Windows Server 2003 の統合ルートをサポートするために、分散ファイル システム更新

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 829885 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ユニバーサル必要があります多くの場合があります。基になるファイルがある場合に規則 (UNC) パスに名前を付けるは変更されません。その他のサーバーやパスに移動。たとえばを維持することがあります。移行または統合すると、ユーザーに慣れている UNC パスを既存のファイル ・ サーバを新しい Microsoft Windows Server 2003 ベースのコンピューター。をパスがリンク、基幹業務アプリケーション、およびその他の埋め込まれている場合があります。場所の名前が変更することは困難です。この資料で説明します。ソフトウェアの更新を同じ UNC パスを維持する機能を提供する場合パスの基になるファイルを移動します。ソフトウェアの更新を変更します。Microsoft 分散ファイル システム (DFS) サーバーを DFS サーバーに許可するには既に存在しないサーバーの紹介を返します。許可、DFS サーバーこの機能は、DFS ルート サーバーと呼ばれます。

メモ DFS ルート サーバー、クラスター環境をサポートする場合、DFS共有はクラスター メンバー間で移動します。

ソフトウェア更新プログラムの情報

既定の動作を変更する、サポートされた機能を製品は、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この機能になりますこの資料に記載された動作のみを変更します。この機能はのみ適用します。具体的には、必要とするシステムにします。この機能に追加が表示されます可能性があります。テストしています。そのため、システムはこれの不足により深刻な影響がない場合機能は、私たちが含まれている次のソフトウェア更新のリリースを待つことをお勧めこの機能。

機能がダウンロードできない場合は、このサポート技術情報の資料の上部の「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートにお問い合わせください。修正プログラムを入手するのには。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。通常のサポート料金追加の質問およびの対象とならない問題について適用されます。この特定の機能です。完全な一覧マイクロソフト カスタマー サービスのとサポート電話番号または、別のサービス リクエストを作成するのを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォーム言語を表示します。これは、機能が利用できます。使用している言語が表示されない場合は、その理由は機能がその言語で利用可能です。

前提条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

後は、分散ファイル システム サービスを再起動する必要があります。このソフトウェア更新プログラムを適用します。サーバー サービス (Lanmanserver) を再起動する必要があります。[その他の記載されているレジストリ値を構成した後情報」に記載します。

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に一覧表示されます。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で一覧表示されます。(UTC) です。ファイルの情報を表示するはローカル時刻に変換されます。するにはUTC とローカル時刻との時差を確認、使用、 時間ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール内の項目パネルです。
   Date         Time   Version            Size     File name     Platform
   ----------------------------------------------------------------------
   26-Jan-2004  20:06  5.2.3790.124       32,768   Dfs.sys       x86
   30-Jan-2004  19:04  5.2.3790.124      136,704   Dfssvc.exe    x86   
   17-Jan-2004  11:54  5.2.3790.121       97,792   Dfs.sys       IA-64
   17-Jan-2004  11:54  5.2.3790.121      458,752   Dfssvc.exe    IA-64
  

詳細

重要クライアント ドライブ マッピングを使用した後再接続はしませんクライアントでは、この更新プログラムを使用してサーバーを統合します。固定ドライブクライアント コンピューター上のマッピングを削除および再作成する必要があります。再起動できません。十分です。この問題はドライブ マッピングのみに影響します。ドライブスクリプト上の各ログに正常にログオンをマッピングします。

これセクションの手順を説明します。
  • ソフトウェア更新プログラムをインストールします。
  • DFS ルート サーバーの統合をサポートするように構成します。以前のサーバーの UNC パスの。
次の例では、名前 root1.contoso.comDFS ルート サーバー、および名前 oldserver1.contoso.com を表し、oldserver2.contoso.com、および oldserver3.contoso.com は古いサーバーを表します統合すること。

DFS ルート サーバーを設定する前に、次の概念を理解していることを確認してください。
  • DFS ルート サーバーを複数のパスにリダイレクトするのにはサーバーを Windows Server 2003、Enterprise Edition、または Windows Server 2003Datacenter Edition が必要です。
  • DFS ルート サーバーは、Windows Server 2003 で設定する場合ドメイン コント ローラー、サーバーの統合ロジックを無効にします。
  • 場合は、DFS ルート サーバーのシナリオのみサポートされていますのDFS ルート サーバーの NetBIOS 名とホスト名の部分のと同じですが完全修飾ドメイン名 (FQDN) です。
  • UNC パスを持つ 2 つのサーバの統合ホスト名はサポートされていません。たとえば、2 つの統合することはできません。サーバー、oldserver1.contoso.com という名前し、oldserver1。サブドメイン。 contoso.com。

