Microsoft Project 2002 Service Pack 1 について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 830241 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、Microsoft Project 2002 用の更新プログラムをリリースしました。この更新プログラムを適用することにより、セキュリティの強化に加えて、安定性とパフォーマンスも強化されます。

はじめに

この資料では、Microsoft Project 2002 Service Pack 1 (SP1) のダウンロード方法およびインストール方法を説明します。また、Microsoft Project 2002 SP1 で修正される問題についても説明します。

詳細

更新プログラムのダウンロード方法およびインストール方法

重要 : この更新プログラムをインストールする前に、以下の要件を満たしていることを確認してください。
  • Microsoft Windows インストーラ 2.0

    この更新プログラムをインストールするには、Windows インストーラ 2.0 以降をインストールする必要があります。この要件の詳細については、この資料の「Windows インストーラの更新の必要性」を参照してください。

クライアント用更新プログラム

CD-ROM から Project 2002 をインストールした場合は、以下の方法のいずれかを使用できます。
  • Microsoft Office ダウンロード サイトを使用して、入手可能な Service Pack や更新プログラムを含む最新の更新プログラムをすべて自動的にインストールします。
  • 後に記載されている方法を実行して、Microsoft Project 2002 SP1 のみをインストールします。
: クライアント用更新プログラムのインストールには、Office ダウンロード サイトを使用することをお勧めします。Office ダウンロード サイトでは、使用している Microsoft Office のインストール状態が検出され、Office を最新の状態に保つために必要な更新プログラムがすべてユーザーに表示されます。

Office ダウンロード サイト
Office ダウンロード サイトを使用してコンピュータにインストールする必要のある更新プログラムを検出するには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://office.microsoft.com/ja-jp/downloads/maincatalog.aspx
[アップデートの確認] をクリックします。検出が完了すると、確認のため、推奨する更新プログラムの一覧が表示されます。[インストールの開始] をクリックして手順を完了します。

Project 2002 SP1 のみをインストールする
以下の手順を実行して、クライアント用更新プログラムのダウンロードとインストールを行います。
  1. 下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    Project 2002 Service Pack 1 クライアント用パッケージ

    リリース日 : 2004 年 3 月 23 日

    マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

    : Project 2002 SP1 クライアント用更新プログラムの各国語版を入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=D64EA65B-9519-4061-9B3A-32AF1A9BF888
  2. [ダウンロード] をクリックし、[開く] をクリックして、Project 2002 SP1 のダウンロードとインストールを開始します。
  3. 更新プログラムをインストールするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  4. [はい] をクリックして、使用許諾契約に同意します。
  5. Project 2002 CD-ROM の挿入を求めるメッセージが表示されたら、CD-ROM を挿入し、[OK] をクリックします。
  6. 更新プログラムが正常に適用されたことを示すメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
: 更新プログラムを一度インストールすると削除することはできません。更新プログラムがインストールされる前の状態に戻すには、Microsoft Project 2002 を削除して、元の CD-ROM から再インストールする必要があります。

管理者用更新プログラム

Project 2002 をサーバーからインストールした場合、サーバーの管理者が管理者用更新プログラムを使用してサーバーを更新した後、更新プログラムをクライアント コンピュータに展開する必要があります。

サーバーの管理者は、次の手順を実行して管理者用更新プログラムをダウンロードしてください。
  1. エクスプローラで C ドライブに新しいフォルダを作成し、kb830241 という名前を付けます。
  2. 下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    Project 2002 Service Pack 1 フルファイル パッケージ

    リリース日 : 2004 年 3 月 23 日

    マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

    : Project 2002 SP1 フルファイル バージョンの各国語版を入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=D64EA65B-9519-4061-9B3A-32AF1A9BF888
  3. [ダウンロード] をクリックし、[保存] をクリックして、C:\kb830241 フォルダに Project 2002 SP1 のインストール ファイル (Project2002-KB830241-FullFile-JPN.EXE など) を保存します。
  4. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  5. [名前] ボックスに、cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  6. コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力し、各行の終わりで Enter キーを押します。

    cd\kb830241

    Project2002-kb830241-fullfile-language version.exe /c /t:c:\kb830241


    : language version は、前の手順でダウンロードしたインストール ファイルの言語識別子です。

    以下に例を示します。

    cd\kb830241

    Project2002-KB830241-FullFile-JPN.EXE /c /t:c:\kb830241
  7. [はい] をクリックして、使用許諾契約に同意します。
  8. コマンド プロンプトで exit と入力し、Enter キーを押して、コマンド プロンプトを終了します。
  9. 管理者用インストールの更新手順を十分に理解している場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /a Admin Path\MSI File /p C:\Kb830241\MSP File SHORTFILENAMES=TRUE
    上記のコマンドで、Admin Path は Project 2002 の管理者用インストール ポイントへのパス (C:\Project2002 など)、MSI File は Project 2002 の .msi データベース パッケージ、MSP File は管理者用更新プログラムの名前です。

