Windows Small Business Server 2003 で http://companyweb データをバックアップおよび復元する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 829112 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、Microsoft Small Business Server 2003 での Windows SharePoint Services 2. 0 http://companyweb データベースをバックアップする方法および元サーバーにデータベースを復元する方法について説明します。 か、バックアップと復元操作を Microsoft Windows NT バックアップを使用して、Stsadm.exe コマンド ライン ツールを使用しています。

これらの手順にするには、次条件を満たす必要があります。
  • バックアップ操作を実行する同じサーバーにデータベースを復元する必要があります。
  • 次の Windows SharePoint Services 2. 0 データベースとログ ファイルは、サーバー上にする必要があります。
    • STS_Config.mdf
    • STS_Config_log.ldf
    • STS_Servername_1.mdf
    • STS_Servername_1_log.ldf

バックアップおよび Windows NT バックアップを使用して、Windows SharePoint Services http://companyweb データベースを復元します。

  1. バックアップする、Windows SharePoint Services 2. 0 の http://companyweb データベースを Windows NT バックアップを使用して次の手順を実行します。
    1. の開始 ] をクリックしてポイント すべてのプログラム [アクセサリ] をポイントし、 システム ツール ] をポイントして [ バックアップ ] をクリックします。
    2. バックアップまたは復元ウィザード] で [ 高度なモード ] をクリックしてから バックアップ ] タブをクリックします。
    3. クリックして、Windows SharePoint Services 2. 0 データベースがインストールされているフォルダーのチェック ボックスを選択します。 既定では、これは \Program Files\Microsoft Server\MSSQL $ SQL SharePoint\Data

      メモ 既定のインストール フォルダーを Windows SharePoint Services 2. 0 データベース。
    4. バックアップの保存先を指定して、 [開始] をクリック します。
  2. Windows NT バックアップを使用して、Windows SharePoint Services 2. 0 http://companyweb データベースの復元、次の手順に従います。

    メモ このアクションの上書き、既存の Windows SharePoint Services 2. 0 のデータベース。 バックアップをするを作成おくお勧めします \Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL $ の現在の SharePoint\Data フォルダー ファイルを復元する前にします。
    1. の開始 ] をクリックしてポイント すべてのプログラム [アクセサリ] をポイントし、 システム ツール ] をポイントして [ バックアップ ] をクリックします。
    2. バックアップまたは復元ウィザードで、[ 詳細モード ] をクリックします。
    3. クリックして メディアの復元と管理 ] タブ。
    4. テープ ドライブまたは手順 1 でバックアップする http://companyweb データベースを含む他のバックアップ ストレージ デバイスを選択します。
    5. Windows SharePoint Services のデータベースがインストールされているフォルダーのチェック ボックスをクリックします。 既定では、これは \Program Files\Microsoft Server\MSSQL $ SQL SharePoint\Data
    6. [ ツール ] メニューの [ オプション ] をクリックします。
    7. [ 復元 ] タブをクリックしてをオン、 常にコンピューターにファイルを置き換える ] チェック ボックス [ OK] をクリック します。

    8. ファイルの復元先 元の場所 に設定ことされている確認し、[ 復元の開始 </a0>] をクリックします。 データの復元を開始する、 [OK] をクリックします。

      メモ 復元の開始 をクリックすると、 [復元の確認 ] ダイアログ ボックスで [詳細設定] のクリックできます。 作成お勧めすることする操作を行いましていない変更、既定の高度な復元オプションを復元が成功したことがわかってまで。

      詳細な復元オプションの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    9. 復元が完了したら、して [はい] サーバーを再起動する [ 閉じる [ 復元の進行状況 ] ダイアログ ボックスをクリックします。

バックアップおよび Stsadm.exe コマンド ライン ツールを使用して、Windows SharePoint Services http://companyweb データベースを復元します。

  1. Stsadm.exe を使用して Windows SharePoint Services 2. 0 http://companyweb データベースのバックアップ、次の手順を実行します。
    1. 実行 を [ 開始 ] をクリックします。
    2. ファイルを開く: ] ボックスし、 cmd ] を入力して [OK] をクリックします。
    3. コマンド プロンプトに次の行を入力し、Enter キーを押します:
      cd %programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\60\BIN
    4. コマンド プロンプトで次は、ここで Backup_Path は、バックアップ ファイルのパスを入力して Enter キーを押します。
      stsadm-o バックアップ - URL http://companyweb - filename Backup_Path


      たとえば、 stsadm-o バックアップ - URL http://companyweb - ファイル名 c:\backup.dat を入力する場合はバックアップする http://companyweb、Backup.dat ファイルに。 このファイルは C ドライブです。 のルート ディレクトリにあります。