非クラスター化サーバー環境では、DFS ルート サーバーの統合を構成する方法

  1. 機能する Windows Server 2003 DFS ルート サーバーを設定します。古い名前空間の統合サーバーとして。DFS ルート サーバーでは、次の手順を実行します。
    1. これに記載されているソフトウェアの更新をインストールします。新しい DFS 併合機能を有効にするのには記事がありません。
    2. ソフトウェア更新プログラムをインストールした後、DFS を再起動します。サービスです。
  2. DFS ルート サーバーをクリックしてください。 スタート[Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] regedit 続いてと入力して [].

    重要確認方法の手順このセクション、メソッド、またはタスクを格納するのにはレジストリを変更します。変更する場合ただし、深刻な問題が発生可能性があります、レジストリ誤ってします。そのため、次の手順を実行することを確認してください。慎重に。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。詳細についてはバックアップ、レジストリの復元の次の資料をクリックする方法についてマイクロソフトのサポート技術情報の資料を参照する番号:
    322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  3. 作成し、ServerConsolidationRetry のレジストリを構成します。次のように入力:
    1. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dfs\Parameters\Replicated
    2. で、 編集 メニューをポイントするには 新しいプロパティ [DWORD 値.
    3. 種類 ServerConsolidationRetry,ENTER キーを押します。
    4. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    5. で、 [値のデータ ボックス型 1プロパティ ].
  4. DFS サーバーのルートにするたびにシステム イベントをログに記録する正常に解決する照会は、次の手順を実行します。
    1. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dfs\Parameters\Replicated
    2. で、 編集 メニューをポイントするには 新しいプロパティ [DWORD 値.
    3. 種類 LogServerConsolidation、とENTER キーを押します。
    4. で、 [値のデータ ボックス型 1プロパティ ].
    これは、論理パスとクライアント コンピューターの IP が記録されます。アドレスには、システム イベント ログにイベント ID: 14318。割り当てることを確認してください。十分な領域がシステム イベント ログにします。設定することをお勧めします。システム イベント ログには、少なくとも 64 メガバイト。システムのイベントを設定してください。必要に応じてイベントを上書きするのには次のようにログインします。

    メモ ユーザー名とコンピューター名は現時点にログインしていません。システム イベント ログにします。
  5. DFS スナップインで、以前のサーバーごとに DFS ルートを作成します。リダイレクトするようにします。ハッシュ マーク (#) を含める必要があります、以前のサーバー名を起動します。

    メモ 古いサーバーがドメイン コント ローラーの場合は、ドメイン レベルを下げる名を DFS ルート サーバーに移動する前にコント ローラーです。
    1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには すべてプログラムをポイントするのには 管理ツール、し、クリックしてください。 分散ファイル システム.
    2. で、 アクション メニューをクリックして 新しいルートプロパティ 次へ.
    3. クリックしてください。 スタンドアロン ルート、し、クリックしてください。 次へ.
    4. クリックしてください。 参照、の名前をクリックして、DFS ルート サーバーをクリックして ]プロパティ 次へ.
    5. で、 ルート名 ボックス、ホストを入力します。ハッシュ マークの前にをクリックし、古いサーバの名前 次へ.たとえば、入力します。 #oldserver1.
    6. で、 フォルダーを共有するには ボックスに、入力、共有したり、既存の共有フォルダーに、フォルダーの名前です。

