SharePoint Portal Server 2003 および Windows SharePoint Services 2. 0 に含まれている機能の比較

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 830320 - 対象製品
Microsoft SharePoint Portal Server 2001 と SharePoint Team Services この資料のバージョンを Microsoft から参照してください 288272
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料と Microsoft Windows SharePoint Services 2. 0 と Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 に含まれる機能を比較します。

詳細

Windows SharePoint Services 2. 0 には、Microsoft Windows Server 2003 を使用して情報を共有し、ドキュメントを他のユーザーと協力して、リスト Web パーツ ページを作成することができるサービスの集まりです。 コラボレーション アプリケーションおよびアプリケーションの情報共有を作成するのに、開発プラットフォームとしての Windows SharePoint Services 2. 0 を使用することもできます。

SharePoint Portal Server 2003 には、Windows SharePoint Services 2. 0 に組み込まれているスケーラブルで、エンタープライズ ポータル サーバーです。 使えます SharePoint Portal Server 2003 Windows SharePoint Services 2. 0 の集計のサイト、情報、およびアプリケーションに、1 つのポータルを組織内。 SharePoint Portal Server 2003 は、Windows SharePoint Services 2. 0 必要があるため Windows SharePoint Services 2. 0 のすべての機能に SharePoint Portal Server 2003 で。 Windows SharePoint Services 2. 0 の機能、に加えて SharePoint Portal Server 2003 には、次のような機能が用意されています。
  • ニュースとトピック
  • 個人用サイト、個人用ビューとパブリック ビュー
  • 情報を特定の対象ユーザーになってことができます。
  • インデックス機能およびファイル共有の間で Web サーバー間で、Microsoft Exchange のパブリック フォルダー間で、ロータス ノーツで、Windows SharePoint Services 2. 0 サイト間で機能を検索
  • 関連情報、ドキュメント、またはプログラムに変更が加えられると通知する通知
  • エンタープライズ アプリケーション統合用のシングル サインオン機能
  • Microsoft BizTalk Server との統合

SharePoint Portal Server 2003 および Windows SharePoint Services 2. 0 に含まれている機能の比較

次の表は、特徴の Windows SharePoint Services 2. 0 と SharePoint Portal Server 2003 を比較したもの。
元に戻す全体を表示する
機能Windows SharePoint Services 2. 0SharePoint Portal Server 2003
警告はいはい
ブラウザー ベースのカスタマイズはいはい
ディスカッション掲示板はいはい
ドキュメント ライブラリはいはい
ドキュメント ワークスペースはいはい
会議ワークスペースはいはい
一覧はいはい
BizTalk との統合はいいいえ
Microsoft FrontPage 2003 の統合はいはい
Microsoft InfoPath 2003 の統合はいはい
アンケートはいはい
テンプレートはいはい
Web パーツ ページはいはい
自動分類いいえはい
対象ユーザーいいえはい
トピック エリアいいえはい
ニュースいいえはい
個人用サイトいいえはい
共有サービスいいえはい
シングル サインオンいいえはい
サイト ディレクトリいいえはい
ユーザー プロファイルいいえはい
に SharePoint Portal Server 2003 および Windows SharePoint Services 2. 0 の、結合されたコラボレーション機能を使う、組織内のユーザーことができます作成、管理、および共同作業の Web サイトを構築および組織全体で使用できるようにします。

SharePoint Portal Server の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/office/sharepointserver/bb267364.aspx
Windows SharePoint Services 2. 0 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/windowsserver/sharepoint/bb267377.aspx

プロパティ

文書番号: 830320 - 最終更新日: 2007年10月8日 - リビジョン: 2.7
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003
  • Microsoft Windows SharePoint Services 2.0
キーワード:?
kbinfo kbpubtypekc kbmt KB830320 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:830320
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com