Windows 2000 Post-Service パック 4 COM + 1. 0 の FIX 可用性修正プログラム ロールアップ パッケージ 28

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 828748 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここで Microsoft COM + バグで修正される Microsoft Windows 2000 の Post-Service Pack 4 (SP4) COM + 1. 0 ロールアップ パッケージ 28 を一覧します。 各パッケージには、以前の Windows 2000 COM+ 1.0 ロールアップ パッケージでリリースされたすべての修正プログラムが含まれています。

この修正プログラム パッケージで解決される問題

この修正プログラム パッケージにより、以下の問題が解決されます:
  • 829211MiniJIT ジャスト イン タイム-呼び出し元のコンテキストに参加する COM + コンポーネントをアクティブ化を許可します。
  • 828743[FIX] キューの作業を終了するスレッドをしようとすると、アクセス違反が表示されます。
  • 829212別に 1 つのスレッドからユーザー定義型をマーシャリングするときに COM + でメモリ リークが発生します。
  • 829202IRunningObjectTable::EnumRunning メソッドは null IEnumMoniker 変数を返します
  • 829201BSTR 型を格納するユーザー定義型の値で渡す場合、Dllhost.exe プロセスがクラッシュします。
  • 829181コンポーネント サービス MMC スナップインがクラッシュ既に登録されている COM + コンポーネントをインポートするとき
  • 829180COM + イベント システムで競合状態可能性、破損した IEventSubscription オブジェクトの検出
  • 829179DTS を使用して SQL Server と Oracle データベース間でデータを転送する場合、Microsoft 分散トランザクション サービスがクラッシュします。
  • 829178Microsoft 分散トランザクション サービスのクラッシュを失わ、COM + キュー コンポーネントのメッセージ
  • 829159[FIX、Mtxoci.dll モジュール MSDTC XA トランザクション マネージャーのスレッド リーク可能性があります。
次の問題もこの修正プログラム パッケージで修正されたの「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料が以前記載されていません。
  • Msdtcprx.dll [セッション] ボックスの一覧のロックをリークし、Msdtc.exe 応答を停止 (ハング) します。
  • あり、Mtxoci.dll 存在、Microsoft 分散トランザクション サービス (MSDTC) の新規トランザクション Mtxoci.dll、中断の要求を待機します。

    この修正プログラムを有効にするには、手動で QueueOciWork レジストリ エントリを入力する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します:
    1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。
    2. レジストリで次のサブキーを見つけてクリックします:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSDTC
    3. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ DWORD 値 ] をクリックします。
    4. QueueOciWork を入力して Enter を押します。
    5. [ 編集 ] の [ 変更 を] をクリックします。
    6. [ 10 進 ] をクリックし、 値のデータ ] 1 を入力して [OK] をクリックします。
  • キュー コンポーネント (QCs) メッセージを処理できません。
  • Comsvcs.dll が、Microsoft Visual Basic .NET コンソール アプリケーションを停止 (ハング) します。
  • 競合状態が COM 負荷の分散が誤ったサーバー上のオブジェクトをアクティブにします。
  • CTransactionVoter クラスには、トランザクションの中止通知が無視されます。
  • インダウトのトランザクションは、正しくインダウトのトランザクションの一覧から削除されません。

詳細

修正プログラムについて

サポートされている修正プログラムしますです、はのみことを目的としていますこの資料に記載されている問題を解決します。 この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用します。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。 Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 特殊な場合は、Microsoft Support 担当者により、特定の更新は問題が解決される場合料金がサポート通常発生する可能性があります取り消されます。 通常のサポート料金が追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題について適用されます。

前提条件

この修正プログラムをインストールするには Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) 必要があります。 またはコンピューターにインストールされて後。

再起動について

この修正プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要があります。

修正プログラム置き換えに関する情報

この修正プログラムは、これ以降の修正プログラムで置き換えられることはありません。

Windows 2000 COM+ 1.0 ロールアップ パッケージに含まれている修正プログラムは累積的です。 以前のプログラムのロールアップ パッケージで修正される問題の一覧を次のマイクロソフト サポート技術情報の基本資料に含みます。
  • 822618Windows 2000 Post-Service パック 4 COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 27 の情報: 利用可能時間

レジストリについて

作成するか、なレジストリ キーでこのパッケージに含まれている修正プログラムを開くの変更がありません。

修正プログラム ファイル情報

この修正プログラムには、この資料では、ある問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。 この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。

この修正プログラムがファイル属性 (またはそれ以降) 次の表は、されている可能性もします。 これらのファイルの日時に協定時刻 (UTC) 記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネル]、日付と時刻ツールの [ タイム ゾーン ] タブを使用してください。
   Date         Time   Version        Size         File name
   ------------------------------------------------------------
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0      169,232  Catsrv.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0      595,728  Catsrvut.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0       96,528  Clbcatex.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0      552,720  Clbcatq.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0       41,744  Colbact.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0      198,416  Comadmin.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0       97,552  Comrepl.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3421.351    342,288  Comsetup.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0    1,467,664  Comsvcs.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0      625,936  Comuid.dll
   23-Jan-2004  00:04  2000.2.3510.0    1,812,968  Dtcsetup.exe
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0      239,888  Es.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0       96,016  Msdtclog.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0      716,560  Msdtcprx.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0    1,139,984  Msdtctm.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0      153,872  Msdtcui.dll
   23-Jan-2004  00:20  2000.2.3510.0      155,408  Mtstocom.exe
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0       52,496  Mtxclu.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0       26,896  Mtxdm.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0       35,600  Mtxlegih.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0      120,592  Mtxoci.dll
   26-Jan-2004  18:21  5.0.2195.6892      953,616  Ole32.dll
   26-Jan-2004  18:21  5.0.2195.6890      435,472  Rpcrt4.dll
   26-Jan-2004  18:21  5.0.2195.6892      211,216  Rpcss.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0      398,608  Txfaux.dll
   26-Jan-2004  18:21  2000.2.3510.0       18,704  Xolehlp.dll

関連情報

リリース済みはそのソフトウェア問題に対する対応時に Microsoft によって使用される用語の追加についてはをクリックして次「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

828741セキュリティ更新プログラム MS07-012: 累積的な更新プログラム Microsoft RPC や DCOM

プロパティ

文書番号: 828748 - 最終更新日: 2006年8月28日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft COM+ 1.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbhotfixrollup kbwin2000presp5fix kbhotfixserver kbmt KB828748 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:828748
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com