ストアド プロシージャのシステムを使用して、既存のスナップショットまたはトランザクション パブリケーションにアーティクルを追加する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 830210
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

未公開記事を追加するのには、2 つの方法は、既存のスナップショット、トランザクション パブリケーション、またはマージ パブリケーションにします。、いずれか、非公開の記事を追加するのには SQL Server の Enterprise Manager を使用できますかSQL で提供されている、レプリケーション システム ストアド プロシージャを使用できます。未公開記事を追加するには、[サーバー] をクリックします。

発行されていないを追加する場合記事 SQL Server の Enterprise Manager を使用して、既存の文書には、スキーマとデータ、追加資料の伝播に自動的にすべて、最初に、各レプリケーション エージェントを実行すると、サブスクライバーアーティクルを追加するとします。マージ パブリケーションにアーティクルを追加する場合使用して、 sp_addmergearticle レプリケーション ・ システムがプロシージャ、スキーマ、およびデータの保存追加の資料は、すべてのサブスクライバーに自動的に伝達されます。ただし、Exchange 2000 Server コンピュータで sp_addarticle 未公開記事を追加するのには、プロシージャのレプリケーション システムのストアドスナップショットまたはトランザクション パブリケーション、スキーマおよびデータを記事は反映されない自動的にすべてのサブスクライバーに追加すると、追加した後、最初に、各レプリケーション エージェントの実行、資料です。

この資料は、既存にアーティクルを追加する方法について説明します。スナップショットまたはトランザクション パブリケーションのレプリケーション システムを使用するストアド プロシージャのスキーマとデータを追加した「なもサブスクライバーには、同期処理中に正常に伝達します。

詳細については SQL Server を使用して、アーティクルを追加する方法エンタープライズ マネージャーでは、SQL Server Books online の以下のトピックを参照してください。

どのようにパブリケーションとアーティクル (エンタープライズを変更するのにはマネージャー)

詳細

既存のスナップショットまたはトランザクション パブリケーションへのアーティクルの追加

スナップショットまたはトランザクション パブリケーションにアーティクルを追加するには、使用できます、 sp_addarticle レプリケーション システムのストアド プロシージャ。ただし、使用すると、 sp_addarticle ストアド プロシージャは、サブスクリプションは自動的には更新されません。したがって、新しいアーティクルにサブスクリプションを追加すること明示的にする必要があります。行うにはしたがって、次の手順を実行します。
  1. SQL Server の Enterprise Manager を起動します。
  2. 左側のウィンドウで見つけて、選択SQL Server のパブリケーションを格納します。
  3. で、 ツール メニューのポイント レプリケーション、し 作成し、管理印刷物.
  4. で、 作成し、パブリケーションの管理 インスタンス名 ダイアログ ボックスで、検索し、文書を選択します。クリックしてください。 スクリプト パブリケーション.
  5. で、 SQL スクリプトの生成-<publication name=""></publication> ダイアログ ボックスで、 スクリプト オプションセクションで、クリックしてを選択するのには、 これを作成するスクリプトします。文書 オプション、し、 プレビュー.
  6. で、 レプリケーション コンポーネントのスクリプトプレビュー ダイアログ ボックス、クリックして として保存します。.
  7. で、 スクリプト ファイルの場所 ダイアログボックスの種類 NewArticle.sql で、 ファイル名前 ボックスとクリック 保存.
  8. SQL クエリ アナライザーを起動し、接続をパブリケーションが含まれている SQL サーバーのインスタンスです。
  9. 未公開記事を文書に追加するには、実行します。SQL クエリ アナライザーで次のような transact SQL ステートメントパブリッシャーでパブリケーション データベースにします。
    • コード例については、スナップショット パブリケーション
      USE <Publication Database>
      GO
      
      EXEC sp_addarticle 
      	@publication = N'<Publication Name>', 
      	@article = N'<Article Name>', 
      	@source_owner = N'dbo', 
      	@source_object = N'<Article Object Name>', 
      	@destination_table = N'<Destination Table Name>', 
      	@type = N'logbased', 
      	@creation_script = null, 
      	@description = null, 
      	@pre_creation_cmd = N'drop', 
      	@schema_option = 0x00000000000000F1, 
      	@status = 0, 
      	@vertical_partition = N'false', 
      	@ins_cmd = N'SQL', 
      	@del_cmd = N'SQL', 
      	@upd_cmd = N'SQL', 
      	@filter = null, 
      	@sync_object = null, 
      	@auto_identity_range = N'false'
      GO
      
      メモ 含まれている、Transact SQL ステートメントのいずれかをコピーする必要があります、 sp_addarticle レプリケーション システム ストアド プロシージャを追加するために使用された、文書に資料作成した NewArticle.sql スクリプト ファイルから手順 7 で。

      として、次のパラメーターを変更することを確認します。Transact SQL ステートメントを実行する前に指定します。

      元に戻す全体を表示する
      パラメーター
      @ 文書現在の名前パブリケーションです。
      @ 資料新規の名前資料です。
      @ source_object元の名前新しいアーティクルによって表されるテーブルです。
      @ destination_table名前、変換先テーブルがサブスクライバーで作成されます。
      @ force_invalidate_snapshot1 (場合は、スナップショットがパブリケーションに対して生成されます。


      さらに、記事が含まれているかどうかは、id 列と、SQL、id 範囲の処理を管理するためにサーバーをする、設定する必要があります、 auto_identity_range @ パラメーターに true.
    • コード例については、トランザクション パブリケーション
      USE <Publication Database>
      GO
      