      を共有のローカル パスは、ローカルの空のフォルダーをポイントすることができます。たとえば、サンプル シナリオでは、ルートの名前は \\root1\#oldserver1 になると\\root1\#oldserver2。
    メモ ハッシュ記号は、この DFS ルートの DFS ルート サーバーに通知されます。サーバの統合を使用します。パス上のファイルにアクセスすると、使用しません。シャープ記号を指定する必要があります。たとえば、パスを使用します。\\oldserver1\public\test.doc、パスではないです。\\#oldserver1\public\test.doc。
  6. DFS スナップインで、古いサーバーのそれぞれの共有フォルダーリダイレクトする各共有をルートの下のリンクを作成します。ターゲットパスは別のサーバーまたは上では、共有の新しい場所である必要があります、ドメイン ベースの DFS 名前空間。
    1. DFS スナップインで、以前のサーバーのルートを右クリックし、プロパティ 新しいリンク.
    2. で、 リンク名 ボックスで、名前を入力リンクします。
    3. で、 ターゲット (共有フォルダー) へのパスボックスで、をクリックしてください 参照は、共有の新しい場所をクリックし、をクリックします。 ].
    4. 古いサーバー上の共有フォルダーを新しい共有にリンクするのには手順 a 〜 c の繰り返しの場所。
    メモ 統合可能な DFS ルート サーバーではないです。DFS リンクのターゲットとしてサポートされています。古いサーバーをポイントする DFS リンク統合されたルートのターゲットを指すように書き換える必要があります。検討します。次のシナリオ: \\oldserver1\public は \\root1 に統合されてように\\root1\#oldserver1 を指している DFS ルート サーバーに (\\consolidated\public)統合を有効にします。このシナリオでは、DFS リンクの \\oldserver1\publicターゲットとしてはサポートされていません。有効になっている DFS ルート サーバーをバイパスするのには統合には、ポイントには、以下のリンクを書き換える必要があります。\\consolidated\public。リンクのリンクなどの文字は、「\」での名前はフォーム」は、\b」はないです。統合可能な DFS ルート サーバーではサポートします。
  7. Microsoft Windows 2000 server を使用する場合は、以下を実行します確認するのには、手順、 DHCP クライアントを自動的に更新します。DNS の情報 サーバー レベルでのみ、チェック ボックスをオンします。このチェック ボックスが DHCP スコープ レベルで選択されているしないことを確認します。

    メモ Windows Server 2003 の DHCP サーバーを使用する場合は、以下のことを確認します、以下の設定に基づいて、DNS 動的更新を有効にします。サーバー レベルでのみ、チェック ボックスをオンします。確認しますこのチェック ボックスが DHCP スコープ レベルでされていません。
    1. DHCP サーバーをクリックしてください。 スタート、ポイントするには プログラムをポイントするのには 管理ツール,プロパティ DHCP.
    2. DHCP サーバー名を展開を右 スコーププロパティ プロパティ.これに場合、一覧の先頭にあるスコープを右クリックします。
    3. クリックして、 DNS タブします。
    4. オフにします。 DHCP の自動更新します。DNS のクライアント情報 チェック ボックスします。

      メモ Windows Server 2003 の DHCP サーバーを使用する場合は、オフにします、 以下の設定に基づいて、DNS 動的更新を有効にします。 チェック ボックスします。
    5. 各 DHCP の手順 b 〜 d を繰り返しますスコープ。
  8. データを以前のファイル サーバーの場所からに移動します。場所です。
  9. Windows インターネット ネーム サービス (WINS) サーバーを確認します。静的 WINS エントリの古いサーバーが存在しないこと。場合は、削除します。静的なエントリ。WINS の静的を削除する方法の詳細についてエントリは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/library/4e7e2a9b-99d5-4c22-9b0a-80d5b4915c3a1033.mspx?mfr=true
    メモ 静的 WINS エントリを削除する方法についての情報を検索するのには検索します。 WINS サーバーのトラブルシューティング Web サイトでは、クリックしてください。 サーバーがクライアントの名前を解決できません。、し、クリックしてください。 削除または tombstone (廃棄) が WINS 内のエントリにデータベース.
  10. ドメイン ネーム システム (DNS) レコードを変更したり、古いサーバー名は、DFS ルート サーバーになります。
    1. Active Directory 環境では、Windows 2000 を使用します。か以降の DNS および DHCP サーバーを DFS ルート サーバーに次の手順を実行します。
      1. 次のレジストリ キーを見つけて、クリックします。
        HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dnscache\Parameters
      2. で、 編集 メニューをポイントするには 新しいプロパティ 複数行文字列値.
      3. 種類 AlternateComputerNames,ENTER キーを押します。
      4. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
      5. で、 [値のデータ ボックスに、入力、古いサーバーの完全修飾 DNS 名。このアクション名で登録します。DNS では。各サーバー名は、独自の行にする必要があります。たとえば、次のように入力します。
             oldserver1.contoso.com
             oldserver2.contoso.com
             oldserver3.contoso.com
      6. クリックしてください。 ].
    2. Active Directory 環境やWindows DNS サーバーを使用しない環境の"A"レコードを変更します。古いサーバーの名前です。(たとえば、oldserver1.contoso.com の名前の変更、oldserver2.contoso.com、および oldserver3.contoso.com。)DNS で、DFS を指すように統合サーバー (root1.contoso.com) です。
  11. DFS ルート サーバーのコマンド プロンプトで入力します。次のコマンド:
    ipconfig/registerdns
  12. DFS ルート サーバーを構成するのには、次の手順を実行します。OptionalNames レジストリの値:
    1. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lanmanserver\parameters
    2. で、 編集 メニューをポイントするには 新しいプロパティ 複数行文字列値.
    3. 種類 OptionalNames、し、ENTER キーを押します。
    4. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    5. で、 [値のデータ ボックスに、入力、サーバーの NetBIOS 名を古い (oldserver1、oldserver2、および oldserver3) 各独自の行、およびクリック ].このアクションを登録します。Windows インターネット ネーム サービス (WINS) 名前の DFS ルート サーバー。
  13. DFS ルート上のサーバー サービスを再起動します。サーバーです。

