BUG: Office イベントの Cancel パラメーター Visual Studio では無視されます。NET 2003

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 830519
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトの Visual Studio での作業には。Net、使用すると問題が発生する可能性があります、 [キャンセル] パラメーターには、Microsoft Word で発生する COM イベントMicrosoft Excel では、または、Microsoft Outlook します。コードCOM の受信イベントとコード設定できる、パラメーターに応じて、COMイベントはキャンセルされません。COM 相互運用機能を使用すると、この問題が発生します。マネージ クライアント (など Microsoft Visual C# Microsoft Visual Basic。NET)バージョン 1.1 は、Microsoft を使用してもします。NET フレームワークです。

原因

します。NET Framework 1.1 のセキュリティの変更が導入されていますタイプ セーフは、COM コンポーネントとやり取りするときを強化します。します。NET Framework1.1 型にマーシャ リング情報を使用してタイプ セーフを強化します。構成部品のライブラリです。Word を自動化すると、Excel では、または、Outlook では、マネージ クライアントは COM相互運用機能アセンブリ (IA) または microsoft プライマリ相互運用機能アセンブリ (PIA)Office XP で、Microsoft Office の種類が格納されている型情報を使用してください。イベントを処理するには、[ライブラリ] をクリックします。その単語の既存のバージョンのタイプ ライブラリ、Excel タイプ ライブラリとOutlook のタイプ ライブラリのマーク、 [キャンセル] パラメーターとして、 [in] パラメーターです。は、 [キャンセル] パラメーターをマークとしては、 [in] パラメーター、共通言語ランタイムがこれを強制するように制限およびマネージ コードから行われるすべての変更を防ぐことができます呼び出し元に返されます。したがって、イベントを取り消すことができません、マネージ コード IA (または PIA)。

解決方法

このバグの日Microsoft Office 2003 で修正します。

回避策

以前のバージョンの Word では、以前のバージョンを使用する場合Excelまたは、以前のバージョンの Outlook で行う必要があります。接続ポイント シンクをマネージ コードで確立します。カスタム ハンドラータイプ ライブラリの依存関係と強制型の保護を回避できます、通常、次のように適用されます。したがって、引数に渡すことができます、呼び出し元。

Microsoft プログラミング例としては、明示または黙示の保証もないだけを提供します。これを含むが、商品性や特定目的への適合性の黙示的な保証に制限はありません。この資料は、例示されているプログラミング言語やを作成したりプロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通するいると仮定します。マイクロソフト サポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供またはお客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するこれらの例は変更されません。

ヘルパー クラスを生成します。

直接イベントを Visual C# をシンクするを作成する必要があります、独自のディスパッチ インターフェイスを定義し、ヘルパー クラスを作成することもする必要があります。イベントのコードを実装します。ディスパッチ インターフェイスの定義と一致する必要があります、グローバル一意な識別子 (GUID) とイベントのディスパッチ識別子 (Dispid)イベントをシンクする Office オブジェクトがシンクします。するにはどのようなこれらの値を確認、次の方法のいずれかを使用することができます。
  • OLE/COM オブジェクト ビューアーに含まれているを使用することができます。Visual Studio。NET 2003 Professional Edition
  • プラットフォーム SDK を使用できます。詳細についてはプラットフォーム SDK については、次のマイクロソフト Web を参照してください。サイト:

    http://www.microsoft.com/msdownload/platformsdk/sdkupdate
GUID とは、Dispid を確認した後、独自に作成できます。ディスパッチ インターフェイスの定義に Visual Basic の定義です。NET または視覚でC#。

これカスタム接続を使用する方法を示す例を 2 つ紹介します。この問題を回避するには、次のコマンドをポイントします。最初の例では、シンクする方法を示しています。は、 アプリケーション Word 2000 でのオブジェクトのイベントキャンセルする、 DocumentBeforeClose イベント、ユーザー、ドキュメントを閉じることができないようにします。2 番目の例では、シンク、 ItemSend イベントを Outlook 2002 では、ようにアプリケーションでは、送信操作をキャンセルできます。

使用例1: キャンセル DocumentBeforeClose イベント

  1. Visual Studio を起動します。NET 2003 です。新しいプロジェクトを開始します。選択Visual C# プロジェクトの種類として。選択 Windowsアプリケーション テンプレートとしてします。プロジェクト名を入力します。MyWordEventTest、し[OK].

