イントラネット コンポーネントおよび SQL Server または MSDE 2000 を Windows Small Business Server から削除した後で、Windows SharePoint Services の CompanyWeb データベースを復元する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 829113 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows Small Business Server 2003 の CompanyWeb イントラネット サイトおよび Microsoft SQL Server または Microsoft SQL Server Desktop Engine (MSDE 2000 とも呼ばれます) を再インストールしたサーバーに、Microsoft Windows SharePoint Services のデータベースをバックアップから復元する方法について説明します。

この手順を正常に実行するには、以下の条件をすべて満たす必要があります。
  • Windows SharePoint Services データ ファイルのバックアップ コピーが最後に作成されてから、Microsoft Active Directory ディレクトリ サービスのドメイン データベースが変更されていません。
  • 元のサーバーのシステム状態が、バックアップ コピーから正常に復元されています。
  • Windows Small Business Server 2003 のイントラネット コンポーネントがインストール済みです。
  • CompanyWeb (http://companyweb) がアクセス可能です。
  • 以下のデータベース ファイルおよびログ ファイルが正常な復元のために使用できます。
    • STS_Config.mdf
    • STS_Config_log.ldf
    • STS_ServerName_1.mdf
    • STS_ServerName_1_log.ldf

      : これらのファイル名の ServerName には、サーバー コンピュータの名前が入ります。

詳細

Windows SharePoint Services の CompanyWeb データベースの復元

Windows SharePoint Services の CompanyWeb データベースを復元するには、次の手順を実行します。

: この手順には、デフォルトの Windows SharePoint Services Web サイトに対して行われた追加を復元する手順が含まれています。これらの追加は、トップレベルの Windows SharePoint Services サイトと追加のデータ ファイルに対して行われている場合がありますが、復元中の Windows SharePoint Services データに追加が含まれていない場合は、手順 3.、手順 8.、および手順 13. を無視します。
  1. イントラネット コンポーネントを再インストールするには、Windows Small Business Server Setup を実行します。

    : Windows Small Business Server のイントラネット コンポーネントを再インストールする場合、再インストール処理では、CompanyWeb の仮想サーバーのサーバー証明書は再インストールされません。SSL (Secure Sockets Layer) を使用して CompanyWeb 仮想サーバーにアクセスする予定のある場合は、電子メールとインターネット接続の構成ウィザードを実行する必要があります。このウィザードを使用すると、新しいサーバー証明書が CompanyWeb 仮想サーバーにインストールされ、SSL でポート 444 が使用されるように設定されます。
  2. イントラネット コンポーネントを正しくインストールした後、CompanyWeb (http://companyweb) がアクセス可能であることを確認します。
  3. デフォルトの Windows SharePoint Services サービスに行った追加を復元する必要がある場合は、Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) を使用して、トップレベル Windows SharePoint Services サイトに含まれないが、以前のサーバーにあった CompanyWeb 仮想サーバーの追加のトップレベル Web サイトを再作成する必要があります。
  4. MSSQL$SharePoint および SharePoint Timer サービスを停止します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    2. [名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
    3. コマンド プロンプトで、net stop mssql$sharepoint と入力し、Enter キーを押します。
    4. net stop sptimer と入力し、Enter キーを押します。
    5. コマンド プロンプトを閉じるには、exit と入力して Enter キーを押します。
  5. companyweb Web サイトを停止します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ] をクリックします。
    2. インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャで、[server_name (ローカル コンピュータ)]、[Web サイト] の順に展開します。
    3. [Web サイト] の下の [companyweb] を右クリックして、[停止] をクリックします。
  6. Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL$SharePoint\Data フォルダのバックアップ コピーを作成します。これは、Windows SharePoint Services データベースがデフォルトでインストールされるフォルダです。
  7. 以下の構成データベース ファイルとコンテンツ データベース ファイルのみを Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL$SharePoint\Data フォルダに復元します。
    • STS_Config.mdf
    • STS_Config_log.ldf
    • STS_ServerName_1.mdf
    • STS_ServerName_1_log.ldf
    : その他のデフォルトのファイル (Master.mdf ファイルや Model.mdf ファイルなど) を復元しないでください。
  8. デフォルトの Windows SharePoint Services サービスに行った追加をすべて復元する必要がある場合は、作成した追加のコンテンツ データベースを、それらを作成した元のデータ フォルダに復元する必要があります。

