情報: 説明のページ コマンド

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 83065
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

以下の情報を詰める Sybase の説明の上がある、データベース一貫性チェッカ (DBCC) コマンドが (、Sybase から撮影内部「SQL Server 診断マニュアル」コース)。

ここでは説明し、DBCC PAGE の理由について説明します。それを使用する方法を。

詳細

NAME: DBCC PAGE

FUNCTION:
   Prints out the contents of a SQL Server page.

SYNTAX:
   dbcc page( {dbid|dbname}, pagenum [,print option] [,cache] [,logical] )

PARAMETERS:
   Dbid or dbname - Enter either the dbid or the name of the database
                    in question.

   Pagenum - Enter the page number of the SQL Server page that is to
             be examined.

   Print option - (Optional) Print option can be either 0, 1, or 2.

                  0 - (Default) This option causes DBCC PAGE to print
                      out only the page header information.
                  1 - This option causes DBCC PAGE to print out the
                      page header information, each row of information
                      from the page, and the page's offset table. Each
                      of the rows printed out will be separated from
                      each other.
                  2 - This option is the same as option 1, except it
                      prints the page rows as a single block of
                      information rather than separating the
                      individual rows. The offset and header will also
                      be displayed.

   Cache - (Optional) This parameter allows either a 1 or a 0 to be
           entered.
           0 - This option causes DBCC PAGE to retrieve the page
               number from disk rather than checking to see if it is
               in cache.
           1 - (Default) This option takes the page from cache if it
               is in cache rather than getting it from disk only.

   Logical - (Optional) This parameter is for use if the page number
             that is to be retrieved is a virtual page rather then a
             logical page. It can be either 0 or 1.

             0 - If the page is to be a virtual page number.
             1 - (Default) If the page is the logical page number.
				

使用するには、方法

バージョン 4.2

DBCC PAGE を使用して、SQL Server に格納されているデータを取得するのにはページの構造体です。DBCC PAGE を使用して、情報が必要な場合フロント エンドに返される、使用している場合、トレース フラグを付けることに注意してください。設定する必要があります。DBCC TRACEON(3604) コマンドを実行する必要があります。場合は、情報は代わりに、エラー ログに送信するのには、DBCC を使用してTRACEON フラグ 3605 のではなく 3604 です。通常は、最も有用です含む、ページのヘッダーで、情報を取得できる間たとえば、前のページには、そのページに存在するオブジェクト次のページ ポインターやポインターの。

行とオフセット テーブルまた、出力を変更することによって表示できます。オプションのパラメーターです。行の表示方法から逆引きバイナリには、実際のページに格納されます。考えられる行の長さのエラーをすることができます。このメソッドを使用してに加えて、問題のテーブルのオフセットを発見しました。すべての行を表示するも手動でデータが抽出されるおそれがあります。SQL では、特定のページを取得できなかった場合は、データベースからサーバーとデータが非常に重要。

使用例

以下は、DBCC PAGE を使用の例です。返されるページページ ヘッダー、行、およびオフセットを持つテーブル。このページのものである、データベースのマスターし、ページ番号所属するオブジェクトの数です。1 は、システム オブジェクトです。これは、ディスク上に表示されるページです。

dbcc page(1,1,1)

ページ:
ディスクからページを参照してください。

バッファー。
Buffer header for buffer 0x16674c16
    page=0x28e77780 bdnew=0x0 bdold=0x0 bhash=0x0 bnew=0x0
    bold=0x0 bvirtpg=0x5 bdbid=1 bpinproc=0 bkeep=0 bspid=0
    bstat=0x0000 bstat2=0x0000   bpageno=0
				

ページ ヘッダー:
ページ ヘッダーのページ 0x28e77780
pageno 1 nextpg = 6 prevpg = 0 objid = 1 タイムスタンプ = 0001 08ae93d2 =
nextrno 13 = indid が 0 のレベル = 0 freeoff = 1058 minlen = = 64
ページ ステータス ビット: 0x100、0x1

DATA:
Offset 32 -
28e777a0:  01000100 01000000 00007100 00000000 00000000
..........q.........
28e777b4:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e777c8:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e777dc:  53200000 4f007379 736f626a 65637473 024c42    S
..O.sysobjects.LB.

