サイト コンポーネント マネージャーのステータス メッセージ 4909、4912 4913、システム センター構成マネージャー 2007年、または Systems Management Server 2003 をインストールした後 4915 ログ可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 830022
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Systems Management Server (SMS) 2003年または Microsoft システム センター構成マネージャー 2007年をインストールすると、サイト コンポーネント マネージャー コンポーネント次のステータス メッセージをログに記録可能性があります。
MessageID=4909
Severity=Error
Facility=Application
SymbolicName=SRVMSG_SITECOMP_CANNOT_FIND_SMS_AD_CONTAINER
Language=English
SMS Systems Management Server could not locate the "System Management" container in Active 
Directory.  Nor could it create a default container.  This will prevent Site Component Manager from 
updating or adding any objects to Active Directory. Possible cause: This site’s  SMS Service 
account or the site server’s machine account might not have the correct rights to update active 
directory.

Solution: Either give the Service Account rights to update the domain's System Container, or 
manually create the "System Management" container in this domain's Active Directory system 
container, and give the Service Account full rights to that container (and all children objects).
MessageID=4912

Systems Management Server cannot update the already existing object "System Management" in Active Directory.
MessageID=4913

Systems Management Server cannot create the object "System Management" in Active Directory.
MessageID=4915

Systems Management Server cannot delete the object "System Management" in Active Directory.
さらに、次のエントリは Hman.log ファイルに表示されます。
System Management container exists.
Searching for SMS-Site-123 Site Object.
SMS-Site-123 doesn't exist, creating it.
SMS-Site-123 could not be created, error code = 8202
ExtADsch.exe ツールは、次を使用する場合ExtADsch.log ファイル内のエントリがあります。
Failed to create class cn=MS-SMS-Management-Point. Error code = 8202.
Failed to create class cn=MS-SMS-Server-Locator-Point. Error code = 8202.
Failed to create class cn=MS-SMS-Site. Error code = 8202.
Failed to create class cn=MS-SMS-Roaming-Boundary-Range. Error code = 8202.
Failed to extend the Active Directory schema.

原因

サイト コンポーネント マネージャーが見つからないまたは Active directory の System Management コンテナーを管理するために、適切なアクセス許可を持たない場合この問題が発生する可能性があります。

解決方法

SMS 2003、および Configuration Manager 2007 のアクセス許可を作成するか、Active directory の System Management コンテナーを変更する必要があります。この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 高度なセキュリティ、SMS または構成マネージャー サイトを使用している場合は、サイト サーバー アカウント フル コントロール アクセス許可を Active Directory システム コンテナーとすべての子オブジェクトに与えます。
  • 標準的なセキュリティ、SMS または構成マネージャー サイトを使用している場合は、サイト サーバー SMS または構成マネージャー サービス アカウント フル コントロール アクセス許可を Active Directory システム コンテナーとすべての子オブジェクトに与えます。
システム コンテナーへの適切なアクセス許可を付与するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント管理ツール、し Active Directoryユーザーとコンピューター.
  2. で、 ビュー メニューをクリックして 高度な機能.
  3. ドメインのツリーを展開を右クリックし、システム コンテナーをクリックしプロパティ.
  4. で、 セキュリティ タブで、クリックしてください追加.
  5. クリックしてください。 オブジェクトの種類.2003 を SMS または Configuration Manager 2007 は、高度なセキュリティに設定されている場合は、確認してください、 コンピューター チェック ボックスが選択されています。SMS 2003、または Configuration Manager 2007 は、標準セキュリティを使用する構成されている場合は、確認してください、 グループユーザー チェック ボックスが選択されています。クリックしてください。[OK].
  6. 高度なセキュリティがオンになっている場合は、名前を入力、サイト サーバーのコンピューター アカウントは、クリックしてください 名前を確認します。、し、クリックしてください。 [OK].標準的なセキュリティがオンになっている場合は、SMS または構成マネージャーのサービス アカウントの名前を入力、クリックしてください名前を確認します。、し[OK].
  7. グループ名またはユーザー名は、アカウントをクリックします。手順 6 を追加すること。
  8. エンタープライズ管理者のアクセス許可,オンにし、 フル コントロール チェック ボックスをオンにしをクリックしてください[OK].
Active Directory の更新を開始するのには、サイト コンポーネント マネージャー サービスを再起動します。この更新プログラムの状態を表示するのには、Sitecomp.log ファイルを監視できます。

