FrontPage 2003 を使用してポータルの編集または Web パーツのエクスポートを行うと、"Soap:Server 種類 Microsoft.SharePoint.SoapServer.SoapServerException" メッセージが表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 830342 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Web パーツを含んだポータル サイトを変更すると、メッセージが表示されます。また、オンライン ライブラリの Web パーツをページに追加すると、次のエラー メッセージが表示されます。
現在、プロパティを取得できません。
この問題は、Web パーツを含んだポータル サイトを以下のいずれかの方法で変更すると発生します。
  • Microsoft Office FrontPage 2003 を使用して、ポータル サイトの Web ページを編集します。
  • Web パーツをエクスポートします。
次のメッセージが表示されます。
要求を完了できませんでした。インターネットのサービス プロバイダまたは Web サーバーの管理者に連絡し、サーバーに FrontPage Server Extensions または SharePoint Services がインストールされているかどうか確認してください。

詳細な情報を表示するには、[詳細] ボタンをクリックしてください。
[詳細] をクリックすると、[メッセージの詳細] ダイアログ ボックスに次のメッセージが表示されます。
以下は、サーバーから返されたメッセージです。詳細については、インターネットのサービス プロバイダまたは Web サーバーの管理者に連絡してください。

soap:Server 種類 Microsoft.SharePoint.SoapServer.SoapServerException の例外がスローされました。この Web パーツ ページ上の Web パーツまたは Web フォーム コントロールは、安全なコントロールとしてこのサイトに登録されていないため、表示またはインポートすることができません。Microsoft Windows SharePoint Services と互換性のある Microsoft Office FrontPage などの HTML エディタでこのページを開けない可能性があります。このページを修正するには、サイトの管理者に問い合わせ、Web パーツまたは Web フォーム コントロールを安全なコントロールとして構成するよう依頼してください。また、Web パーツの管理のページを使って Web パーツまたは Web フォーム コントロールをページから削除することもできます。必要な権限がある場合は、このページを使って Web パーツを一時的に使用不可に設定したり、個人用の設定を削除することができます。詳細については、サイトの管理者に問い合わせてください。
Microsoft Internet Explorer でポータル サイトを開くと、Web ページは正しく表示され、すべての Web パーツが正常に構成されています。

また、アプリケーション イベント ログに次のエラーが出力されていることがあります。

イベント ID : 1000
ソース : Windows SharePoint Services 2.0
説明 : エラー: アセンブリの読み込みに失敗しました: AssemblyName
分類 : デバイス

原因

この問題は、以下のいずれか一方または両方の条件に該当する場合に発生します。
  • IP アドレスが割り当てられたインターネット インフォメーション サービス (IIS) の仮想サーバーを構成し、Windows SharePoint Services を使用してその仮想サーバーを拡張しています。
  • ホスト ヘッダー名を指定して IIS 仮想サーバーを構成し、Windows SharePoint Services を使用してその仮想サーバーを拡張しています。さらに、Web パーツ アセンブリのインストール先をグローバル アセンブリ キャッシュではなく Bin フォルダにしています。
いずれの構成の場合も、Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 サービスが Web パーツを読み込むために必要な情報を仮想サーバーから取得できません。そのため、「現象」に記載されているメッセージが表示されます。

回避策

この問題を回避するには、状況に応じて、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1 : インターネット プロトコル アドレスの割り当ての変更

インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャで、インターネット プロトコル (IP) アドレスを割り当てて仮想サーバーを構成してある場合、IP アドレスのオプションで [(未使用の IP アドレスすべて)] を使用して仮想サーバーを構成します。

SharePoint Portal Server 2003 および Windows SharePoint Services では、仮想サーバーでの固定の IP アドレスの使用はサポートされていません。IP アドレスのオプションで [(未使用の IP アドレスすべて)] を使用して IIS ホスト ヘッダー Web サイトを構成することにより、この問題を回避することができます。 ホスト ヘッダーの構成方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
190008 [HOW TO] ホスト ヘッダー名を使用して複数サイトを 1 つの IP アドレスからホストする

方法 2 : グローバル アセンブリ キャッシュへのアセンブリの移動

ホスト ヘッダー名が指定された仮想サーバーをホストしていて、アセンブリを Bin フォルダにインストールしている場合は、アセンブリをグローバル アセンブリ キャッシュに移動します。

方法 3 : Windows SharePoint Services スケーラブル ホスティング モードの使用

ここまでに記載されているホストの方法では問題が解決しない場合は、Windows SharePoint Services のスケーラブル ホスティング モードを使用することを検討してください。このモードについては、『Windows SharePoint Services Administrator's Guide』に記載されています。「Deployment Scenarios」の「Server Farm with Multiple Host Names Deployment」を参照してください。『Windows SharePoint Services Administrator's Guide』を入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=a637eff6-8224-4b19-a6a4-3e33fa13d230&DisplayLang=en

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 830342 (最終更新日 2004-08-27) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 830342 - 最終更新日: 2005年2月25日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003
  • Microsoft Office FrontPage 2003
  • Microsoft Windows SharePoint Services 2.0
キーワード:?
kberrmsg kbbug kbnofix KB830342
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com