    Windows SharePoint Services CompanyWeb データベースのバックアップ方法および復元方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    829112 Windows Small Business Server 2003 で http://companyweb データをバックアップおよび復元する方法
  9. MSSQL$SharePoint および SharePoint Timer サービスを開始します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    2. [名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
    3. コマンド プロンプトで、net start mssql$sharepoint と入力し、Enter キーを押します。
    4. net start sptimer と入力し、Enter キーを押します。
    5. コマンド プロンプトを閉じるには、exit と入力して Enter キーを押します。
    : この時点で、CompanyWeb (http://companyweb)、サブサイト、または他のトップレベルの Windows SharePoint Services サイトにアクセスすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    ここから参照される Web サイトが構成データベースにありません。
    この問題を解決するには、手順 10. に進みます。
  10. companyweb Web サイトを開始します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ] をクリックします。
    2. インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャで、[server_name (ローカル コンピュータ)]、[Web サイト] の順に展開します。
    3. [Web サイト] の下の [companyweb] を右クリックし、[開始] をクリックします。
  11. CompanyWeb から Windows SharePoint Services を削除します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[SharePoint のサーバー管理] (http://localhost:8081) をクリックします。
    2. [仮想サーバーの構成] で、[仮想サーバー設定の構成] をクリックします。
    3. [仮想サーバーのリスト] ページで、構成する仮想サーバーをクリックします。この例では、[companyweb] 仮想サーバーをクリックします。
    4. [仮想サーバーの設定] ページの [仮想サーバーの管理] で、[仮想サーバーから Windows SharePoint Services を削除] をクリックします。
    5. [仮想サーバーから Windows SharePoint Services を削除] ページで、[コンテンツ データベースを残して削除する] をクリックします。
    6. [OK] をクリックします。次のエラー メッセージが表示されることがあります。
      ここで参照される仮想サーバーが構成データベースにありません。
  12. CompanyWeb を Windows SharePoint Services を使用して拡張します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[SharePoint のサーバー管理] (http://localhost:8081) をクリックします。
    2. [サーバーの管理] ページで、[仮想サーバーの構成] の [仮想サーバーの拡張またはアップグレード] をクリックします。
    3. [仮想サーバーのリスト] ページで、拡張する仮想サーバーをクリックします。この場合、[companyweb] 仮想サーバーをクリックします。
    4. [仮想サーバーの拡張] ページの [準備オプション] で、[他の仮想サーバーの拡張と割り当て] をクリックします。
    5. [サーバー マッピング] で、[companyweb] をクリックします。
    6. [アプリケーション プール] で、[既存のアプリケーション プールを使用する] をクリックし、[DefaultAppPool (NT AUTHORITY\NETWORK SERVICE)] をクリックします。
    7. [OK] をクリックします。
  13. デフォルトの Windows SharePoint Services サービスに行った追加をすべて復元する必要がある場合は、追加のトップレベル SharePoint サイトに対して、手順 11. および手順 12. を再度実行します。

関連情報

Windows SharePoint Services のソフトウェア開発キット (SDK) の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=aa3e7fe5-daee-4d10-980f-789b827967b0
『Windows SharePoint Services 管理者ガイド』の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=a637eff6-8224-4b19-a6a4-3e33fa13d230
: Windows SharePoint Services の CompanyWeb を再インストールしている場合、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料番号 832880 で説明されているソフトウェア更新プログラムを含む更新された CD3 ディスクを使用する必要があります。2004 年 2 月以前の Windows Small Business Server 2003 で配布されている CD3 ディスクを使用しないでください。2004 年 2 月以前に配布された CD3 を使用すると、イントラネット コンポーネントは正しくインストールされません。

イントラネット コンポーネントが正しくインストールされない場合、Windows Small Business Server 2003 Setup を完了し、ソフトウェア更新プログラム KB 832880 をサーバーに再適用します。ソフトウェア更新プログラム KB 832880 を使用すると、CompanyWeb のインストールを正しく完了できます。

Windows Small Business Server 2003 におけるインストールの問題を解決するソフトウェア更新プログラムの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
832880 Windows Small Business Server 2003 でイントラネット コンポーネントのインストールや http://companyweb への接続が正常に行えない
Windows SharePoint Services データ ファイルを最後にバックアップした後に Active Directory ドメイン データベースに変更が加えられた場合に、CompanyWeb イントラネット データベースおよび Windows SharePoint Services データベースを回復する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
827701 SharePoint Services Companyweb および SharePoint Services データベースの障害回復処理を実行する方法
Windows Small Business Server 2003 イントラネット コンポーネントおよび CompanyWeb イントラネット サイトのインストール方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
829114 Windows Small Business Server 2003 SharePoint Services の companyweb Web サイトの削除方法とインストール方法

プロパティ

文書番号: 829113 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 7.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows SharePoint Services 2.0
キーワード:?
kbhowto KB829113
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com