    : 上記のコマンド ラインに /qb+ を追加すると、[使用許諾契約] など、セットアップ ウィザードのページが表示されなくなります。
  10. この更新プログラムをクライアント ワークステーションに展開するには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /i Admin Path\MSI File REINSTALL=Feature List REINSTALLMODE=vomu
    上記のコマンドで、Admin Path は Project 2002 の管理者用インストール ポイントのパス (C:\Project2002 など)、MSI File は Project 2002 用の .msi データベース パッケージ、Feature List はこの更新プログラムで再インストールが必要な機能の名前 (大文字と小文字は区別されます) です。すべての機能をインストールするには、REINSTALL=ALL を使用します。

Microsoft Project 2002 Service Pack 1 (SP1) for Multilingual User Interface Pack

Multilingual User Interface Pack (MUI) を使用している場合、Project 2002 SP1 の機能を十分に活用するためには、Microsoft Project 2002 Service Pack 1 (SP1) for Multilingual User Interface Pack をインストールします。Project 2002 Service Pack 1 (SP1) for Multilingual User Interface Pack をインストールするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Project 2002 Service Pack 1 (SP1) for Multilingual User Interface Pack

更新プログラムがインストール済みかどうかを確認する方法

この更新プログラムに含まれているファイルのバージョンは以下のとおりです。
   ファイル名      バージョン
   ---------------------------
   Winproj.exe  10.0.2104.1305
コンピュータにインストールされている Project 2002 のバージョンを確認するには、次の手順を実行します。

: Microsoft Windows には複数のバージョンが存在するため、使用中のコンピュータによっては以下の手順が異なる場合があります。この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします。
  2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の下にある [ファイルとフォルダすべて] をクリックします。
  3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、Winproj.exe と入力し、[検索] をクリックします。
  4. ファイルの一覧で、[Winproj.exe] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [バージョン情報] タブで、コンピュータにインストールされている Project 2002 のバージョンを確認します。
この更新プログラムには、以下の更新済みファイルも含まれています。

   Atlconv.dll       Msorun.dll
   Bidi32.dll        Mssp3en.lex
   Blnmgr.dll        Mssp3ena.lex
   Blnmgrps.dll      Mssp3enl.dll
   Cdrimp32.flt      Mssp3pfr.dll
   Cgmimp32.flt      Msspell3.dll
   Epsimp32.flt      Olapuir.rll
   Fm20.dll          Owc10.dll
   Fm20enu.dll       Owc10.mst
   Fp5autl.dll       Owci10.dll
   Fp5awec.dll       Pcdimp32.flt
   Gifimp32.flt      Pictim32.flt
   Intldate.dll      Pj10od10.dll
   Jpegim32.flt      Pj10tm10.dll
   Mscdm.dll         Pjintl.dll
   Mscomctl.ocx      Pjmn10g.chm
   Msconv97.dll      Pjmn10p.chm
   Msdaippd.dll      Pjmsgsdr.dll
   Msdmeng.dll       Pjoledb.dll
   Msdmine.dll       Pjspool.exe
   Msdmine.rll       Png32.flt
   Msmdcb80.dll      Prjres.dll
   Msmdgd80.dll      Prjsetup.htm
   Msmdun80.dll      Proflwiz.exe
   Mso.dll           Riched20.dll
   Msoeuro.dll       Setlang.exe
   Msohelp.exe       Setup.exe
   Msointl.dll       Ucs20.dll
   Msolap80.dll      Vbapj10.chm
   Msolap80.rll      Vbe6.dll
   Msolui80.dll      Winproj.exe
   Msonsext.dll      Wpgimp32.flt
: コンピュータに Project 2002 SP1 が既にインストールされている場合は、この更新プログラムのインストール時に、次のエラー メッセージが表示されます。
このアップデートは適用されているか、すでに適用されているアップデートに含まれています。