    既定では、Form1 が作成されます。
  2. で、 プロジェクト メニューをクリックして 追加参照.ダイアログ ボックスを選択します。 Microsoft Word 9.0 オブジェクトライブラリ [COM] タブをクリック 選択 追加するのには参照をクリックし [OK] ダイアログ ボックスを閉じますをします。

    カスタム IA は、自動的に生成されます。
  3. で、 プロジェクト メニューをクリックして 追加します。クラス.選択 コード ファイル、し、クラスの名前を指定Word9EventHelper.cs.クリックしてください。 [OK] するにはファイルを生成します。
  4. コード ウィンドウに次のコードを追加します。Word9EventHelper.cs:
    using System;
    using System.Runtime.InteropServices;
    using Word; // The default name for a custom Word IA.
    // If you use Office XP and you have the PIAs
    // referenced in your project, you must change the previous line to read:
    // using Word = Microsoft.Office.Interop.Word;
    
    namespace WordAppEvents9
    {
    	[InterfaceType(ComInterfaceType.InterfaceIsIDispatch),
    	GuidAttribute("000209FE-0000-0000-C000-000000000046")]
    	public interface DWordApplicationEvents9
    	{
    		[DispId(0x00000001)] void Startup();
    		[DispId(0x00000002)] void Quit();
    		[DispId(0x00000003)] void DocumentChange();
    		[DispId(0x00000004)] void DocumentOpen(Word.Document doc);
    		[DispId(0x00000006)] void DocumentBeforeClose(Word.Document doc, ref bool Cancel);	
    		[DispId(0x00000007)] void DocumentBeforePrint(Word.Document doc, ref bool Cancel);
    		[DispId(0x00000008)] void DocumentBeforeSave(Word.Document doc, ref bool SaveAsUI, ref bool Cancel);
    		[DispId(0x00000009)] void NewDocument(Word.Document doc);
    		[DispId(0x0000000a)] void WindowActivate(Word.Document doc, Word.Window wn);
    		[DispId(0x0000000b)] void WindowDeactivate(Word.Document doc, Word.Window wn);
    		[DispId(0x0000000c)] void WindowSelectionChange(Word.Selection sel);
    		[DispId(0x0000000d)] void WindowBeforeRightClick(Word.Selection sel, ref bool Cancel);
    		[DispId(0x0000000e)] void WindowBeforeDoubleClick(Word.Selection sel, ref bool Cancel);
    	}
    
    
    	public class WordAppEventHelper : DWordApplicationEvents9, IDisposable
    	{
    		public WordAppEventHelper()
    		{
    			m_oConnectionPoint = null;
    			m_Cookie = 0;
    		}
    
    		public void Startup()
    		{System.Diagnostics.Debug.WriteLine("Startup");}
    
    		public void Quit()
    		{System.Diagnostics.Debug.WriteLine("Quit");}
    
    		public void DocumentChange()
    		{System.Diagnostics.Debug.WriteLine("DocumentChange");}
    
    		public void DocumentOpen(Word.Document doc)
    		{System.Diagnostics.Debug.WriteLine("DocumentOpen");}
    
    		public void DocumentBeforeClose(Word.Document doc, ref bool Cancel)
    		{
    			System.Diagnostics.Debug.WriteLine("DocumentBeforeClose");
    			Cancel = true; // Cancel the close!
    		}
    
    		public void DocumentBeforePrint(Word.Document doc, ref bool Cancel)
    		{System.Diagnostics.Debug.WriteLine("DocumentBeforePrint");}
    
