文書番号: 829971 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Exchange Server コンピューターに接続すると、電子メール メッセージ、予定表、およびその他のアイテムが Exchange Server コンピューターに配信され、格納されます。Exchange Server コンピューターに接続しない場合は、電子メール メッセージ、予定表、およびその他のアイテムはローカル コンピューターの .pst ファイルに配信され、格納されます。

この資料では、Microsoft Office Outlook 2003 で .pst ファイルを作成する方法を説明します。また、.pst ファイルについての詳細情報も提供します。

詳細

Outlook 2003 には、新しい .pst 形式が導入されています。新しい .pst 形式では、従来よりも多くのアイテムおよびフォルダーを格納でき、多言語 Unicode データがサポートされています。Outlook 2003 で導入された新しい .pst ファイル形式は、Microsoft Office 個人用フォルダー ファイル形式と呼ばれ、Microsoft Outlook の以前のバージョンとは互換性がありません。新しい .pst ファイルを Outlook 2003 で作成する際に、Outlook の以下のバージョンと互換性のある形式を選択できます。
  • Microsoft Outlook 2002
  • Microsoft Outlook 2000
  • Microsoft Outlook 98
  • Microsoft Outlook 97

Outlook の実行中に .pst ファイルを作成する

Outlook の実行中に .pst ファイルを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[Outlook データ ファイル] をクリックします。
  2. Outlook 2003 .pst ファイルを新規作成するには、[データ ファイルの種類] 領域で [Office Outlook 個人用フォルダー ファイル (.pst)] をクリックします。以前のバージョンの Outlook と互換性のある Outlook .pst ファイルを新規作成するには、[Outlook 97-2002 個人用フォルダー ファイル (.pst)] をクリックします。
  3. [OK] をクリックします。
  4. 既定の Outlook フォルダーの場所を使用します。または、別のフォルダーの場所を指定することもできます。
  5. [ファイル名] ボックスに新しい .pst ファイルの名前を入力するか、既定の名前を使用します。[OK] をクリックします。
  6. [ファイル名] ボックスに .pst ファイルの名前を入力するか、個人用フォルダーの既定の名前を使用します。[名前] ボックスに入力する見出しは、Outlook 2003 の [すべてのメール フォルダー] の一覧で使用されます。また、Outlook バーの .pst ファイルへのショートカットに適用されます。.pst ファイルの暗号化の設定とパスワードも指定できます。必要な設定を行った後、[OK] をクリックします。

    注: .pst ファイルの作成後は暗号化の設定を変更できません。暗号化の設定の詳細については、この資料の「.pst ファイルのセキュリティ設定」を参照してください。
  7. 新しい .pst ファイルは Outlook 2003 の [すべてのメール フォルダー] の一覧に追加されます。フォルダー一覧を参照するには、[移動] メニューの [フォルダー一覧] をクリックします。

[ツール] メニューを使用して新しい .pst ファイルを作成する

[ツール] メニューを使用して新しい .pst ファイルを作成するには、次の手順を実行します。
  1. [ツール] メニューの [電子メール アカウント] をクリックします。
  2. [既存の電子メール アカウントの表示と変更] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [電子メール アカウント] ダイアログ ボックスで [新規の Outlook データ ファイル] をクリックします。
  4. Outlook 2003 .pst ファイルを新規作成するには、[データ ファイルの種類] 領域で [Office Outlook 個人用フォルダー ファイル (.pst)] をクリックします。以前のバージョンの Outlook と互換性のある Outlook .pst ファイルを新規作成するには、[Outlook 97-2002 個人用フォルダー ファイル (.pst)] をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。
  6. 既定の Outlook フォルダーの場所を使用します。または、別のフォルダーの場所を指定することもできます。
  7. [ファイル名] ボックスに新しい .pst ファイルの名前を入力するか、既定の名前を使用します。[OK] をクリックします。
  8. [ファイル名] ボックスに .pst ファイルの名前を入力するか、個人用フォルダーの既定の名前を使用します。[名前] ボックスに入力する見出しは、Outlook 2003 の [すべてのメール フォルダー] の一覧で使用されます。また、Outlook バーの .pst ファイルへのショートカットに適用されます。.pst ファイルの暗号化の設定とパスワードも指定できます。必要な設定を行った後、[OK] をクリックします。