Windows インストーラの更新の必要性

この資料に記載されている更新プログラムをインストールするには、Windows インストーラ 2.0 またはそれ以降が必要です。Microsoft Windows XP および Microsoft Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) には、Windows インストーラ 2.0 またはそれ以降のバージョンが含まれています。最新版の Windows インストーラをインストールするには、次のマイクロソフト Web サイトのいずれかにアクセスしてください。

Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、および Microsoft Windows Millennium Edition (Me) 用の Windows インストーラ
http://office.microsoft.com/ja-jp/products/FX010417411041.aspx
Microsoft Windows NT 4.0 および Windows 2000 用の Windows インストーラ
http://office.microsoft.com/ja-jp/products/FX010417421041.aspx

この Service Pack のインストール後に発生する可能性のある既知の問題

Microsoft Project Professional 2002 SP1 を使用して、Project Server 2002 に接続し、エンタープライズ リソース共有元を変更すると、以下のエラー メッセージが表示されます。
Microsoft Project Server は要求を処理できませんでした。無効なノード名のパラメータが指定されました。
エンタープライズ リソース共有元を閉じると (エンタープライズ リソース共有元の変更後に [OK] をクリックしても [キャンセル] をクリックしても)、この問題が発生します。このエラー メッセージが表示されると、すべてのリソースがチェックアウト状態になります。リソースを編集するには PWA (Project Web Access) で管理者がチェックインする必要があります。

この問題は、Microsoft Project 2002 Professional SP1 をインストールすると発生します。この問題を解決するには、Microsoft Project Server 2002 を実行しているコンピュータに Microsoft Project Server 2002 Service Pack 1 (SP1) をインストールします。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
867830 最新の Microsoft Project Server 2002 Service Pack を入手する方法

この更新プログラムで修正される問題の一覧

Project 2002 SP1 を適用すると、以下の更新プログラムに関する資料に記載されている問題が修正されます。

822211 Microsoft Project 2002 セキュリティ更新プログラム (2003 年 9 月 3 日) について
825806 Microsoft Project 2002 の修正プログラム パッケージ (2003 年 8 月 8 日) について
823340 Microsoft Project 2002 の修正プログラム パッケージ (2003 年 6 月 25 日) について
823335 Microsoft Project 2002 の修正プログラム パッケージ (2003 年 7 月 7 日) について
823334 Microsoft Project 2002 の修正プログラム パッケージ (2003 年 7 月 7 日) について
827151 Microsoft Project 2002 の修正プログラム パッケージ (2003 年 9 月 10 日) について
830010 Microsoft Project 2002 の修正プログラム パッケージ (2003 年 10 月 30 日) について
830822 Microsoft Project 2002 の修正プログラム パッケージ (2003 年 11 月 11 日) について
825806 Microsoft Project 2002 の修正プログラム パッケージ (2003 年 8 月 8 日) について


Project 2002 SP1 を適用すると、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている問題が修正されます。