    		public void DocumentBeforeSave(Word.Document doc, ref bool SaveAsUI, ref bool Cancel)
    		{System.Diagnostics.Debug.WriteLine("DocumentBeforeSave");}
    
    		public void NewDocument(Word.Document doc)
    		{System.Diagnostics.Debug.WriteLine("NewDocument");}
    
    		public void WindowActivate(Word.Document doc, Word.Window wn)
    		{System.Diagnostics.Debug.WriteLine("WindowActivate");}
    
    		public void WindowDeactivate(Word.Document doc, Word.Window wn)
    		{System.Diagnostics.Debug.WriteLine("WindowDeactivate");}
    
    		public void WindowSelectionChange(Word.Selection sel)
    		{System.Diagnostics.Debug.WriteLine("WindowSelectionChange");}
    
    		public void WindowBeforeRightClick(Word.Selection sel, ref bool Cancel)
    		{System.Diagnostics.Debug.WriteLine("WindowBeforeRightClick");}
    
    		public void WindowBeforeDoubleClick(Word.Selection sel, ref bool Cancel)
    		{System.Diagnostics.Debug.WriteLine("WindowBeforeDoubleClick");}
    
    		private UCOMIConnectionPoint m_oConnectionPoint;
    		private int m_Cookie;
    
    		public void SetupConnection(Word.Application app)
    		{
    			if (m_Cookie != 0) return;
    
    			// GUID of the DIID_ApplicationEvents dispinterface.
    			Guid guid = new Guid("{000209FE-0000-0000-C000-000000000046}");
    
    			// QI for IConnectionPointContainer.
    			UCOMIConnectionPointContainer oConnPointContainer = (UCOMIConnectionPointContainer)app;
    
    			// Find the connection point and then advise.
    			oConnPointContainer.FindConnectionPoint(ref guid, out m_oConnectionPoint);
    			m_oConnectionPoint.Advise(this, out m_Cookie);
    		}
    
    		public void RemoveConnection()
    		{
    			if (m_Cookie != 0)
    			{
    				m_oConnectionPoint.Unadvise(m_Cookie);
    				m_oConnectionPoint = null;
    				m_Cookie = 0;
    			}
    		}
    
    		public void Dispose(){RemoveConnection();}
    	}
    }
  5. Form1 に切り替えるし、コマンド ボタンを追加します。Form1.cs のコード ウィンドウが表示されるようにするには、コマンド ボタンをダブルクリックします。または、 ビュー メニューをクリックして コード [コード] ウィンドウにForm1.cs に表示されます。次のコードを追加するのには、ボタンのハンドラーを クリックしてください。 イベント:
    Word.Document doc;
    Object missing = System.Reflection.Missing.Value;
    
    // Create a new instance of Word and then set up the event handler.
    m_oApp = new Word.ApplicationClass();
    m_oAppEvents = new WordAppEvents9.WordAppEventHelper();
    m_oAppEvents.SetupConnection(m_oApp);
    
    // Make Word visible and then display a new document to test close.
    m_oApp.Visible = true;
    doc = m_oApp.Documents.Add(ref missing, ref missing, ref missing, ref missing);
    doc.UserControl = true;
    doc.Content.Text = "Try to close the document";
    
    // You only have to do this one time in this sample.
    button1.Enabled = false;
    
  6. 次のコードを追加、 Form1 ボタン ハンドラーの前にクラス:
    Word.Application m_oApp;
    WordAppEvents9.WordAppEventHelper m_oAppEvents;
    
  7. で、 ビルド メニューをクリックして ビルドソリューション プロジェクトを作成します。クリックしてください。 デバッグ、し、クリックしてください。 開始 アプリケーションを実行します。

    場合は、アプリケーションが起動したら、コマンド ボタンをクリックして、Word が表示されます。、アプリケーションを終了するまで、Word のウィンドウを閉じることができません。

    行うことができます。ようなコードを使用して、Excel のイベントを処理します。

例 2: キャンセル ItemSend イベント

  1. Visual Studio を起動します。NET 2003 です。新しいプロジェクトを開始します。選択Visual C# プロジェクトの種類として。選択 Windowsアプリケーション テンプレートとしてします。プロジェクト名を入力します。MyOutlookEventTest、し[OK].