    注: .pst ファイルの作成後は暗号化の設定を変更できません。暗号化の設定の詳細については、この資料の「.pst ファイルのセキュリティ設定」を参照してください。
  9. [新着電子メールの配信場所] 領域で、新しい .pst ファイルの名前をクリックして、[完了] をクリックします。
新しい .pst ファイルがフォルダー一覧に追加されます。

Outlook が実行されていないときに .pst ファイルを作成する

Outlook 2003 を実行しておらず、電子メール プロファイルが 1 つまたは複数の場合に新しい .pst ファイルを作成することができます。

使用する電子メール プロファイルが 1 つの場合に .pst ファイルを追加する

使用する電子メール プロファイルが 1 つの場合に .pst ファイルを追加するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[メール] をダブルクリックします。Windows XP の場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックし、[メール] をダブルクリックします。
  2. [データ ファイル] をクリックします。
  3. [追加] をクリックします。
  4. Outlook 2003 .pst ファイルを新規作成するには、[データ ファイルの種類] 領域で [Office Outlook 個人用フォルダー ファイル (.pst)] をクリックします。以前のバージョンの Microsoft Outlook と互換性のある Outlook .pst ファイルを新規作成するには、[Outlook 97-2002 個人用フォルダー ファイル (.pst)] をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。
  6. 既定の Outlook フォルダーの場所を使用します。または、別のフォルダーの場所を指定することもできます。
  7. [ファイル名] ボックスに新しい .pst ファイルの名前を入力するか、既定の名前を使用します。[OK] をクリックします。
  8. [ファイル名] ボックスに .pst ファイルの名前を入力するか、個人用フォルダーの既定の名前を使用します。[名前] ボックスに入力する見出しは、Outlook 2003 の [すべてのメール フォルダー] の一覧で使用されます。また、Outlook バーの .pst ファイルへのショートカットに適用されます。.pst ファイルの暗号化の設定とパスワードも指定できます。必要な設定を行った後、[OK] をクリックします。

    注: .pst ファイルの作成後は暗号化の設定を変更できません。暗号化の設定の詳細については、この資料の「個人用フォルダー (.pst) ファイルのセキュリティ設定」を参照してください。
  9. データ ファイルの一覧に新しい .pst ファイルが表示されます。[閉じる] をクリックします。

使用する電子メール プロファイルが複数ある場合に .pst ファイルを追加する

使用する電子メール プロファイルが複数ある場合に .pst ファイルを追加するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[メール] をダブルクリックします。Windows XP の場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックし、[メール] をダブルクリックします。
  2. [プロファイル] をクリックします。
  3. 新しい .pst ファイルを追加するプロファイルの名前をクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [データ ファイル] をクリックします。
  5. [追加] をクリックします。
  6. Outlook 2003 .pst ファイルを新規作成するには、[データ ファイルの種類] 領域で [Office Outlook 個人用フォルダー ファイル (.pst)] をクリックします。以前のバージョンの Microsoft Outlook と互換性のある Outlook .pst ファイルを新規作成するには、[Outlook 97-2002 個人用フォルダー ファイル (.pst)] をクリックします。
  7. [OK] をクリックします。
  8. 既定の Outlook フォルダーの場所を使用します。または、別のフォルダーの場所を参照して指定することもできます。
  9. [ファイル名] ボックスに新しい .pst ファイルの名前を入力するか、既定の名前を使用します。[OK] をクリックします。
  10. [ファイル名] ボックスに .pst ファイルの名前を入力するか、個人用フォルダーの既定の名前を使用します。このボックスの名前は、Outlook 2003 の [すべてのメール フォルダー] の一覧で使用される名前です。また、Outlook バーの .pst ファイルへのショートカットに適用されます。.pst ファイルの暗号化の設定とパスワードも指定できます。必要な設定を行った後、[OK] をクリックします。

    注: .pst ファイルの作成後は暗号化の設定を変更できません。暗号化の設定の詳細については、この資料の「.pst ファイルのセキュリティ設定」を参照してください。
  11. データ ファイルの一覧に新しい .pst ファイルが表示されます。[閉じる] をクリックします。