Offset 111 -
28e777ef:  01010100 02000000 00005100 00000000 00000000
..........Q.........
28e77803:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77817:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e7782b:  53200000 4f007379 73696e64 65786573 024c42    S
..O.sysindexes.LB.

Offset 190 -
28e7783e:  01020100 03000000 00005100 00000000 00000000
..........Q.........
28e77852:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77866:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e7787a:  53200000 4f007379 73636f6c 756d6e73 024c42    S
..O.syscolumns.LB.

Offset 269 -
28e7788d:  01030100 04000000 00007100 00000000 00000000
..........q.........
28e778a1:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e778b5:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e778c9:  53200000 4d007379 73747970 6573024a 42        S ..M.systypes.JB.

Offset 346 -
28e778da:  01040100 05000000 00005100 00000000 00000000
..........Q.........
28e778ee:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77902:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77916:  53200000 52007379 7370726f 63656475 72657302  S
..R.sysprocedures.
28e7792a:  4f42                                          OB.

Offset 428 -
28e7792c:  01050100 06000000 00005100 00000000 00000000
..........Q.........
28e77940:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77954:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77968:  53200000 50007379 73636f6d 6d656e74 73024d42  S
..P.syscomments.MB
28e7797c:                                                .

Offset 508 -
28e7797c:  01060100 07000000 00000100 00000000 00000000
....................
28e77990:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e779a4:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e779b8:  53200000 50007379 73736567 6d656e74 73024d42  S
..P.syssegments.MB
28e779cc:                                                .

Offset 588 -
28e779cc:  01070100 08000000 00000100 00000000 00000000
....................
28e779e0:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e779f4:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77a08:  53200000 4c007379 736c6f67 73024942           S ..L.syslogs.IB.

Offset 664 -
28e77a18:  01080100 09000000 00005100 00000000 00000000
..........Q.........
28e77a2c:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77a40:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77a54:  53200000 50007379 7370726f 74656374 73024d42  S
..P.sysprotects.MB
28e77a68:                                                .

Offset 744 -
28e77a68:  01090100 0a000000 00007100 00000000 00000000
..........q.........
28e77a7c:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77a90:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77aa4:  53200000 4d007379 73757365 7273024a 42        S ..M.sysusers.JB.

Offset 821 -
28e77ab5:  010a0100 0b000000 00005100 00000000 00000000
..........Q.........
28e77ac9:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77add:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77af1:  53200000 52007379 73616c74 65726e61 74657302  S
..R.sysalternates.
28e77b05:  4f42                                          OB.

Offset 903 -
28e77b07:  010b0100 0c000000 00005100 00000000 00000000
..........Q.........
28e77b1b:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77b2f:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77b43:  53200000 4f007379 73646570 656e6473 024c42    S
..O.sysdepends.LB.

Offset 982 -
28e77b56:  010c0100 0d000000 00005100 00000000 00000000
..........Q.........
28e77b6a:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77b7e:  00000000 00000000 00000000 00000000 00000000
....................
28e77b92:  53200000 4c007379 736b6579 73024942           S ..L.syskeys.IB.

OFFSET TABLE:
Row - Offset
12 (0xc) - 982 (0x3d6),   11 (0xb) - 903 (0x387),   10 (0xa) - 821 (0x335),
9 (0x9) - 744 (0x2e8),   8 (0x8) - 664 (0x298),   7 (0x7) - 588 (0x24c),
6 (0x6) - 508 (0x1fc),   5 (0x5) - 428 (0x1ac),   4 (0x4) - 346 (0x15a),
3 (0x3) - 269 (0x10d),   2 (0x2) - 190 (0xbe),   1 (0x1) - 111 (0x6f),
0 (0x0) - 32 (0x20),
				

プロパティ

文書番号: 83065 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbinfo kbusage kbmt KB83065 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:83065
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com