クラスター化されたサーバー環境では、DFS ルート サーバーの統合を構成する方法

  1. クラスター内の各サーバーで、Windows Server 2003 を設定します。統合サーバーと、以前の機能する DFS ルート サーバー名前空間。両方のクラスター ノードで、次の手順を実行します。
    1. これに記載されているソフトウェアの更新をインストールします。新しい DFS 併合機能を有効にするのには記事がありません。
    2. ソフトウェア更新プログラムのインストール後、再起動します。分散ファイル システム サービスです。
  2. オンライン DFS ルートとして使用されるノードで、クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない]regedit 続いて と入力して [].

    重要確認方法の手順このセクション、メソッド、またはタスクを格納するのにはレジストリを変更します。変更する場合ただし、深刻な問題が発生可能性があります、レジストリ誤ってします。そのため、次の手順を実行することを確認してください。慎重に。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。詳細についてはバックアップ、レジストリの復元の次の資料をクリックする方法についてマイクロソフトのサポート技術情報の資料を参照する番号:
    322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  3. オンライン DFS ルートとして使用されるノードで、作成し、ServerConsolidationRetry のレジストリ値は次のとおりに構成します。
    1. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dfs\Parameters\Replicated
    2. で、 編集 メニューをポイントするには 新しいプロパティ [DWORD 値.
    3. 種類 ServerConsolidationRetry,ENTER キーを押します。
    4. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    5. で、 [値のデータ ボックス型 1プロパティ ].
  4. DFS サーバーのルートにするたびにシステム イベントをログに記録する正常になる、ノードで次の手順に従って解決する紹介オンライン DFS ルートとして使用します。
    1. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dfs\Parameters\Replicated
    2. で、 編集 メニューをポイントするには 新しいプロパティ [DWORD 値.
    3. 種類 LogServerConsolidation、とENTER キーを押します。
    4. で、 [値のデータ ボックス型 1プロパティ ].
    これは、論理パスとクライアント コンピューターの IP が記録されます。アドレスには、システム イベント ログにイベント ID: 14318。割り当てることを確認してください。十分な領域がシステム イベント ログにします。設定することをお勧めします。システム イベント ログには、少なくとも 64 メガバイト。また、システム イベントを設定します。必要に応じてイベントを上書きするのには次のようにログインします。

    メモ ユーザー名とコンピューター名は現時点にログインしていません。システム イベント ログにします。
  5. クラスター アドミニストレーターまたはクラスター ユーティリティを使用します。複製の (Cluster.exe) の一覧に、次のレジストリ サブキーを追加するのにはレジストリ キー:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dfs\Parameters\Replicated
    このレジストリ サブキーの一覧に追加したときの複製レジストリ キーをクラスター サービスされますレジストリ値でにコピーします。オンライン ノードのハード_ディスクにフェールオーバーした場合のフェイル オーバー ・ ノードノード。