ADSIEdit.exe ユーティリティを使用して、手動で作成することができます。Active Directory システム コンテナー内の System Management コンテナー。ただし、SMS または構成マネージャーは、コンテナー内のオブジェクトを管理するアクセス許可が必要です。

コンテナーを手動で作成する場合は、(高度なセキュリティを使用した場合)、サイト サーバーのコンピューター アカウントまたは (標準セキュリティを使用した場合) は、SMS または構成マネージャー サービス アカウントに、System Management コンテナー フル コントロールのアクセス許可を持っていることを確認してくださいする必要があります。すべての子オブジェクト。

System Management コンテナーを手動で作成する場合は、適切なアクセス許可を付与するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント管理ツール、し Active Directoryユーザーとコンピューター.
  2. で、 ビュー メニューをクリックして 高度な機能.
  3. ドメインのツリーを展開し、展開 システム,System Management コンテナーを右クリックしをクリックしてください[制御の委任.
  4. クリックしてください。 次へ、し追加.
  5. クリックしてください。 オブジェクトの種類.2003 を SMS または Configuration Manager 2007 は、高度なセキュリティに設定されている場合は、確認してください、 コンピューター チェック ボックスが選択されています。SMS 2003、または Configuration Manager 2007 は、標準セキュリティを使用する構成されている場合は、確認してください、 グループユーザー チェック ボックスが選択されています。クリックしてください。[OK].
  6. 高度なセキュリティがオンになっている場合は、名前を入力、サイト サーバーのコンピューター アカウントは、クリックしてください 名前を確認します。、し、クリックしてください。 [OK].標準的なセキュリティがオンになっている場合は、SMS または構成マネージャーのサービス アカウントの名前を入力、クリックしてください 名前を確認します。、し[OK].
  7. クリックしてください。 次へをクリックして カスタム タスクを作成します。代理人、し 次へ.
  8. クリックしてください。 このフォルダーは、既存のオブジェクトには、このフォルダーおよびフォルダー内の新しいオブジェクトの作成、し次へ.
  9. オンにし、 フル コントロール チェックボックスとクリック 次へ.
  10. 情報が正しいかどうかを確認しをクリックしてください終了日.

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。

詳細

SMS または構成マネージャーが Active Directory に公開する前に、Active Directory スキーマを拡張する必要があります。SMS 2003 または構成マネージャー 2007 は、インストールまたは ExtADsch.exe ユーティリティを使用して手動でスキーマを拡張することができる場合は、Active Directory スキーマを拡張できます。ExtADsch.exe ユーティリティは、SMS 2003 CD 上の SMSSETUP\BIN\i386 フォルダーにあります。SMS 2003 用の Active Directory スキーマを拡張する方法の詳細については、「第 10 章および第 4 章、SMS 2003 オンライン コンセプト ・計画・導入ガイド 』 の「15 部 3 部」を参照してください。その他のソリューションは、ステータス メッセージの詳細については、SMS サイト コンポーネント マネージャーがあります。コンセプト ・計画・導入ガイド 』 の最新バージョンは、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc179958.aspx

詳細については、Active Directory についてスキーマ内のアーティクルを表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
216060 スキーマへの書き込み操作を許可するために必要なレジストリの変更
285172 スキーマの更新では、Active Directory のスキーマに対する書き込みアクセス権を必要とします。
310996 Active Directory サービスと Windows 2000 または Windows Server 2003 のドメイン (その 1)
310997 Active Directory サービスと Windows 2000 または Windows Server 2003 のドメイン (パート 2)

プロパティ

文書番号: 830022 - 最終更新日: 2011年7月30日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbbug kbnofix kbinterop kbscman kbactivedirectory kbsecurity kbmt KB830022 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:830022
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com