331672 Microsoft Project で [エンタープライズからチームを作成] をクリックすると長時間の遅延が発生する
812644 [PRJ2002] パスワード付きのプロジェクト計画を別名で保存すると、ファイルが破損する
329759 Project 2002 でフィールドを選択すると、エラー メッセージ "ファイルが見つかりません" が表示される
329665 挿入されたプロジェクト計画からタスクをコピーするとプロジェクトが応答を停止する
329737 [PSVR2002] アプリケーション レベルの BeforeSave イベントが実行されない
331209 [PRJ2002] テキスト ボックス描画オブジェクトを使用した場合の印刷プレビューの問題
815836 Microsoft Project 2002 で、Microsoft Project Web Access からの非稼働日の更新が正常に保存されない
331975 プロジェクトを再計算しようとしたときにスケジュールが矛盾しているというメッセージが表示される
810615 Microsoft Project 2002 のクロス リンクされたプロジェクトで計算が繰り返される
817072 Microsoft Project 2002 でマスタ プロジェクト ファイルを保存するとプログラムが突然終了する
329736 企画書を変更し再発行すると基準作業の値が失われる
817271 Project 2000 で作成されたファイルを Project 2002 で保存するとエラー メッセージ "ファイルを開くことができません" が表示される
816631 [PRJ2002] [マクロ] メニュー項目をオフにできない
816632 エンタープライズ プロジェクト アウトライン コードへのグリッド コントロールのアクセスを無効にできない
821609 [PRJ2002] [エンタープライズ数値] フィールドへの変更がプロジェクトに更新されない
329734 [PRJ] Project Server データベースのプロジェクト ID の値が 32,767 を超えるとエラー メッセージが表示される
331972 記号の拡大縮小および印刷に関する問題
331199 [PRJ2002] マスタ プロジェクトを閉じようとしたときに変更を保存するかどうかの確認が繰り返し表示される
306290 Project 2002 でエンタープライズ データベースを使用して操作を実行すると長い遅延が発生する
331207 候補リストにアウトライン コードの説明が表示されない
331195 [Proj2002] エンタープライズ テキスト フィールドがデータベース テーブルから削除されない
331212 [PRJ2002] プロジェクト ファイルをデータベースに保存したときにODBCエラー メッセージが表示される場合がある
331700 [PRJ2002] 基準計画の情報の削除後にパフォーマンスが低下する問題
331204 アウトライン コードを設定して、別のアウトライン コードの参照テーブルをエイリアスにできない
331205 エンタープライズ アウトライン コードを編集しても変更が行われない
830282 Microsoft Project Professional 2002 でカレンダーにデフォルトの非稼働日を囲む非稼働日が設定されていると、タスクの期間が正しく計算されない


Project 2002 SP1 を適用すると、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) にこれまで記載されていなかった以下の問題も修正されます。

タスクを展開してサブタスクを表示すると、外部タスクを非表示にする機能が無効になる

Microsoft Project で外部タスクを非表示にする機能を有効にしても、設定の効果がありません。タスクを展開してサブタスクを展開すると、この問題が発生していることがわかります。

プロジェクト計画の表示に時間がかかる

プロジェクト計画を開くときに、処理に長い時間がかかることがあります。この問題は、使用しているプロジェクト データベースに多数のプロジェクトが含まれている場合に発生することがあります。

プロジェクト計画の発行またはポートフォリオ分析のビューの作成ができない

Project Server とは異なるドメインに属しているクライアント コンピュータからは、プロジェクト計画の発行またはポートフォリオ分析のビューの作成ができません。

送信した作業時間がプロジェクト管理者に却下されても通知が送信されない

SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) メール サービスが使用できない環境で Project Server を使用している場合、タスクの実績作業時間を送信後、プロジェクト管理者に却下されても、そのチーム メンバに通知が送信されません。

スペイン語版の Microsoft Project で、期間の延長および期間の短縮の両方で同じテキストが表示される

スペイン語版の Microsoft Project でタスクのスマート タグを表示すると、期間の延長と期間の短縮の両方に同じテキストが表示されます。

Project 2002 の予約の種類を変更すると、Microsoft Office Project 2003 では異なって表示される

Project 2002 でエンタープライズ リソースの予約の種類を変更し、Office Project 2003 でそのプロジェクトを参照すると、別の予約の種類が表示されることがあります。

Project より先に Office プログラムを実行すると、カスタマイズしたセットアップの設定が失われる

カスタマイズした MSI ファイルを使用して、Microsoft Office Standard と Microsoft Project Professional 2002 の両方をコンピュータにインストールした場合に、Project 2002 を実行する前に Microsoft Office プログラムのいずれかを実行すると、MSI ファイルで行ったカスタム ユーザー設定が失われます。

リモート接続では、プロジェクト計画の表示に時間がかかる

リモート接続を使用してプロジェクト計画を開くと、ローカルの企業ネットワークでプロジェクト計画を開く場合よりも処理に時間がかかることがあります。


エンタープライズのプロジェクト計画の保存時に、名前の付いていないリソースが重複して作成される

名前のないリソースを作成すると、エンタープライズのプロジェクト計画の保存時にそのリソースのコピーが作成されることがあります。

エンタープライズ リソースが開くまでに時間がかかる

プロジェクト計画で多数のエンタープライズ リソースを開くと、リソースが開くまでに予想以上に長い時間がかかることがあります。

プロジェクト計画を Project Server に発行するときに遅延が発生する

プロジェクト計画を Project Server に発行しても、プロジェクト計画がすぐに発行されません。

Microsoft Windows のユーザー補助機能を使用すると、Project Web Access (PWA) が正常に機能しないことがある

Microsoft Windows のユーザー補助機能を使用すると、Project Web Access (PWA) が正常に機能しないことがあります。

プロジェクト計画の MSP_FLAG_FIELDS テーブルおよび MSP_DURATION_FIELDS テーブルに "フラグ 1" フィールドおよび "期間 1" フィールドの値が保存されない