    使用します。チェックポイントを作成するのには、次のクラスターのコマンド:
    Cluster.exe/cluster:<cluster_name> res <resource_name>/addcheckpoints:SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dfs\Parameters\Replicated</resource_name></cluster_name>
    管理する方法の詳細についてコマンドラインからサーバー クラスターは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc779044.aspx
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc723245.aspx
  6. Windows インターネット ネーム サービス (WINS) サーバーを確認します。静的 WINS エントリの古いサーバーが存在しないこと。存在する場合は、エントリを削除します。WINS の静的を削除する方法の詳細についてエントリは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/library/4e7e2a9b-99d5-4c22-9b0a-80d5b4915c3a1033.mspx?mfr=true
    メモ 静的 WINS エントリを削除する方法についての情報を検索するのには検索します。 WINS サーバーのトラブルシューティング Web サイトでは、クリックしてください。 サーバーがクライアントの名前を解決できません。、し、クリックしてください。 削除または tombstone (廃棄) が WINS 内のエントリにデータベース.
  7. データを以前のファイル サーバーの場所からに移動します。場所です。
  8. クラスター ユーティリティで、名前リソースを作成します。統合する以前のサーバー。
  9. クラスター ユーティリティで、ファイル共有リソースを作成します。IsDFS フラグを設定します。

    メモ するにはIsDFS フラグが有効になっている、場合は、IsDFS"IsDFSRoot"として表示されることを確認します。実行している「cluster.exe re <resource_name>/priv.」場合は、値は 0x1 ですが正しく設定されています。 </resource_name>
  10. クラスター ユーティリティで、リソースをにオンライン。
  11. DFS スナップインで、クラスター ノードの 1 つを実行します。DFS を作成するのには、次の手順は、リダイレクトする古いサーバーのそれぞれのルートです。古いサーバーの開始時にハッシュ記号 (#) を含める必要があります。名前です。

    メモ 古いサーバーがドメイン コント ローラーの場合は、ドメイン レベルを下げる名を DFS ルート サーバーに移動する前にコント ローラーです。
    1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには すべてプログラムをポイントするのには 管理ツール、し、クリックしてください。 分散ファイル システム.
    2. で、 アクション メニューをクリックして 新しいルートプロパティ 次へ.
    3. クリックしてください。 スタンドアロン ルート、し、クリックしてください。 次へ.
    4. クリックしてください。 参照、の名前をクリックして、DFS ルート サーバーをクリックして ]プロパティ 次へ.
    5. で、 ルート名 ボックス、ホストを入力します。ハッシュ マークの前にをクリックし、古いサーバの名前 次へ.(たとえば、入力します。 #oldserver1.)
    6. で、 フォルダーを共有するには ボックスに、入力、共有したり、既存の共有フォルダーを検索するフォルダーの名前。

      ローカル共有パスをローカルの空のフォルダーをポイントすることができます。たとえば、ルートサンプル シナリオの名前は \\root1\#oldserver1 になると\\root1\#oldserver2。
    メモ ハッシュ記号は、この DFS ルートの DFS ルート サーバーに通知されます。サーバの統合を使用します。パス上のファイルにアクセスすると、使用しません。シャープ記号を指定する必要があります。たとえば、パスを使用します。\\oldserver1\public\test.doc、パスではないです。\\#oldserver1\public\test.doc。
  12. DFS スナップインで、古いサーバーのそれぞれの共有フォルダー共有フォルダーのルートの下のリンクを作成するのには、次の手順を実行します。リダイレクトします。ターゲットのパスで共有の新しい場所をする必要があります。別のサーバーまたはドメイン ベースの DFS 名前空間。
    1. DFS スナップインで、以前のサーバーのルートを右クリックし、プロパティ 新しいリンク.
    2. で、 リンク名 ボックスで、名前を入力リンクします。
    3. で、 ターゲット (共有フォルダー) へのパスボックスで、をクリックしてください 参照は、共有の新しい場所をクリックし、をクリックします。 ].
    4. リンクするのには、古いサーバー上の共有フォルダー手順 a 〜 c の共有の場所を繰り返しします。
    メモ 統合可能な DFS ルート サーバーではないです。DFS リンクのターゲットとしてサポートされています。古いサーバーをポイントする DFS リンク統合されたルートのターゲットを指すように書き換える必要があります。検討します。次のシナリオ: \\oldserver1\public は \\root1 に統合されてように\\root1\#oldserver1 を指している DFS ルート サーバーに (\\consolidated\public)統合を有効にします。このシナリオでは、DFS リンクの \\oldserver1\publicターゲットとしてはサポートされていません。このようなリンクをポイントするリライトする必要があります。有効になっている DFS ルート サーバーをバイパスするのには、\\consolidated\public統合します。リンク名、リンク、フォームなどの「\」の文字“は、\b」はサポートされていません統合可能な DFS ルート サーバーでは。
  13. 以下は、Windows 2000 DHCP サーバーを使用している場合確認するのには、手順、 DHCP クライアントを自動的に更新します。DNS の情報 サーバー レベルでのみ、チェック ボックスをオンします。このチェック ボックスが DHCP スコープ レベルで選択されているしないことを確認します。