.pst ファイルに関する詳細情報

マイクロソフトでは、ネットワーク共有で .pst ファイルを開くことはサポートしていません。

関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
297019 Outlook .pst ファイルが LAN および WAN リンクでサポートされない理由
.pst ファイルをハード ディスク ドライブの別の場所、フロッピー ディスクやリムーバブル ディスク、ネットワーク上の共有に保存、コピー、および移動することができます。ただし、既定のインフォメーション ストアとして開いている .pst ファイルを移動することはできません。既定の .pst ファイルを移動する場合は、Outlook を終了する必要があります。

CD-ROM、CD-R、または CD-RW から .pst ファイルをコピーする場合は、.pst ファイルの属性が、読み取り専用からアーカイブに変更されていることを確認してから Outlook を起動します。Outlook で個人用フォルダーからアイテムを削除しても、.pst ファイルのサイズは自動的に小さくなりません。ファイル サイズを小さくするにはファイルを圧縮する必要があります。Outlook では、アイドル時間中にバックグラウンドで .pst ファイルが圧縮されます。

CD-ROM、CD-R、または CD-RW から .pst ファイルをコピーする場合は、.pst ファイルの属性が、読み取り専用からアーカイブに変更されていることを確認してから Outlook を起動します。

Outlook で個人用フォルダーからアイテムを削除しても、.pst ファイルのサイズは自動的に小さくなりません。ファイル サイズを小さくするにはファイルを圧縮する必要があります。個人用フォルダーを手動で圧縮するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。Windows XP の場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックし、[メール] をダブルクリックします。
  2. [メール] をダブルクリックします。
  3. [データ ファイル] をクリックします。
  4. 圧縮する .pst ファイルをクリックし、[設定] をクリックします。
  5. [今すぐ圧縮] をクリックします。
.pst ファイルのサイズによっては、個人用フォルダーの圧縮に数分かかる場合があります。Outlook 2003 では、次の 2 種類の .pst ファイル形式がサポートされています。
  • ANSI
  • Unicode
Outlook 2003 での .pst ファイルの形式の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
830336 Outlook 2003 では .PST ファイルの形式とフォルダー サイズの制限が異なる
Outlook 2003 の Unicode オプションの構成方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/office/ork/2003/three/ch7/OutB06.htm

.pst ファイルのセキュリティ設定

エンコードの設定

.pst ファイル情報のエンコードの設定は、次の 3 つのオプションから選択できます。.pst ファイルの作成後にこの設定を変更することはできません。暗号化を行うと、.pst ファイルが他のプログラムから読み取れないようにエンコードされます。

注: .pst ファイル内のデータのセキュリティ保護に役立てるには、暗号化ファイル システム (EFS) または Windows BitLocker ドライブ暗号化を使用することをお勧めします。圧縮可能な暗号化オプションと高度暗号化オプションは基本レベルのセキュリティのみを提供します。
  • [暗号化しない] - このオプションでは .pst ファイルはエンコードされません。ユーザーは、テキスト エディターまたは 16 進エディターを使用して .pst ファイルを読み取ることができます。
  • [圧縮可能な暗号化] - このオプションでは .pst ファイルは圧縮可能な形式でエンコードされます。ただし、.pst ファイルが圧縮されるのは、コンピューターに圧縮プログラムが存在する場合のみです。テキスト エディターまたは 16 進エディターを使用して .pst ファイルを読み取ることはできません。
  • [高度暗号化] - このオプションでは .pst ファイルはより強力な保護を提供する形式でエンコードされます。ディスク圧縮プログラムがインストールされていれば .pst ファイルを圧縮できます。ただし、[圧縮可能な暗号化] オプションを使用する場合よりも圧縮率は低くなります。テキスト エディターまたは 16 進エディターを使用して .pst ファイルを読み取ることはできません。
既定のセキュリティ設定は [圧縮可能な暗号化] オプションです。セキュリティよりもディスク容量を優先する場合は、[圧縮可能な暗号化] オプションを使用します。ディスク容量よりもセキュリティを優先する場合は、[高度暗号化] オプションを使用し、.pst ファイルのパスワードを指定します

パスワード

.pst ファイルを作成するときに、15 文字までのパスワードを追加できます。[パスワードをパスワード一覧に保存] チェック ボックスをオンにした場合、個人用フォルダー ファイル (.pst) を他のコンピューターで開く場合に備えてパスワードを控えておきます。

プロパティ

文書番号: 829971 - 最終更新日: 2011年9月21日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2003
キーワード:?
kbconfig kbcalendar kbemail kbhowto kbinfo KB829971
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com