      メモ このコマンドでは、http://companyweb のトップレベル Web サイトとそのサブ Web をのみバックアップします。 追加のトップレベル Web サイトを持っている場合 Stsadm.exe を各トップレベル サイトをバックアップする使わなければなりません。
    5. 終了 を入力して Enter を押します。
  2. Stsadm.exe を使用して、Windows SharePoint Services 2. 0 http://companyweb データベースの復元、次の手順に従います。
    1. 実行 を [ 開始 ] をクリックします。
    2. ファイルを開く: ] ボックスし、 cmd ] を入力して [OK] をクリックします。
    3. コマンド プロンプトに次の行を入力し、Enter キーを押します:
      cd %programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\web サーバー extensions\60\BIN
    4. コマンド プロンプトで次は、ここで Backup_Path は、バックアップ ファイルのパスを入力して Enter キーを押します。
      stsadm-o - URL http://companyweb - ファイル名 Backup_Path の復元 - 上書き


      たとえば、 stsadm-o - URL http://companyweb - ファイル名の c:\backup.dat の復元 - 上書き を入力する場合は、Backup.dat ファイルから http://companyweb を復元します。 このファイルは C ドライブです。 のルート ディレクトリにあります。
    5. 終了 を入力して Enter を押します。

http://companyweb データベースの毎日のバックアップを作成するスクリプトの例

マイクロソフトは提供プログラミング言語の使用方法の一例としてのみ、姿表現または暗黙に提供します。 これはに含まれますに、黙示または商品性および特定目的に対する適合性の黙示保証は一切制限はありません。 この資料ではであると見なすは、例示されているプログラミング言語を作成したりプロシージャをデバッグするためのツールと使い慣れた。 マイクロソフト サポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供する構築手順、特定の要件を次の例は変更されません。 スクリプト例は、次は週の日の番号が付けられた値を使用します。 スクリプトは、X:\Backups の場所に、スクリプトを作成するバックアップ ファイルの名前をこの数をし追加します。 このスクリプトを使用し、次のコードをメモ帳ファイルにコピーし、テキスト文字列のカスタマイズはバックアップ ファイル (x:\backups\companyweb) を指定します。 次に、ファイル名 Wssback.vbs を使用して、メモ帳ファイルを保存しこのこのスクリプトの毎日。 を実行するスケジュールされたタスクを作成
dim dayweek
dim strBackup 
dayweek = datepart("w",(date)) 
strBackup = """C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\60\BIN\stsadm""" + _
"-o backup -url http://companyweb -filename x:\backups\companyweb" + cstr(dayweek) + ".dat -overwrite" 
Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell") 
Return = WshShell.Run(strBackup, 0, true) 
Set WshShell = Nothing
としてスケジュールされたタスクには、このスクリプトを追加、する次の手順を実行します。
  1. [コントロール パネル] を開きます。
  2. スケジュールされたタスク をダブルクリックします。
  3. [ ファイル ] メニューの [スケジュールされたタスクで [ 新規作成 ] をポイントし、[ スケジュール] をクリックします。
  4. 名前を Companyweb バックアップ など、スケジュールされたタスクを入力します。
  5. タスク プロパティを新しいタスクをダブルクリックします。
  6. [ 実行 ] ボックスに、入力 cscript Drive: \Wssback.vbs

    メモ ここでは、Drive Wssback.vbs ファイルの場所です。
  7. パスワードの設定 ] をクリックして]、ユーザー アカウントが、タスクは [ パスワード ] ボックスと [パスワードの確認 ] ボックスに、使用し、 [OK] のパスワードを入力します。
  8. [ スケジュール ] タブをクリックして [、適切なスケジュールを構成 OK] をクリック します。
  9. スケジュールされたタスクをテストするには、タスクを右クリックし、 実行 します。 タスクの実行後、スクリプト ファイルを作成ことを確認するバックアップ ファイルの指定した場所にアクセスします。

関連情報

Windows SharePoint Services の詳細については 2. 0 ソフトウェア開発キット (SDK) を次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Windows SharePoint サービス管理者ガイド 』 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
829113イントラネット コンポーネントと SQL Server または MSDE 2000 が Windows 小規模ビジネス Server 上で削除された後に Windows SharePoint サービス CompanyWeb データベースを復元する方法
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
827701SharePoint Services Companyweb および SharePoint Services データベースの障害回復処理を実行する方法

プロパティ

文書番号: 829112 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 8.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows SharePoint Services 2.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbbug kbmt KB829112 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:829112
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com