    メモ Windows Server 2003 の DHCP サーバーを使用する場合は、以下のことを確認します、以下の設定に基づいて、DNS 動的更新を有効にします。 サーバー レベルでのみチェック ボックスをオンします。確認しますDHCP スコープ レベルでは選択されていません。
    1. DHCP サーバーをクリックしてください。 スタート、ポイントするには プログラムをポイントするのには 管理ツール,プロパティ DHCP.
    2. DHCP サーバー名を展開を右 スコーププロパティ プロパティ.これに場合、一覧の先頭にあるスコープを右クリックします。
    3. クリックして、 DNS タブします。
    4. オフにします。 DHCP の自動更新します。DNS のクライアント情報 チェック ボックスします。

      メモ Windows Server 2003 の DHCP サーバーを使用する場合は、オフにします、 以下の設定に基づいて、DNS 動的更新を有効にします。 チェック ボックスします。
    5. 各 DHCP スコープには、手順 b. を繰り返しますd。

Dfs ルート サーバーの統合ロジックについて

DFS ルート サーバーの統合手順が完了したら、以前の共有パスは、次のシナリオでファイルを開くしようとしました。発生します。
  1. DFS ルート サーバーを要求と読み取り確認をServerConsolidationRetry レジストリ エントリです。
  2. と共にそのサーバー名を DFS ルート サーバーを追加します。番号記号 (#)、参照のパス名の先頭にします。
    を例では、以前の共有パスをファイルを開くしようとすると\\oldserver1\public\test.doc、DFS ルート サーバーの検索\\root1\#oldserver1\public\test.doc。
  3. DFS ルート サーバーが紹介をリンク先に返しますクライアントにします。ルックアップが失敗した場合は、DFS サーバー上の元のパスを探しますユーザーが指定します。
サーバーの統合ロジックは以下のとおりです。
  1. 受信した参照要求がローカル コンピューター名がある場合サーバーの指定、手順 5 に進みます。
  2. 使用して、共有パスのサーバー名を検索します。ユーザーが指定した NetBIOS 名または FQDN サーバー名たとえば場合、は、\\oldserver1.contoso.com\public\test.doc、検索をユーザーが指定します。\\root1\#oldserver1.contoso.com\public\test.doc。
  3. ユーザーが、FQDN 名を指定し、手順 2 に障害が発生した場合は、サーバー名の最初の切り捨て '.' 値として NetBIOS を扱うサーバーの名前です。サーバーの NetBIOS 名を参照を参照するパスを使用します。\\Oldserver1.contoso.com\public\test.doc は、ユーザーを指定した場合の例については、\\root1\#oldserver1\public\test.doc を検索します。
  4. 手順 2 または 3 の手順のいずれかが正しく、サーバーが解決する場合名前は、全体の検索パスに一致させてください。全体の検索パスに一致する場合は、成功した紹介をクライアントに返すし、手順 5 を省略します。

    パスの一部に一致する場合は、ルックアップが失敗し、返すユーザー エラー。たとえば、ユーザーが指定されている場合\\oldserver1\public\test.doc および \\root1\#oldserver1 のみに一致します。検索が成功しないし、ルックアップが失敗しました。手順 5 に進みます。
  5. 元の指定されたパスを検索します。紹介します。たとえば、次のように、元の要求が \\root1\public\test.doc の場合、public\test.doc を検索します。
詳細については、標準リリース済みのソフトウェアを修正する場合は、Microsoft を使用して用語集Microsoft では、記事を表示するのには次の資料番号をクリックしてください。サポート技術情報:
824684説明するために使用される一般的な用語の説明マイクロソフトのソフトウェア更新プログラム

プロパティ

文書番号: 829885 - 最終更新日: 2013年4月29日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
キーワード:?
kbautohotfix kbhotfixserver kbqfe kbbug kbfix kbwinserv2003presp1fix kbmt KB829885 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:829885
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com