheArticle’

ので、 compensate_for_errors 共有プロパティの値の特定のアーティクルのプロパティであります。「複数のパブリケーションに (などの所属している場合は一致させる必要があります。リパブリッシャーのシナリオと代替同期パートナーを使用)。これほとんどの場合、条件が適用されます。ただし、ユーザーの責任です。確認するのには compensate_for_errors プロパティが同じ値は、特定の記事のすべてに、記事を共有する文書。もう一度、この一貫性のある動作を確実します。トポロジにわたって。

メモ 場合は、レプリケートされたデータベースのバックアップを復元する必要があります。SQL Server のインスタンスにこの修正プログラムを適用する前に、のバックアップ作成、実行、 sp_vupgrade_replication ストアド プロシージャに必要なパラメーターに対して、SQL、復元されたデータベースで使用するサーバーのインスタンス複製します。

詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 828637 - 最終更新日: 2014年2月26日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbsqlserv2000presp4fix kbhotfixserver kbmt KB828637 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:828637
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com