      EXEC sp_addarticle 
      	@publication = N'<Publication Name>', 
      	@article = N'<Article Name>', 
      	@source_owner = N'dbo', 
      	@source_object = N'<Article Object Name>', 
      	@destination_table = N'<Destination Table Name>', 
      	@type = N'logbased', 
      	@creation_script = null, 
      	@description = null, 
      	@pre_creation_cmd = N'drop', 
      	@schema_option = 0x00000000000000F3, 
      	@status = 16, 
      	@vertical_partition = N'false', 
      	@ins_cmd = N'CALL sp_MSins_<Article Name>', 
      	@del_cmd = N'CALL sp_MSdel_<Article Name>', 
      	@upd_cmd = N'MCALL sp_MSupd_<Article Name>', 
      	@filter = null, 
      	@sync_object = null, 
      	@auto_identity_range = N'false'
      GO

      メモ 含まれている、Transact SQL ステートメントのいずれかをコピーする必要があります、 sp_addarticle レプリケーション システム ストアド プロシージャを追加するために使用された、文書に資料作成した NewArticle.sql スクリプト ファイルから手順 7 で。

      として、次のパラメーターを変更することを確認します。Transact SQL ステートメントを実行する前に指定します。

      元に戻す全体を表示する
      パラメーター
      @ 文書現在の名前パブリケーションです。
      @ 資料新規の名前資料です。
      @ source_object元の名前新しいアーティクルによって表されるテーブルです。
      @ destination_table名前、変換先テーブルがサブスクライバーで作成されます。
      @ ins_cmdサブスクライバー側でを呼び出し<article name=""></article>
      @ del_cmd呼び出さを呼び出す<article name=""></article>
      @ upd_cmdMCALL sp_MSupd_<article name=""></article>
      @ force_invalidate_snapshot1 (場合は、スナップショットがパブリケーションに対して生成されます。


      さらに、記事が含まれているかどうかは、id 列と、SQL、id 範囲の処理を管理するためにサーバーをする、設定する必要があります、 auto_identity_range @ パラメーターに true.
    した後、現在非公開の記事を追加します。パブリケーションをされますが、 有料サービス プロパティは、現在購読してサブスクリプションごとにマージ文書を設定するのには いいえ:

    フル サブスクリプション: いいえ、このサブスクリプションはこのパブリケーション内のアーティクルの一部のみ保持します。
  10. 追加されたアーティクルにサブスクリプションを追加、パブリケーションです。
    • プッシュ サブスクリプション用のコードの例

      加入して各プッシュ サブスクリプションは、SQL クエリ アナライザーに Transact SQL ステートメントを実行、現在の文書パブリッシャー側でパブリケーション データベース。例は次のとおりです。
      USE <Publication Database>
      GO
      
      EXEC sp_addsubscription 
      	@publication = N'<publication Name>', 
      	@article = N'<Article Name>', 
      	@subscriber = N'<Subscriber Name>', 
      	@destination_db = N'<Destination Database>', 
      	@sync_type = N'automatic', 
      	@update_mode = N'read only', 
      	@offloadagent = 0, 
      	@dts_package_location = N'distributor'
      GO
      メモ 含まれている、Transact SQL ステートメントのいずれかをコピーする必要があります、 sp_addsubscription レプリケーション システム ストアド プロシージャを追加するために使用された、購読された NewArticle.sql スクリプト ファイル上の手順 7 で作成します。

      次のパラメーターを変更することを確認します。Transact SQL ステートメントを実行する前にします。

      元に戻す全体を表示する
      パラメーター
      @ 文書現在の名前パブリケーションです。
      @ 資料新規の名前資料です。
      @ サブスクライバー名前、サブスクライバー。
      @ destination_db名前、サブスクリプションが含まれている宛先データベースです。


      また、確認する必要があります、既存のサブスクリプションのプロパティを変更するパラメーターをことはできません。変更します。
    • プル サブスクリプション用のコードの例

      新しい記事のプル サブスクリプションを追加するのには文書に既存のすべてのサブスクライバーのサブスクリプションの実行します。SQL クエリ アナライザーでは、パブリッシャー側での transact SQL ステートメントは、文書に含まれる ◇例は次のとおりです。
      USE <Publication Database>
      GO
      
      EXEC sp_refreshsubscriptions 
      	@publication = N'<Publication Name>'
      GO
    あります、 有料サービス プロパティは、現在購読してサブスクリプションごとにマージ文書を設定するのには [はい]:

    フル サブスクリプション: は文書内のすべてのアーティクル、このサブスクリプションを保持します。
  11. 現在に対応するスナップショット エージェントを実行します。ディストリビューターでパブリケーションです。
  12. それぞれに対応するディストリビューション エージェントを実行します。現在のパブリケーションに対してサブスクライブするサブスクリプション。

関連情報

詳細については、レプリケーション システムのストアドレプリケーションを追加するために使用する手順は、次のトピックでは、SQL を参照してください。Server Books オンライン。
sp_addsubscription

sp_refreshsubscriptions

sp_addarticle


Id 値の管理の詳細についてを参照してください。SQL Server Books online の次のトピック:
管理します。Id 値


の関連情報、sp_addmergearticle ストアド プロシージャをクリックして、次の Knowledge Base の記事を参照します。
297369[FIX] NO SYNC サブスクライバーのパブリケーションに対するマージ アーティクルを追加するときに正しくないエラーが発生します。

269204 BUG: マージ アーティクルにはサブセット フィルターを追加、スナップショット エージェントが失敗する可能性があります。

プロパティ

文書番号: 830210 - 最終更新日: 2011年7月18日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbcodesnippet kbreplication kbmt KB830210 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:830210
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com