    既定では、Form1 が作成されます。
  2. で、 プロジェクト メニューをクリックして 追加参照.ダイアログ ボックスを選択します。 Microsoft Outlook 10.0オブジェクト ライブラリ [COM] タブをクリック 選択 追加するのには参照をクリックし [OK] ダイアログ ボックスを閉じますをします。

    カスタム IA は、自動的に生成されます。
  3. で、 プロジェクト メニューをクリックして 追加します。クラス.選択 コード ファイル、し、クラスの名前を指定Outlook10EventHelper.cs.クリックしてください。 [OK] するにはファイルを生成します。
  4. コード ウィンドウに次のコードを追加します。Outlook10EventHelper.cs:
    using System;
    using System.Runtime.InteropServices;
    //using Outlook; // The default name for a custom Word IA.
    // If you use Office XP and you have the PIAs
    // referenced in your project, you must change the previous line to read:
    using Outlook = Microsoft.Office.Interop.Outlook;
    using System.Windows.Forms;
    
    namespace OutlookAppEvents10
    {
    	[InterfaceType(ComInterfaceType.InterfaceIsIDispatch),
    	GuidAttribute("0006300E-0000-0000-C000-000000000046")]
    	public interface DOutlookApplicationEvents_10
    	{
    		void ItemSend(object Item, ref bool Cancel);
    		void NewMail();
    		void Reminder(object Item);
    		void OptionsPagesAdd(Outlook.PropertyPages Pages);
    		void Startup();
    		void Quit();
    		void AdvancedSearchComplete(Outlook.Search SearchObject);
    		void AdvancedSearchStopped(Outlook.Search SearchObject);
    		void MAPILogonComplete();
    	}
    
    	public class OutlookAppEventHelper : IDisposable
    	{
    		public OutlookAppEventHelper()
    		{
    			m_oConnectionPoint = null;
    			m_Cookie = 0;
    		}
    
    		private UCOMIConnectionPoint m_oConnectionPoint;
    		private int m_Cookie;
    
    		public void SetupConnection(Outlook.Application app)
    		{
    			if (m_Cookie != 0) return;
    			// GUID of the DIID_ApplicationEvents dispinterface.
    			Guid guid = new Guid("{0006300E-0000-0000-C000-000000000046}");
    
    			// QI for IConnectionPointContainer.
    			UCOMIConnectionPointContainer oConnectionPointContainer = (UCOMIConnectionPointContainer)app;
    
    			// Find the connection point and then advise.
    			oConnectionPointContainer.FindConnectionPoint(ref guid, out m_oConnectionPoint);
    			m_oConnectionPoint.Advise(this, out m_Cookie);
    		}
    
    		public void RemoveConnection()
    		{
    			if (m_Cookie != 0)
    			{
    				m_oConnectionPoint.Unadvise(m_Cookie);
    				m_oConnectionPoint = null;
    				m_Cookie = 0;
    			}
    		}
    
    		#region IDisposable Members
    
    		public void Dispose()
    		{
    			RemoveConnection();
    		}
    
    		#endregion
    
    		//#region DOutlookApplicationEvents_10 Members
    
    		[DispId(0x0000F002)]
    		public void ItemSend(object Item, ref bool Cancel)
    		{
    			DialogResult result;
    			result = MessageBox.Show("Do you want to cancel the ItemSend event?","",MessageBoxButtons.YesNo);
    			if(result == DialogResult.Yes)
    			{
    				System.Diagnostics.Debug.WriteLine("Cancelling Message");
    				Cancel = true;	
    			}
    			else
    			{
    				System.Diagnostics.Debug.WriteLine("Passing Message");
    				Cancel = false;
    			}
    		}
    