[エンタープライズ フラグ 1] フィールドおよび [エンタープライズ期間 1] フィールドをカスタマイズし、ガント チャートのフィールドに挿入すると、[フラグ 1] フィールドおよび [期間 1] フィールドの値がプロジェクト計画の MSP_FLAG_FIELDS テーブルおよび MSP_DURATION_FIELDS テーブルに保存されません。

特定の期間を指定して "リソース別のタスク" レポートを印刷すると、タスク名が切り捨てられて印刷されることがある

特定の期間 (月など) を指定して "リソース別のタスク" レポートを印刷すると、タスク名が切り捨てられて印刷されることがあります。

エンタープライズ グローバルからカレンダーを削除すると、エラー メッセージが表示される

エンタープライズ グローバルからカレンダーを削除すると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
[Microsoft][ODBC SQL Server Driver][SQL Server] 対象のビューに WITH CHECK OPTION が指定されていたか、CHECK OPTION 制約で認識できない操作が 1 行以上の行を返し、ビューを広げてしまったため、挿入または更新できませんでした。

コマンド ラインから Project Professional を起動するたびに、クライアント コンピュータ上に <GUID>.mpt ファイルのコピーが新規作成される

コマンド ラインから Project Professional を起動して自動的に Project Server に接続するたびに、クライアント コンピュータ上に <GUID>.mpt ファイルのコピーが新規作成されます。

プロジェクト計画が Project Server に重複して発行される

マスタ プロジェクトでプロジェクト計画を開いた状態で、そのプロジェクト計画を更新すると、Project Server にプロジェクト計画が重複して発行されることがあります。

実績作業時間がユーザー設定の割り当てのビューに表示されない

ユーザー設定の割り当てのビューに実績作業時間を追加した後、ユーザー設定の割り当てのビューを参照しても、実績作業時間のフィールドが表示されません。

リソースを置き換えても、リソースのコストが更新されない

あるリソースを別のリソースに置き換えても、そのリソースのコストが正しく更新されないことがあります。

マイルストーンへのリソースの割り当て後、サマリー割り当ての配分が誤って表示される

マイルストーンにリソースを割り当てると、サマリー割り当ての配分が正しく表示されません。割り当ての削除ができず、リソースのサマリー割り当てに、削除された割り当ての作業時間が表示されます。

[エンタープライズからチームを作成] を使用すると、コンピュータのパフォーマンスが低下する

[エンタープライズからチームを作成] を使用すると、コンピュータの処理速度が低下することがあります。この問題は、MDAC 2.7 に更新した後に発生することがあります。

Project Server のポートフォリオ分析に表示される基準コストが、プロジェクト計画の基準コストと一致しないことがある

エンタープライズのプロジェクト計画に、期間が 0 日のタスクがあると、Project Server のポートフォリオ分析に表示される基準コストが、プロジェクト計画の基準コストと異なることがあります。

日付の形式を週単位にすると、予期しない現象が発生する

日付の形式を週単位 (W5/1) にすると、予期しない現象が発生することがあります。

ユーザー設定のアウトライン コードがデフォルトでは折りたたまれない

Project Data Service (PDS) を使用して、プロジェクト計画にユーザー設定のアウトライン コードを挿入すると、ユーザー設定のアウトライン コードがデフォルトでは折りたたまれません。

再スケジュールを行うと、Project が突然終了する

達成していないタスクを再スケジュールすると、Project が突然終了し、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
問題が発生したため、Microsoft Project を終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。
エラー メッセージの詳細を参照すると、以下のようなエラー署名が表示されます。
   AppName       AppVer        ModName       ModVer        Offset
   ----------------------------------------------------------------
   Winproj.exe  11.0.2003.816  Winproj.exe  11.0.2003.816  0068f42f

プロパティ

文書番号: 830241 - 最終更新日: 2007年9月21日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Project Professional Version 2002
  • Microsoft Project Standard Version 2002
キーワード:?
kbinfo kbdownload kbsetup kbupdate atdownload KB830241
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com