文書番号: 830335 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Update Web サイトにアクセスするか、または Windows Update を起動して Microsoft Office プログラムの更新を確認したときに、コンピューターに現在インストールされていないプログラムの更新プログラムが提示されることがあります。

たとえば、特定の Office 製品をインストールしていない場合でも、その Office 製品の更新プログラムが提示される場合があります。

また、関連するセキュリティ情報で、現在インストールしている Office 製品に影響がないことが明記されているにもかかわらず、その Office 製品のセキュリティ更新プログラムが提示されることがあります。

Office の更新プログラムを検索するには、次のいずれかを実行します。
  • Windows 7、Windows Vista、または Windows Server 2008 クライアントの場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントして、[Windows Update] をクリックします。
  • Windows XP または Windows Server 2003 クライアントの場合は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://update.microsoft.com/microsoftupdate/v6/vistadefault.aspx?ln=ja-jp

原因

シナリオ 1

この現象は、Microsoft Office プログラムのバージョンをアップグレードした場合に発生することがあります。

この場合、以前のバージョンのコンポーネントがコンピューター上に残っている可能性があります。たとえば、既定では、Microsoft Office 2003 Professional Enterprise をインストールしたときに、Microsoft InfoPath がインストールされます。

これを Microsoft Office Professional 2007 にアップグレードすると、InfoPath は Office Professional 2007 によってアップグレードされないため、Microsoft InfoPath がコンピューターに残ったままになり、InfoPath はコンピューターから削除されません。

結果として、一部の Microsoft Office コンポーネントがコンピューターに残ります。この状態で Microsoft Update または Windows Update を使用して更新プログラムの確認を行うと、以前のバージョンのコンポーネントが検出され、そのバージョン用の更新プログラムをインストールするように提示されることがあります。

シナリオ 2

この現象は、インストールされていないコンポーネント用の更新プログラムが入手可能になったときに発生することがあります。また、特定のコンポーネントをインストールしないようにユーザーが選択した場合にも発生することがあります。

Microsoft Update または Windows Update の検出プログラムは、インストールされている製品をチェックし、検出されたすべての Office 製品について、アップグレードを推奨します。校正ツールを例に挙げると、インストール内容をカスタマイズしている場合を除き、英語版の Microsoft Office では英語版校正ツールのみがインストールされます。

この状態で Microsoft Update または Windows Update にアクセスして更新プログラムの確認を行ったときに、フランス語版校正ツールの更新プログラムが存在すると、フランス語版校正ツールの更新プログラムが推奨されます。この推奨は、フランス語版の校正ツールがインストールされているかどうかにかかわらず、表示されます。

シナリオ 3

この現象は、共有コンポーネントを使用する Microsoft Office 製品をインストールしている場合に発生することがあります。

たとえば、2007 Microsoft Office system をインストールせずに Project 2007 をインストールしている場合でも、2007 Microsoft Office system の更新プログラムが提示されることがあります。これは、Office 更新プログラムが特定のコンポーネントを含むすべての製品を対象としているためです。これにより、複数の Office 製品で共有されるファイルの整合性が維持されます。たとえば、Office のバージョンに応じて、MSO.DLL や OGL.DLL などのファイルが複数の Office 製品で共有されます。MSO.DLL や OGL.DLL に更新プログラムを適用する際には、こうした共有コンポーネントを含むすべての Office 製品に対して更新プログラムが提示されます。セキュリティ更新プログラムの場合は、セキュリティ情報に影響がないことが明記されている製品でも、その製品に影響を受ける共有コンポーネントが含まれている場合には、更新プログラムが提示されます。

解決方法

シナリオ 1 の解決方法

シナリオ 1 の問題を解決するには、必要のない、以前の Office コンポーネントをコンピューターから削除します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. すべての Office プログラムを終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします (または、[スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします)。
  3. [プログラムの追加と削除] (または [アプリケーションの追加と削除]) をクリックします。
  4. [現在インストールされているプログラム] ボックスの一覧で、コンピューターから削除する、以前のバージョンの Office プログラムをクリックし、[削除] をクリックします。

シナリオ 2 およびシナリオ 3 の解決方法

シナリオ 2 およびシナリオ 3 に示した問題を解決するには、以下の手順を実行します。

方法 1: 推奨される更新プログラムをインストールする


機能を使用しない場合でも、推奨された更新プログラムをインストールします。

方法 2: 必要な更新プログラムのみをインストールする


コンピューターに更新プログラムをインストールしないようにするには、Microsoft Update または Windows Update の検出プログラムによって表示された一覧で、該当する更新プログラムのチェック ボックスをオフにして、必要な更新プログラムだけをインストールします。次回、Microsoft Update または Windows Update にアクセスして更新プログラムを確認すると、インストールしないように選択した更新プログラムをインストールするように、再び推奨されます。

注: 使用しているバージョンの Microsoft Office スイートまたは別の Microsoft Office 製品に含まれる、インストールされていないコンポーネントにセキュリティ更新プログラムを適用しても、セキュリティやシステムのパフォーマンスに悪影響が生じることはありません。

プロパティ

文書番号: 830335 - 最終更新日: 2013年8月12日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office Access 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft Office Publisher 2003
  • Microsoft Office Basic 2007
  • Microsoft Office Enterprise 2007
  • Microsoft Office Home and Student 2007
  • Microsoft Office Professional 2007
  • Microsoft Office Professional Plus 2007
  • Microsoft Office Standard 2007
  • Microsoft Office Ultimate 2007
  • Microsoft Office Access 2007
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Office InfoPath 2007
  • Microsoft Office OneNote 2007
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office Project Professional 2007
  • Microsoft Office Project Standard 2007
  • Microsoft Office Publisher 2007
  • Microsoft Office SharePoint Designer 2007
  • Microsoft Office Visio Professional 2007
  • Microsoft Office Visio Standard 2007
  • Microsoft Office Word 2007
  • Microsoft Office Home and Business 2013
  • Microsoft Office Home and Student 2013
  • Microsoft Office 2013 RT
  • Microsoft Office Personal 2013
  • Microsoft Office Professional 2013
  • Microsoft Office Professional Academic 2013
  • Microsoft Office Professional Plus 2013
  • Microsoft Office Standard 2013
  • Microsoft Access 2013
  • Microsoft Excel 2013
  • Microsoft InfoPath 2013
  • Microsoft Lync 2013
  • Microsoft Lync Basic 2013
  • Microsoft OneNote 2013
  • Microsoft Outlook 2013
  • Microsoft PowerPoint 2013
  • Microsoft Project 2013 Professional
  • Microsoft Project 2013 Standard
  • Microsoft Publisher 2013
  • Microsoft Visio Professional 2013
  • Microsoft Visio Standard 2013
  • Microsoft Word 2013
キーワード:?
kbsetup kbupdate kbprb KB830335
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com