    		[DispId(0x0000F003)]
    		public void NewMail()
    		{
    			MessageBox.Show("NewMail");
    		}
    
    		[DispId(0x0000F004)]
    		public void Reminder(object Item)
    		{
    			MessageBox.Show("Reminder");
    		}
    
    		[DispId(0x0000F005)]
    		public void OptionsPagesAdd(Microsoft.Office.Interop.Outlook.PropertyPages Pages)
    		{
    			MessageBox.Show("OptionsPagesAdd");
    		}
    
    		[DispId(0x0000F006)]
    		public void Startup()
    		{
    			MessageBox.Show("Startup");
    		}
    
    		[DispId(0x0000F007)]
    		public void Quit()
    		{
    			MessageBox.Show("Quit");
    		}
    
    		[DispId(0x0000FA6A)]
    		public void AdvancedSearchComplete(Microsoft.Office.Interop.Outlook.Search SearchObject)
    		{
    			MessageBox.Show("AdvancedSearchComplete");
    		}
    
    		[DispId(0x0000FA6B)]
    		public void AdvancedSearchStopped(Microsoft.Office.Interop.Outlook.Search SearchObject)
    		{
    			MessageBox.Show("AdvancedSearchStopped");
    		}
    
    		[DispId(0x0000FA90)]
    		public void MAPILogonComplete()
    		{
    			MessageBox.Show("MAPILogonComplete");
    		}
    		//#endregion
    	}
    }
    メモ [DispId(#)] 属性をメソッドに配置する必要があります。それ以外の場合、イベントはキャンセルできません。
  5. Form1 に切り替えるし、コマンド ボタンを追加します。Form1.cs のコード ウィンドウが表示されるようにするには、コマンド ボタンをダブルクリックします。または、 ビュー メニューをクリックして コード [コード] ウィンドウにForm1.cs に表示されます。次のコードを追加するのには、ボタンのハンドラーを クリックしてください。 イベント:
    Outlook.MailItem item;
    
    if (m_oApp == null)
    {
    	// Create a new instance of Outlook and then set up the event handler.
    	m_oApp = new Outlook.ApplicationClass();
    	m_oAppEvents = new OutlookAppEvents10.OutlookAppEventHelper();
    	m_oAppEvents.SetupConnection(m_oApp);
    } 
    
    // Make Outlook visible and then display a new message to test send.
    item = (Outlook.MailItem)m_oApp.CreateItem(Outlook.OlItemType.olMailItem);
    item.Subject = "The Subject!";
    item.Body = "Try sending the message.";
    item.Display(m_oApp);
  6. 次のコードを追加、 Form1 ボタン ハンドラーの前にクラス:
    Outlook.Application m_oApp;
    OutlookAppEvents10.OutlookAppEventHelper m_oAppEvents;
    
  7. で、 ビルド メニューをクリックして ビルドソリューション プロジェクトを作成します。クリックしてください。 デバッグ、し、クリックしてください。 開始 アプリケーションを実行します。

    場合は、アプリケーションが起動したら、コマンド ボタンをクリックして、Outlook が表示されます。新しい電子メールの下書きが自動的に作成されます。受信者を入力、するには 移動し、クリックしてください 送信.表示されます、ItemSend イベントをキャンセルするかどうかを確認するダイアログ ボックスを表示します。クリックしてください。[はい] キャンセルするには。

    ようなコードを使用するとを処理することができます。Excel のイベント。

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認していますこの資料の「対象」] セクションで。

関連情報

Visual Studio からの Office の自動化に関する詳細について.NET は、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
311452Microsoft Office を開発します。ソリューション Visual Studio をします。NET
317109 Visual Studio の自動化と office アプリケーションは終了しません。NET のクライアント

プロパティ

文書番号: 830519 - 最終更新日: 2014年2月27日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kbnofix kbmt KB830519 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:830519
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com